モンペリエ、カメルーンDFオヨンゴがクラスノダールにレンタル移籍

2021.02.23 22:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
モンペリエは22日、カメルーン代表DFアンブローズ・オヨンゴ(29)がFCクラスノダールにレンタル移籍することを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。母国カメルーンのコトン・スポルトでプロキャリアをスタートしたオヨンゴは、2014年にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューヨーク・レッドブルズにレンタル移籍で加入。その翌年にモントリオール・インパクトに完全移籍で加入すると、以降は左サイドバックのレギュラーとして活躍。

2018年1月に加入したモンペリエでは左ウイングバック、サイドバックを主戦場に、ここまで公式戦67試合に出場し3ゴール2アシストを記録。だが、今シーズンはセルビア代表DFミハイロ・リスティッチとのポジション争いに敗れ、リーグ・アンでの先発出場は5試合に留まっていた。

2012年にデビューを飾ったカメルーン代表ではこれまで42試合に出場し1ゴールを記録。2017年に開催されたアフリカ・ネイションズカップでは全試合に出場し、同国優勝に貢献していた。
関連ニュース
thumb

フリーのヨベティッチがドイツ初挑戦! ヘルタと延長OP付きの2年契約を締結

ヘルタ・ベルリンは27日、モンテネグロ代表FWステファン・ヨベティッチ(31)の獲得を発表した。1年延長オプションが付随した2023年までの契約で加入となる。 パルチザン・ベオグラードでプロデビュー後、フィオレンティーナでの活躍からマンチェスター・シティにステップアップしたものの、鳴かず飛ばずに終わり、インテルやセビージャを渡り歩いたヨベティッチ。2017年8月にモナコ入りした。 だが、初年度からケガがつきまとい、2019年4月に左ヒザの前十字じん帯を断裂。加入後初めてほぼフル稼働の昨季はチームのリーグ・アン3位フィニッシュによるチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に寄与したが、4年契約の満了で退団した。 セリエA復帰の噂もあったなかで、フリートランスファーでヘルタ入りを選択したヨベティッチ。クラブを通じて、新天地でのプレーに心を躍らせた。 「ヘルタの経営陣、特に(マネージングディレクターの)フレディ・ボビッチ氏とは非常に良い話をして、最初の1分でベルリンでの仕事に興味が湧いた。今はクラブや街、チームの新たな仲間たち、そしてブンデスリーガがすごく楽しみだ」 なお、ヨベティッチはこれまで母国を除けば、イタリア、イングランド、スペイン、フランスでプレー。ドイツは初挑戦となり、これで欧州5大リーグのすべてを渡り歩いたことになる。 2021.07.27 17:40 Tue
twitterfacebook
thumb

鳥栖の18歳FW二田理央がオーストリア2部のヴァッカー・インスブルックへ期限付き移籍、日本人MF財前淳も所属

サガン鳥栖は27日、FW二田理央(18)がオーストリアのヴァッカー・インスブルック へ期限付き移籍することを発表した。 なお、二田はU-23チームに加入することとなる。期限付き移籍期間は2021年7月15日から2022年6月30日までとなり、すでにチームのトレーニングに合流しているとのことだ。 二田は大分県出身で、鳥栖のU-18に在籍し、今シーズンは6月に2種登録。6月23日に行われた明治安田生命J1リーグ第19節の横浜F・マリノス戦でデビューし、6月30日にプロ契約を結んでいた。その後、7月1日から練習参加していたとのことだ。 二田はクラブを通じてコメントしている。 「この度、オーストリアのFC Wacker Innsbruckへ期限付き移籍することになりました。サガン鳥栖ではたくさんのことを経験させてもらい、選手としても人間としても成長をさせてもらいました。そうして学んだ全てを生かして頑張ってきます」 「これまで自分に携わってくださった全ての方々への感謝の気持ちを忘れずに、サッカーを楽しみたいと思います。オーストリアという新たな環境で更に成長できるよう、全力を尽くします」 ヴァッカー・インスブルックはオーストリア2部に所属するクラブ。U-23チームは3部に所属している。 これまでオーストリア・ブンデスリーガで10度の優勝を誇っているが、ここ2シーズンは2部で戦っている。 チームには日本人MFの財前淳(22)が所属。財前は京都サンガF.C.のU-18出身で、トップチーム昇格は叶わなかったものの、練習参加していたヴァッカー・インスブルックに加入した。財前はここまでオーストリア・ブンデスリーガ2部で78試合に出場し19ゴール12アシストを記録していた。 2021.07.27 17:12 Tue
twitterfacebook
thumb

1カ月遅れの理由は「細部の調整」、ビーレフェルトがMF奥川雅也の獲得を正式発表

アルミニア・ビーレフェルトは26日、ザルツブルクの日本代表MF奥川雅也(25)を完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は2024年6月30日までの3年間となる。なお、遺跡の条件は非公開とすることで両クラブが合意しているという。 なお、ザルツブルクは6月25日の段階で奥川がビーレフェルトへ完全移籍することをすでに発表。3年契約を結ぶことも、すでに発表されている内容と一致している。 ビーレフェルトは1カ月も発表が遅れたことについて「ザルツブルクとの間で最終的なポイントを明確にすることができたため、移籍が正式に成立した」と発表。細部の詰めが終わっていなかったとした。 またすでにトレーニングキャンプとプレシーズンマッチに出場していた奥川については、「許可を得て参加していた」としている。 京都サンガF.C.出身の奥川は2015年7月にザルツブルクのリザーブチームに当たるリーフェリングへと加入。2018年7月にザルツブルクへと移籍した。 2018-19シーズンはホルシュタイン・キールへレンタル移籍すると、2019-20シーズンはザルツブルクでプレー。2020年には日本代表にも招集されたが、チーム内での新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者が出たために辞退。2021年1月からレンタル移籍でビーレフェルトに加入していた。 ビーレフェルトでは、公式戦13試合に出場し1ゴール2アシスト。PSVからレンタル移籍していた日本代表MF堂安律とともにチームの攻撃を担い、ブンデスリーガ残留に貢献していた。 フランク・クラマー監督は奥川の正式契約について「マサヤはとても知的で勤勉で、闘争心が強い選手だ。中盤からゴールへの脅威を作り出せる。サッカーの試合において、彼を味方にしておきたいと思う」とコメント。奥川の能力を高く評価している。 2021.07.27 10:40 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールが右SBの新星、18歳の北アイルランド代表DFブラッドリーと長期契約

リバプールは26日、北アイルランド代表DFコナー・ブラッドリー(18)との長期契約を発表した。 2019年9月に北アイルランドのダンガノン・スウィフツからリバプールの下部組織に加入したブラッドリー。2020-21シーズンはU-23チームに昇格した。 攻撃的な選手だったブラッドリーだが、リバプールでは右サイドバックとして成長。2020-21シーズンはプレミアリーグ2で14試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。 まだファーストチームでのデビューは果たしていないものの、現在はユルゲン・クロップ監督の下でオーストリアで行われているプレシーズンのトレーニングキャンプに参加。シュツットガルトとのフレンドリーマッチにも出場していた。 18歳ながらすでに北アイルランド代表としてもデビューしている逸材。2021年5月のマルタ戦でデビューを果たした。 2021.07.27 10:20 Tue
twitterfacebook
thumb

レンヌのU-20フランス代表DFボーイ、ガラタサライに移籍

ガラタサライは26日、レンヌのU-20フランス代表サシャ・ボーイ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月までの4年間で、移籍金は100万ユーロ(約1億3000万円)とのことだ。 U-20フランス代表歴を持つ右サイドバックのボーイは、2019年5月にレンヌでプロデビュー。昨季はディジョンにレンタル移籍し、リーグ・アン26試合に出場していた。 2021.07.27 07:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly