浦和と大分に懲罰、昨季10月の試合でサポーターが新型コロナのガイドライン違反

2021.02.22 17:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは22日、浦和レッズと大分トリニータへの懲罰を発表した。問題は、2020年10月31日に昭和電工ドーム大分にて開催された2020明治安田生命J1リーグ第25節の大分トリニータvs浦和レッズでの行為が問題となった。


浦和に対しては、①試合開始直前の14時頃から終了する16時頃まで、全席指定席であったが、40人程度がスタジアム上段席に移動し、立ち見で応援した、②同じく14時頃から16時頃まで、声を出したり、指笛を鳴らしたりした、③14時頃、サポーターの1人がフェンスに上った、④14時頃、サポーターの1人がスタジアムの中からフェンスの外に向かってペットボトルのようなものを投げたという行為が問題とされた。

一方、大分に対しては、①14時頃、浦和サポーターが座席を移動して、太鼓に合わせて立ち見で手拍子をしていたことに対して、大分サポーター2名がスタジアムの外に出て、浦和サポーターに近づこうとした、② 上記2名を追って、さらに10名程度の大分サポーターが南ゴール裏にいた浦和サポーターのもとに突入を試みた行為た問題となった。

なお、懲罰に関しては、浦和にはけん責と罰金300万円、大分にはけん責となった。

浦和の懲罰理由は、「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン(以下「ガイドライン」)を遵守する義務、ホームクラブの義務履行への協力義務、試合の前後・試合中においてビジタークラブのサポーターに秩序ある適切な態度を保持させる義務を負っている」という前提の下、「本件行為により、浦和はガイドラインを遵守できず、かつ、特にコロナ禍で憂慮されている感染リスクという観点からも、観客の秩序ある適切な態度を保持できなかった」とのことだ。

また、「浦和は、自ら観客の秩序を保持させるだけでなく、大分が観客の秩序保持義務を果たせるよう、浦和サポーターに対して大分観戦ルールを徹底させる措置を講じるべきであった。また、浦和サポーターがスタジアム外で太鼓を叩き始めた際、浦和の運営担当者は途中で太鼓をやめるように伝えているものの、大分の運営担当者が対応している間、積極的にサポーターをなだめるような行為をしていない。さらに、ホームクラブが定めるルールに従って試合の円滑な運営に努めるべきところ、リモート応援、もしくはビジターでの太鼓の使用許可について、浦和の運営担当者は大分の運営担当者に事前に行うべき相談をその場で持ち出している」、また「浦和サポーターのガイドライン違反は、有観客試合の開始ごろから散見されており、浦和のホームゲームにおいて措置を講じきれなかったことが、本件行為につながったといえる」とし、続けての違反行為をクラブがコントロールできなかったことを挙げた。

また、大分の懲罰理由については「ガイドラインを遵守する義務、ホームスタジアムに存在するすべての者の安全を確保する義務及び観客に秩序ある適切な態度を保持させる義務を負っている」とし、「本件行為により、大分は、ガイドラインを遵守できず、特にコロナ禍で憂慮されている感染リスクという観点からも、ホームスタジアムに存在する全ての者の安全を脅かし、かつ、観客の秩序ある適切な態度を保持できなかった」と管理ができていなかったとした。

また、「大分は、事前に大分サポーターに対して、有事の際は警備員や運営担当者に連絡、通報又は相談し、どのような理由があろうと大分サポーター自身が対応することがないよう徹底するべきであった」、また「大分は浦和の運営担当者に大分戦の観戦ルール資料を送付した際や本試合当日に、観戦ルールを策定した趣旨を丁寧に説明すると共に、観戦に際してはローカルルールである観戦ルール及び警備員等主催者側の指示、要請が優先し、その場における異議、反論、質問等が発生することのないようサポーターへの周知徹底を互いに確認し合うべきであった」とした。
関連ニュース
thumb

日本サッカー界にホペイロ広めたベゼーハ氏が逝去…古巣東京Vが訃報伝える

東京ヴェルディは13日、かつてクラブでホペイロ(用具管理担当スタッフ)を務めていたブラジル人のルイス・ベゼーハ・ダ・シルバ氏(享年65)の逝去を明かした。 東京Vはベゼーハ氏の逝去に際して、クラブ公式サイトを通じて哀悼の意を表している。 「ご逝去の報に接し、前身の読売クラブ時代に来日されて用具を専門に取り扱うホペイロという職業の概念を日本に定着させた同氏の功績を偲び、クラブの選手及びスタッフ一同、謹んで哀悼の意を表するとともに心よりご冥福をお祈りいたします」 ベゼーハ氏は1991年に前身の読売クラブで監督を務めていたペペ氏に招聘されて来日。選手が使用する用具の管理を専門で行うホペイロという職業の存在を日本に広めた。 Jリーグ開幕後は、数々のタイトルを獲得したヴェルディ川崎を裏方としてサポートし、1998年まで在籍。2001年には浦和レッドダイヤモンズでもホペイロを担当した。 2021.04.13 22:23 Tue
twitterfacebook
thumb

リカルド・ロドリゲス監督初の古巣戦、関根のヘディング弾で徳島下した浦和が3連勝!【明治安田J1第9節】

明治安田生命J1リーグ第9節、浦和レッズvs徳島ヴォルティスが11日に埼玉スタジアム2002で行われ、1-0で浦和が勝利した。 開幕から調子が一向に上がらず、わずか1勝しかできていなかった浦和だが、ここ2試合は複数得点を奪い連勝。前節は岩波と杉本のゴールで清水エスパルスに勝利した。3連勝を目指す今節のスタメン変更は前節から1人。柴戸が外れ、伊藤敦樹が入った。 対する徳島も好調だ。7シーズンぶりのJ1となった今季は開幕から5試合未勝利が続いたが、第6節の横浜FC戦で初勝利を挙げると、そこから前節のベガルタ仙台戦まで3連勝。クラブとしてはJ1初の快挙で、2014年の勝利数に早くも並ぶことになった。こちらのスタメン変更は2人。田向、岩尾の代わりに鈴木大誠と藤田譲瑠チマが起用された。 浦和のリカルド・ロドリゲス監督としては4シーズン率いた古巣との初対決。まずはその浦和が開始1分に、武田がクロスのこぼれ球をボックス手前からダイレクトシュート。枠には飛ばなかったがゴールに迫った。 しかし、9分に武田が相手との競り合いの際に左足を捻り負傷。担架に乗って運ばれ、代わりに杉本がスクランブル投入された。 一方の徳島は11分、ボックス手前の渡井のシュートがGK西川を強襲。ゴール左隅の際どいコースに飛んだが、西川もさすがのセービングを見せた。 34分には決定機。渡井のチェイシングから高い位置でボールを奪った徳島は、垣田がボックス中央へラストパスを供給。走り込んだ宮代がフィニッシュに持ち込んだが、至近距離のシュートをGK西川に止められてしまった。 勢いに乗る西川はさらに、39分の藤原がボックス左からコースを狙ったシュートも左手一本でセーブ。獅子奮迅の活躍を見せる。 一方で攻撃では43分、西のクロスに頭で合わせた武藤のシュートがクロスバーを直撃。45分の明本のヘディングシュートは相手に当たって枠の外へ。そのCKの流れから明本に再びゴールチャンスが訪れるが、徳島GK上福元も西川に負けじとファインセーブを見せた。 後半から徳島は垣田と鈴木大誠を下げて、河田と岩尾を投入。その立ち上がりは静かな内容となった中で、試合は60分に動いた。 浦和の左CKのシーン。キッカーの小泉のショートコーナーを山中がダイレクトでクロス。これをマークを外した関根が頭で叩き込み、先制に成功した。 その後は中盤での攻防が目立つ展開となるが、アウェイの徳島がやや優勢。84分に左サイドからジエゴが上げたクロスのセカンドボールを宮代が押し込みにかかるが、シュートは相手DFにブロックされた。 続く86分の浜下のシュートも決まらない徳島。後半アディショナルタイムに、左サイドから藤田譲瑠チマが右足で上げたクロスをジエゴが合わせるが、枠を捉えらずタイムアップ。関根のゴールを守り切った浦和が3連勝を上げた。徳島は3連勝がストップした。 浦和レッズ 1-0 徳島ヴォルティス 【浦和】 関根貴大(後15) 2021.04.11 18:18 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第9節:浦和vs徳島】リカルド監督初の古巣対決、連勝を伸ばして勢い付くのはどちらか?

【明治安田生命J1リーグ第9節】 2021年4月11日(日) 16:00キックオフ 浦和レッズ(11pt/10位) vs 徳島ヴォルティス(11pt/9位) [埼玉スタジアム2002] 勝ち点で並ぶ両者の対決。リカルド・ロドリゲス監督としては4シーズン率いた古巣との初対決でどんな結果を残すのか。徳島は“恩師”を相手にどう戦う。 ◆指揮官が初の古巣対決で何を見せる【浦和レッズ】 開幕から調子が一向に上がらずわずか1勝しかできていなかった浦和。復権を目指してチームを構築している中とはいえ、危機感を持って臨まなければいけない状況となっていた。 しかし、この2試合はついにゴールを奪えるようになり連勝。復調の兆しを見せはじめている状況だ。 リカルド・ロドリゲス監督が掲げるスタイルを継続して来たことが結果につながっとも言えるが、それでもまだまだ課題は山積。ポゼッションはどの試合でも相手を上回っている一方で、とにかく決定機が作れないという攻撃の迫力を欠いている。 アタッキングサードの精度は極端に低く、ポゼッションしているだけの状態が続いて結果が出ていなかった。その中でゴールを奪えるようになったことは明るい材料だが、まだまだスムーズな展開は作れていない。その精度を上げる必要はあるが、同じ戦い方をしてくる相手にどう準備するかは注目が集まる。 ★予想スタメン[4-1-4-1] GK:西川周作 DF:西大伍、岩波拓也、槙野智章、山中亮輔 MF:柴戸海 MF:明本考浩、武田英寿、小泉佳穂、汰木康也 FW:武藤雄樹 監督:リカルド・ロドリゲス ◆勢いに乗り恩師を下し4連勝へ【徳島ヴォルティス】 前節はホームにベガルタ仙台を迎え、1-0で勝利を収めた徳島。J1で3連勝を達成するとともに、前回J1に在籍していた2014年の勝利数「3」に並んでしまったというから驚きだ。 チームとしては戦い方が安定し、しっかりと得点を奪えるようになっている。その中で白星が3つ続いたことは選手たちにとっても大きな自信となっているはずだ。 一方で不安材料も。DF石井秀典がその仙台戦のウォーミングアップ中に負傷。守備陣が入れ替わる可能性がある状況となっている。 今節の相手は今のチームの形を作ったリカルド・ロドリゲス監督率いる浦和。甲本偉嗣ヘッドコーチとしても楽しみにしていた一戦となるだろう。戦い方で言えば完全に浦和よりも精度が高い徳島だが、どこまで優位を保って試合を進められるか。指揮官に土をつけ、4連勝を目指したい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:上福元直人 DF:岸本武流、福岡将太、安部崇士、田向泰輝 MF:藤田譲瑠チマ、岩尾憲 MF:浜下瑛、宮代大聖、藤原志龍 FW:垣田裕暉 ヘッドコーチ:甲本偉嗣 <span class="paragraph-title">【動画】徳島MF岸本武流がCKから今季2点目をマーク</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1v7x6seddipan1cf1xug111gwi" async></script> 2021.04.11 12:15 Sun
twitterfacebook
thumb

「ずっと待ってた」浦和FW杉本健勇の高難度ボレーにファンも感動「このゴールをきっかけに…」

明治安田生命J1リーグ第8節、清水エスパルスvs浦和レッズの一戦が7日に行われ、アウェイの浦和が0-2で勝利した。 前半にDF岩波拓也のヘディングで先制した浦和は、1点をリードしたまま、76分にFW杉本健勇を投入する。 そして試合終了間際の89分、MF伊藤敦樹がボックス左手前まで侵入すると、そこから左足でクロス。ボールはボックス際の杉本のもとへと飛んでいき、右足でダイレクトボレー。上手く抑えながらも、強烈なシュートがゴール右に突き刺さった。 杉本にとってこれがJ1通算50得点のメモリアルゴールに。杉本は3月の横浜FC戦でもPKでゴールを決めていたが、流れの中からの得点は昨年9月13日の北海道コンサドーレ札幌戦以来となる。 浦和は今季初の2連勝となったが、杉本のスーパーボレーには、「これめっちゃ難しいやつ」「今まで焦らしてたのか」「ずっと待ってた」「このゴールをきっかけにゴール量産してくれる事に期待」など、杉本のゴールを待ち焦がれたサポーターからの反応が多く集まっている。 浦和は先日元U-21デンマーク代表FWキャスパー・ユンカー(27)の獲得を発表。1トップの定位置争いはさらに激しさを増すだけに、杉本のさらなる奮起に期待が懸かるところだ。 <span class="paragraph-title">【動画】「これめっちゃ難しいやつ」杉本が放った技ありのボレーシュート(4:15~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=5xsgjfjr9oiy18yxmebzouf3u" async></script> 2021.04.08 11:52 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和、新型コロナウイルス陽性判定が出た選手含めた全員が陰性判定

浦和レッズは5日、チーム内で実施したPCR検査の結果、当該選手を含めた全員の陰性判定が出たことを発表した。 浦和では、トップチーム選手1名の新型コロナウイルス(COVID-19)で陽性判定。これは1日に受けたJリーグ公式のPCR検査での結果だった。 3日には明治安田生命J1リーグ第7節で鹿島アントラーズをホームに迎えたが、その選手はメンバーに含まれず無症状だったとのこと。4日の午前中には、当該選手を含めて全選手とスタッフがPCR検査を実施。陽性判定が出た選手以外の全員が陰性だったと発表していた。 5日の午前中に再び全選手とスタッフがPCR検査を受けたが、その結果は全員が陰性に。しかし、当該選手は当面の間経過観察を行い、全体練習には参加しないとのことだ。 なお、チームは感染症対策を徹底した上でクラブハウスも使用し、全体練習を再開する。 2021.04.05 20:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly