大迫途中出場のブレーメン、ホッフェンハイムに惨敗《ブンデスリーガ》

2021.02.22 05:08 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブレーメンは21日、ブンデスリーガ第22節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、0-4で完敗した。ブレーメンのFW大迫勇也は56分から出場している。

前節フライブルク戦を0-0で引き分けた11位ブレーメン(勝ち点23)はフライブルク戦で終盤に出場した大迫が引き続きベンチスタートとなった。


12位ホッフェンハイム(勝ち点23)に対し、ブレーメンは後半開始4分までに3失点を喫してしまう。

そして0-3で迎えた56分、大迫が2トップの後方、トップ下の位置に投入された。しかし、ブレーメンの劣勢は変わらず、大迫はなかなか良い形でボールを受けられない状況が続く。

結局、防戦一方の状況が続いたブレーメンは90分にも失点を重ねて0-4で惨敗。大迫も見せ場なく試合を終えてしまった。


関連ニュース
thumb

大迫ブレーメン、DFBポカール準々決勝が相手クラブ監督のコロナ変異種感染により延期

ドイツサッカー連盟(DFB)は1日、明日行われる予定だったDFBポカール準々決勝、レーゲンスブルクvsブレーメンを延期することを発表した。代替日は決まっていない。 2部のレーゲンスブルクでは2月26日にメルサド・セリムベゴビッチ監督がイギリスで流行している新型コロナウイルスの変異種に感染したことが発表されていた。 このため、地元の保健当局がチーム全体を検疫下に置くことが決まり、試合を行えない状況に陥っていた。 2021.03.02 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ブレーメンが好調フランクフルトに逆転勝利!長谷部、鎌田は先発も大迫欠場で日本人対決は実現せず《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第23節のブレーメンvsフランクフルトが26日に行われ、2-1でブレーメンが勝利した。ブレーメンのFW大迫勇也はベンチ入りも出場せず、フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場、鎌田大地は65分までプレーした。 リーグ戦3試合勝利のない12位ブレーメン(勝ち点23)が、5連勝中の4位フランクフルト(勝ち点42)をホームに迎えた一戦。 前節ホッフェンハイムに0-4の大敗を喫したブレーメンは、その試合から先発を2人変更。大迫は7試合連続のベンチスタートとなった。 一方、前節首位バイエルンとの上位対決を制したフランクフルトは、その試合から先発を3人変更。ヨビッチやA・トゥーレ、エンディカに代えてアンドレ・シウバ、ソウ、ドゥルムが先発に名を連ねた。 鎌田を2シャドーの一角、長谷部を3バックの真ん中に配置した[3-4-2-1]で臨んだ好調フランクフルトは、早い時間に先制する。9分、ショートコーナーを受けたコスティッチの左クロスをアンドレ・シウバがヘディングで叩き込んだ。 先制を許したブレーメンは26分、ペナルティアーク手前で獲得したFKからチャンスを迎えたが、ラシツァの直接FKはGKトラップのセーブに弾かれた。さらに28分には、シュミットのスルーパスに抜け出したラシツァがボックス左からシュート。GKトラップが弾いたボールをサージェントが押し込んだが、スルーパスを受けた段階でラシツァがオフサイドと判定され、ノーゴールに。 猛攻を仕掛けるブレーメンは、34分にもボックス右から侵入したラシツァがゴールに迫ったが、シュートはクロスバーに阻まれて前半のうちに追いつくことはできなかった。 それでも、後半に入って攻勢を見せるブレーメンは47分、バイタルエリア手前のラシツァがボックス右のスペースへ斜めのパスを入れると、走り込んだゲブレ・セラシェがボックス右からシュートを流し込み、開始早々に同点に追いつく。 同点弾で勢いづくブレーメンは、62分にもM・エッゲシュタインのパスでボックス右に抜け出したサージェントがゴール左隅にシュートを流し込み、逆転に成功した。 立て続けに失点を許したフランクフルトは、65分に鎌田、ローデ、ドゥルムを下げてヨビッチ、フルスティッチ、バルコクを投入する3枚替えを敢行。しかし、再びチャンスを迎えたのはホームチームだった。 69分、ラシツァの浮き球パスで抜け出したサージェントがボックス右から折り返すと、これを中央のシュミットが流し込んだが、VARの末にサージェントがオフサイド判定となり、ゴールは取り消された。 VARに救われたフランクフルトは76分、左サイドを持ち上がったコスティッチの横パスをペナルティアーク左で受けたアンドレ・シウバがトラップでボックス内まで侵入し左足を振り抜いた。しかし、このシュートはGKパブレンカの好セーブに阻まれた。 試合終盤にかけてもフランクフルトは猛攻を仕掛けたが、焦り過ぎて空回り。最後まで失点を許さなかったブレーメンが1点を守り切り、4試合ぶりの勝利を飾った。一方、6連勝を逃したフランクフルトは今季3敗目となった。 2021.02.27 06:37 Sat
twitterfacebook
thumb

DFBポカール準々決勝の組み合わせ決定! ブンデス上位対決に大迫ブレーメンは2部と対戦

7日にDFBポカール準々決勝の組み合わせ抽選会が行われ、4つの対戦カードが決定した。 前回王者バイエルン、レバークーゼンらブンデスリーガの強豪チームがすでに敗退する波乱続きの今シーズンのポカール。 その中で準々決勝に駒を進めたのは、ドルトムント、RBライプツィヒ、ボルシアMGと今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)で決勝トーナメント進出を決めている優勝候補3チームと、FW大迫勇也を擁するブレーメンとヴォルフスブルクを含めたブンデスリーガの5チーム。 また、前ラウンドでレバークーゼンにジャイアントキリングを決めた4部所属のロートヴァイス・エッセン、2回戦でバイエルンを撃破したホルシュタイン・キールと、前ラウンドでケルンを破ったヤーン・レーゲンスブルクの2部所属2チームだ。 今回、決定した準々決勝の対戦カードではブンデスリーガでトップ4を争う5位のドルトムントとボルシアMG、王者バイエルンとマイスターシャーレを争う2位のライプツィヒと、3位のヴォルフスブルクが激突することに。 また、ブレーメンはレーゲンスブルク、エッセンとキールがアウトサイダー同士の一戦に臨むことになった。 なお、準々決勝は3月2日と3日に開催予定だ。 ◆DFBポカール準々決勝対戦カード ボルシアMG vs ドルトムント ライプツィヒ vs ヴォルフスブルク レーゲンスブルク(2部) vs ブレーメン エッセン(4部) vs キール(2部) 2021.02.08 22:30 Mon
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第20節プレビュー】堂安&奥川ビーレフェルトvs大迫ブレーメン

前節は2位ライプツィヒがレバークーゼンにシャットアウト勝利とし、ホッフェンハイムに快勝とした首位バイエルンとの7ポイント差をキープした。そしてMF長谷部、MF鎌田のフランクフルトがチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位に浮上している。迎える第20節、MF堂安とザルツブルクからレンタルで加入したMF奥川の16位ビーレフェルト(勝ち点17)と、FW大迫の11位ブレーメン(勝ち点22)による日本人対決が行われる。 ビーレフェルトは前節、残留争いを戦うことが予想されるケルンに完敗し、2連敗中。3戦負けなしから連敗と嫌な流れとなっているだけに同じく残留争いを戦うことになりそうなブレーメン相手には負けられない一戦となる。堂安はもちろん、奥川にもデビューのチャンスがあれば貪欲にゴールを目指して欲しい。 対するブレーメンは前節、最下位シャルケ相手に引き分け止まりに終わった。先制されるまずい試合展開となった中、後半序盤に投入された大迫が流れを好転させ、決定的なヘディングシュートを放った他、同点弾を演出するスルーパスを供給と、久々に手応えのあるパフォーマンスを発揮した。ここ5戦で2勝2分け1敗で11位に浮上している中、大迫としては今季初ゴールを奪ってチームを中位に留めたい。 ホッフェンハイムに今季の1stマッチで完敗したリベンジを見事に果たした首位バイエルン(勝ち点45)は、金曜に15位ヘルタ・ベルリン(勝ち点17)とのアウェイ戦に臨む。ホッフェンハイム戦ではコロナによりMFゴレツカを欠いた中、前半は幾つかピンチがあったが、終わってみれば4発快勝とした。リーグ戦4連勝とした中、MFケディラが加入したヘルタを下して、クラブ・ワールドカップに臨めるか。 そのバイエルンを追う2位ライプツィヒ(勝ち点38)は最下位シャルケ(勝ち点8)とのアウェイ戦に臨む。レバークーゼン相手に試合を通して主導権を握り続けての勝利を飾ったライプツィヒ。マインツ戦の痛い敗戦を払拭した中、今節は最下位に沈むシャルケが相手となるが、油断することなく白星を掴めるか。 鎌田と長谷部が先発した中、ヘルタに逆転勝利とした4位フランクフルト(勝ち点33)は、12位ホッフェンハイム(勝ち点22)とのアウェイ戦に臨む。ヘルタ戦では圧倒しながらも先制される嫌な展開となった中、FWアンドレ・シウバのドッペルパックなどで逆転勝利としたフランクフルト。地力が付いてきたところを見せ付けたが、9戦負けなしとしてCL圏内をキープできるか。中盤で好連係を見せる鎌田と長谷部の活躍に引き続き期待だ。 下位に沈むマインツをしっかりと下して4戦ぶり勝利とした10位シュツットガルト(勝ち点25)は、5位に後退したレバークーゼン(勝ち点32)とのアウェイ戦に臨む。待望の今季ホーム戦初勝利を手にした中、リーグ戦ここ4戦で3敗、直近のポカールで4部に敗れた不調のレバークーゼンを下して上位進出を窺いたい。MF遠藤航としてはカウンターに鋭さのあるレバークーゼンの攻撃の芽を摘む働きが求められる。 先制されたものの、前節アウグスブルク戦では久々に好内容の試合を演じた6位ドルトムント(勝ち点32)は、9位フライブルク(勝ち点27)とのアウェイ戦に臨む。火曜に行われたポカールでは2部相手に延長戦にもつれ込まれたが、リーグ戦での連敗を2で止め、4試合ぶりの勝利を手にした中、ここは確実に連勝としたい。 最後にMF遠藤渓太のウニオン・ベルリン(勝ち点29)は、17位マインツ(勝ち点10)とのアウェイ戦に臨むが、前節ボルシアMG戦で出番のなかった遠藤に出場のチャンスは訪れるか。 ◆ブンデスリーガ第20節 ▽2/5(金) 《28:00》 ヘルタ・ベルリンvsバイエルン ▽2/6(土) 《23:30》 マインツvsウニオン・ベルリン レバークーゼンvsシュツットガルト シャルケvsライプツィヒ フライブルクvsドルトムント アウグスブルクvsヴォルフスブルク 《26:30》 ボルシアMGvsケルン ▽2/7(日) 《23:30》 ホッフェンハイムvsフランクフルト 《26:00》 ビーレフェルトvsブレーメン 2021.02.05 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

延長戦に持ち込まれたドルトムントが2部パーダーボルンに辛勝、大迫途中出場のブレーメンは快勝でベスト8《DFBポカール》

DFBポカール3回戦の4試合が2日に行われた。ドルトムントは2部のパーダーボルンをホームに迎え、2-2で90分を終了。延長戦の末、3-2で勝利した。 [3-4-2-1]で臨んだドルトムントは最前線にハーランド、2シャドーにサンチョとブラント、ジャンを3バックの中央に据えた。 そのドルトムントが立ち上がりから攻勢に出ると6分に先制する。CKの流れからジャンが左足で蹴り込んだ。 さらに16分、ハーランドのスルーパスに抜け出したサンチョがGKとの一対一を制してリードを広げた。 その後はギアを落としたドルトムントが幾つかピンチを迎えたものの、GKヒッツの好守で凌ぎ前半を2点のリードで終えた。 迎えた後半も守勢に回ったドルトムントはパーダーボルンの反撃を受けると、79分に失点。 そして後半終了間際の追加タイム5分にはハーランドがカウンターから決定的な3点目を奪ったかに思われたが、その前に自陣ボックス内でのパスラックのファウルがあったとしてPKを献上。 このPKを決められ、2-2とされたドルトムントはまさかの延長戦へ。それでも同前半5分にディフェンスライン裏を突いたハーランドが勝ち越しゴールを決め、勝ち越しに成功。これが決勝点となって辛くもベスト8進出を決めている。 また、FW大迫勇也が72分から出場したブレーメンはグロイター・フュルトをホームに迎え、2-0で快勝した。 開始12分にCKの流れからモフワルドが先制弾を決めたブレーメンは、大迫が投入された直後の73分に加点。危なげなく勝ち上がりを決めている。 2021.02.03 07:27 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly