マディソン&バーンズ弾のレスターがビラ撃破で2連勝! 暫定2位に浮上《プレミアリーグ》  

2021.02.22 01:03 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第25節、アストン・ビラvsレスター・シティが21日にビラ・パークで行われ、アウェイのレスターが1-2で勝利した。2試合未消化ながら8位に付けるアストン・ビラ(勝ち点36)と、3位のレスター(勝ち点46)による上位対決。前節、リバプールに鮮やかな逆転勝利を挙げたレスターだが、ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)ではスラビア・プラハとのアウェイゲームを0-0のドローで終えることになった。


主力を起用したそのスラビア・プラハ戦からはアマルテイ、オルブライトンに代えてカスターニュ、リカルド・ペレイラと負傷明けの2選手をいずれも右サイドで縦に並べた。

グリーリッシュを負傷で欠くホームチームに対して、立ち上がりからエンジン全開のレスターは、積極的に足を振っていきGKマルティネスを脅かす。すると19分、ヴァーディへのロングボールのこぼれ球を拾ったバーンズがペナルティアーク付近のマディソンの足元に繋ぐと、マディソンがすかさず狙いすました右足のミドルシュートをゴール左下隅の完璧なコースに突き刺した。

敵地で幸先よく先制に成功したレスターは続く23分には右サイドのスローインからティーレマンス、バーンズとボックス付近で繋いでヴァーディが左足の鋭いシュートを放つ。これはGKマルティネスの好守に遭うが、バーンズが冷静にこぼれ球を蹴り込んだ。

この連続ゴールで完全に流れを掴んだアウェイチームは、ホームチームの反撃を枠内シュート0に抑え込むなど、ほぼ完ぺきな内容でハーフタイムを迎えた。

それでも、ハーフタイムに修正を図ったビラは立ち上がりの48分、左サイド深くに侵攻したターゲットからのクロスをゴール前に飛び込んだマッギンがワンタッチシュート。これはDFのブロックに遭うも、ゴール前でこぼれ球に反応したトラオレが冷静に左足で蹴り込んでこの試合最初の枠内シュートをゴールに結びつけた。

緩い入りからいきなり点差を縮められたレスターだが、これをキッカケに気を引き締め直すと、前半同様にここから攻勢を強めていく。59分にはボックス手前の好位置で得たFKをマディソンが直接狙うが、壁を越えて枠の右隅に向かったシュートはGKマルティネスのビッグセーブに阻まれる。さらに、64分には前半から積極的にサイドに流れてサイドバックの背後を狙っていたヴァーディがボックス左からシュートを放つが、これは枠の右に外れる。

失点以降は危なげなく試合を運んでいたレスターだったが、アクシデントが発生。後半序盤にシュートを放った際に左足の違和感を訴えていたマディソンがプレー続行不可能となり、メンディを投入することになった。

攻撃の全権を握る司令塔の不在を受けて、後半半ばから終盤にかけてより堅守速攻の色合いを強めるアウェイチームは、リカルド・ペレイラ、ティーレマンスに代えてアマルテイ、チョードリーと守備的な選手を終盤にピッチへ送り込んで逃げ切り態勢に入る。

一方、今冬加入のサンソンやトレゼゲをピッチに送り込んだビラは左サイドのターゲットのクロスを起点にトラオレが2点目に迫るなど、幾度か良い攻めを見せるが、グリーリッシュ不在を感じさせる最後のところでの工夫が足りない。試合終了間際の94分にはセットプレーの流れからの波状攻撃でエル・モハマディのクロスをゴール前のミングスが頭で合わすが、これは枠の左に外れて万事休す。

そして、難敵ビラを敵地で退けたレスターがリーグ連勝で暫定2位に浮上した。
関連ニュース
thumb

リバプール戦で負傷のFWトレゼゲ、ヒザのじん帯損傷で手術

アストン・ビラは12日、エジプト代表FWトレゼゲの負傷を発表した。 トレゼゲは、10日に行われたプレミアリーグ第31節のリバプール戦に先発出場。しかし、試合中に負傷し82分に途中交代していた。 クラブの発表によると、トレゼゲはヒザのじん帯を損傷しているとのこと。手術を受けるとのことだ。 2019年7月にトルコのカシムパシャから加入したトレゼゲは、今シーズンのプレミアリーグで21試合に出場し2ゴール1アシストを記録していた。 アストン・ビラは「誰もがトレゼゲが完全にかつ早期に回復することを望んでいる」としている。 2021.04.13 10:03 Tue
twitterfacebook
thumb

「みんなが望んでいたこと」9戦ぶりにホーム白星のリバプール、クロップ監督が勝利に安堵

リバプールのユルゲン・クロップ監督がアストン・ビラ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは10日、ホームのアンフィールルドでプレミアリーグ第31節のアストン・ビラ戦を戦い、2-1で勝利した。 トップ4圏内と3ポイント差の7位に位置するリバプールは前半はなかなかゴールを奪えないでいると43分に失点。前半アディショナルタイムには華麗なパスワークからロベルト・フィルミノが押し込むが、VARの結果オフサイドと判定されてしまい、1点ビハインドで試合を折り返す。 後半に入ってもチャンスこそ作るがゴールを奪えないリバプール。それでも57分にはシュートのこぼれ球をFWモハメド・サラーが頭で押し込み同点とすると、終盤にかけても攻撃に出ると、後半アディショナルタイムにトレント・アレクサンダー=アーノルドがこぼれ球を押し込み逆転に成功。ホームで9試合ぶりの勝利を収めた。 試合後、クロップ監督は勝利を喜ぶとともに、難しい試合になったとコメント。それでも、最後まで攻めて逆転となるゴールが最後に決まったことを喜んだ。 「みんなが望んでいたことだ!明らかに、アーセナル戦は本当に本当に良かったし、今日は少し同じような感じだった。我々は上手くプレーしたが、1つのミスを犯した。これは世界最大のミスではないが、相手に得点のチャンスを与えるには十分大きいものだった。そして、その通りになってしまった」 「次の瞬間には同点に追いつき、素晴らしいゴールとなった。素晴らしいパス、素晴らしいプレー、全てが揃ったがオフサイドになってしまった」 「ハーフタイムが明けると同じような展開となったが、我々はずっと前から今シーズンは波乱万丈のシーズンであることを受け入れ、何度も反撃しなければいけないと決めていた」 「得点するまでに時間がかかったが、本当に素晴らしいゴールを決めることができた。言ってみれば、モー(モハメド・サラー)のヘディングで無理矢理決めたようなものだ」 「我々も似たような状況であり、リスクを増やす必要があった。センターハーフを1人下げて、シャック(ジェルダン・シャキリ)を入れ、2-1となる素晴らしいゴールが決まった」 「感情的にも最高のゴールだったので、勝ち点3を獲得できて本当に良かったと思う」 2021.04.11 13:35 Sun
twitterfacebook
thumb

アレクサンダー=アーノルドが劇的逆転弾! リバプールが鬼門アンフィールドで9戦ぶりの白星!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第31節、リバプールvsアストン・ビラが10日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが2-1で逆転勝利した。   現在、トップ4圏内と3ポイント差の7位に位置するリバプール(勝ち点49)はウォルバーハンプトン、アーセナル相手に連勝中。ただ、直近のチャンピオンズリーグ(CL)では敵地でレアル・マドリーに1-3の完敗。パフォーマンス自体も振るわず、ベスト4進出に暗雲が漂っている。   そのマドリー戦を14日に控える中、今節はリーグ戦の前回対戦で2-7の屈辱の大敗を喫した9位のアストン・ビラ(勝ち点44)と対戦。プレミアでホーム6連敗中のアンフィールドでの一戦に向け、クロップ監督はマドリー戦から先発2人を変更。ナビ・ケイタとマネに代えてミルナー、フィルミノを起用した。   アンフィールドでの久々の勝利に向けて勢いを持って試合に入ったリバプールは猛攻を仕掛けていく。サラー、ジョタとキックオフ直後から積極的に足を振っていくと、13分にはDFミングスのトラップミスに反応したサラーがボックス内でGKと一対一の絶好機が訪れるが、このシュートは枠の右に外れる。   以降も押し込んでの遅攻に加えて、前線からの積極的なプレスで相手のミスを誘発し、ショートカウンターから再三の決定機を作り出すが、最後の場面で相手の粘り、シュートミスが重なり、なかなかゴールをこじ開けることができない。   すると、ゴールレスでハーフタイム突入かに思われた前半終了間際には相手のワンチャンスでリードまで奪われる。43分、自陣中央でドウグラス・ルイスにクリアボールを拾われると、マッギンを経由したボールがペナルティアーク付近のワトキンスの足元に。そして、前回対戦でハットトリックを献上したイングランド代表FWに左足を振り抜かれると、GKアリソンの脇を抜けたシュートがゴールネットに吸い込まれた。   その後、前半アディショナルタイムにはアレクサンダー=アーノルドの絶妙なロングフィードに抜け出したジョタがボックス左で折り返したボールをサラーが短く繋ぎ、ロバートソンが決定的なシュートを放つ。これはGKマルティネスにはじき出されるも、こぼれ球をフィルミノが冷静に流し込んだ。これで1-1のイーブンで試合折り返しかに思われたリバプールだったが、かなり微妙な判定ながらもVARのレビューの結果、ジョタの抜け出しの場面でオフサイドを取られてしまい、ゴールは取り消しとなった。   これがアンフィールドの呪いか、相手を圧倒しながらもビハインドで試合を折り返したリバプールは後半も前がかって相手を攻めたてるが、サラーのシュートのディフレクトが枠のわずか右に外れるなど、ツキに見放される。   それでも、57分には自陣右サイドから左サイドへ良い形でボールが展開され、ジョタのワンタッチパスに抜け出したロバートソンがボックス左から強烈なシュート。GKマルティネスが何とか弾くも、こぼれ球をサラーが頭で押し込んだ。   サラーの得点ランキングトップタイの今季19点目で試合を振り出しに戻したリバプールだったが、直後の62分には相手のロングカウンターからボックス中央のトレゼゲに右ポスト直撃の際どいシュートを打たれるなど、一気に流れを引き寄せるまでには至らない。   その後もビラの粘りに遭い、2点目が遠い苦しい時間帯が続く中、ワイナルドゥム、フィルミノ、オザン・カバクをベンチに下げてチアゴや切り札のマネ、シャキリと攻撃的な交代カードを切っていく。   すると、猛攻を仕掛けた試合最終盤の91分に劇的なゴールが生まれる。ボックス右でクリアボールを拾ったシャキリの鋭いクロスに反応したチアゴのダイレクトボレーはGKマルティネスの好守に遭うが、ボックス左でこぼれ球に反応したアレクサンダー=アーノルドがゴール前の密集を抜く狙いすました右足のシュートをゴール右隅の完璧なコースに突き刺した。   その後、後半ラストプレーで完璧に背後を取ったマネの絶好機は相手GKに防がれてダメ押しとはならずも、マドリー戦で戦犯と批判された生え抜きの右サイドバックの劇的なゴールによってビラにリベンジ達成のリバプールがアンフィールドでの連敗をストップ。ホーム9試合ぶりの勝利で暫定4位に浮上すると共に、マドリーとの2ndレグに向けて弾みを付けた。 2021.04.11 01:10 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプール戦控えるアストン・ビラ、グリーリッシュの復帰はなし「負荷に耐えられなかった」

アストン・ビラのディーン・スミス監督が、リバプール戦に向けた会見に出席。その中で、エースの負傷離脱を明かした。クラブ公式サイトが伝えた。 アストン・ビラは10日にプレミアリーグ第31節でリバプールと対戦する。少しでも上位フィニッシュを目指すアストン・ビラにとっては、リバプールは勝ち点差も近い相手だけにしっかりと勝利したいところだ。 しかし、アストン・ビラはこの試合でエースのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュを欠く事に。2月13日のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦を最後に戦線を離脱していたグリーリッシュだが、リバプール戦に間に合うものとみられていた。 記者会見に出席したスミス監督は、グリーリッシュについてコメント。復帰を焦ったあまり、再び負傷してしまったことを明かした。 「(グリーリッシュはフィットしているか?)いや、そうでもない。私もジャックも、もう少し早く復帰できると楽観的に考えていたが、今回のケガで2、3週間ほど遅れることになるだろう」 「彼は本当にトレーニングでは良い状態だったが、負荷に耐えられなかったようだ。これは負荷によるケガであり、今後数週間にわたって負荷を下げ、そこから回復する必要がある」 「我々は長期的なケガではない事を知っているし、彼は戻ってくる。ジャック(・グリーリッシュ)を含め、我々全員がおそらく彼を少し早く復帰させすぎたのかもしれない」 「彼は早く復帰したいと思っていたし、我々も彼に復帰してほしいと思っていたが、ちょっとした事でまたケガしてしまった」 2021.04.09 21:25 Fri
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラに吉報! ここ6戦欠場のグリーリッシュがトレーニングに復帰

アストン・ビラのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュが代表ウィーク明けからチームに復帰しそうだ。 クラブのアイコンであり、主将も務めるグリーリッシュだが、2月21日に行われたプレミアリーグ第25節のレスター・シティ戦を負傷欠場。足のケガにより、それから復帰できず、今月の代表ウィークを迎えた状況だった。 そのため、イングランド代表からも外れたグリーリッシュだが、アストン・ビラが29日、同日からのトレーニング復帰を発表。ディーン・スミス監督は4月4日に行われる第30節のフルアム戦での復帰を期待しているという。 チームとともに昨季から舞い戻ったプレミアリーグで輝きを放つグリーリッシュは今季もここまで22試合の出場で6得点12アシストを記録。グリーリッシュ離脱後のチームは6試合で1勝しか掴めず、3得点にとどまっている。 なお、アストン・ビラは28試合を消化して12勝5分け11敗。1試合未消化分を残して41ポイントの11位に位置している。 2021.03.30 09:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly