マディソン&バーンズ弾のレスターがビラ撃破で2連勝! 暫定2位に浮上《プレミアリーグ》  

2021.02.22 01:03 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第25節、アストン・ビラvsレスター・シティが21日にビラ・パークで行われ、アウェイのレスターが1-2で勝利した。2試合未消化ながら8位に付けるアストン・ビラ(勝ち点36)と、3位のレスター(勝ち点46)による上位対決。前節、リバプールに鮮やかな逆転勝利を挙げたレスターだが、ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)ではスラビア・プラハとのアウェイゲームを0-0のドローで終えることになった。

主力を起用したそのスラビア・プラハ戦からはアマルテイ、オルブライトンに代えてカスターニュ、リカルド・ペレイラと負傷明けの2選手をいずれも右サイドで縦に並べた。

グリーリッシュを負傷で欠くホームチームに対して、立ち上がりからエンジン全開のレスターは、積極的に足を振っていきGKマルティネスを脅かす。すると19分、ヴァーディへのロングボールのこぼれ球を拾ったバーンズがペナルティアーク付近のマディソンの足元に繋ぐと、マディソンがすかさず狙いすました右足のミドルシュートをゴール左下隅の完璧なコースに突き刺した。

敵地で幸先よく先制に成功したレスターは続く23分には右サイドのスローインからティーレマンス、バーンズとボックス付近で繋いでヴァーディが左足の鋭いシュートを放つ。これはGKマルティネスの好守に遭うが、バーンズが冷静にこぼれ球を蹴り込んだ。

この連続ゴールで完全に流れを掴んだアウェイチームは、ホームチームの反撃を枠内シュート0に抑え込むなど、ほぼ完ぺきな内容でハーフタイムを迎えた。

それでも、ハーフタイムに修正を図ったビラは立ち上がりの48分、左サイド深くに侵攻したターゲットからのクロスをゴール前に飛び込んだマッギンがワンタッチシュート。これはDFのブロックに遭うも、ゴール前でこぼれ球に反応したトラオレが冷静に左足で蹴り込んでこの試合最初の枠内シュートをゴールに結びつけた。

緩い入りからいきなり点差を縮められたレスターだが、これをキッカケに気を引き締め直すと、前半同様にここから攻勢を強めていく。59分にはボックス手前の好位置で得たFKをマディソンが直接狙うが、壁を越えて枠の右隅に向かったシュートはGKマルティネスのビッグセーブに阻まれる。さらに、64分には前半から積極的にサイドに流れてサイドバックの背後を狙っていたヴァーディがボックス左からシュートを放つが、これは枠の右に外れる。

失点以降は危なげなく試合を運んでいたレスターだったが、アクシデントが発生。後半序盤にシュートを放った際に左足の違和感を訴えていたマディソンがプレー続行不可能となり、メンディを投入することになった。

攻撃の全権を握る司令塔の不在を受けて、後半半ばから終盤にかけてより堅守速攻の色合いを強めるアウェイチームは、リカルド・ペレイラ、ティーレマンスに代えてアマルテイ、チョードリーと守備的な選手を終盤にピッチへ送り込んで逃げ切り態勢に入る。

一方、今冬加入のサンソンやトレゼゲをピッチに送り込んだビラは左サイドのターゲットのクロスを起点にトラオレが2点目に迫るなど、幾度か良い攻めを見せるが、グリーリッシュ不在を感じさせる最後のところでの工夫が足りない。試合終了間際の94分にはセットプレーの流れからの波状攻撃でエル・モハマディのクロスをゴール前のミングスが頭で合わすが、これは枠の左に外れて万事休す。

そして、難敵ビラを敵地で退けたレスターがリーグ連勝で暫定2位に浮上した。
関連ニュース
thumb

アストン・ビラから関心のベイリー「新しい挑戦が必要」

レバークーゼンのジャマイカ代表FWレオン・ベイリー(23)が今夏での移籍を希望している。アメリカ『ESPN』のインタビューで答えた。 レバークーゼンとは2023年夏までの契約となっているベイリー。アストン・ビラから獲得の関心を受けていると報じられる中、現在の心境を次のように述べた。 「ステップアップの準備ができたと感じている。100%準備ができているよ。うまく行けばそれはすぐに叶うはずだ。最高レベルでのプレーをしたい。新しい挑戦が必要だと思っている」 2017年1月にヘンクからレバークーゼンに移籍して以降、公式戦156試合出場39ゴール26アシストを記録しているベイリー。そのベイリーの移籍金をレバークーゼンは4000万ポンド(約60億円)に設定していると言われるが、契約年数が残り2年ということもあり値下げの可能性も伝えられている。 2021.07.28 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラがジョン・テリーのコーチ退任を発表、「監督を目指す」と明言

アストン・ビラは26日、アシスタントコーチを務めるジョン・テリー氏(40)が退任したことを発表した。 2017-18シーズンにアストン・ビラで現役を退いたテリー氏。翌シーズンに同クラブのディーン・スミス監督の下でアシスタントコーチへ転身すると、チームはチャンピオンシップ(イングランド2部)で5位となり、昇格プレーオフを制してプレミアリーグ復帰を果たした。その後、2019-20シーズンはプレミアリーグを17位で終えると、昨季は11位でフィニッシュし、着実に順位を上げている。 3シーズンの間アシスタントコーチを務めたテリー氏は、クラブを通じて退任についてコメント。将来は監督のポジションに就きたいと明言した。 「この3年間をアストン・ビラで過ごすことができたのは非常に名誉なことであり、特権でもあった。ただ、退任するという非常に難しい決断をするには、今が適切な時期だと感じている」 「監督をはじめ、チームに関わる方々にできる限りの敬意を払いたい。また、夏の間に自分の将来について真剣に検討した結果、やり遂げる確信がないまま新しいシーズンに入るのは公平ではないと考えている」 「家族と充実した時間を過ごし、その後、できることならば欧州各地のクラブや監督のところへの招待を受け、監督になるという目標を達成したい。サッカーのマネジメント職に携わることを常に望んでおり、適切な機会が与えられれば、その挑戦をする準備ができている」 加えてクラブのCEOやオーナー、そして3年間共に戦ったディーン・スミス監督とサポーターに感謝の意を表している。 「私を信じて機会を与えてくれたクリスチャン・パースロー氏(CEO)、オーナーのウェス・エデンズ氏とナセフ・サウィリス氏に感謝している」 「このような素晴らしいクラブでコーチとしてのキャリアをスタートさせる機会をくれたことは、永遠に恩義を感じている。それをいつも愛しており、多くのことを学んだ」 「ディーンが私に与えてくれたサポートと指導には感謝してもしきれないし、これからもクラブを力強く導いてくれることだろう」 「最後に、すべての選手とスタッフに感謝し、これからのシーズンの成功を祈るとともに、応援してくれた素晴らしいアストン・ビラのファンの皆様に感謝の気持ちを伝えたい」 2021.07.26 20:14 Mon
twitterfacebook
thumb

攻撃陣強化を進めるアストン・ビラ、60億円かかるレバークーゼンの快足ウィンガーに関心か

アストン・ビラがレバークーゼンのジャマイカ代表FWレオン・ベイリー(23)の獲得に関心を抱いているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 アストン・ビラは今夏、アーセナルとの争奪戦を制してノリッジからアルゼンチン代表MFエミリアーノ・ブエンディア(24)をクラブレコードとなる3300万ポンド(約51億2000万円)の移籍金で獲得。攻撃陣の強化に成功していた。 しかし、チームの大黒柱であるイングランド代表MFジャック・グリーリッシュ(25)にマンチェスター・シティを始めとするビッグクラブが関心を示している事情もあり、アストン・ビラはさらなる攻撃陣強化に取り組んでいる。 ブエンディアに続くターゲットとなったのが、アーセナルのU-21イングランド代表MFエミール・スミス・ロウ(20)だ。昨シーズン、チームで印象的なパフォーマンスを見せていた若手に対して、移籍金2500万ポンド(約38億5000万円)のオファーを出している。しかし、アーセナルはこのオファーを拒否。3000万ポンド(約46億2000万円)に増額して2度目のオファーを出したが、これも拒否され、アーセナルからは非売品であると告げられている。 不調に終わった交渉を受け、アストン・ビラは次のターゲットとしてベイリーに注目しているようだ。ベイリーは2017年1月にヘンクからレバークーゼンに移籍して以降、公式戦156試合出場39ゴール26アシストを記録。快足ウィンガーに対してはビッグクラブから継続的に高い関心が寄せられているが、レバークーゼンが移籍金を4000万ポンド(約60億円)に設定していたこともあり、移籍は実現していない。 一方で、ベイリーとレバークーゼンの契約は2023年夏までとなっており、残り契約が2年となっていることから、移籍金が下がる可能性もある。アストン・ビラがスミス・ロウに提示した移籍金をそのままベイリーに注げば、移籍実現の可能性もあるかもしれない。 2021.07.22 13:14 Thu
twitterfacebook
thumb

アルテタ、ビラ関心のスミス・ロウの残留明言! ウィロックも構想内を強調

アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督がクラブ生え抜きの若手2選手の残留を明言した。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 現在、アーセナルではU-21イングランド代表MFエミール・スミス・ロウ(20)にアストン・ビラ移籍の可能性が報じられている。 今年に入ってトップチームでポジションを掴んだスミス・ロウは、昨シーズンの公式戦33試合に出場し4ゴール7アシストの数字を残した。 この活躍を受け、今夏のイングランド代表MFジャック・グリーリッシュ(25)の流出が濃厚と見られるビラは、ここまで3度目に渡る公式オファーを掲示したと見られるが、アーセナルいずれも拒否していた。 その一方で、現行契約が2023年までとなっている同選手との契約交渉は合意に至っておらず、今後の動向が注目されている。 そういった中、アルテタ監督は1-2で敗戦したハイバーニアンとのプレシーズンマッチ初戦後の会見で、同試合唯一のゴールを決めた20歳MFの去就に関して言及。 「疑問の余地なく。彼(スミス・ロウ)はここに残る。100%だ」と、愛弟子の残留を明言した。 また、昨シーズンの後半戦にレンタル加入したニューカッスルでリーグ戦14試合8ゴールという驚異的なパフォーマンスを披露し、ニューカッスルら国内の複数クラブの関心を受けるU-21イングランド代表MFジョー・ウィロック(21)に関しても、新シーズンの戦力として自身の構想に入っていることを明言している。 「ジョーは我々の計画の一部であり、彼は我々のプレーヤーだ」 「彼はレンタルを通じて素晴らしい経験をした。ニューカッスルが生き残る上で最も重要なプレーヤーの一人だったと思う」 2021.07.14 14:07 Wed
twitterfacebook
thumb

ビラGKカリニッチが昨季後半戦に続き古巣ハイデュクにレンタル移籍!

ハイデュク・スプリトは11日、アストン・ビラからクロアチア代表GKロヴレ・カリニッチ(31)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 2018年1月にヘントから当時チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していたビラに完全移籍で加入したカリニッチ。だが、同クラブではポジション争いで劣勢を強いられ、ここまで公式戦8試合の出場に留まっいる。 そういった中、2020年1月にはトゥールーズ、同年12月にはハイデュクと2シーズン連続でシーズン途中にレンタル移籍を繰り返していた。 ハイデュクの下部組織出身のカリニッチはクラブ通算152試合に出場し、昨シーズンの後半戦は正GKとしてリーグ戦21試合に出場していた。 なお、クロアチア代表としてユーロ2020に参加していたものの、出場機会はなかった。 2021.07.12 16:17 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly