メッシがPKでリーグ戦4試合連発も土壇場被弾のバルサがカディスに痛恨ドロー…ラ・リーガ連勝が「7」でストップ《ラ・リーガ》

2021.02.22 00:03 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第24節、バルセロナvsカディスが21日にカンプ・ノウで行われ、1-1のドローに終わった。

ラ・リーガ7連勝の3位バルセロナ(勝ち点46)は、チャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン(PSG)戦で喫したホームでの1-4の惨敗からのバウンスバックを図る一戦で15位のカディス(勝ち点24)と対戦した。

前回対戦で敗れたカディス相手のリベンジマッチではPSG戦と同じ11人を起用し、ピケが久々のリーグ戦出場となった。

PSG戦のショックを感じさせる静かな試合への入りを見せたバルセロナだが、アウェイチームが引いて構える戦い方を選択したことで、立ち上がりからボールの主導権を掌握。だが、全体の動き出しや仕掛けの数が少なくなかなか決定機まで持ち込めない。

それでも、徐々に攻撃のギアを上げ始めたメッシが23分と29分にミドルシュートで相手GKを脅かす場面を作り出すと、32分に先制点を奪い切る。ボックス内のルーズボールに反応したペドロが先にボールを触った後、相手に足をかけられる。このプレーで得たPKをメッシがきっちり決め切った。

メッシのリーグ4試合連続ゴールでリードを手にしたバルセロナは前半終盤にかけてリズムを掴み、デンベレの鋭い仕掛けを起点に2点目を狙う。その流れの中でデ・ヨング。ペドリとゴールネットを揺らす場面を作り出したが、いずれもオフサイドを取られてゴールは認められず。

前半の内に追加点を奪い切れなかったバルセロナだが、カディスの攻撃面の低調さもあって危なげない形で試合を進めていく。後半もリスクを冒して前に出ず、2失点目を凌ぐことを最優先にワンチャンスを狙うカディスの守備に手を焼く。

65分にはグリーズマンとブスケッツを下げてブラースヴァイトとピャニッチ、74分にはペドリを下げてトリンコンを投入。引き続き押し込む展開の中でデンベレやメッシにシュートシーンが訪れるが、前半同様に最後の精度を欠く。

その後、80分にデストとデンベレを下げてミンゲサ、リキ・プッチの投入で試合を締めにかかったバルセロナだったが、追加点を奪い切れなかったツケを払うことに。89分、ボックス内でのルーズボールの競り合いでDFラングレがソブリーノの足を遅れて蹴ってしまい、痛恨のPK献上。これをキッカーのアレックス・フェルナンデスに決められて土壇場で追いつかれた。

この失点で慌てて勝ち越しゴールを目指してピケを最前線に上げてパワープレーを敢行したものの、専守防衛のカディスのゴールを再びこじ開けることはできなかった。

この結果、4連敗中のカディス相手に痛恨の逃げ切り失敗となったバルセロナは、ラ・リーガでの連勝が「7」でストップ。前日に首位アトレティコ・マドリーが敗戦を喫した中、勝ち点を縮めるチャンスを生かし切れなかった。

関連ニュース
thumb

ついにバルサの「10」が復帰へ、FWアンス・ファティが322日ぶりのメンバー入り

ついにバルセロナに10番が戻ってくる。 バルセロナは26日、ラ・リーガ第7節でレバンテと対戦する。 今シーズンはラ・リーガで無敗を継続しているバルセロナだが、直近2試合はグラナダ(1-1)、カディス(0-0)と格下と見られる相手に連続ドロー。14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)第1節のバイエルン戦では0-3で惨敗しており、公式戦3試合勝利がない。 この事態を受け、日に日に厳しい目を向けられているのがロナルド・クーマン監督。カディス戦の前には、記者からの質問を拒絶し、自身の声明を読み上げるという異例の会見を実施したが、その後の試合でも勝てず、より周囲からの厳しい意見を集めることとなった。 にわかに去就が騒がしくなり、解任の機運が高まっている中、クーマン監督が嘆いていた戦力が戻ってくることとなった。 バルセロナは25日、スペイン代表FWアンス・ファティがレバンテ戦に向けて復帰することを発表。メディカルチームからゴーサインが出たとした。 ファティは25日のトレーニングに参加。チームメイトからも歓迎を受けていた。 ファティは2020年11月7日に行われたレアル・ベティス戦で負傷。そこから10カ月が経過し、322日の間離脱していたとのことだ。 2019-20シーズンにデビューしたファティは、10カ月半の離脱期間がありながら、これまで43試合をプレーし13ゴール3アシストを記録していた。 また、背番号は「31」、「22」と変化した中、今夏にアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがパリ・サンジェルマン(PSG)へと移籍。そのため、空席となった「10」を渡されることとなった。 ついに背番号「10」をつけたファティのデビューが待たれるが、チームの勝利に繋がる活躍はできるのか。3試合連続勝利がないとなれば、クーマン監督への風当たりはより一層激しくなる。 <span class="paragraph-title">【動画】アンス・ファティがトレーニングに復帰し歓迎受ける</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJOY3I3NEpRWCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.25 21:25 Sat
twitterfacebook
thumb

バルセロナがブスケッツとF・デ・ヨングのイエローカードに異議申し立て、認められれば出場停止はなし

バルセロナが23日に行われたラ・リーガ第6節のカディス戦の判定について異議申し立てを行ったことを発表した。クラブ公式サイトが伝えている。 カディス戦では、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングが2枚のイエローカードを貰い65分に退場。また、スペイン代表DFセルジ・ロベルトにイエローカードが出たほか、後半アディショナルタイムにはスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツにもイエローカードが出されると、これに抗議したロナルド・クーマン監督が退場になっていた。 デ・ヨングの2枚目のイエローカードについては、相手より先にボールに触っており、さらに相手選手と接触する前に足を引いていたが、無謀なチャレンジで相手選手を倒したとして警告が出されていた。 また、ブスケッツについては、ボールが2つピッチに入ったことで蹴り出したが、それがプレーを妨害したとしてイエローカードが提示されていた。 バルセロナは、この2つの判定についてスペインサッカー連盟(RFEF)の競技委員会に異議を申し立てている。 バルセロナは26日に第7節でレバンテと対戦するが、デ・ヨング不在となれば大きく戦況を左右するだけに、注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】意味不明な退席処分に驚きを隠せないクーマン監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr">Ronald Koeman was sent off <a href="https://t.co/fBWUFpJFVG">pic.twitter.com/fBWUFpJFVG</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1441161572689190914?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJUb280UnA3MSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.25 05:00 Sat
twitterfacebook
thumb

「没落を祈っている」不遇のリキ・プッチがクーマン監督を鋭い視線で凝視「ナイフを持ってたらヤった」

バルセロナのU-21スペイン代表MFリキ・プッチが何とも言えない視線を指揮官へ向けた。 バルセロナは23日に行われたラ・リーガ第6節で、カディスとのアウェイゲームに臨んだ。70%を超えるボール支配率を記録したものの、引いた相手を崩し切れずにゴールレスドロー。公式戦3試合未勝利に終わっている。 前節グラナダ戦の途中出場でようやく今季最初の出番を迎えたリキ・プッチは、この日もベンチからのスタート。前半の半ば過ぎには、ロナルド・クーマン監督へ鋭い視線を向けている姿がカメラに収められていた。 口を真一文字に結び、意味ありげな視線に送るリキ・プッチの心情をファンがSNSで推察。「彼の没落を祈っている」、「こいつは僕のキャリアを台無しにしている」、「連続殺人犯の外観」、「ナイフを持っていたらヤっただろう」など、指揮官への不満がにじみ出ているとのコメントが寄せられた。 強烈な目力が功を奏したのか、リキ・プッチは数的不利で迎えた80分からピッチへ登場。とはいえ、ファーストプレーでロストからピンチを招くなど、見せ場は作れなかった。 開幕前にはマンチェスター・シティ移籍の噂もありながら「バルセロナでとても満足している」と語っていたリキ・プッチ。だが、この表情を見る限り、現状は満足とは程遠いようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】どんな思いで?指揮官へ意味ありげな視線を向けるリキ・プッチ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Riqui Puig <a href="https://t.co/kNemAWRY6k">pic.twitter.com/kNemAWRY6k</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1441142478971699203?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.24 20:40 Fri
twitterfacebook
thumb

「レオメッシはどこ?」カディスサポーターが攻撃陣不振のバルセロナをチャントで煽る

カディスのサポーターがバルセロナを煽るチャントを歌い上げた。 23日に行われたラ・リーガ第6節でカディスはホーム、エスタディオ・ラモン・デ・カランサにバルセロナを迎えた。昨季は15シーズンぶりに1部を戦い残留を決めたカディスにとって、バルセロナは圧倒的な格上だったはずだ。 だが、今季のバルセロナは絶不調と言っても過言ではない。カディスのサポーターもそれを承知しているのだろう。キックオフ前のスタジアム近辺に集まった人々は次のようなチャントを歌った。 「レオメッシはどこだい?」 5季連続で得点王に輝くなど、バルセロナの顔でもあったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは今季からパリ・サンジェルマン(PSG)へ加入。彼の不在がバルセロナの調子に影を落としていることは否めず、それを揶揄した恰好だ。 試合でもバルセロナの攻撃陣を相手にクリーンシートを達成したカディス。辛抱強く戦い、ゴールレスドローで格上相手から勝ち点1をもぎ取っている。 <span class="paragraph-title">【動画】ノリノリで「レオメッシはどこだい?」とバルサを煽るカディスサポーター</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">“¿Dónde está Leo Messi” le canta la afición del Cádiz a la plantilla del Barça a su llegada al estadio <a href="https://twitter.com/sport?ref_src=twsrc%5Etfw">@sport</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/fcblive?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#fcblive</a> <a href="https://t.co/AM7jGLeVHD">pic.twitter.com/AM7jGLeVHD</a></p>&mdash; Albert Rogé (@albert_roge) <a href="https://twitter.com/albert_roge/status/1441108791580262400?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.24 18:45 Fri
twitterfacebook
thumb

急にボールが来たわけじゃないのに…バルセロナFWデパイがまさかの決定機逸「タップインは簡単なんじゃなかったの?」

不振にあえぐバルセロナのオランダ代表FWメンフィス・デパイがビッグチャンスを逸した。 23日に行われたラ・リーガ第6節、アウェイでのカディス戦に先発出場したデパイ。開幕からフル出場が続く中、8月は3試合で2得点を奪っていたが、今月はまだゴールがない。 前節のグラナダ戦もチャンスで決め切れないなど、フィニッシュに難を抱える状態が続いている。そのようなもどかしい現状を象徴するかようなシーンが今節でも見られてしまった。 互いにゴールレスで迎えた後半の立ち上がりにデパイに絶好機が訪れる。右サイドに流れたオランダ代表FWルーク・デ・ヨングが絶妙なグラウンダーのクロスをゴール前へ。相手の背後を取ったデパイは、ゴール前フリーの状態で合わせるだけだったが、当て損ねてボールはマイナス方向へ弱々しく転がっていった。 動き出しは完璧だっただけに、あまりにも残念な結果。チームの成績も相まってファンからは「我慢できない」、「眼鏡が必要」、「タップインは簡単なんじゃなかったの?」、「ラヒーム・スターリングとゴンサロ・イグアインでさえ笑ってる」などの辛辣な声が相次いだ。 バルセロナはその後、フレンキー・デ・ヨングの退場もあり、格下相手にゴールレスドローでタイムアップ。FW陣の不振がチームの不調と完全にリンクしてしまっている。 <span class="paragraph-title">【動画】急にボールが来たわけじゃないのに…デパイがフリーの絶好機で空振り…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">How has Depay missed this <a href="https://t.co/b5PTzR2jFa">pic.twitter.com/b5PTzR2jFa</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1441148148575916033?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.24 17:50 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly