マウントがセインツ戦のドローを悔やむ「2ポイント落とした試合」

2021.02.21 14:32 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのイングランド代表MFメイソン・マウントが、引き分けに終わったサウサンプトン戦を振り返った。

20日にプレミアリーグ第25節でFW南野拓実擁するサウサンプトンと対戦したチェルシー。立ち上がりからボールを保持し主導権を握ったものの、なかなかフィニッシュまで持ち込めず悪戦苦闘。


すると33分に一瞬の隙を突かれ、南野にゴールを許してしまう。これがトゥヘル体制で初めて相手選手に決められた失点だった。

その後、後半立ち上がりにマウントが得たPKを自ら決めて同点に。しかし、逆転には至らず1-1のドロー決着となった。

何とか同点に追いついて勝ち点を得たものの、マウントはポイントを落とした試合だったと落胆。ゴール前での連携が足りていないと反省した。

「2ポイント失ってしまったと僕たちは捉えているよ。良い感じでプレーできていたんだ。こういった試合は勝たなければならないと感じるよ。できるだけ上の順位で終えたいと思うならね」

「僕たちは試合をコントロールし、ポゼッションでも勝っていた。だけどファイナルサードになかなか入れなかった。連携が取れていなかったし、チャンスも作れなかった。時々あることだけどね。特にキックオフからすぐの時間帯は、何度かゴールするチャンスはあったんだ」

「後半は少し良くなった。チャンスを作った回数でいうと、もっとゴールできたはずだ。僕たちは今日の試合を失敗とみなす必要がある。もっと良くなれる試合だったとね。毎日成長に努めていくよ」

マウントはまた、自身が決めたPKのシーンにも言及。本来はFWタミー・エイブラハムが蹴る予定だったが、ハーフタイムで交代していたため、自ら立候補したことを明かした。

「タミーが蹴るはずだったんだけど、ハーフタイムで交代していたから僕かティモ(・ヴェルナー)のどちらかだったんだ」

「監督は自信があるやつが蹴ればいいと言っていたから僕が蹴ることにしたんだ。僕は最後に蹴ったカラバオカップのトッテナム戦で外していたから、ここで仕切り直したかったんだよ。もちろん自信もあったよ」

関連ニュース
thumb

ジョルジーニョが新体制に手応え!コバチッチとの連係は「申し分ない」

チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョが、チームの現状に満足感を示している。 先月末にトーマス・トゥヘル監督が就任し、再スタートを切ったチェルシー。ここまで公式戦8試合無敗を継続しており、リーグ戦では4勝2分け、チャンピオンズリーグでは強豪アトレティコ・マドリー相手に白星を挙げた。 その中でジョルジーニョは、途中出場となったリーグ戦のサウサンプトン戦と招集外となったFAカップのバーンズリー戦を除いてフル出場しており、新体制で存在感を放っている。 28日にプレミアリーグ第26節でマンチェスター・ユナイテッドとのビッグマチを迎える中、イタリア代表MFはチームの状態に満足感を示すと共に、指揮官の印象も語った。 「チームが良くやっていてハッピーだよ。懸命に取り組み、監督の要求に応えようとしている。しっかり前に進めていると思うよ」 「監督は選手たち個々のキャラクターを理解しているし、彼の望むプレーは僕たちのキャラクターに合っている。それを踏まえたうえで、彼は僕たちにアドバイスをし、正しい道を与えてくれている。自ずと結果も付いてくるはずさ」 ジョルジーニョはまた、中盤でコンビを組むクロアチア代表MFマテオ・コバチッチにも言及。互いに理解し合っている存在だと語り、確かな連携を築いていることを主張した。 「彼とは良い関係を築けているよ。フットボールに対する同じ考え方を持っているからね。僕たちは互いに相手が何をしたいか、相手に何をして欲しいのか分かるんだ。だから彼と一緒にプレーするのは本当に簡単なことなんだよ」 「僕たちはその時々で誰がどこにいて欲しいのか理解し、正しい瞬間に間隔を取り合っている。守備でも補完し合っているよ。どのタイミングで距離を詰めるか、またはそうしないのか、互いに理解しているんだ」 最後にユナイテッド戦については「より一層のモチベーションを生む試合だ。まずはしっかりディフェンスすることが大切だ」と意気込みを語った。 2021.02.28 14:27 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレミア注目プレビュー】トップ4圏内狙うブルーズと逆転リーグ制覇狙うユナイテッドの上位対決!

プレミアリーグ第26節、チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッドが日本時間2月28日25:30にスタンフォード・ブリッジでキックオフされる。トゥヘル就任以降、無敗を継続する新生ブルーズが2位のユナイテッドをホームで迎え撃つ注目の上位対決だ。 現在、5位のチェルシー(勝ち点43)は前節、サウサンプトン相手に主導権を握りながらも崩しの精度を欠いて1-1のドロー。プレミアリーグでの連勝が「4」でストップした。それでも、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではアトレティコ・マドリー戦ではFWジルーの豪快なオーバーヘッド弾を守り抜き、アウェイゴールを奪って1-0の先勝を飾った。 この勝利によってトゥヘル新体制移行後、公式戦8試合無敗(6勝2分け)を維持する好調なチームだが、今節を皮切りにCL出場権を争うリバプール、エバートンとの重要な連戦を控えており、難敵相手に勝ち切って弾みを付けたいところだ。 一方、首位のマンチェスター・シティと10ポイント差で2位に付けるユナイテッド(勝ち点49)は、エバートン、WBA相手に2戦連続ドローと嫌な流れに陥っていたが、前節のニューカッスル戦では伏兵ダニエル・ジェームズのゴールなどで3-1の快勝を収めた。また、ミッドウィークのヨーロッパリーグ(EL)ではレアル・ソシエダ相手に0-0のドローに終わるも、4-0で圧勝した1stレグのアドバンテージを生かして順当にベスト16進出を決めた。 来週ミッドウィークのクリスタル・パレス戦を挟んで来週末にシティとの重要なダービーを控える赤い悪魔は、逆転優勝に向けてこれ以上の取りこぼしは許されず、最低限10ポイント差を維持してダービーに臨むため、今季12戦無敗(8勝4分け)と得意とするアウェイゲームで勝ち点3奪取が必須だ。 なお、昨年10月に行われた前回対戦はホームのユナイテッドが優位に進めたものの、チェルシー守備陣の奮闘によってランパード前体制のブルーズが0-0のドローに持ち込んでいた。また、チェルシーの指揮官としては初対決となるトゥヘル監督だが、パリ・サンジェルマンの指揮官として戦った今季のCLグループステージでは1勝1敗の戦績を残している。 ◆チェルシー◆ 【3-4-2-1】 ▽チェルシー予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210227_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:メンディ DF:アスピリクエタ、クリステンセン、リュディガー MF:リース・ジェームズ、カンテ、コバチッチ、マルコス・アロンソ MF:マウント、ヴェルナー FW:ジルー 負傷者:DFチアゴ・シウバ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはチアゴ・シウバを除く全選手が起用可能だ。 スタメンに関してはアトレティコ戦をベースに幾つかのポジションでの変更が見込まれる。対ユナイテッドという部分でより守備とアスリート能力に長けたリーズ・ジェームズとカンテがハドソン=オドイ、ジョルジーニョに代わって起用されると予想する。それ以外ではズマやエイブラハムにチャンスが与えられる可能性もありそうだ。 ◆マンチェスター・ユナイテッド◆ 【4-2-3-1】 ▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210227_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:デ・ヘア DF:ワン=ビサカ、リンデロフ、マグワイア、ショー MF:フレッジ、マティッチ MF:グリーンウッド、ブルーノ・フェルナンデス、ラッシュフォード FW:マルシャル 負傷者:DFジョーンズ、MFポグバ、マタ、マクトミネイ、ファン・デ・ベーク、FWカバーニ、ダニエル・ジェームズ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはポグバ、マタ、マクトミネイの欠場が確定。また、カバーニ、D・ジェームズ、ファン・デ・ベークの3選手に関してはカバーニの欠場は濃厚も、後者2人に関しては試合前日の最終チェックによって起用の可否を決めることになる。 システムに関しては[4-2-3-1]の継続が濃厚も、現地メディアの中では[3-4-1-2]のオプションの採用を予想する声もある。スタメンに関してはカバーニ、D・ジェームズが復帰しない限り、前述のメンバーが起用される見込みだ。 ★注目選手 ◆チェルシー:MFマテオ・コバチッチ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210227_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> チェルシーの注目プレーヤーは中盤で存在感増すコバチッチだ。ランパード体制においても中盤の主力として起用されたクロアチア代表MFだが、トゥヘル体制ではこれまでのバランサーや黒子の役割からより攻撃的な役割を担っている。 [3-4-2-1(3-5-2)]のセントラルMFでの起用が続く中、攻撃時はジョルジーニョと共に立ち位置の妙、鋭いターンを武器に相手のプレスを剥がして局面を打開。そこからのドリブルでの運び、味方とのコンビネーションでより相手のボックスに近い位置で崩しの一歩手前の役割を担っている。また、守備面においては3バックが安定していることもあり、よりアグレッシブに人やボールにアタックするプレーも増えている。 難敵ユナイテッドをホームで迎え撃つ今回の一戦では相手のキーマンであるB・フェルナンデスの監視という守備面のタスクと共に、相手のプレスを剥がしてクリーンなボールを前線の味方に繋げたい。また、個人として課題となっているラストパス、シュートの精度を改善し、チームを勝利に導く仕事にも期待したいところだ。 ◆マンチェスター・ユナイテッド:FWマーカス・ラッシュフォード <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210227_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ユナイテッドの注目プレーヤーは3年連続のプレミア2桁ゴールに王手をかける若きエースだ。今季ここまでやや調子の波はあるものの、キャリアハイの22ゴール(公式戦)を記録した昨季に迫る18ゴールを挙げているラッシュフォード。とりわけ、直近の公式戦数試合ではコンディションが上がっており、ソシエダとの1stレグ、前節のニューカッスル戦では決定的な仕事を果たしている。 今回の一戦でも攻撃の中心は間違いなくB・フェルナンデスだが、カバーニやポグバ、マクトミネイらの不在によって絶対的な司令塔へのマークはより厳しくなるはずだ。その中で個で局面を打開し、ゴール、アシストと決定的な仕事ができる23歳のイングランド代表FWのプレーがユナイテッド勝利の鍵を握る。 左ウイングでの起用が見込まれる中、好調を維持するDFアスピリクエタの牙城を崩せるか。 2021.02.28 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

トゥヘル、PSG時代のブルーノ獲り挑戦を明かす 「懸命にファイトした」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督はかつてポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスの獲得を狙ったようだ。イギリス『BBC』が報じた。 2020年冬にスポルティング・リスボンからマンチェスター・ユナイテッドに活躍の場を移したB・フェルナンデス。まだ移籍から1年が経ったばかりだが、ここまで公式戦60試合の出場で34得点21アシストの数字が物語るとおり、いまや“赤い悪魔“に不可欠なキーマンとして絶対的な地位を築く。 そんなポルトガル人技巧派MFを擁するユナイテッドと28日に開催予定のプレミアリーグ第26節で相対するチェルシー。トゥヘル監督は2018年5月〜2020年12月まで率いたパリ・サンジェルマン(PSG)時代にアンテロ・エンリケ元スポーツディレクター(SD)主導で獲得を目指した過去を明かした。 「我々は獲得しようとした。それは就任して間もないときで、パリで最初に私と仕事をしたSDが彼をよく調べていたんだ」 「我々は彼をより知ろうと、かなり試合も追った。懸命にファイトしたんだ。彼と繋がり、チームに連れて来るためにね」 「しかしながら、我々のトライは実らず、彼は別の道に行ってしまった。そんな彼と対峙するのは我々にとって悪いことだ」 ドイツ人指揮官はまた、要注意すべき選手であるB・フェルナンデスがユナイテッドに移ってからの歩みにも言及。敵チームの選手だが、素直に活躍ぶりを認めた。 「彼はスポルティングにいた当時から大きなパーソナリティを持ち、効果的なゴールスコアラー。そして、周りの選手をより危険な存在にさせられる効果的な選手でもあった」 「ポルトガルという国、最も強いリーグでないにせよ、競争力のあるビッグクラブからブレミアリーグのビッグクラブ、欧州最強のリーグにステップを踏み、このようなインパクトを残している点に関して、最も大きな尊敬の念を抱くのみだ」 「彼はとてつもなく大きなインパクトを与えている。フットボール界にいる1人の選手がそれを備えるには絶対的なトップレベルでなければならない。彼のインパクトは言葉で言い表せられないほどのものであり、信じられないほどのものだ」 2021.02.28 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

トゥヘル監督がハヴァーツへの信頼を強調「才能に溢れている」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、新天地で苦戦するドイツ代表MFカイ・ハヴァーツへの信頼を強調した。 昨夏の大型補強の中でも、クラブ史上最高額の7000万ポンドの移籍金で一際大きな注目を浴びたハヴァーツ。序盤戦こそリーグ戦ではゴールやアシストを記録し、リーグカップではハットトリックを決めるなど、その才能の片鱗を覗かせていたが、現在は尻すぼみで移籍金に見合ったプレーができていないというのが実際のところだ。 1月末に指揮官が同じドイツ人であるトゥヘル監督に代わると、その初陣のウォルバーハンプトン戦ではフル出場したものの、以降はケガの影響もあり、出場機会を得られていない。 しかしながら、トゥヘル監督はハヴァーツを才能に溢れた選手と称賛。ケガの影響でパフォーマンスの質を落としているものの、選手としての信頼は高いままであることを強調している。 「説明するのは簡単だ。このクラブに来てから、彼の活躍を妨げているのはケガだ。それ以外のなにものでもない」 「若くして海外に移籍するという勇気ある決断をし、自分の居心地の良い場所から抜け出して、ビッグリーグのビッグチームで大きな挑戦を受け入れた男だ」 「それを完全に理解し、無限の才能に溢れた明確な選手だ。いずれチェルシーで大きなインパクトを残せるだろう。私はそれを確信している。彼はこのクラブで大きな役割を持ち、その役割を完全に全うするという感覚を与えてくれているからだ」 「彼はユニークな選手だ。彼がどのポジションに適応する必要があるか明確ではないが、特定のポジションが彼には必要かい? 彼はハイブリッドな選手じゃないのかい? 今の彼は9番と10番の間の選手だと言える」 「ボックスの中など高いポジションで彼は快適にプレーする。ヘディングも上手いし、ボックスに入り込むタイミングも良い。フィニッシュ精度も高く、ボックスの中でも外でも落ち着いている」 2021.02.27 21:51 Sat
twitterfacebook
thumb

ウィリアン、アーセナル移籍劇を振り返る…「チェルシーに残りたかった」

アーセナルのブラジル代表MFウィリアンが昨夏の移籍劇に言及した。 昨夏にチェルシーからアーセナルに活躍の場を移したウィリアン。2013年からプレーしたチェルシーで公式戦通算339試合63得点62アシストの数字を誇り、2度のプレミアリーグ制覇にも寄与した功労者だが、昨季限りで満了する契約の延長交渉が破談となり、同じくロンドンを拠点とするアーセナル移籍を決断した。 母国ブラジルメディア『UOL』のインタビューに応じたウィリアンはその当時、チェルシー残留を望む自身がいたと明らかにした。 「難しい決断だった。簡単じゃなかったよ。言われるとおり、クラブ間にすごく大きなライバル関係もあるしね。アーセナルのためにチェルシーを去るのは簡単な決断じゃない。よく考え抜いて、熟慮した決断で、妻や代理人と何度も話し合ったぐらいだ」 「アーセナルに行くと決めたのはミケル・アルテタやエドゥとの会話がきっかけだった。僕がアーセナルに加われば、チームにとって本当にクールなプロジェクトになり、僕にとっても良いものになるだろうと説得してくれたんだ」 「僕がチームの重要な選手になれるとね。彼らはアーセナルが再びプレミアリーグで優勝争いを演じられたり、再びチャンピオンズリーグ(CL)の舞台に立てるようになるためにクラブの哲学を変えていきたいと考えていたんだ」 「だから、何度か話し合った。いくつかの会話は僕を喜ばせるものだったから、この決断を下した理由さ。でも、この決断に至るまで本当に楽じゃなかったよ。しっかりと考える必要があった」 「ファンのなかに疑問を持つ人もいたと思うが、大多数は理解してくれた。クラブと喧嘩別れしたわけじゃなく、ドアがオープンな状況だったからだ。誰もがそういう状況を知ってもいた。僕自身も残りたいと思っていたんだ」 「でも、結局は合意に至らなかった。僕が3年契約を求めた一方で、チェルシーが2年契約を提示するにとどまったというのは誰もが知っている話。そういうわけで、退団することになったのさ」 なお、ブラジル凱旋の可能性についても問われると、「今のところ、そういう考えはない。ブラジルでプレーしたいという願望もね。とにかく、ヨーロッパに残るつもりだ」と話している。 2021.02.27 13:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly