遠藤航所属のシュツットガルトがマタラッツォ監督との契約を2024年まで延長

2021.02.20 02:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
遠藤航の所属するシュツットガルトは19日、ペッレグリノ・マタラッツォ監督(43)との契約延長合意を発表した。新たな契約期間は2024年6月30日までとなる。マタラッツォ監督は2019年12月末にティム・ヴァルター前監督の後任として、当時3位に位置していたシュツットガルトの新指揮官に就任。


監督初挑戦ながらホッフェンハイム時代にユリアン・ナーゲルスマン監督(現RBライプツィヒ)のアシスタントコーチを務めていた実力派は、コロナ禍での難しい舵取りを強いられた中、就任以降の17試合で8勝6敗3分けとまずまずの戦績を残し、クラブを1年での1部復帰に導いた。

そして、今季も残留争いに巻き込まれることなく、ここまで第21節終了時点で6勝8分け7敗の10位と、中位に位置している。

現行の契約から2年間延長したマタラッツォ監督は、クラブとの厚い信頼関係を口にしている。

「シュツットガルトでの仕事にとても満足している。トーマス・ヒッツルスペルガー(CEO)やスヴェン・ミスリンタート(SD)と共に、我々は非常にポジティブな成長をみせてきた」

「コーチングスタッフやバックルームスタッフ、そして選手たちとの仕事を本当に楽しんでいる。そして我々は、これからさらに次のステップへと踏み出したいと思っているよ」
関連ニュース
thumb

遠藤がブンデス初弾など2G2Aと躍動!シュツットガルトが最下位シャルケに5発圧勝!!《ブンデスリーガ》

遠藤航の所属するシュツットガルトは27日、ブンデスリーガ第23節でシャルケと対戦し、5-1で勝利した。遠藤はフル出場した。 前節のケルン戦で3試合ぶりの白星を飾った10位シュツットガルト(勝ち点29)が、7試合未勝利の最下位シャルケ(勝ち点9)をホームに迎えた一戦。 開幕から23試合連続スタメンとなった遠藤をボランチに据えた[3-4-2-1]で試合に臨んだシュツットガルトは、開始早々の5分にピンチを迎える。右サイドを持ち上がったベッカーのクロスをファーサイドのアリが絶妙なトラップからシュートを放ったが、これはわずかに飛び出したGKコベルが体でブロックした。 ピンチを凌いだシュツットガルトは10分、ソサの右CKをゴールエリア左でフリーの遠藤が見事な右足ボレーでゴールネットへ叩き込み、ファーストチャンスで先制する。 その後は膠着状態が続いたが、26分にシュツットガルトがリードを広げる。カストロの左CKをニアサイドのアントンがヒールで逸らすと、ゴールエリア右の遠藤が流し込んだ。 さらにシュツットガルトは34分、右CKの二次攻撃から左サイドでこぼれ球を回収したソサが左足インスウィングのクロスを入れると、カライジッチのヘディングシュートがゴール左隅に吸い込まれた。 3点差をつけたシュツットガルトは、40分にコラシナツのゴールで1点を返されたが、3-1で前半を終えた。 後半は立ち上がりから一進一退の展開が続く中、シュツットガルトは62分フェルスターとカストロを下げてディダヴィとクレメントを投入。しかし、先に決定機を迎えたのはアウェイチーム。71分、ボックス中央でパスを受けたアリをケンプフが後方から倒しPKを献上。しかし、ベンタレブのPKはGKコベルが完璧な読みでビッグセーブ。 守護神の好守に応えたいシュツットガルトは87分、遠藤の縦パスをペナルティアーク左で受けたクレメントが反転から左足一戦。このシュートがゴール左隅に突き刺さった。 さらにシュツットガルトは、後半アディショナルタイムにもディダヴィのミドルシュートで追加点を挙げ、5-1で快勝した。 2021.02.28 01:32 Sun
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト指揮官が遠藤航と同僚MFのコンビを称賛 「攻守ともによくやっている」

シュツットガルトのペッレグリノ・マタラッツォ監督が日本代表MF遠藤航とU-21ベルギー代表MFオレール・マンガラを高く評価した。ドイツ『echo24.de』が伝えている。 シュツットガルトはブンデスリーガ第22節が終了した現時点で10位と昇格組ながら中位をキープ。その中心にいるのがリーグ戦すべての試合に先発出場を果たしている遠藤と、それに次ぐ21試合出場を誇るマンガラだ。 とりわけ、2年目のの遠藤は守備面で多大な活躍を披露。ブンデスリーガ公式サイトが公開しているスタッツではデュエル勝利数337回を記録しており、これは今季のリーガ全選手中1位となる。 マタラッツォ監督はなぜ両選手が2人でこれほどまでに機能するかを分析。また、両選手の個の強みについても説明した。 「なぜ彼らがいまく調和しているかは知っている。1つは互いをよく理解しているからだろう。彼らの動きは2人によって調整されている」 「フィジカルで強さを発揮し、守備的なプレーでも効果的にそういった長所を出せている」 「航はシンプルなプレースタイルで、スペースを消してくれる選手だ。そして、オレールは常に打開策を見つけ出してくれる。非常に想像的な選手だ」 「攻守ともに非常によくやってくれている。プレスやビルドアップに関しても満足いるよ」 2021.02.27 17:14 Sat
twitterfacebook
thumb

遠藤航も給与カット、財政危機を救うためシュツットガルトの選手&スタッフが合意「みんな助けてくれた」

日本代表MF遠藤航を含めたシュツットガルトの選手たちが、再び給与カットに応じたようだ。 シュツットガルトは、他のクラブと同様に新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けてクラブの財政が不安定な状況に。その中で、これまでも選手やスタッフがチームを助けようと協力してきた。 ドイツ『ビルト』によると、クラブのスポーツディレクターを務めるスヴェン・ミスリンタート氏が21日にコメント。再び選手たちが給与カットに応じたという。 「計算されていた観客動員をあてにすることができなくなったので、スタッフや選手ら全員に尋ねた」 「そして、全ての選手が助けてくれることになった。全てのスタッフと同様にだ」 ヨーロッパの中でも、多くの観客動員数を誇るブンデスリーガ。そのチケット収入などは、クラブ資金の大きな部分を占めていたが、無観客が続いていることで多くのクラブが財政難に陥っている。 シュツットガルトも、無観客の試合ごとに約200万ユーロ(約2億5600万円)の損失を出している状況。シーズン後半から観客が戻る予定だったが、それも実現できておらず、計画を変更しなければならない状況だ。 選手やスタッフの給与カットは1月から遡及的に続いており、シーズン終了まで続くこととなるようだ。 2021.02.22 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

遠藤フル出場のシュツットガルトがカライジッチの4戦連発弾で3試合ぶりの勝利を飾る!《ブンデスリーガ》

遠藤航の所属するシュツットガルトは20日、ブンデスリーガ第22節でケルンと対戦し、1-0で勝利した。遠藤はフル出場している。 3試合ぶりの勝利を目指す10位シュツットガルト(勝ち点26)が、14位ケルン(勝ち点21)のホームに乗り込んだ一戦。遠藤は[3-4-2-1]のボランチで開幕から22試合連続スタメンとなった。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、シュツットガルトは17分にピンチ。スローインの流れでボックス右深くから侵入したスクヒリのラストパスを走り込んだドゥダにダイレクトで合わせられたが、シュートは枠の上に外れて難を逃れた。 徐々にボールの主導権を握るシュツットガルトは、何度もアタッキングサードまでボールを運ぶが、集中した守りを見せるケルン守備陣を攻略することができず、なかなか効果的にフィニッシュまで持ち込めない。 前半終了間際の44分には、カストロの右CKからマヴロパノスがヘディングシュートを放ったが、これも枠を捉えず。前半は枠内シュート0本に終わった。 ゴールレスで迎えた後半は、開始早々にスコアが動く。49分、左サイドで獲得したFKからソサがクロスを供給すると、ニアで合わせたカライジッチのヘディングシュートがゴール右隅に吸い込まれ、シュツットガルトが先制した。 さらにシュツットガルトは53分にも、中央を持ち上がった遠藤のパスをカライジッチが繋ぎ、最後はボックス右に駆け上がったワマンギトゥカがシュートを放ったが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。 膠着状態が続く中、シュツットガルトは70分にピンチ。マイヤーのスルーパスで右サイドを突破したデニスがボックス右から侵入。切り返しでマークを外し左足を振り抜いたが、シュートはゴール左に外れた。 さらに77分には、ボックス右手前からカットインしたエズジャンの強烈なミドルシュートがシュツットガルトゴールを脅かしたが、これはクロスバーに救われた。 終盤は同点弾を狙うケルンに押し込まれる展開となったシュツットガルトだが、集中した守りで失点を許さず、3試合ぶりの勝利を飾った。 2021.02.21 01:30 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤フル出場のシュツットガルト、逃げ切り失敗でヘルタにドロー《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは13日、ブンデスリーガ第21節でヘルタ・ベルリンをホームに迎え、1-1で引き分けた。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 前節レバークーゼンの前に完敗した10位シュツットガルト(勝ち点25)は、遠藤が[3-4-2-1]のボランチで開幕から21試合連続スタメンとなった。 前からプレスに来る15位ヘルタ(勝ち点25)に対し、シュツットガルトは8分にビッグチャンス。カライジッチとのパス交換でボックス右に侵入した遠藤が枠内シュートを放ったが、GKにセーブされた。 徐々にシュツットガルトが流れを引き寄せる展開となると、22分にはトミーがボックス内からシュートを放って牽制。 続く34分には左CKからマヴロパノスのヘディングシュートが枠を捉えるも、GKヤルシュテインのファインセーブに阻まれる。さらに40分、遠藤がゲンドゥージからボールを奪ってショートカウンターに転じ、浮き球パス。しかし、ボックス左のカライジッチのシュートはわずかに枠の右に外れた。 それでも追加タイム1分にシュツットガルトが押し切る。ソサのFKをカライジッチがダイビングヘッドで合わせてネットを揺らすと、一度はオフサイトと判定されたものの、VARでゴールが認められた。 迎えた後半、シュツットガルトが押し込む流れが続いた中、59分にピンチを迎えたが、クーニャのループシュートはゴールライン前に戻ったアントンが好守で凌いだ。 試合をコントロールしていたシュツットガルトだったが、終盤の82分に追いつかれてしまう。分厚い攻めを受けた流れから最後はネッツに押し込まれた。 このまま1-1で終了。シュツットガルトは逃げ切りに失敗し、勝ち点1を積み上げるにとどまった。 2021.02.14 01:35 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly