「とても礼儀正しいファウル」引っ張られた選手との一瞬の“和解”に脚光

2021.02.20 11:20 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
過去には元日本代表MF小野伸二やMF髙萩洋次郎といった日本人選手も所属したAリーグのウェスタン・シドニー・ワンダラーズの選手の1つのファウルに注目が集まっている。ウェスタン・シドニー・ワンダラーズは10日、Aリーグ第6節でメルボルン・ビクトリーとホームで対戦。


0-0で前半を折り返すと、50分、自陣からのロングフィードが左サイドのFWサイモン・コックスに渡るも、ややトラップが大きくなり、苦し紛れのパスは相手DFストーム・ルーの体に当たってしまう。

ルーズボールをルーが拾うと、コックスがプレッシャーをかける。上手く体を入れるルーに対し、コックスがその右手を引っ張ると、そこで主審がプレーを止める。

コックスのプレッシャーの苛立っていたルーだが、2人の右手は意図せず“握手”するような形に。ルーは笑顔を見せ、コックスと一瞬で“和解”していた。

Aリーグの公式ツイッターがこのシーンを「これまでで最も素晴らしいファウル?」と投稿すると、『B/R Football』も「このファウルはとても礼儀正しい」と稀有な光景を伝えている。

なお、試合は後半に2ゴールを挙げたウェスタン・シドニー・ワンダラーズが2-0で勝利。2月からウェスタン・シドニー・ワンダラーズに復帰した、元清水エスパルスのオーストラリア代表FWミッチェル・デュークは招集外となっている。

◆意図せぬ握手で和解


関連ニュース
thumb

元清水のデューク、サウジ挑戦から半年で母国凱旋…古巣ウェスタン・シドニー・ワンダラーズに復帰

ウェスタン・シドニー・ワンダラーズは1日、サウジアラビアのアル・タアーウンからオーストラリア代表FWミッチェル・デューク(30)のレンタル加入を発表した。契約期間は2020-21シーズン終了までとなる。 オーストラリア代表通算5試合2得点のデュークはセントラルコースト・マリナーズ、ブラックタウン・シティを経て、2015年2月に清水エスパルス入り。2018年限りで清水を退団後、2019年からウェスタン・シドニー・ワンダラーズに加わると、昨年8月からサウジアラビア1部のアル・タアーウンに活躍の場を移したが、公式戦13試合の出場で無得点だった。 わずか半年でサウジアラビアを去り、前所属時に主将としてオーストラリア・Aリーグ26試合14得点を記録するなど、キャリアのなかでも良い思い出が残るウェスタン・シドニー・ワンダラーズ復帰が決定したデューク。クラブの公式サイトを通じて、喜びの心境と抱負を語った。 「戻る機会を与えてくれたクラブ首脳陣にすごく感謝したい。ワンダラーズは僕のファミリーだ。クラブや街にとって、大事なシーズンになる。レッド&ブラックのシャツを再び着れるのをとても誇らしく思う」 2021.02.02 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

元オーストラリア代表MFトロイージがウェスタン・シドニーに加入

Aリーグのウェスタン・シドニー・ワンダラーズは、元オーストラリア代表MFジェームズ・トロイージ(32)の獲得を発表した。 トロイージは、ニューカッスルでキャリアをスタート。2012年8月にユベントスとアタランタが共同保有。その後、メルボルン・ビクトリー、ズルテ・ワレヘムでプレーすると、サウジアラビアのアル・イテハドや中国の遼寧宏運でプレー。2016年7月にメルボルン・ビクトリーへ復帰していた。 メルボルン・ビクトリーではMF本田圭佑(ボタフォゴ)ともプレー。2019年10月にアデレード・ユナイテッドへと移籍するが、今回ウェスタン・シドニーに加入することとなった。 Aリーグでは通算111試合に出場し27ゴール23アシストを記録。昨シーズンは13試合で1ゴール3アシストを記録していた。 また、オーストラリア代表としても37試合に出場し5ゴールを記録している。 また、セントラルコースト・マリナーズのスコットランド人DFジギー・ゴードン(27)の獲得も発表していた。 2020.12.17 13:12 Thu
twitterfacebook
thumb

元オーストラリア代表MFトロイージが豪アデレード・ユナイテッドを退団

オーストラリアのAリーグに所属するアデレード・ユナイテッドは14日、元オーストラリア代表MFジェームズ・トロイージ(32)がクラブを退団したことを発表した。 トルコのカイセリシュポルやアタランタ、ベルギーのズルテ・ワレヘムプレーしたトロイージは、元日本代表MF本田圭佑と共にプレーしたメルボルン・ビクトリー退団後の2019年10月にアデレードに加入。昨シーズンはリーグ戦13試合の出場で1ゴール3アシストの成績に終わっていた。 フリーとなったトロイージに関しては、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズが獲得に動いているとのこと。地元紙『The West Australian』によれば、今シーズンから同クラブの指揮を執るカール・ロビンソン新監督はかねてからトロイージを高く評価。クラブに獲得を熱望しており、正式オファーを出しているとのことだ。 2020.12.15 02:45 Tue
twitterfacebook
thumb

元スイス代表MFシュベクラーがウェスタン・シドニーへ完全移籍!

オーストラリア・Aリーグのウェスタン・シドニー・ワンダラーズは15日、ハノーファーから元スイス代表MFピルミン・シュベクラー(32)を完全移籍で獲得した。 スイスのルツェルンやヤングボーイズでプレーしたシュベクラーは、2006年にレバークーゼンへ加入。その後、フランクフルトやホッフェンハイムを渡り歩いて、2017年夏に昇格組のハノーファーへ移籍。ハノーファーでは、在籍2シーズンで公式戦57試合に出場し10アシストを記録。今季はここまでブンデスリーガ26試合に出場していた。 ウェスタン・シドニーへの移籍が決まったシュベクラーは、公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「ウェスタン・シドニーに加入することが出来てとても興奮している。待ちきれず、到着するまでの日数をカウントダウンしているね」 「僕はレッド&ブラック(ウェスタン・シドニーの愛称)の一員になれたことをとても誇りに思っており、ここでプレーすることを楽しみにしているよ」 2019.05.16 01:21 Thu
twitterfacebook
thumb

清水退団のミッチェル・デュークが地元のウェスタン・シドニーに加入「日本でプレーしたことは誇り」

オーストラリア・Aリーグのウェスタン・シドニー・ワンダラーズは25日、オーストラリア代表FWミッチェル・デューク(28)の加入を発表した。契約期間は1年半となる。 シドニー出身のミッチェル・デュークは、幼少期にリバプール・レンジャーズでサッカーをスタート。その後、セントラルコースト・マリナーズの下部組織で育ち、2012年7月にトップチームへ昇格。2015年2月に清水エスパルスへと加入した。 清水には4シーズン在籍。通算成績はJ1で82試合出場2得点、J2で7試合出場1得点、リーグカップで13試合出場1得点、天皇杯で4試合出場1得点を記録。2018シーズンはJ1で22試合出場、リーグカップで4試合出場1得点、天皇杯で1試合に出場していた。 ミッチェル・デュークは、今回の移籍に際しクラブと協力して両親へサプライズを敢行。地元クラブへの入団で、両親を喜ばせる動画もクラブが配信している。 移籍についてミッチェル・デュークは「僕はリバプール(オーストラリア)で育ったので、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズに行くことは簡単な決断だった」とコメント。「4年間過ごした日本から戻ることが非常に簡単な決断だったように、どこかでキャリアの中でこのクラブでプレーしたいという思いがあった」と、地元でのプレーに憧れていたことを明かした。 また、「オーストラリアに戻ってくる理由の大部分は、僕の家族とサッカーのレベルだった」と明かし、「僕のホームよりも僕がプレーするに適した場所はないよ。このクラブは故郷のクラブだ」と語っている。 Jリーグに関してもコメントし、清水で長くプレーできたことを誇りに思うと語った。 「Jリーグはおそらくアジア最高のリーグであり、4年間を日本で過ごせたことは誇りに思う。何人かの選手がそこに行き長くは続いていなかった。日本で100試合以上に出場できたことは誇りに思っている」 「多くの経験を積んんだし、僕は昇格、降格を経験している。僕が成長するのを助けたね。技術的な面では日本が一番だろう。選手として成長したことで、精神的にも大幅に向上したと思う」 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズは、かつて小野伸二(北海道コンサドーレ札幌)や高萩洋次郎(FC東京)、田中裕介(ファジアーノ岡山)、楠神順平(清水エスパルス)らが在籍。今シーズンはAリーグでここまで16試合を戦い10チーム中8位と低迷している。なお、首位はパース・グローリー、本田圭佑が所属するメルボルン・ビクトリーは3位につけている。 2019.01.26 09:10 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly