琉球がU-23タイ代表FWシティチョーク・パソを期限付きで加入内定、2017年には鹿児島でプレー

2021.02.19 16:24 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FC琉球は19日、チョンブリー・フットボール・クラブからFWシティチョーク・パソ(22)が期限付き移籍で加入することを発表した。なお正式契約は、日本入国後にメディカルチェックを経て結ぶとのこと。移籍期間は2021年12月31日までの予定となる。

シティチョーク・パソは、チョンブリーやシーラーチャー、パーントーンなどでプレーした後、2017年には鹿児島ユナイテッドFCへとレンタル移籍で加入。明治安田J3で5試合に出場していた。


また、世代別のタイ代表も経験。2017年からU-23タイ代表を経験している。

シティチョーク・パソはクラブを通じてコメントしている。

「シティチョーク・パソです。この度、FC琉球と仮契約が出来た事を、大変嬉しく思ってます。このような機会を与えてくれたFC琉球ならびに、幼少から育ててくれたチョンブリーFC関係者とファンの皆様に感謝しております」

「FC琉球に1日も早く合流して、琉球一員としてファンの期待に応えられるよう頑張ります。コロナ禍の影響で、まだ合流出来ないのは非常にもどかしいですが、いつ合流しても力を発揮出来るように準備は怠っておりません」

「Jリーグには2回目の挑戦となりますが、10代だった頃と違って、試合に出てチームの攻撃的なプレーで、勝利に貢献出来る心構えはあるので、沖縄に渡航出来る日が待ち遠しいです」

「日本で早くチーム関係者並びにファン達にハイサーイと挨拶したいです沖縄の皆さん、お会い出来るのを楽しみにしてますので、よろしくお願いします!!」
関連ニュース
thumb

愛媛と1点を分け合った琉球、首位追撃に痛いドロー【明治安田J2第13節】

明治安田生命J2リーグ第13節の愛媛FCvsFC琉球が8日に行われた。 2位の琉球は勝てば暫定的に首位と並ぶ一戦。前節は京都との上位対決で引き分け、新潟に援護射撃をしてしまった中で、今節はそこからスタメンを2人入れ替えて臨んだ。 立ち上がりから両チームともチャンスを上手く活かせない時間が続いたが、37分に均衡が破れる。琉球の上里が右サイドへ展開し、田中から同サイドの高い位置へ走り込む風間宏矢へ縦パス。風間はワンタッチでクロスを上げると、ニアの阿部がスルーし、逆サイドから走り込んできた清武が豪快な一発をゴール右に打ち込んで先制点を挙げた。 だが、そこから追加点が奪えない琉球に対して愛媛が徐々に牙を剥く。68分、CKのクリアボールを拾った前野が左から再度クロス。これにヘディングで合わせた藤本が、ゴール左に流し込み同点に追いついた。 その後、何度か決定機を迎えた琉球だが、結局2点目が決められず1-1のドローに。首位追走に手痛い結果となった。 ◆明治安田生命J2リーグ第13節 ▽5/8(土) 愛媛FC 1-1 FC琉球 ▽5/9(日) ブラウブリッツ秋田 vs ジュビロ磐田 SC相模原 vs FC町田ゼルビア 水戸ホーリーホック vs 栃木SC ジェフユナイテッド千葉 vs ファジアーノ岡山 ヴァンフォーレ甲府 vs 東京ヴェルディ アルビレックス新潟 vs 松本山雅FC ツエ―ゲン金沢 vs レノファ山口 京都サンガS.C. vs モンテディオ山形 ザスパクサツ群馬 vs 大宮アルディージャ ギラヴァンツ北九州 vs V・ファーレン長崎 2021.05.08 20:08 Sat
twitterfacebook
thumb

采配的中の首位・新潟が大宮に逆転勝利で3連勝!追う琉球と京都は直接対決で痛み分け【明治安田J2第12節】

明治安田生命J2リーグ第12節の11試合が5日に行われた。 首位のアルビレックス新潟は、アウェイで大宮アルディージャと対戦。まずは首位の新潟が決定機を迎える。6分、前線でタメを作った谷口が戻すと藤原がダイレクトクロス。これに走り込んだ矢村がフリーでダイビグングヘッドで合わせるが、枠を捉えられない。 それでも、ここまで全試合で先制している新潟がこの試合でも先にスコアを動かした。15分、左CKの高木のクロスをファーサイドに飛び込んだ早川が合わせてゴール。体に当てて泥臭く押し込んだ。 先制を許した大宮は19分にアクシデント。CKでの競り合いで菊地が首を負傷。起き上がれずにそのまま担架で運び出され、中野と交代することになってしまった。だが迎えた31分、三門の自陣からのロングフィードに中野が抜け出し、前に飛び出していたGKとの一対一もループシュートで落ち着いて制した。 1-1で迎えた後半、立ち上がりに小野が決定機を迎えた大宮は、前半途中から見せていた背後を狙う攻撃が機能する。59分、自陣でボールを持った小島が持ち出しハーフウェイライン付近で左足アウトにかけたスルーパス。これに抜け出たハスキッチがGKとの一対一を冷静に決め、逆転に成功した。 これを受けてシステムを[4-3-3]に変更した新潟は74分、左サイドでパスを受けた高木がワンタッチヒールで縦に流すと、これを受けた本間がカットイン。ボックス左45度の角度から右足を振り抜いたシュートが右下に決まり、再びスコアはタイとなる。 こうなると勢いのついた新潟は止まらず、81分にはボックス左で三戸からパスを受けた星が、何度も相手のブロックに阻まれながらも、粘り強いキープからシュートまで持ち込み一気に逆転。その後も幾度となく決定機を迎えたアウェイチームは、相手の反撃を許すことなく2-3で試合をクローズ。3連勝を収め、開幕からの無敗を「12」に伸ばした。 一方、その新潟を追う2位のFC琉球と3位の京都サンガF.C.がタピック県総ひやごんスタジアムで直接対決。京都は勝てば2位浮上となる中、19分にウタカのミドルシュートでゴールに迫る。対する琉球は28分、左サイドから上がったクロスを風間宏矢が頭で折り返すと、阿部、富所、上里とシュートを連発。しかし、身体を張った京都ディフェンスを崩すまでには至らない。 ゴールレスで迎えた後半立ち上がりには、琉球は風間宏矢が右サイドから上げたアーリークロスを清水がダイビングヘッド。枠を捉えていたが、GK若原がビッグセーブを見せる。京都は57分に宮吉にチャンスが訪れるも、両チームとも最後までネットを揺らせず、0-0の痛み分けとなった。 ◆明治安田生命J2リーグ第12節 モンテディオ山形 2-2 ヴァンフォーレ甲府 大宮アルディージャ 2-3 アルビレックス新潟 ツエーゲン金沢 2-3 水戸ホーリーホック ファジアーノ岡山 1-2 FC町田ゼルビア レノファ山口FC 0-1 ジェフユナイテッド千葉 愛媛FC 0-0 ジュビロ磐田 V・ファーレン長崎 1-2 ブラウブリッツ秋田 東京ヴェルディ 3-1 ザスパクサツ群馬 松本山雅FC 2-1 SC相模原 栃木SC 1-2 ギラヴァンツ北九州 FC琉球 0-0 京都サンガF.C. 2021.05.05 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

琉球のスタッフ1名が新型コロナ陽性、相模原戦の遠征に帯同

FC琉球は3日、トップチームスタッフの1名が新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査で陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該スタッフは2日に遠征先で発熱と体調不良を訴え、同日にPCR検査を実施。陽性判定を受けたとのことだ。 これに伴い、同日中にトップチーム全選手に、また本日3日(月)に当該スタッフA以外のトップチーム関係者を対象にPCR検査を実施。全員陰性判定となり、体調不良などの症状もないとのことだ。なお、関係者スタッフ1名は遠征移動の関係により本日17時にPCR検査を受け、結果待ちという。 なお、当該スタッフも帯同していた1日に対戦したSC相模原とはすでに情報共有を行なっているとのこと。 また、4月29日に実施したJリーグ公式検査のPCR検査結果も3日にわかり、当該スタッフは陽性判定だったとのことだ。なお、保健所との濃厚接触者特定では、「濃厚接触疑い」の人はいないとのことだ。 5日に予定されている明治安田生命J2リーグ第12節の京都サンガF.C.戦は、当該スタッフを除いて実施。試合当日にはオンサイト検査を行い、陰性判定の選手・スタッフだけが試合に登録されることになる。 2021.05.03 22:20 Mon
twitterfacebook
thumb

琉球DF上原牧人が右大腿二頭筋肉離れ…復帰まで8週間

FC琉球は1日、DF上原牧人の負傷を報告した。 城西国際大学から今季加入の上原は4月9日に負傷。右大腿二頭筋肉離れで復帰まで8週間を要する見込みだ。 今季はここまで明治安田生命J2リーグ1試合に出場。琉球は1日に行われる第11節でSC相模原との敵地戦に臨む。 2021.05.01 11:20 Sat
twitterfacebook
thumb

4月全勝の京都が上位を猛追! 琉球は90分のゴールで辛勝【明治安田J2第10節】

明治安田生命J2リーグ第10節の10試合が25日に各地で行われた。 4月に入って目下4連勝で、未だ無敗を続ける新潟と琉球に食らいつく京都。4月全勝を目指す今節は、山口とのアウェイ戦に臨んだ。試合が動いたのは27分。山口のクリアボールを敵陣で拾った京都は左サイドのボールを展開し、ウタカが突破。ふわりとしたクロスを入れると、フリーの松田が頭で合わせて先制点を挙げた。 さらに後半開始直後、キックオフからパスを繫ぐ京都は、右サイドからのロングボールを前線で収めて、ウタカが左からカットインしシュートへ。これはGK関に止められてしまうものの、こぼれ球を宮吉が押し込んでリードを2点に広げた。 61分の追加点のチャンスはヨルディ・バイスのシュートが相手GKに止められた京都だが、逆に78分には守護神の若原が島屋のシュートを好セーブするなど無失点に抑え、0-2で勝利。上位2チームを猛追している。 そんなプレッシャーのかかる中、琉球はホームに甲府を迎え撃った。前節は町田に3-0で敗れ今季初黒星を喫した琉球は、今節もほとんど決定機が作れないまま試合を折り返す。 後半もチャンスらしいチャンスもなく試合は推移。このまま終わるかに思われた90分、琉球が勝負強さを見せる。左CKのシーン、清武が右足でクロスを送ると、GK岡西が弾いたボールを池田がヘディングシュート。これが山なりの軌道を描いてゴールに吸い込まれた。 この時に岡崎の腕がGKにかかっており、甲府はファウルをアピールしたが、そのままゴールが認められ、土壇場で琉球が勝利を掴んだ。この結果、上位の順位変動はなかった。 一方で、4連勝中の磐田がアウェイで山形に敗れ、上位3チームに遅れをとることに。大宮を下し3連勝を収めた町田は5位に順位を上げている。 ◆第10節 ▽4/25(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ブラウブリッツ秋田 1</span>-0 水戸ホーリーホック モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ジュビロ磐田</span> 大宮アルディージャ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 FC町田ゼルビア</span> ジェフユナイテッド千葉 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 SC相模原</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">松本山雅FC 1</span>-0 ザスパクサツ群馬 ツエーゲン金沢 1-1 栃木SC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 1</span>-0 ギラヴァンツ北九州 レノファ山口 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 京都サンガS.C.</span> V・ファーレン長崎 1-1 東京ヴェルディ <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC琉球 1</span>-0 ヴァンフォーレ甲府 ▽4/24(土) 愛媛FC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> 2021.04.25 19:50 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly