国内無敗の相手に1stレグドローのレスター、指揮官は「緩い時間帯があった」と反省

2021.02.19 11:07 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督がヨーロッパリーグ(EL)でのドローを振り返っている。クラブ公式サイトが伝えた。レスターは18日に行われたELラウンド32・1stレグでスラビア・プラハとアウェイで対戦。現在国内リーグ19試合無敗で首位を独走する相手に対して、枠内シュートわずか1本と攻撃でなかなか見せ場を作れず、スコアレスドローに終わった。


アウェイゴールを獲得することができなかったレスターは、ベスト16進出のため25日に行われる2ndレグでは勝利が絶対条件となっている。試合後のインタビューでロジャーズ監督はリーグ絶好調の相手に思うような試合ができなかったと語った。

「チャンスは多くなく、ハードな戦いになった。我々は非常に高い強度を示せたと思う。本当に良い瞬間を何度か作れていたが、前半は相手GKが見事なセーブを見せていた」

「ボールの扱い方が悪かった。ピッチの状態が良くなく、デコボコしていたのも大きい。とはいえ、我々はアウェイの地で自信を持っているチームに対して、時に緩さを見せてしまっていたと思う」

また、ロジャーズ監督はスラビア・プラハのパフォーマンスを称賛。欧州カップ戦の難しさを実感していると語った。

「彼らは1試合平均3ゴールを決めているチームだ。このデータは、彼らが攻撃的で危険なチームであると物語っているが、我々はうまく対処できたと思う。2ndレグに向け、完璧な準備ができた」

「スラビア・プラハはスピードがありダイナミックで、ウインガーが背後に向けいい走りをしてくる。ボールを動かすのが好きなチームなんだ。全体として、我々は試合で必死の努力をする必要があると感じた」

「我々はヨーロッパの大会のラウンド32にいる。簡単にはいかないがここまで到達して、良いチームを相手にクリーンシートを達成した。2ndレグでの攻撃に向け、完璧に準備が整ったと思う」
関連ニュース
thumb

レスター戦完勝のシティ、ペップ「プレミア優勝への大きな一歩に」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 首位シティは3日に行われたプレミアリーグ第30節で3位レスター・シティと対戦。ゴールレスで試合を折り返したが、後半にフランス代表DFバンジャマン・メンディ、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスがゴールを決め、2-0で勝利した。 これで公式戦5連勝となり、6日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのドルトムント戦に向けても弾みをつけたシティ。グアルディオラ監督は試合後、この勝利をプレミアリーグ優勝に向けての大きな一歩だと評した。 「我々は素晴らしいチームである彼らのホームで苦しめられたが、より忍耐強くなり、プレミアリーグ優勝への大きな一歩になった」 「インターナショナルブレイク後は先行きが読めないものが、私は選手たちのことを信頼している。選手たちも常に私のことを信じているわけじゃないが、私自身は選手の1人ひとりを好いているんだ」 「しばらくプレーしていない選手のことも信じている。勝ち続けていると、選手も再びプレーするために良いプレーをしなければならないことを認識している。選手たちの間にも良い連帯感があるね」 「プレミアリーグは最も素晴らしい大会。11カ月間も戦いが続き、非常にタフだ。我々は(優勝に)近づいている。あと3つの勝利が必要だ」 また、今季限りでの退団が決まってから初の試合に先発して、63分までプレーしたアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロに言及。「アグエロは元気であり、ヒザの状態も完璧だ」と状態の良さを口にしている。 「彼は試合感が必要だが、我々はフレッシュな選手が必要。今週の彼が見せたトレーニングぶりに満足している」 「我々はこの先、何かを勝ち獲るために1ゴールが必要なときがあるかもしれない。彼ならそのときにやってくれるはずさ」 2021.04.04 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

レスター、ソユンクの新型コロナ感染が明らかに…代表先でフル稼働もシティ戦欠場

レスター・シティに所属するトルコ代表DFチャグラル・ソユンクの新型コロナウイルス感染が判明した。イギリス『talkSPORT』が報じている。 レスターの主力センターバックであり、先の代表ウィークでトルコ代表の招集を受けたソユンク。予定したカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループGの全3試合にフル出場したが、代表ウィーク明けの3日に行われたプレミアリーグ第30節のマンチェスター・シティ戦はベンチからも外れた。 ソユンクという最終ラインの主軸を欠き、0-2の黒星を喫したレスター。ブレンダン・ロジャーズ監督は試合後、ソユンクの欠場理由として、トルコ代表先での新型コロナウイルス陽性判定を明かした。 「トルコの数選手がテストで陽性判定を受けたが、彼もその1人だった。彼はまだトルコにいる。我々は彼を戻して再び起用できるようにするための最善策を検討しているところだ」 「彼は元気。これまで陰性判定が続いたが、戻る直前に陽性判定を受けてしまった。ここにいないのは連盟とのプロセスであり、できるだけ早く戻して起用できるようにしたい」 なお、レスターは11日に行われる次節、トップ4の座を虎視眈々と狙う6位ウェストハムと対戦するが、ロジャーズ監督は引き続きソユンクの欠場を予想した。 「彼がウェストハム戦でプレーできるか否かは疑わしい。隔離だったりも必要だからね。確認が必要だが、その試合に出場する可能性は極めて低いと思う」 2021.04.04 10:45 Sun
twitterfacebook
thumb

レスター指揮官、完敗認める…「ベストチームが勝った。言い訳ない」

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が完敗を認めた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 3位レスターは3日に行われたプレミアリーグ第30節で首位マンチェスター・シティと対戦。トップ4の座を守るためにも首位相手の一戦といえど、結果が求められたが、0-2で4試合ぶりの黒星を喫した。 エースの元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディもシティの守備陣にうまく消され、完敗したレスター。ロジャーズ監督も試合後、完敗を認め、シティが勝つべくして勝った試合だと振り返った。 「前半の大半でしっかりと守れたが、疲れを感じてもいた。技術的な面もいつものようにいっていなかったね。我々が巻き返し始めたところでの失点は残念だった。いくつかのチャンスもあったが、ベストチームがこの試合で勝ったのだ。言い訳はない」 「本来のクオリティを発揮できなかったが、それはときに疲れからくるもの。組織的な面は良かったが、ピッチをうまく使いこなせていなかったこともあった。あれだけのクオリティを持ったチームにゴールを許せば、なかなかボールを奪い返せない」 2021.04.04 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:レスター 0-2 マンチェスター・シティ《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第30節、レスターvsマンチェスター・シティが3日にキング・パワー・スタジアムで行われ、アウェイのシティが0-2で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽レスター・シティ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210404_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 シュマイケル 5.5 マフレズの枠内シュートを冷静に阻止。ゴールキーピングはそつなしも、マイボール時はなかなか出しどころを見つけられずに簡単にボール渡す場面も散見   DF 18 アマルテイ 5.5 ソユンクの代役として起用された中、ボックス内で粘りの守備を90分間継続   6 エバンス 5.5 相手を自陣に引き込む戦い方を選択した中、的確な判断、ポジショニングで事故を未然に防ぐ。アグエロとの駆け引きでも譲らず   3 フォファナ 5.5 普段とは異なる左サイドでのプレーも優れたアジリティと思い切りのいい対応でクリーンシートに大きく貢献   MF 11 オルブライトン 5.0 粘り強い守備を見せた中、失点場面ではメンディの意外性のあるプレーに出し抜かれた。また、なかなか攻撃に出られず   (→リカルド・ペレイラ 5.5) 可もなく不可もない出来   25 エンディディ 6.0 中盤のフィルター役として機能。マイボール時は選択肢を奪われたが、要所での持ち運びなど繋ぎ役としても奮闘   (→メンディ -)   17 アジョセ・ペレス 6.0 守備ではインサイドハーフの一枚として献身的に人とスペースをケア。フェルナンジーニョらの徹底監視に遭った中、幾度か惜しい場面を創出   8 ティーレマンス 5.5 エンディディと共に守備での貢献度は高かった。ポジティブトランジションでは代表戦の疲れもあり、局面を変えるまでには至らず   27 カスターニュ 5.5 守備に奔走。フォファナのサポートを受けながらウォーカーとマフレズの強力コンビに何とか付いていった   FW 14 イヘアナチョ 5.5 新契約締結後初の試合で古巣対戦。献身的に守備をこなし後半に一度惜しい場面を創出も、公式戦5連発はならず   (→マディソン 5.5) 復帰戦としてはまずまずも相手の堅守を前に決定的な仕事はできず   9 ヴァーディ 5.0 レスター通算300試合目のメモリアルゲーム。前半終盤に見せ場もオフサイド判定で祝砲とはならず、以降のなかなか決定機に絡めなかった   監督 ロジャーズ 5.5 前回対戦同様に守備的なゲームプランで相手を苦しめたが、最後は力負け…   ▽マンチェスター・シティ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210404_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 31 エデルソン 5.5 仕事の機会が極端に少なかったが、集中力を切らさずに少ないピンチに冷静に対応した   DF 2 ウォーカー 6.0 攻撃面で決定的な仕事はできなかったが、攻守両面で抜群の安定感を誇った   3 ルベン・ジアス 7.0 後半序盤のティーレマンスの決定機を見事なブロックで阻止。フェルナンジーニョと共に鉄壁の守備をけん引   14 ラポルテ 6.0 ルベン・ジアスのサポートを受けながらソリッドなパフォーマンスを90分間継続   22 メンディ 7.0 意外性のある一撃で勝利の立役者に。終始、相手を押し込んで自身の土俵でプレーを続けた   MF 26 マフレズ 5.5 古巣相手に2度のチャンスを決め切れず。それでも、攻守両面で水準以上のプレーは見せていた   (→フェラン・トーレス 5.5) 最前線での起用となった中、無難なプレーで逃げ切りに貢献   25 フェルナンジーニョ 7.0 後半立ち上がりに不用意なボールロストがあったが、中盤を見事にオーガナイズして勝利の立役者に   17 デ・ブライネ 7.0 圧巻スルーパスで2点目の起点に。相手の堅守を前に効果的な仕掛けでチームの攻撃をけん引   (→フォーデン -)   16 ロドリ 6.5 フェルナンジーニョの存在もあり、より自由度の高いプレーを披露。攻守両面で効いていた   9 ガブリエウ・ジェズス 6.5 試合を決定づける2点目を奪取。攻撃面で見せ場は多くはなかったが、守備面の切り替えは素晴らしかった   FW 10 アグエロ 5.5 今季限りでの退団発表後最初の一戦。幾度か見せ場は作ったが、本調子からは程遠い出来に   (→スターリング 6.5) 試合を決定づける2点目をアシスト   監督 グアルディオラ 6.5 一部主力を温存も前回対戦で大敗した相手に痛快リベンジ達成   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! フェルナンジーニョ(マンチェスター・シティ) デ・ブライネやルベン・ジアス、メンディの活躍も光ったが、中盤で睨みを利かせてカウンターの芽を摘み続けた頼れるキャプテンをMOMに選出。ややプレーが荒く見える部分もあったが、一歩も引かない姿勢が完勝の大きな要因となった。   レスター 0-2 マンチェスター・シティ 【マンチェスター・シティ】 メンディ(後13) ガブリエウ・ジェズス(後29) 2021.04.04 04:00 Sun
twitterfacebook
thumb

伏兵メンディ&ジェズス弾のシティが前回対戦で大敗のレスターにリベンジ! CLドルト戦に弾みを付ける快勝《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第30節、レスターvsマンチェスター・シティが3日にキング・パワー・スタジアムで行われ、アウェイのシティが0-2で勝利した。   直近のFAカップ準々決勝で破ったマンチェスター・ユナイテッドと熾烈な2位争いを繰り広げる3位のレスター(勝ち点56)は、公式戦4連勝を目指し前回対戦で5-2の大勝を収めた相手をホームで迎え撃った。ユナイテッド戦からは招集外のソユンクに代えてアマルテイを起用した以外、同じメンバーを起用。また、負傷明けのマディソンがベンチに戻ってきた。   一方、同じく直近のFAカップでエバートンを退けてクアドルプルに向けて順調に歩みを進めるリーグ首位のシティ(勝ち点71)。公式戦4連勝と相変わらずの安定感を誇るグアルディオラ率いるチームは、6日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のドルトムント戦に弾みを付けるため、難敵相手のリベンジを狙った。インターナショナルマッチウィーク明けのコンディションを考慮され、ギュンドアンやベルナルド・シウバ、ストーンズらがベンチスタートとなり、アグエロやメンディ、フェルナンジーニョがスタメンで起用された。   [3-4-1-2]を継続したレスターに対して、シティはデ・ブライネをトップ下、アグエロを最前線、ガブリエウ・ジェズスとマフレズを両翼に配した[4-2-3-1]でスタート。   立ち上がり数分こそレスターが前から圧力をかけたものの、時間の経過と共にシティが押し込んでいく展開に落ち着く。開始5分にはクロスのこぼれ球に反応したフェルナンジーニョが地を這う鋭いミドルシュートでゴールネットを揺らすが、ここはオフサイドポジションのアグエロがGKシュマイケルの視界を遮ったとして早い時間帯の先制点は認められず。   その後はフィールドプレーヤー全員が自陣で守備ブロックに参加するホームチームに対して、アウェイチームが立ち位置の変化、点と点で合わせる高度な連携プレーで何とかこじ開けようとする睨み合いが続く。   中央を徹底的に締める上に献身的なスライド、対人戦で強さを見せるレスターの堅守が光る中、虎視眈々とワンチャンスを狙うシティは18分に相手の繋ぎのミスからアグエロがボレーシュートを放てば、23分にはボックス手前左の好位置で得たFKを名手デ・ブライネが直接狙うが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。   前半半ばから終盤にかけても我慢比べの状況が続く。シティは遅攻の場面でレスターの堅守に手を焼くものの、相手の最大の狙いであるヴァーディとイヘアナチョを起点とした高速カウンターをフェルナンジーニョを中心にきっちり潰す。   その後、レスターがようやく相手陣内でボールを持てるようになったが、逆にスペースを得たシティがフィニッシュの数を増やしていく。41分には右サイドでのスローインの流れからボックス右に侵入したマフレズが両チームを通じた最初の枠内シュートを放つが、これはGKシュマイケルの足を使った見事なセーブに阻まれる。前半アディショナルタイムにはアジョセ・ペレスのスルーパスに抜け出したヴァーディがGKをかわしてゴールネットを揺らす場面もあったが、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。   最低限のゴールレスで試合を折り返すも、シュート0で前半を終えたレスターはよりアグレッシブな姿勢で後半に入る。立ち上がりの48分にティーレマンスのミドルシュートで最初の枠内シュートを放つと、直後の51分には2トップの連動した守備でフェルナンジーニョからボールを奪ってショートカウンターを発動。中央を持ち上がったイヘアナチョのショートスルーパスに反応したティーレマンスがボックス右でシュートを狙うが、ここはDFルベン・ジアスの見事なシュートブロックに阻まれる。   やや受け身な形で後半に入ったシティだったが、時間の経過と共に試合の主導権を掌握。再び相手を押し込んでいく中、思わぬ伏兵が貴重な先制点をもたらす。   58分、デ・ブライネのスルーパスに抜け出したマフレズのシュートのこぼれ球をロドリが右サイドですかさず折り返す。これはファーのジェズスの前でティーレマンスに撥ね返されるも、ボックス内でルーズボールを拾ったメンディが冷静な切り返しでオルブライトンをかわし、利き足とは逆の右足のコントロールシュートをゴール右下隅の完璧なコースへ流し込んだ。   スペイン人指揮官も思わずニヤッとしてしまうメンディのファインゴールで先手を奪ったシティは直後にアグエロを下げてスターリングを投入。この交代でジェズスが最前線、スターリングが左ウイングに入る。一方、レスターは70分過ぎにオルブライトン、イヘアナチョに代えてリカルド・ペレイラと切り札のマディソンを同時投入した。   この選手交代によって流れに変化が加わることが期待された中、流れを引き寄せたのはシティだった。74分、自陣右サイドでのスローインの流れから中央でボールを受けたデ・ブライネがジェズスの背後への飛び出しに合せた圧巻のミドルスルーパスを通す。そして、ジェズスがボックス左のスターリングに折り返すと、ここで冷静に深い切り返しでDF2枚を滑らせてGKを引き付けたスターリングがリターンパスを送ると、ジェズスがきっちりスライディングシュートで押し込み、試合を決定づける2点目とした。   その後、何とか一矢報いたいレスターがマディソンを起点に攻勢を仕掛けるが、フェルナンジーニョ、ルベン・ジアスを中心に最後までソリッドな守備を見せたアウェイチームのゴールをこじ開けることはできず。   そして、試合はこのままタイムアップを迎え、前回対戦で大敗したレスターにリベンジを果たしたシティがCLドルトムント戦に大きな弾みを付ける公式戦5連勝を達成した。 2021.04.04 03:29 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly