【EL結果まとめ】ユナイテッドやスパーズ、ローマ順当勝利も主力起用のレスターやナポリが取りこぼし…

2021.02.19 07:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の1stレグが18日にヨーロッパ各地で行われた。

グループステージを勝ち抜いた24チームと、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ3位敗退となった8チームを合わせた計32チームで争われるラウンド32。


新型コロナウイルス感染拡大による各国の渡航制限の影響などによって今ラウンドでは一部の試合が中立地での開催となった。

レアル・ソシエダvsマンチェスター・ユナイテッド、ベンフィカvsアーセナルのイベリア半島勢とイングランド勢による2試合は、ユベントス・スタジアム(トリノ)、スタディオ・オリンピコ(ローマ)といずれもイタリアで開催。

優勝候補筆頭のユナイテッドはポグバやカバーニら一部主力を欠くも、ブルーノ・フェルナンデス、ラッシュフォードを起点としたユナイテッドの高速アタックが猛威を振るい、スペイン国内では堅守を売りとするソシエダをB・フェルナンデスの2ゴールなど大量4ゴールを奪って4-0の快勝を収めた。

一方、グル-プステージ唯一の全勝チームとなったアーセナルは今週末にプレミアリーグで首位のマンチェスター・シティとのビッグマッチを控えた中、直近のリーズ戦と全く同じ11人を起用。試合を通してボールを支配して主導権を握った中、不運なハンドで与えたPKを決められて先制を許すも、失点直後にサカが決めたゴールによってアウェイゴールを手にしての1-1のドローで来週にギリシャで開催されるホームゲームにの臨むことになった。

また、ヴォルフスベルガー(オーストリア)とのアウェイゲームを中立地のハンガリーで戦ったトッテナムは、ケインら一部主力を温存した中、ベイルの1ゴール1アシストなど攻撃陣揃い踏みとなる4-1の快勝でベスト16進出に王手をかけた。

モルデ(ノルウェー)とのアウェイゲームを中立地のスペインで戦ったホッフェンハイムは前半に3ゴールを挙げて余裕の試合運びを見せたが、後半にダブールがPKを失敗したことで、流れを失うと後半半ばの短時間に2失点を喫した結果、アウェイゴール3つを奪うも3-3のドローに終わっている。

優勝が期待されるセリエA勢ではローマが指揮官の古巣であるブラガ(ポルトガル)にジェコとマジョラルのゴールで2-0の先勝を収めたが、今週末にインテル、アタランタと上位対決を控えるミランとナポリは、痛恨の取りこぼしに。

多数の主力を温存してツルヴェナ・ズヴェズタ(セルビア)戦に臨んだミランは、1点のリードの状況で相手に退場者が出た中で試合終了間際に失点を喫し、アウェイゴール2つを奪ったものの、消化不良の2-2のドローとなった。

一方、主力を起用してグラナダとのアウェイゲームに臨んだナポリは攻守両面で振るわず、初出場のグラナダに0-2の完敗を喫している。

そのほかの強豪チームではプレミアリーグで3位に位置する好調のレスター・シティは、ヴァーディやマディソン、ティーレマンスと主力を起用し、勝ちに行ったスラビア・プラハ(チェコ)とのアウェイゲームをフラストレーションが溜まる0-0のドローで終えている。

また、昨季8強のレバークーゼンがスイス王者ヤング・ボーイズとのド派手な撃ち合いで3-4の敗戦。レッドブル・ザルツブルクとビジャレアルの強豪対決は、決定力の差で勝ったビジャレアルがアルカセル、フェル・ニーニョの2ゴールで先勝。今季、リーグ・アン首位のリールと強豪アヤックスの一戦は、ホームのリールが先制もアヤックスが試合終盤にタディッチのPK弾など2ゴールを奪って逆転勝利を収めている。

最後に、今ラウンドに唯一参戦しているMF三好康児擁するベルギーのアントワープは、今季絶好調のレンジャーズ(スコットランド)相手に善戦も、試合終盤の連続失点が響き3-4の敗戦を喫している。なお、三好は試合終了間際の91分に途中出場している。

◆ラウンド32・1stレグ◆
▽2/18(木)
ディナモ・キエフ 1-1 クラブ・ブルージュ

ブラガ 0-2 ローマ
FCクラスノダール 2-3 ディナモ・ザグレブ
オリンピアコス 4-2 PSV
レアル・ソシエダ 0-4 マンチェスター・ユナイテッド※
スラビア・プラハ 0-0 レスター・シティ
ヴォルフスベルガー 1-4 トッテナム※
ヤング・ボーイズ 4-3 レバークーゼン
ツルヴェナ・ズヴェズタ 2-2 ミラン

アントワープ 3-4 レンジャーズ
ベンフィカ 1-1 アーセナル※
ザルツブルク 0-2 ビジャレアル
モルデ 3-3 ホッフェンハイム※
グラナダ 2-0 ナポリ
マッカビ・テルアビブ 0-2 シャフタール・ドネツク
リール 1-2 アヤックス

※中立地開催

関連ニュース
thumb

今週末にマンチェスター・ダービー! カンセロが語る勝利のカギとは…?

マンチェスター・シティのポルトガル代表DFジョアン・カンセロが今週末に迫るマンチェスター・ダービー勝利のカギを語った。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 公式戦21連勝の圧倒的な歩みでプレミアリーグ2位のマンチェスター・ユナイテッドに14ポイント差をつけ、首位を独走するシティ。7日に本拠地で行われる第27節で直接対決に臨む。 最近のユナイテッドはやや失速気味だが、アウェイ戦21無敗を継続中。サイドバックながらチャンスメイカーとしても輝きを放ち、常勝に大きく貢献するカンセロは攻略法に言及した。 「最近の僕らをビデオでチェックしていると、誰かがボールを失ってから数秒のうちに多くの選手がボールのところにいるのがわかる。それがこのチームの調子が良い秘訣だと思う。僕らはすごくまとまりあるチームで、ピッチ上でも表現できている」 「ユナイテッドはカウンターアタックを売りとするチーム。非常に才能がある選手が揃い、スピードのある選手も前にいる。彼らの強みである攻撃を抑止するのがすごく大事になってくる。そうすることで勝利に近づくはず。この試合に限らずだけどね」 「そういうアプローチを続ければ、今季のホーム戦でもっと多くの成功を収められるはずだ。僕はそれこそ僕らが進むべき道だと信じている」 2021.03.05 13:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、A・ペレイラ買い取らずか…保有元ユナイテッドは新たに売却先探しへ

今季をラツィオで過ごすブラジル代表MFアンドレアス・ペレイラ(25)の将来は不透明な状況のようだ。 昨夏にマンチェスター・ユナイテッドからのシーズンローンでラツィオ入りしたペレイラ。2500万ユーロ(約32億2000万円)の買い取りオプションが付いてのレンタル移籍だが、輝き切れずにいるのが現状だ。 ここまで公式戦21試合に出場しているが、先発数はわずか4回。総プレータイムは548分間にとどまる上、得点関与数も1得点1アシストしかなく、確固たる地位を築くまでに至っていない。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によれば、買い取りオプションの行使有無はシーズンの終わりに決断される見通し。ただ、現状的にも行使される可能性は低いというのだ。 そうなると、今季終了後にレンタルバックとなるペレイラだが、保有元のユナイテッドは現金化を望んでおり、新たに売却先を探す模様だ。 2021.03.05 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

スールシャール、レッドリスト国の代表派遣に「選手が10日間も合流できないなら論外」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がレッドリスト国の代表派遣に難色を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 22日の週から2週間にわたる代表ウィークに入るが、イギリスは現在、新型コロナウイルス感染拡大予防策の一環として世界33カ国をレッドリスト国に指定。それらの国から再入国する際はホテルで10日間の自主隔離措置に努めてからとなる。 レッドリストに指定された国のなかにブラジル、ウルグアイ、ポルトガルも含まれており、ユナイテッドの選手ではDFアレックス・テレス、MFフレッジ、エディンソン・カバーニ、MFブルーノ・フェルナンデスに影響してくる可能性がある。 スールシャール監督は3日に敵地で行われたプレミアリーグ第29節のクリスタル・パレス戦後、その件に言及。明言こそ避けたが、レッドリスト国の代表派遣を見送る可能性を示唆した。 「まだきちんとした判断を下せていないが、選手が10日間もチームに合流できないなら論外だ」 「選手に給料を支払っているのは我々。FIFAは派遣しなくても良いルールを我々に与えており、それが今のルールだ。私が知る限りはね」 「だから、選手たちをレッドリスト国に送り出してプレーさせるかどうかは難しい判断になると思う」 2021.03.05 09:45 Fri
twitterfacebook
thumb

“個人的な事情”でパレス戦欠場のデ・ヘアは今後5試合欠場? 妊娠中のパートナーと共に母国一時帰国か

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘアが今後5試合を欠場する見込みだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ユナイテッド在籍10年目の守護神は今シーズンもプレミアリーグ24試合に出場。だが、3日に行われた第29節のクリスタル・パレス戦(0-0)では遠征メンバーから外れていた。 守護神不在の理由に関してオーレ・グンナー・スールシャール監督は、パレス戦前後の会見の場で、ケガや体調不良ではなく「個人的な事情」とのみ説明していた。 そして、今回『デイリー・メール』が新たに伝える情報によると、デ・ヘアの“個人的な事情”とは、昨年11月に第一子妊娠を公表したパートナーのエドゥルネさんに関することのようだ。 エドゥルネさんの健康状態や出産時期などの詳細は不明も、デ・ヘアはクラブからの許可を得てエドゥルネさんと共に母国のスペインに一時帰国しているという。 また、スールシャール監督はデ・ヘアに対して、今月末のインターナショナルマッチウィークが終了するまでスペイン滞在を許可しているようだ。 仮に、今回の報道が事実である場合、デ・ヘアは次節のマンチェスター・シティとのダービーや、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16のミランとの2試合を含め今後の公式戦5試合を欠場することになる。 また、パレス戦を含めて6試合でプレー機会が与えられるイングランド代表GKディーン・ヘンダーソンにとっては、守護神奪取に向けた最大のアピールの場となる。 2021.03.05 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

フィル・チスナル氏が78歳で逝去…ユナイテッドからリバプールに移籍した最後の選手

かつてマンチェスター・ユナイテッド、リバプールなどでプレーしたイングランド人FWのフィル・チスナル氏(享年78)が4日に逝去した。ユナイテッドとリバプールがクラブOBの逝去に哀悼の意を表している。 ユナイテッドのアカデミー出身のチスナル氏は1959年にプロ契約を締結。当時の指揮官サー・マット・バスビーの下、ミュンヘンの悲劇から再建を図るユナイテッド期待の若手アタッカーとして1961年12月にトップチームデビュー。1964年までの在籍期間に公式戦47試合に出場し、10ゴールを挙げていた。 そして、1964年4月には当時の指揮官ビル・シャンクリーからの熱心な誘いを受け、ライバルチームのリバプールに移籍。だが、同クラブでは思うように出場機会を得られず、1967年にサウスエンド・ユナイテッドに完全移籍。その後、1972年にストックポート・カウンティで現役を引退した。 選手として大きな実績を残すことはできなかったが、ユナイテッドとリバプールというイングランド最大のライバル関係において“禁断の移籍”を果たした最後の選手として広く知られている存在だった。 2021.03.04 23:20 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly