チアゴのフィットに手間取るリバプール、ヴェンゲル氏は理解示す「監督が抱える典型的な問題」

2021.02.17 14:03 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてアーセナルで数多くのタイトルを獲得したアーセン・ヴェンゲル氏が、リバプールでフィットに苦戦するスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラに言及した。イギリス『ミラー』が伝えている。

リバプールは今シーズン、バイエルンからチアゴを移籍金2700万ポンド(約39億円)で獲得。バイエルンの3冠獲得に多大な貢献を果たしたスペイン代表MFには、高い期待がかけられていた。

しかし、先発デビューとなったプレミアリーグ第5節のエバートン戦で負傷し、長期離脱となったチアゴは、年末の第16節ニューカッスル戦でようやく復帰。そこからはリーグ8試合連続でスタメンに名を連ねているものの、チームはその間わずか2勝のみとなっている。

大不振に陥ったリバプールでは、チアゴがその一因だという声もあり、クラブOBのジョン・バーンズ氏は「彼がチームのプレースピードを落としている」と批判した。アーセナルで多くの選手を指導してきたヴェンゲル氏も『beIN Sports』に出演した際、チアゴについて言及。現在リバプールが抱えているジレンマについては、理解を示している。

「チアゴ・アルカンタラの件は、監督が抱える典型的な問題だろう。これまでのリバプールは中盤で非常にハングリーかつ攻撃的だった。そして監督であれば、チームをより良くしたいと考え、これまでいなかったようなテクニカルな選手と契約したがるものだ」

「しかし、テクニカルな選手と契約して起用すると、中盤でのアグレッシブさは失われてしまいがちだ。実際、リバプールを見てみても、以前に持っていた強度が少し失われていると思う」

「彼らは今、たしかにボールを奪い返す能力が低くなり、少し苦しんでいる。チームを良くしたいと思って何かを変えようとすると、時には何かを少しだけ奪うことになりがちなんだ」

関連ニュース
thumb

マネが2つの好記録! お得意相手に達成で「毎週、対戦できたら最高」と冗談も

リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネが好相性も生かして、2つの大記録を達成した。 今季のプレミアリーグ開幕から3勝1分け無敗の好スタートを切ったリバプールは18日に本拠地で行われた第5節でクリスタル・パレスと対戦。前節のトッテナム戦を3-0の勝利で飾ったC・パレスとの一戦だったが、3-0の快勝で飾り、2連勝を成し遂げた。 5試合連続で先発したマネは43分、左CKのこぼれ球を押し込み、先制点を記録。自身2戦連発の今季3得点目はリバプールの選手として公式戦224試合目の出場で100ゴール目というメモリアルな一撃となった。 また、データ集計会社『Opta』によると、マネにとって、C・パレスはお得意様であり、今回の得点でなんと出場9試合連続ゴールに。同じ相手からの連続得点としてはプレミアリーグ史上最長記録だという。 マネは試合後、イギリス『BBC』で周囲のサポートがあってこそだと感謝しつつ、C・パレスとの相性の良さを自負。そして、さらなる活躍を誓った。 「最も大事なのは3ポイントだ。正しい場所、正しい時間。僕はラッキーだ。そして、ハッピー。すべてのファン、クラブ、スタッフに感謝している。彼らがいなければ、何もできない」 「クリスタル・パレス戦でプレーするのは大好きだ。毎週、彼らと対戦できたら最高だね。頭の中ではいつも可能性があると思っている。努力して、努力して、努力し続けるつもりだ」 2021.09.19 09:50 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプールがマネのメモリアル弾などで“お得意様”C・パレスに3発快勝!南野は出場せず《プレミアリーグ》

南野拓実が所属するリバプールは18日、プレミアリーグ第5節でクリスタル・パレスとホームで対戦し、3-0で快勝した。南野はベンチ入りも出場機会はなかった。 今季公式戦無敗のリバプールは、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節のミラン戦(3-2で勝利)から先発を6人変更。オリギやナビ・ケイタ、トレント・アレクサンダー=アーノルドらに替えてマネやチアゴ、ファン・ダイクに加え、デビュー戦のコナテらを先発で起用。南野は2試合連続でベンチスタートとなった。 前節のトッテナム戦で今季初勝利を飾ったクリスタル・パレスに対し、リバプールは開始早々にピンチを迎える。3分、左FKの二次攻撃からギャラガーがゴール前にロングパスを供給すると、これに反応したザハが決定機を迎えたが、シュートはGKアリソンが左手一本ではたくと右ポストに弾かれた。 肝を冷やす立ち上がりとなったリバプールだが、徐々にボールの主導権を握ると16分、ツィミカスのパスで左サイド深くまで侵入したマネのクロスをファーサイドのヘンダーソンがダイレクトシュートで狙ったが、これは相手GKのセーブに阻まれた。 サイドを起点にした崩しから攻撃を仕掛けるリバプールだが、ボックス内で集中した守りを見せるクリスタル・パレス守備陣に苦戦しなかなか決定機まで至らず。 それでもリバプールは38分、ヘンダーソンの右クロスをゴール前に走り込んだチアゴがダイビングヘッド。さらに相手GKの弾いたボールをジョタが詰めるがシュートは枠に上に大きく外した。 この試合最初のビッグチャンスを逃したリバプールだが、2度目のチャンスを確実にモノにする。43分、ツィミカスの左CKをニアに走り込んだサラーがヘディングで合わせると、相手GKが弾いたボールをゴール前で拾ったマネが冷静に流し込んだ。 後半の序盤は1点を追うクリスタル・パレスがペースを握ったが、リバプールは68分にチャンス。途中出場のN・ケイタがミドルシュートでゴールを脅かすと、相手GKの弾いたボールをサラーが詰めたが、シュートはGKグアイタのブロックに防がれた。 なかなか攻撃のリズムを掴めないリバプールだったが、再びセットプレーからネットを揺らす。78分、ツィミカスの左CKがゴール前で競り合ったファン・ダイクの肩に当たると、流れたボールをファーサイドのサラーがダイレクトシュート。これがゴール右隅に突き刺さった。 さらにリバプールは、89分にも右CKのこぼれ球からペナルティアーク左横のN・ケイタがボレーシュートをゴール右に突き刺し、3点目を奪取。 その後は危なげない試合運びでゲームを締めくくったリバプールが3-0と快勝。マネのリバプール通算100ゴール目となるメモリアル弾などで今季無敗を維持している。 2021.09.19 01:10 Sun
twitterfacebook
thumb

C・パレス戦のリバプール、フィルミノが引き続き欠場へ

リバプールのブラジル代表FWロベルト・フィルミノは週末のゲームも欠場するようだ。 今季もセンターフォワードの1stオプションとしての地位を築くフィルミノだが、プレミアリーグ第3節のチェルシー戦でハムストリングを痛め、ここ公式戦2試合を欠場している。 ユルゲン・クロップ監督は18日に本拠地で行われるプレミアリーグ第5節のクリスタル・パレス戦に先駆けた会見で、引き続き欠場する見通しを明かした。 「まだ準備が整っていない。ボビーはチームと一緒にトレーニングを始めてさえいない。来週のどこかでということになるだろう。それから様子を見てみないとね」 先週末のリーグ戦からチャンピオンズリーグ(CL)の戦いも挟み、今回のC・パレス戦が3試合目のドイツ人指揮官はまた、それも考慮したメンバーで臨むと述べた。 「話にあがるスケジュールは我々にとって普通だが、日曜、水曜、土曜と週3での試合はタフだ。そこは考慮しなければならない」 「ここまではよくやってきて、選手たちも本当によくやってくれている。再び変更を施すことになるだろう。それは明らかだ」 2021.09.18 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランとの激闘振り返るアレクサンダー=アーノルド 「CLを戦うときに期待するものだった」

リバプールのイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドが、チャンピオンズリーグ(CL)初戦での勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールは15日に行われたCLグループB第1節でミランと対戦。前半圧倒的に試合を支配して先制点を奪ったものの、ハーフタイム直前に逆転を許す厳しい展開に。それでも後半FWモハメド・サラーとMFジョーダン・ヘンダーソンのゴールで再逆転すると、その後はリードを守り切り3-2で勝利した。 クラブ公式サイトのインタビューに応じたアレクサンダー=アーノルドは激戦を振り返り、勝利した喜びについてコメント。同時にミランのほか、アトレティコ・マドリー、ポルトと同組になったグループの難しさについても語っている。 「本当にワイルドだったね。いい試合だった。CLを戦うときに期待するものだったと思う。本当に優れたチーム同士の対戦であり、最後に試合を終わらせるのは難しかったよ」 「前半の立ち上がりは素晴らしかった。大きなプレッシャーを与え、相手は何が起こったのかわからなかったと思う。前半の終わりに調子を落としたけど、何とか勝利を手にできた。いくつかの良いゴール、特にヘンド(ヘンダーソン)の素晴らしい一撃でね」 「ああいった試合展開になると難しい。2、3分でも気を抜くと罰を受けることになるんだ。でも、これはエリートクラブが集う大会なのだから、そういうこともあるだろう。こうしたことが二度と起こらないようにしないと、また罰を受けるだろうね。でも、僕たちは勝利を手にできた。それは本当に重要だよ」 「タフなグループさ。4つのチームが抽選で決まったとき、誰もがもっとも難しいグループの一つだろうと考えていた。このグループは簡単な試合がない。タフな戦いになるだろうし、すべてのポイントを獲得する必要がある」 また、アレクサンダー=アーノルドはこれから過密日程が続くことにも言及。チームに所属する選手全員の力が必要になるだろうと語った。 「シーズンの流れだからね。最初のインターナショナルマッチウィークから戻るとすぐ週に3試合、3日に1試合のペースになる。だからこそ、25人のフルメンバーが必要になるはずだ。毎回同じメンバーで試合に臨むのではなく、ローテーションが必要になる」 「僕たちはそのための準備をしなければならない。でも、ミラン戦で出場した選手たちは、間違いなく準備できていたと思うよ」 2021.09.17 17:55 Fri
twitterfacebook
thumb

後半逆転勝利のリバプール、ミラン撃破をクロップ監督が喜ぶ「これがこのチームのクオリティの高さ」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、ミラン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは15日、チャンピオンズリーグ(CL)グループB第1節でミランをホームに迎えた。 試合は9分にオウンゴールで先制したリバプールだったが、42分にアンテ・レビッチ、44分にブラヒム・ディアスが連続ゴール。前半のうちに逆転を許してしまう。 しかし、49分にモハメド・サラーがゴールを決めて追いつくと、69分にはジョーダン・ヘンダーソンが逆転ゴール。3-2で逆転勝利を収めた。 チームの素晴らしい反応に対してクロップ監督がコメント。良い試合ができたと振り返り、重要な勝利だと語った。 「もちろん、ほぼ100%だった。素晴らしい試合で、とてもエキサイティングで、とても面白いものだった。しかし、10分、15分と、ちょっとした隙を突かれてしまった」 「コンパクトさに欠け、自分たちのサッカーに夢中になってしまった。ポゼッションするときに難しくなった」 「最終ラインが少し深すぎて、中盤がギャップを埋められなくなってしまった。そこを彼らは通り抜けることができたので、彼らは2つのゴールを決めた。このような時は、明らかに試合が決定するが、今夜はそうではなかった。ハーフタイムで調整できたからだ」 「本当に良いサッカーをして、素晴らしい2つのゴールを決めて、試合に勝つことができた。以前から誰もがわかっていたが、今ではおそらく誰もが知っているだろう。これがこのチームのクオリティの高さだ」 「このグループを勝ち抜くためには、当然ながらそれぞれのポイントが必要だ。今夜の試合に勝てたことは本当に良かった」 2021.09.16 10:52 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly