鳥栖が昨季J1で14試合出場のユースDF中野伸哉を今季も2種登録

2021.02.17 11:47 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サガン鳥栖は17日、ユースに所属するDF中野伸哉(17)を2種登録したことを発表した。U-15から鳥栖でプレーする中野は、2019年のU-17ワールドカップに出場。その後U-18に昇格すると、2020シーズンはトップチームに2種登録。8月1日の明治安田生命J1リーグ第8節のFC東京戦でデビュー。クラブ史上最年少出場記録を更新する16歳11カ月15日でのデビューとなった。


その後も出場機会を得た中野は、明治安田J1で14試合に出場。YBCルヴァンカップでも1試合に出場していた。

中野は昨シーズンに続いて2種登録され、背番号は「47」を着ける。中野はクラブを通じてコメントしている。

「この度、2種登録されて大変嬉しく光栄に思います!常に感謝の気持ちを忘れずにプレーし、満足することなく高みを目指して頑張ります!応援よろしくお願いします!」
関連ニュース
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.69】19歳でのカタール行きはあるのか?「ポスト・長友佑都」の呼び声高き17歳!/中野伸哉(サガン鳥栖/DF)

「俺の見立ては結構当たるんだよね。彼はA代表になる可能性が非常に高い選手の1人。クオリティも人間性も抜群だからね」 槙野智章(浦和)や菅原由勢(AZ)、久保建英(ヘタフェ)など数々の名選手を育てたU-17日本代表の森山佳郎監督が太鼓判を押した“彼"というのは、3月のU-24アルゼンチン2連戦に17歳で初招集された中野伸哉(鳥栖)。日本サッカー界で最も不足していると言われる左利きの左サイドバック(SB)だ。 とはいえ、左利きと言っても、右足も同レベルに蹴れるのが逸材の強み。だからこそ、左右のどちらのサイドに入っても全く違和感がない。4月7日のJ1・川崎フロンターレ戦を見ても、スタート時は3バックの右に入っていたが、攻撃時は右SB同等の高い位置を取ってプレー。最前線の酒井宣福目がけて蹴り込んだ前半10分のクロスに象徴されるように、攻撃姿勢を鮮明にしていた。 後半に入り、最終ラインの中央に位置していた田代雅也がレアンドロ・ダミアンの決定的機会を阻止して一発退場になった後は、4バックの左SBへ移動。敵のポジションを見ながら自らも上がっていく。得点機をお膳立てするようなラストパスやクロスは出せなかったものの、2020年J1&天皇杯王者を敵に回してもまるで物怖じすることなくプレー。90分フル出場を果たした。 これで今季開幕からリーグ戦8試合連続スタメン。J1初黒星を喫した2日のセレッソ大阪戦後には「シンプルな技術ミスが多くて修正できなかった。後ろにいる僕らがしっかりとコントロールしていかないといけない」と反省の弁も口にしていた。向上心がひと際高い分、目につくのは収穫より課題の方。その謙虚さが森山監督の言う「優れた人間性」なのだろう。 将来有望の若武者が頭角を現したのは、鳥栖U-15に所属していた13歳の時。2016年にU-13Jリーグ選抜で中国遠征に参加し、2017年ナショナルトレセンU-14に参加。同年から森山監督率いるU-15代表入りし、2019年U-17ワールドカップ(W杯)まで軸を担うなど、順調に階段を駆け上がってきた。そして2020年には16歳で2種登録され、8月1日のFC東京戦でプロデビュー。影山雅永監督率いるU-19日本代表のコアメンバーにも位置付けられた。 だが、ご存じの通り、新型コロナウイルスの影響で同代表が参戦するはずだったアジア予選も2021年U-20W杯(インドネシア)の中止が決定。鳥栖の先輩である松岡大起や本田風智ら2001年世代は大きな打撃を受けた。 しかしながら、2003年生まれの中野はその次のU-20W杯を目指せる年齢だ。むしろ今の時期は鳥栖の活動に専念した方がベターかもしれない。 「1年後には海外に行き、2~3年後にはA代表に入りたい」と野望を抱く本人にとっても、クラブで実績を残して近未来の欧州行きを叶える方が先決。そう考えながら今季は目の前のゲームを1つ1つこなしている状況ではないか。 川崎戦で示した通り、Jリーグトップと肩を並べられるパフォーマンスを維持しているのは確かだ。普通の17歳であれば、ブラジル代表歴のあるレアンドロ・ダミアンらと戦えば萎縮したり、強度で見劣りしたりするものだが、強心臓の男にはそんな素振りを一切、見せない。 U-24代表合宿でも、2つ上の久保から「先輩には敬語じゃなくていいよ。僕も敬語を使っていないから」とアドバイスされたというが、そんな助言がなくても、彼にはプレッシャーも気負いも遠慮もない。そのメンタルに実績と経験値が伴ってくれば、本当に2~3年後のA代表入りはあるかもしれない。場合によっては、1年7カ月後の2022年カタールW杯滑り込みもないとは言えない。 実際、2008年から13年間、日本代表の左SBを担い続けてきた長友佑都(マルセイユ)の後継者探しは本当に深刻なテーマだ。3月代表シリーズでも、FC東京の後輩・小川諒也が抜擢され、代表定着への一歩を踏み出したところだが、「欧州組との差を感じた」と本人も述懐する通り、まだ超えなければならないハードルは少なくない。U‐24代表の方でも旗手怜央(川崎)、古賀太陽(柏)がテストされたが、旗手は守備に難を抱え、古賀は攻撃面で物足りなさを感じさせた。 こうしたライバルに比べると、中野伸哉は多彩な役割をこなせるし、両足で正確なキックを蹴れて、攻撃のお膳立てにも関与できるという魅力がある。さらに際限ない伸びしろがある。 「僕が目指す海外の選手はリバプールの(アンドリュー・)ロバートソン選手です」 こう公言する中野にしてみれば、目指すべき領域は高いが、貪欲に前へ前へと突き進んでいくはず。そうやって世界に羽ばたく彼の姿をぜひとも見てみたい。 10代から注目される日本人選手は、小野伸二(札幌)にしても、香川真司(PAOK)にしても、久保にしても、何らかの挫折を味わうケースが多い。中野もそういう時期は来るだろうが、それを乗り越えてこそ、本物のワールドクラスになれる。近い将来の長友超えを果たすべく、今を大事にしてほしい。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.04.10 19:35 Sat
twitterfacebook
thumb

「これは痺れた!」鳥栖MF松岡の決定機“寸前”ブロックに脚光「決まったと思った」

明治安田生命J1リーグ第8節、川崎フロンターレvsサガン鳥栖が7日に等々力陸上競技場で行われた。 パスを繋いで攻撃を組み立てる両チームだが、クオリティで上回る川崎Fがより多くゴール前に侵入していく展開となるが、28分に最大の先制チャンスを迎える。 敵陣左サイドでボールを奪い、FWレアンドロ・ダミアンがボックス右のFW小林悠へ。その折り返しをボックス中央に飛び込んできたMF田中碧が蹴り込むも、懸命に戻った鳥栖MF松岡大起に寸前のところでブロックに入られてしまった。 松岡は、田中がシュートを撃つ前からゴールに戻っており、右肩でシュートをブロック。自身はその勢いでゴールネットまで突っ込んでいたが、ボールはラインを割らせなかった。 危機察知能力の高さを見せた松岡のプレーには、「これは決まったと思った」「良く止めたな」「これは痺れた!」とファンから称賛の声が挙がった一方で、「川崎ゴール前での落ち着き半端ない」と、川崎F攻撃陣の冷静さを称える声もあった。 松岡の守備もあり前半をゴールレスで折り返したものの、鳥栖が後半に1人退場者を出すと、川崎FのFW遠野大弥が先制点をマーク。そのまま1-0で川崎Fが勝利している。 <span class="paragraph-title">【動画】「これは痺れる!」松岡の決定機“寸前”ブロック!!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=14kvzwpq470z019icubeg19vrq" async></script> 2021.04.08 12:10 Thu
twitterfacebook
thumb

川崎Fが伏兵・遠野のゴールで鳥栖を撃破!2試合連続退場者を出した鳥栖は2連敗【明治安田J1第8節】

明治安田生命J1リーグ第8節、川崎フロンターレvsサガン鳥栖が7日に等々力陸上競技場で行われ、1-0で川崎Fが勝利した。 ここまで7勝1分け無敗で首位を快走する川崎F。前節は代表帰りの三笘が2ゴールを挙げる活躍で、大分トリニータに快勝した。鳥栖は川崎Fが昨季のリーグ戦で一度も勝てなかった相手(2分け)。そんな難敵相手に前節からスタメンを3名入れ替え、田中や小林、長谷川が先発入り。三笘はベンチスタートとなった。 対する鳥栖も、ここまで4勝2分け1敗で暫定4位と好調。第6節まで無失点を続けていたが、前節のセレッソ大阪戦で奥埜のゴールを許し、今季初失点及び初黒星を喫した。ここまでのパフォーマンスの試金石となる王者との対戦に、前節からのスタメン変更は4人。出場停止のファン・ソッコの代わりに田代が起用された。 先にチャンスを作ったのは川崎F。7分、相手のビルドアップを阻止して高い位置でボールを奪うと、ボックス手前左の脇坂がボックス右の小林へラストパス。しかし、小林のシュートはパク・イルギュに止められた。 パスを繋いで攻撃を組み立てる両チームだが、個の質で上回る川崎Fがより多くゴール前に侵入していく展開に。それでも堅守の鳥栖も連動したプレッシングで相手のミスを誘いつつ、隙を見て樋口や仙頭がシュートを狙っていく。 その中で鳥栖は25分、島川が足を痛めて中野嘉大と交代するアクシデントに。その直後、樋口がボックスの外から張ったミドルシュートはクロスバーを越えた。 鳥栖同様に高い位置からプレッシャーをかけていく川崎Fは28分、敵陣左サイドでボールを奪い、レアンドロ・ダミアンがボックス右の小林へ。その折り返しをボックス中央に飛び込んできた田中が蹴り込むも、懸命に戻った松岡に寸前のところでブロックに入られてしまった。 41分には、速攻から長谷川が左サイドを持ち上がり、ボックス中央のレアンドロ・ダミアンにラストパス。右足でダイレクトで流し込みにかかったが、残念ながら、わずかに右に外してゴールならず。ゴールレスで試合を折り返した。 互いに交代なしで後半に臨んだ中、57分に決定的なシーンが訪れる。川崎Fは相手の攻撃を跳ね返し、田中が前線へクリア。高く上がったボールに対し、田代との競り合いを制したレアンドロ・ダミアンが前を向いた瞬間、入れ替わられた田代がホールディングする形で倒し、このプレーで一発退場。鳥栖は前節のファン・ソッコに続き、2試合連続で退場者を出してしまった。 その直後、鳥栖は一挙に3枚替え。小屋松、本田、酒井を下げて、飯野、林、松本が投入。川崎Fも脇坂と長谷川を下げて、遠野と三笘を送り出す。この交代が功を奏したのは川崎Fだった。 65分、敵陣中央でジョアン・シミッチが縦パスを入れると、ボックス手前のレアンドロ・ダミアンがスルー。その背後で構えていた遠野は、相手DFに寄せられ一瞬ボールを失ったものの、倒れ込みながら泥臭く押し込んで、川崎Fが先制に成功した。 ようやく鳥栖の堅守を崩した川崎Fは、田中が二度決定的なシーンを迎えるなど、数的有利もあって相手を押し込んでいく。80分に投入された家長は、86分に登里のクロスをダイレクトで叩いてGKパク・イルギュを強襲。90分には速攻で持ち上がった田中の横パスを、ボックス手前からループシュート。これもパク・イルギュの好セーブに遭ったが、ホームチームが追加点に迫っていく。 結局、川崎Fに2点目は生まれなかったが、危険な場面も作らせることなく試合をクローズ。1-0の勝利をものにし、リーグ戦3連勝とした。一方の鳥栖は、これで2連敗となった。 川崎フロンターレ 1-0 サガン鳥栖 【川崎F】 遠野大弥(後20) 2021.04.07 21:10 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第8節:川崎Fvs鳥栖】昨季勝てなかった相手に勝利なるか? 鳥栖は王者に真っ向勝負

【明治安田生命J1リーグ第8節】 2021年4月7日(水) 19:00キックオフ 川崎フロンターレ(22pt/1位) vs サガン鳥栖(14pt/4位) [等々力陸上競技場] ここまで7勝1分けで無敗で首位を走る川崎Fと無失点が6試合で途切れたものの4位につける鳥栖が激突。 ◆昨季勝てなかった借りを返せるか【川崎フロンターレ】 前節はホームに大分トリニータを迎えての一戦。三笘薫が今シーズン初の複数得点の活躍を見せ、チームは2-0で勝利を収めた。 これで今シーズンも第5節のヴィッセル神戸戦で引き分け(1-1)た以外は、全勝。着々と勝ち点を積み重ねて首位を守っている状況だ。 しかし心配な一面も出てきており、GKチョン・ソンリョンが第2第3腰椎横突起骨折で全治1カ月程度とのこと。さらに、大分戦では旗手怜央が足を痛めて途中交代をするなどし、過密日程が徐々に影響を与え始めている。 それでも選手が入れ替わってクオリティが落ちるサッカーはしていない。今節の相手はビルドアップに加えて裏も狙ってくる鳥栖。昨シーズン唯一勝てなかった相手だけに、思いは強いはずだ。 守備面でも強度を保ちしっかりと王者としての強さを見せつけられるかに注目が集まる。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:丹野研太 DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平 MF:田中碧、ジョアン・シミッチ、脇坂泰斗 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、三笘薫 監督:鬼木達 ◆昨季は負けなし、今度こそ勝利を【サガン鳥栖】 開幕から6試合連続で無失点をキープしていた鳥栖だが、前節はセレッソ大阪についに失点。さらに、その後は盛り返せず1-0で敗れ、リーグ戦初黒星となった。 記録は途絶えたが、失点後に大崩れせずに1失点で終わったことは評価すべきポイント。ここで連敗しないことが何よりも大事になる。 ボールを保持し、GKからのビルドアップという点では川崎Fに引けを取らない。粘り強い守備も見せており、真っ向勝負で王者に挑むはずだ。不安材料はDFファン・ソッコが不在なこと。右サイド、つまり川崎Fの左サイドをどう抑えるかも見ものだ。 昨シーズンはその王者に唯一負けなかったチームであり、2分けを記録。チームとしては当然勝利を目指していくに違いない。自らのスタイルを貫いてしっかりと勝負に挑む。 ★予想スタメン[3-1-4-2] GK:朴一圭 DF:松岡大起、エドゥアルド、中野伸哉 MF:島川俊郎 MF:飯野七聖、樋口雄太、仙頭啓矢、小屋松知哉 FW:山下敬大、中野嘉大 監督:金明輝 出場停止:ファン・ソッコ 2021.04.07 15:07 Wed
twitterfacebook
thumb

奥埜博亮の豪快ミドルが鳥栖の無失点を止める! C大阪は引き分け挟み4連勝、鳥栖は初失点&初黒星【明治安田J1第7節】

2日、明治安田生命J1リーグ第7節のセレッソ大阪vsサガン鳥栖がヤンマースタジアム長居で行われ、1-0でC大阪が勝利した。 インターナショナル・マッチウィークによる2週間の中断が明けての試合。ここまで4位のC大阪と3位の鳥栖という上位対決となった。 C大阪は日本代表にも選出されていたMF坂元達裕、MF原川力と主力が負傷離脱。この試合では、その2名に代えてMF藤田直之、MF西川潤が先発した。なお西川は今シーズン初先発となる。 対する鳥栖は3名を変更。MF島川俊郎、FW山下敬大、MF本田風智に代えて、MF松岡大起、MF中野嘉大、FW林大地が入る。中野嘉大は北海道コンサドーレ札幌から期限付き移籍で加入し、林を2トップを組む。 鳥栖は開幕から6試合連続でクリーンシートを達成しており、J1タイ記録。7試合連続クリーンシートで、J1新記録を狙う。 その鳥栖だが、4分に西川が右サイドのFKからクロス。豊川が手前でフリックすると、これに飛び込んだ大久保がヘディングで合わせてネットを揺らすが、これはオフサイドの判定となる。 今季初失点かと思われた鳥栖は失点を逃れると、ハイプレスに加え、バランスが取れたポジショニングによりC大阪の攻撃陣を封じていく。 それでもC大阪は20分、ハーフウェイライン付近でボールを拾った西川がドリブルで持ち込むと、ボックス手前で得意の左足シュート。しかし、GK朴一圭がセーブする。 鳥栖がボールを握って試合の主導権を握っていく一方で、決定機は作れない状況が続く。それでも25分には林がボックス手前からシュート。DFのブロックの跳ね返りを仙頭がシュートも、これはキム・ジンヒョンがセーブする。 前半アディショナルタイムにはC大阪が決定機。藤田のロングスローがゴール前に入ると、鳥栖DFがクリア。しかし、これを清武がボレーも鳥栖DFがブロック。跳ね返りを丸橋がシュート、さらに豊川がシュートを放つが、鳥栖の牙城を崩せない。 鳥栖はハーフタイムに中野嘉大に代えてFW山下敬大を投入。C大阪は同じメンバーで後半に臨んだ。するとキックオフの流れからゴールが生まれる。 キックオフで戻したボールを瀬古が前線へフィード。これは飯野がヘディングでクリアするも、こぼれ球を奥埜が拾うと、バイタルエリから強烈なミドルシュート。これがネットを揺らし、C大阪が先制。鳥栖の開幕からの無失点が6試合で止まった。 47分には鳥栖がチャンス。林がボックス手前で潰れると、こぼれ球を樋口が左足でシュート。しかし、枠を越えていく。 スコアが動いたことで活性化すると49分には敵陣からのボール奪取の流れから、最後は豊川がボックス手前でシュート。しかし、これはGK朴一圭がセーブする。 55分には大久保とファン・ソッコが一触即発状態に。ファン・ソッコが大久保を蹴り返したことが発端となったが、イエローカードで終わる。 熱を帯びてきた両者の対決。鳥栖が攻勢をかけると64分にはビッグチャンス。右CKからエドゥアルドがヘディングで合わせると、シュートはクロスバーを直撃。ゴールにならない。 押し込まれる時間が続いた鳥栖だが74分にビッグチャンス。エドゥアルドのフィードを右サイドを上がった飯野が受けてクロス。ファーサイドで本田がヘッドもGKがセーブする。 すると77分に鳥栖にアクシデント。清武のドリブルをスライディングで止めたファン・ソッコがファウルと取られると、そのまま今村義朗主審はすかさずイエローカードを提示。このしあ2枚目のイエローカードとなり、鳥栖は数的不利になってしまう。 数的不利となった鳥栖だが86分にもチャンス。左CKの流れから最後は仙頭がハーフボレーを放つが、シュートはGKの正面に飛んでしまう。 追いつきたい鳥栖はアディショナルタイム1分、自陣からのロングボールを山下がヘッドで競り勝つと、これを仙頭がダイレクトシュート。しかし、これはゴールとならない。 後半は最後までC大阪が攻めの姿勢を止めず、そのままタイムアップ。C大阪が引き分けを挟んで4連勝を記録。鳥栖は初失点に加え、今シーズンのJ1で初黒星を喫した。 セレッソ大阪 1-0 サガン鳥栖 【C大阪】 奥埜博亮(後1) <span class="paragraph-title">【動画】奥埜博亮が鳥栖の無失点記録を打ち破る弾丸ミドル!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1bw1vj77z71zi1v45yaq10ye4c" async></script> 2021.04.02 20:57 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly