エース不在に疲労困憊のエバートン、躍動フルアムに13戦ぶりの白星献上…《プレミアリーグ》

2021.02.15 05:59 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第24節、エバートンvsフルアムが14日にグディソン・パークで行われ、アウェイのフルアムが0-2で勝利した。7位のエバートン(勝ち点37)が18位のフルアム(勝ち点15)をホームで迎え撃った一戦。前節、マンチェスター・ユナイテッドと劇的ドローゲームを演じたエバートンは、ミッドウィークのFAカップ5回戦でトッテナムを延長戦の末に5-4で撃破した。


強豪相手の連戦で確かな自信を手にしたホームチームは格下相手に勝利必須の一戦に向けて先発4人を変更。キーン、ミナ、イウォビ、負傷のキャルバート=ルーウィンに代えてコールマン、ホルゲイト、アンドレ・ゴメス、ハメス・ロドリゲスを起用した。

エバートンが最前線にシグルドソンを配した[4-3-3]、フルアムがデコルドバ=リードとボルドーからの新戦力マジャを2トップに配した[4-4-2]と、互いにここ最近の布陣から変更を加えた中、試合はアウェイチームが圧倒的に押し込む意外な形となる。

機動力のある2トップを起点に前から激しい圧力をかけつつ、積極的に背後のスペースを狙うフルアム。相手のビルドアップにうまく制限をかけて押し込む形を作り出し、10分には左CKの場面でニアに飛び込んだデコルドバ=リードのフリックシュートが右ポストを叩く決定機を創出する。
さらに、20分には相手陣内左サイドでのボール奪取からショートカウンターに転じてハリソン・リードが際どいミドルシュート、続く27分にはデコルドバ=リードのヒールパスに反応したルックマンがボックス内で右足を振り抜くが、古巣のゴールをこじ開けるまでには至らず。

一方、キャルバート=ルーウィンの不在によって前線で起点を作れないエバートンはシグルドソンとリシャルリソンの立ち位置を入れ替えるなど、微調整を繰り返しながら反撃を試みる。

すると、30分を過ぎた辺りからようやく相手陣内でのプレー機会を増やしていくと、34分にはハーフウェイライン付近でのボール奪取から中央を豪快なドリブルで持ち上がったコールマンにこの試合最大の決定機。フリーの味方をオトリに自ら左足を振ると、これが枠の右隅に向かうも右ポストを叩いた。

盛り返して前半を終えたエバートンだったが、後半は再びフルアムが主導権を握ることに。立ち上がりの48分、ルックマンとのパス交換でボックス左に侵入したアイナがGKと最終ラインの間にスピード、コース申し分ないグラウンダーの折り返しを入れると、これをファーでドフリーのマジャがワンタッチで流し込んだ。

マジャのプレミアリーグ初ゴールで先手を奪ったアウェイチームはその後もルックマンとアイナ、デコルドバ=リードを起点にコールマンのサイドを徹底的に突いて幾度も際どいクロスから2点目に迫る。

この劣勢を受けてアンチェロッティ監督は56分にコールマンとトム・デイビスを下げてキーンとキングを同時投入。この交代でホルゲイトが右サイドバック、シグルドソンがアンカー、キングが左ウイングと大幅に配置を変更した。

しかし、トッテナム戦勝利の代償か、チーム全体で出足が鈍くセカンドボールや切り替えの部分で後手を踏み続けると、65分に2失点目を喫する。ボックス手前でハリソン・リードが放った強烈なシュートはGKオルセンが何とか触るが、左ポストを叩いたこぼれ球をマジャに押し込まれた。

この失点で厳しくなったホームチームは、さらに負傷明けのハメスが左足首を痛めてしまい、68分にベルナールの投入を余儀なくされた。

何とか追いつきたいエバートンは78分、右サイドのアンドレ・ゴメスのアーリークロスに反応したキングがゴールネットを揺らすが、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。最後まで諦めずに攻め続けたものの、13戦ぶりの白星に向けて気迫を見せるフルアムを最後まで上回ることはできず。

この結果、フルアムに今季3勝目を献上したエバートンは3戦ぶりの敗戦を喫し、マンチェスター・シティ、リバプールと続く強豪連戦に大きな不安を残すことになった。

なお、フルアムはグディソン・パークで開催されたエバートンとのリーグ戦で14戦全敗だったが、15戦目にして待望の初勝利となった。
関連ニュース
thumb

アンチェロッティ監督がキャルバート=ルーウィンのトッテナム戦欠場を明言

16日にトッテナム戦を控えるエバートンだが、イングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィンの欠場が確実となった。 キャルバート=ルーウィンは筋肉系の負傷で、12日に行われたプレミアリーグ第31節のブライトン戦を欠場していた。 エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督が、トッテナム戦に向けた会見の場でキャルバート=ルーウィンを含む負傷者について言及。キャルバート=ルーウィンの復帰は来週のアーセナル戦になると明かした。 「ジョーダン・ピックフォード、ジョシュア・キング、アンドレ・ゴメスは金曜日の試合に出場できる。来週にはキャルバート=ルーウィン、ジェリー・ミナ、ベルナールが復帰できるだろう」 エバートンは第31節終了時点で1試合消化がなく勝ち点48の7位に位置。チャンピオンズリーグ出場圏内の4位ウェストハムとは勝ち点差7、ヨーロッパリーグ出場圏内の5位チェルシーとは勝ち点差6となっており、残り試合でシビアな戦いが待っている。 2021.04.16 01:35 Fri
twitterfacebook
thumb

負傷者続出で失速のエバートン、アンチェロッティ監督は前向きな姿勢崩さず「重要な試合はまだ残っている」

エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督が、チームに負傷者が続出している事態を嘆いている。クラブ公式サイトが伝えた。 エバートンは12日に行われたプレミアリーグ第31節で、ブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦。勝てば未消化試合が1つある状態で4位に5ポイント差まで詰められる状況だったが、多くの選手を負傷で欠くチームは苦戦。ブライトンに23本ものシュートを打たれるも何とか凌ぎ切り、ゴールレスドローで試合を終えている。 この結果、エバートンは8位にとどまっており、トップ4争いからは一歩後退となった。 試合後のインタビューに臨んだアンチェロッティ監督は、チームが不調であること認めつつ、まだ何も諦めていないと強調している。 「今は良い時期ではなく、多くの選手が負傷していることもあって我々は困難を抱えている。それでも、我々は前進しなければならない。重要な試合はまだ残っているからだ。我々はまだ戦いの中にいる。より困難な状況にあるとはいっても、結果が予測できない奇妙なシーズンである以上、諦めたりはしない」 「我々は前に進むことに対して、自信を持っている。これからトッテナム、アーセナルとの試合や、アストン・ビラとの2試合、ウェストハムとの試合も残っている。すべての試合が本当に重要であり、欧州カップ戦に行くため負けられない」 また、アンチェロッティ監督は、負傷者の状況について説明。同時に、長期離脱からの復帰に向かっていたものの、再び負傷したジャン=フィリップ・グバミンについても触れている。 「ジェリー・ミナは内転筋に問題があり、数週間は出場できないだろう。他の選手については回復を願っている。(ジョーダン・)ピックフォードは確実に起用できるだろう。アランと(アンドレ・)ゴメスも起用できるだろうし、(ドミニク・)キャルバート=ルーウィンとジョシュア・キングも起用できるようになって欲しい」 「グバミンのヒザの負傷については本当に残念だ。彼は良いトレーニングができており、優れたクオリティを見せていた。幸せそうに見えたんだ。彼はこれからスキャンを受けるだろう。しかし、彼は本当に強い選手だ。早く回復して、プレーできることを願っている」 2021.04.13 10:55 Tue
twitterfacebook
thumb

欧州出場権目指すアンチェロッティが意気込み! 勝ち点の半分以上を稼ぐアウェイでブライトン戦

エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督が意気込みを語った。イギリス『ガーディアン』が報じている。 エバートンはプレミアリーグ前節終了時点で勝ち点47の8位だが、1試合未消化であり、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内である4位のウェストハムと8ポイント差。ヨーロッパリーグ(EL)出場圏内である5位のチェルシーとは7ポイント差であり、欧州カップ戦出場を巡る争いの真っ只中だ。 ここ3試合で2連敗を含む1分け2敗と足踏みが続くなかで、11日に16位ブライトン&ホーブ・アルビオンとの第31節に臨むエバートン。アンチェロッティ監督はクラブの目標であるヨーロッパの出場権獲得に向けて、好成績を収める敵地での今節をしっかりと勝ち切る必要性を説いた。 「一貫性があれば、もっと良い順位にいたと思う。ホームでの一貫性も欠いているが、昨季の状況を鑑みると、良いポジションにいるんじゃないかな。昨季は上位よりも降格ゾーンと近かったわけだからね」 「そうした状況をすべて考慮した上で、ホームでの一貫性も十分じゃないことも考えると、良い位置につけており、シーズンの初めに立てた目標を目指して戦うことができている」 「一方で、アウェイだと本当に一貫した戦いができている。例を挙げるなら、ダービーだったり、大事な試合で勝つことができているんだ」 「今季の終わりにヨーロッパの出場圏内にいるか否かはもう少し待たなければならないが、それができたら素晴らしいシーズンになるだろうね」 なお、今季のエバートンはここまでホーム戦5勝3分け7敗で全体14位。一方で、アウェイ戦だと全体4位の好成績となる9勝2分け3敗の結果を出している。 2021.04.12 20:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラン、依然として冨安健洋に関心か エバートンやレバークーゼンも

ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋(22)に対する関心は続いているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 2019年夏にシント=トロイデンからボローニャにステップアップした冨安は、今シーズンも負傷欠場した試合を除けば全ての公式戦にフル出場しており、チームに欠かせない選手となっている。 すでにボローニャでの1年目から評価を高めていた日本代表DFには、昨夏の時点でミランからの関心が伝えられていた。しかし、イタリア『カルチョメルカート』によれば、1500万ユーロ(約19億5000万円)のオファーをボローニャは拒否。2000万ユーロ(約26億円)を要求したと言われている。 その後、一度は手を引いたと思われていたミランだが、どうやら冨安への熱は冷めていないようだ。しかし、そんなミランの障害となるのは移籍金だけではない。 伝えられるところによると、エバートンとレバークーゼンも関心を持ってるようで、今夏の争奪戦が予想されている。中でもエバートンは放映権料が高騰しているプレミアリーグにおける豊富な資金力で、ミランの大きなライバルなると言われている。 だが、ボローニャとしても2024年夏まで契約を残す冨安を易々と手放すつもりはなく、2000万ユーロはあくまで最低希望価格。今季も市場価値を伸ばし続ける冨安の獲得にはさらなるオファーを提示しなければならなそうだ。 2021.04.08 21:06 Thu
twitterfacebook
thumb

リシャルリソンがリバプールを煽る?CL敗戦のタイミングで“ある選手”との2ショットを投稿

エバートンのブラジル代表FWリシャルリソンがリバプールサポーターの神経を逆なでした。 リバプールは6日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグでレアル・マドリーと対戦。ブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールに2ゴールを決められ、3-1で敗れた。 そんな中、リシャルリソンは自身のインスタグラムに、かつて撮影したヴィニシウスとの2ショット写真を投稿。メッセージはなかったものの、たくさんの目の絵文字をつけ、明らかに敗れたリバプールサポーターを煽っているようなものだった。 エバートンとリバプールはともにリバプール市に本拠地を置く宿敵であるが、中でもリシャルリソンは昨年10月に行われたダービーでリバプールのスペイン代表チアゴ・アルカンタラにアフターチャージを見舞い一発退場。チアゴは、その後2カ月の離脱を余儀なくされた。 リシャルリソンは3月、この件についてSNSを通じてチアゴに謝罪したものの、相手側からの返答はなく、「彼はピジョン(リシャルリソンの愛称、鳩の意)を無視したのさ」と語っていた。 ただでさえ良く見られていなかったリシャルリソンだが、この一件でライバルチームのサポーターとの確執はさらに大きなものとなっただろう。 <span class="paragraph-title">【画像】確信犯?リシャルリソンがインスタグラムに投稿した2ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Cracking shithousery from Richarlison <a href="https://t.co/TSn6VG3wZO">pic.twitter.com/TSn6VG3wZO</a></p>&mdash; ODDSbible (@ODDSbible) <a href="https://twitter.com/ODDSbible/status/1379706867677560832?ref_src=twsrc%5Etfw">April 7, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.08 21:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly