吉田が先発復帰のサンプドリア、クアリアレッラ弾でフィオレンティーナに競り勝つ《セリエA》

2021.02.15 01:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サンプドリアは14日、セリエA第22節でフィオレンティーナをホームに迎え、2-1で競り勝った。前節ベネヴェント戦を引き分けに持ち込んだ10位サンプドリア(勝ち点27)は、8試合ぶりにベンチスタートとなった吉田がフラットな[4-4-2]の右センターバックで先発に戻った。


15位フィオレンティーナ(勝ち点22)に対し、守勢の入りとなったサンプドリア。吉田は主にヴラホビッチとマッチアップする形となった中、膠着した展開が続いた。

そんな中31分、右CKからニアサイドのケイタがヘッドで押し込み、サンプドリアが先制する。

しかし37分、ボックス手前左で許したFKをプルガルに直接狙われると、GKアウデーロが弾いたルーズボールをヴラホビッチに頭で押し込まれて同点とされた。

1-1で迎えた後半、54分にピンチを迎えたサンプドリアだったが、FKからクアルタの放ったヘディングシュートは右ポストに直撃し、ルーズボールに詰めたペッセッラはシュートを枠に飛ばすことができずに助かった。

直後にもボナヴェントゥーラに決定的なシュートを許したが、わずかに枠を外れて助かったサンプドリアは、守勢の中で71分に勝ち越す。

決めたのは5分前に投入されていたエースのクアリアレッラ。右サイドからのカンドレーバのグラウンダークロスを左足ダイレクトでゴール左へ蹴り込んだ。

終盤にかけては吉田を中心にフィオレンティーナの攻勢を凌いだサンプドリアが2-1で逃げ切り勝利。中位をキープする貴重な勝利を手にした。
関連ニュース
thumb

VARに救われたナポリ、吉田フル出場のサンプに勝利してアタランタに圧力《セリエA》

セリエA第30節、サンプドリアvsナポリが11日に行われ、0-2でナポリが勝利した。サンプドリアのDF吉田麻也はフル出場している。 前節ミラン戦を1-1で引き分けた10位サンプドリア(勝ち点36)は、ここ2試合ベンチスタートとなっていた吉田が先発となった。 一方、ナポリ(勝ち点56)は前節、最下位クロトーネと打ち合いとなってしまった末、何とか4-3で競り勝った。しかし、4日前に行われた延期試合のユベントス戦では1-2と敗戦し、チャンピオンズリーグ出場圏外の5位に後退した。そのユベントス戦のスタメンから5選手を変更。メルテンスやポリターノがベンチスタートとなってオシムヘンやロサーノがスタメンとなった。 徐々にナポリが押し込む展開で立ち上がっていくと、22分に最初のチャンス。ボックス左のスペースを突いたインシーニェがマイナスにクロスを入れ、吉田がクリア。これがディ・ロレンツォに当たってゴールに向かうも、吉田の好カットに阻まれた。 さらに25分、インシーニェのカットインシュートはGKアウデーロの好守に阻まれるも、35分にナポリが押し切る。ファビアン・ルイス、オシムヘン、ジエリンスキとダイレクトでつなぎ、最後はペナルティアーク中央のファビアン・ルイスがゴール右にミドルシュートを突き刺した。 迎えた後半、サンプドリアが前がかる中、55分にナポリに追加点のチャンス。ファビアン・ルイスのミドルシュートがGKを強襲し、ルーズボールをインシーニェがプッシュするも、GKアウデーロの好守に阻止された。 その後は膠着状態に陥り、互いにゴールに迫れない状況が続く。そこでサンプドリアは67分にケイタを、ナポリは74分にメルテンスとポリターノを投入していく。 すると75分、サンプドリアが追いつきかける。右CKからトールスビーのヘディングシュートが決まったがVARが入り、クリバリへのファウルを取られた。 助かったナポリは87分に勝負を決定付ける。メルテンスのパスを受けたオシムヘンが吉田の追走を振り切ってシュートを決め切った。勝ち点3を積み上げたナポリが暫定4位に浮上。この後試合を行うアタランタにプレッシャーをかけている。 2021.04.12 00:05 Mon
twitterfacebook
thumb

11年前の再現!“スーパーゴール製造機”クアリアレッラがミラン戦のゴールを振り返る「上手くいった」

サンプドリアの元イタリア代表FWファビオ・クアリアレッラが、自身のゴールを振り返った。イタリア『スカイ』が伝えた。 サンプドリアは3日、セリエA第29節でミランと対戦。試合は1-1の引き分けに終わった。日本代表DF吉田麻也はベンチスタートとなり、試合終盤の90分にピッチに立った。 この試合は0-0で前半を終えると、57分にクアリアレッラのゴールでサンプドリアが先制。ミランは敗色濃厚だった87分にMFイェンス・ペッター・ハウゲがネットを揺らし、なんとか勝ち点1を獲得した。 この試合で先制ゴールを決めたクアリアレッラは「得点を決めることはいつだって大きな満足感がある」とコメント。「僕は自分の強みを認識しているし、チャンスが来た時はそれを利用しようとしている」と振り返った。 そう試合後に振り返ったゴールは、テオ・エルナンデスが中央に送ったボールを狙っていたクアリアレッラがダイレクトでチップキック。これがGKの頭上を越えてそのままネットを揺らした。 ゴールについては「半分見ていたけどそれは簡単ではなかった。でも上手くいったね」と振り返り、狙っていた通りのゴールだとした。 このゴールは、クアリアレッラが2010年の南アフリカ・ワールドカップのスロバキア代表戦で決めたゴールと酷似。11年の時を経て、“スーパーゴール製造機”の異名にそぐうゴールを決めて見せた。 なお、このゴールは今シーズンのセリエAで10ゴール目。クアリアレッラはサンプドリアに加入した2016-17シーズン以降で5年連続で二桁得点を記録。さらに、2006-07シーズンも2桁ゴールを記録しており、サンプドリア史上3人目の6シーズンで二桁ゴールを達成したこととなった。これまでの2人は、ロベルト・マンチーニ氏とジャンルカ・ヴィアリ氏とイタリアのレジェンドであり、クアリアレッラも仲間入りした。 <span class="paragraph-title">【動画】11年前のW杯でも絶妙なループシュートを決める!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr" 38 years old. Still scoring glorious chips <a href="https://twitter.com/sampdoria?ref_src=twsrc%5Etfw">@sampdoria</a> | <a href="https://twitter.com/azzurri?ref_src=twsrc%5Etfw">@azzurri</a> <a href="https://t.co/LntDQ8FcQb">pic.twitter.com/LntDQ8FcQb</a> <a href="https://t.co/mukA8n3AoL">https://t.co/mukA8n3AoL</a></p>&mdash; FIFA World Cup (@FIFAWorldCup) <a href="https://twitter.com/FIFAWorldCup/status/1378334597298147334?ref_src=twsrc%5Etfw">April 3, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.03 22:58 Sat
twitterfacebook
thumb

低調ミランが10人のサンプにホームで痛恨ドロー…吉田麻也は後半終盤から途中出場《セリエA》

セリエA第29節、ミランvsサンプドリアが3日にサン・シーロで行われ、1-1のドローに終わった。なお、サンプドリアのDF吉田麻也は90分から途中出場した。   インターナショナルマッチウィーク前に行われた前節のフィオレンティーナ戦を3-2で競り勝ち公式戦4戦ぶりの白星を手にした2位のミラン(勝ち点57)。逆転でのスクデット奪還に向けてここから一戦も落とせない中、連勝を狙う今節は10位のサンプドリア(勝ち点35)と対戦した。   ヴィオラ戦からは先発3人を変更。ダロト、トナーリ、ブラヒム・ディアスに代えてベナセル、カスティジェホ、クルニッチを起用。また、本職ウイングのサーレマーケルズをミランでは初となるスタートから右サイドバックに配置した。   一方、連勝を狙うサンプドリアでは日本代表から戻ってきたばかりの吉田が2試合連続ベンチスタートとなった。   インターナショナルマッチウィーク明けのランチタイムキックオフの一戦は予想外にアウェイチームが押し込む入りに。開始6分にはセットプレーの二次攻撃からボックス右のガッビアディーニが得意の左足で柔らかなロブシュートを枠に飛ばすが、ここはGKドンナルンマが見事なワンハンドセーブではじき出す。   守護神のビッグセーブによっていきなりの失点を免れたミランだが、代表戦明けの身体の重さを感じさせる場面が目立ち、幾度か裏への抜け出しからチャンスを作りかけるが、いずれもオフサイドなどにかかり決定機まで持ち込めない。逆に、24分には再びセットプレーからトールスビーに打点の高いヘディングシュートを枠の右に飛ばされるが、ここは再び守護神の好守で難を逃れた。   以降はミランが盛り返して相手陣内でのプレーを増やしていく。43分にはボックス内でイブラヒモビッチが相手DFと交錯する場面もあったが、ここは先に身体を入れられておりノーファウルの判定。結局、枠内シュート0という低調な内容で最低限の0-0のスコアで試合を折り返した。   迎えた後半、前半にカードをもらっていたサーレマーケルズを下げてカルルを右サイドバックに投入。ここから攻撃のギアを上げたいところだったが、後半もなかなか良い形で攻撃を展開できない。   すると、57分には自陣でのビルドアップの場面でテオ・エルナンデスが不用意に中央に入れた横パスをクアリアレッラが狙いすました右足のダイレクトシュート。GKドンナルンマが完全に前目のポジションを取っていたこともあり、この見事なミドルシュートがゴールネットを揺らした。   痛恨のミスから先手を許したミランだったが、直後の59分にはカスティジェホへのアフターチャージでアドリエン・シウバにこの試合2枚目のカードが掲示されて退場に。数的優位を手にする。   これを受けてピオリ監督は60分、ベナセルとクルニッチを下げて切り札のレビッチとトナーリを同時にピッチへ送り込む。さらに、74分にはカスティジェホに代えてハウゲを投入した。   一連の選手交代で前がかるホームチームはチャルハノールのミドルシュートやボックス左でのレビッチのシュートで相手ゴールに迫っていくが、集中した相手の守備をなかなかこじ開けられない。それでも、87分にはカウンターから中央を突破してケシエのラストパスをボックス左で受けたハウゲが冷静な切り返しでDFとGKを外し、右足のコントロールシュートをゴール右隅に流し込み、土壇場で追いついた。   その後、守備固めに吉田らを投入したアウェイチームに対して猛攻を仕掛けたミランは93分に逆転のチャンス。ボックス手前中央でイブラヒモビッチからパスを受けたケシエの右足のシュートが相手DFにディフレクトし、無人のゴールに向かう。だが、このシュートは惜しくもクロスバーを叩いた。   そして、試合はこのまま1-1でタイムアップを迎え、前半の低調な出来にテオのイージーミスが響いたミランは痛恨の勝ち点逸となった。 2021.04.03 21:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ボックス外からズドン!吉田の同僚が叩き込んだ豪快ミドルシュート/2020-21【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はサンプドリアの元イタリア代表FWマノロ・ガッビアディーニが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ガッビアディーニの豪快ミドルがニアポストをぶち抜く<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ3d0o0VFdpZCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> サンプドリアやナポリなど、イタリアのクラブを渡り歩いたガッビアディーニは、2017年1月から2019年1月までサウサンプトンで活躍。その後サンプドリアへ復帰を果たしている。 DF吉田麻也とはサウサンプトン時代からの同僚であるが、2021年3月7日に行われたセリエA第26節のカリアリ戦では、見事なミドルシュートを決めている。 1-1と同点で迎えた80分、カウンターからサンプドリアがチャンスを作ると、左サイドでガッビアディーニにパスが入る。そのままドリブルでボックス左手前まで進むと、躊躇せずにミドルシュート。GKのニアポストを抜く強烈なシュートは、ゴール左上に突き刺さった。 終盤に勝ち越しに成功したサンプドリア。しかし土壇場で失点を許し、2-2のドローに終わっている。 <span data-sg-movie-id="1024" data-sg-movie-title="【ボックス外からズドン】吉田の同僚が叩き込んだ豪快ミドルシュート"></span> 2021.03.30 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

キャプテンの吉田麻也、韓国戦前のメディア戦略は「上手く伝わった」、モンゴル戦は「課題を解決すること」

日本代表は28日、30日に控えるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のモンゴル代表戦に向けた合宿3日目を迎える。 25日に行われた韓国戦では、DF山根視来(川崎フロンターレ)のデビュー戦ゴールを含む3得点を奪い、3-0で快勝。10年前の再現を果たしていた。 あくまでもフレンドリーマッチだった韓国戦から、今度はW杯出場に向けた予選。2日後に試合を控えた中で選手たちがオンライン取材に応対した。 キャプテンとしてチームを牽引するDF吉田麻也(サンプドリア)は、韓国戦前に「メディア対応を含めてメッセージになるんじゃないかと思います」と、韓国戦の重要性を発信。その効果もあってか試合は内容を伴う結果が残せていたが、「みなさんのご協力のおかげで上手く伝わったと思います。ありがとうございます」とコメント。選手たちにも伝わっていたとし、「多少は意識した部分はあります」と、敢えて強い言葉を残したことを明かした。 日韓戦とは違う位置付けにはなるが、W杯予選となるモンゴル戦。吉田は「1つはビッグマッチだったり、大勝した後は気持ちが緩みがちになるので、そこを締められるかどうかです」と語り、「実力差はありますけど、目の前の試合に結果を残すだけじゃなく、ワールドカップで結果を残すことが目標です」と先を見据えた準備が必要だとコメント。「韓国戦、メキシコ戦、その前の試合で出た課題を解決することだと思います」とし、チームとしての精度を上げてプレーすることは変わらないとした。 韓国戦では、後半に入って自陣でのファウルとボールロストが少し目立っていた。この点について吉田は「ファウルに関しては相手の自陣でのファウルもありましたけど、立ち上がりから厳しくいくように指示もありましたし、相手も嫌がっていました。後半もそれを続けていこうとしました」と語り、厳しく球際のプレスをかけたことが理由だったとコメント。「ゴールに近いところでのファウルも多くて、サイドでも気になるところは多かったですが、日韓戦やチャンスをもらった選手の裏返しかなと思っています」と語り、選手の気合の入り方が要因だと分析した。 それでも「もちろん改善しないといけないですし、やってはいけないプレーではありますけど、この試合では腰を引けるよりは良いとポジティブに考えています」とし、引くことなくチャレンジしたことを評価した。 また、「ボールロストは点差も開いて、あえて意識するという、あえてトライするという部分もあったと思います」と語り、「冨安や航のところでつなぐトライもしました。前半の終わりはロングボールにしていましたが、ハーフタイムにもう少し繋げるんじゃないかという話もしていて、フレンドリーマッチや点差もあったのでトライしました」と、前半からの反省でチャレンジしていたことを明かした。 それでも「ワールドカップや最終予選ではもっと蹴ると思います」と本番ではトライできないと語り、「今それをやってしまうと成長がないので、今トライして本番どうするか。ただ単純にクリアして2次攻撃3次攻撃されるのか、繋いで時間を稼いでFWに競せらせて、セカンドボールを拾えるかでも疲労度が全く違うので、そこにトライしています」と語り、今だからこそできることをトライしていると強調した。 昨年の2度のヨーロッパ遠征は海外組のみで行い、E-1選手権などは国内組だけで戦ったこともあり、吉田としてはJリーグ組と長く合宿することは久々となる。そのJリーグ組から感じることについては「1つはある程度の技術はしっかりしているなと」とコメント。「技術的にもフィジカル的にもメンタル的にもしっかりしている選手が多いなと思います。20代後半の選手が多いですし、オリンピック世代はU-24に行っていると思うので、ある程度Jリーグで長いスパン結果を出している選手が多いので、地力があるかなと思います」と語り、一定のレベルを持った選手が揃っていると印象を語り、「テクニックの部分でパニックに陥ることがないですね」と評価していた。 また、球際や強度に関しても「練習の強度はかなり高くやれていると思います。試合の次の日の試合に出なかった組の練習もかなり強度高いなと思って見ていました」と語り、「練習でやるのと公式戦でやるのは違うので、その場数は踏まないといけないと思いますが、これからの活躍次第だと思います」と、実戦で経験する必要があるとしながらも、取り組み方は問題ないとした。 さらに「彼らは自分たちが若くないと重々理解していると思いますし、残されたチャンスが多くないことも理解していると思う」と語り、今回の招集でのアピールがしっかりなされていると語った。 また、海外組とトレーニングすることも重要だと考える吉田。「大迫とマッチアップできることは素晴らしい機会だと思います。アジアでベスト3に入るFWだと思いますし、コンディションが悪くてもしっかりパフォーマンスをします。そういった選手と対峙できることで感じるものはあるので、1分1秒を大事にしてもらいたいです」と語り、普段対峙できない相手とのトレーニングもしっかりと成長にいかしてもらいたいとした。 その吉田は、東京オリンピック世代でもあるDF冨安健洋(ボローニャ)とのコンビが確立してきている。冨安については「非常に精神的に成熟していて、落ち着いているなと思います」とコメント。「韓国戦でもラフプレーがあっても落ち着いて対応できるし、メンタル面でのブレがない。技術的、フィジカル的に恵まれているのはありますが、メンタルで成熟しているのを感じます」と、何よりもメンタル面のレベルの高さを評価した。 「若い選手はコンディションや精神的な浮き沈みはあると思います。僕も特にそうで、監督が我慢して信頼してくれることで成熟できるんですが、そこがないのを特に感じます」と語り、精神的な揺らぎでのパフォーマンスの変化がないことを評価した。 2人のコンビとして高めたいところは「細かいディテールのところ」と語り、「もっと強いところとやって、難しい試合を乗り越えることがディフェンスには必要」と強豪相手に感じるものが多いとコメント。この先の最終予選を含め、力を持つ国との多くの試合をしたいと語った。 2021.03.28 15:37 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly