選手が試合に向かうバス車内からの光景を公開!熱狂的ファンのサポートは選手の目にはこう映る

2021.02.13 11:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベルガモを本拠地とするアタランタは、“プロビンチャ”いわゆる中小クラブの1つに過ぎない。しかし、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の下躍進を続け、2シーズン連続でセリエA3位に到達。今シーズンのコッパ・イタリアでも決勝進出を決めている。

チームの好調もあり、アタランタサポーターは熱狂的な応援をすることでも有名。10日に行われたコッパ・イタリア準決勝2ndレグのナポリ戦でもその熱量は大きかった。

無観客での試合開催ではあるが、サポーターたちはスタジアムに向かうアタランタの選手たちが乗った大きなチームバスを囲み、それぞれアタランタのフラッグを振ったり、発煙筒を焚いたりしており、選手たちを活気づけていた。

アタランタのオランダ代表MFマルテン・デ・ルーンは、バスの中からこの様子を撮影すると、「アタランタがどのように試合に夢中になっているか」と題して自身のツイッターに投稿。選手の目から見たサポーターの様子を伝えていた。

少々やり過ぎにも見えるが、無観客での試合に臨む選手たちに、少しでも熱気を届けたいとの思いが伝わるサポートに選手たちは奮起。ナポリ戦を3-1で勝利し、2戦合計スコアを3-1としたアタランタが2年ぶりの決勝進出を決めた。

試合後、ガスペリーニ監督は「結果に満足している。この勝利をティフォージ(ファン)に捧げたい」と語っており、サポーターの思いはチームへとしっかり伝わっているようだ。


関連ニュース
thumb

ユーベがジェノアのU-21イタリア代表DFカンビアソ獲得へ本腰か

ユベントスがジェノアのU-21イタリア代表DFアンドレア・カンビアソ(22)獲得へ本腰を入れているようだ。 カンビアソはジェノアの下部組織で育った両利きのサイドバック。今シーズンは本職である左のサイドバックやウイングバックのみならず、右サイドやセントラルハーフでもプレーし、セリエA26試合1得点4アシストを記録。ファーストチームでのデビューシーズンにも関わらず、優れたパフォーマンスを見せていた。 クラブは残念ながらセリエB降格となり、カンビアソ自身は2023年6月まで現行契約を残しているものの、今夏のステップアップが濃厚とみられており、これまでにイタリア国内から多くの関心が寄せられてきた。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、現時点でカンビアソの獲得を模索しているのはインテル、ユベントス、アタランタ、ボローニャとのこと。以前にはインテルが争奪戦のポールポジションに立っていると報じられたが、ユベントスも負けじと対抗してきたようだ。 ジェノアはカンビアソ獲得を望むクラブに対して移籍金1000万ユーロ(約14億2000万円)を要求しており、これに対して財政難にあえぐユベントスは若手選手の譲渡を含めることで支出の削減を図りたい考え。 今シーズンをセリエBのヴィチェンツァで過ごしたU-21イタリア代表MFフィリッポ・ラノッキア(21)か、レンタル先のサレルニターナでセリエA20試合に出場したU-21ルーマニア代表DFラドゥ・ドラグシン(20)が交渉に含まれるとみられ、獲得に成功した場合はブラジル代表DFアレックス・サンドロ(31)に代わる同ポジションの新たな主力選手として据えたい思惑のようだ。 2022.06.26 18:29 Sun
twitterfacebook
thumb

ラツィオがアタランタGKカルネセッキ獲得に動く! クレモネーゼ昇格に貢献したアッズリーニの正GK

ラツィオがアタランタのU-21イタリア代表GKマルコ・カルネセッキ(21)の獲得に動いているようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』など複数メディアが報じている。 ラツィオはアルバニア代表GKトーマス・ストラコシャ、元スペイン代表Gkホセ・マヌエル・レイナを併用する形で今シーズンを戦った。しかし、公式戦31試合に出場したストラコシャが契約満了に伴い、今シーズン限りでの退団が決定。 そのため、現在クラブは新守護神探しに動いており、アッズリーニの正守護神をメインターゲットに定めている。 現地メディアが伝えるところによれば、ラツィオは逸材獲得に向け、総額1500万ユーロ(約21億5000万円)のオファーを掲示し、クラブ間での交渉を進めているという。さらに、選手サイドには2027年までの5年契約を掲示しているという。 チェゼーナの下部組織で育ったカルネセッキは国内屈指の育成クラブであるアタランタのユースチームに引き抜かれた。以降、トップチームデビューは果たしていないが、レンタル先のトラーパニ、クレモネーゼでセリエBのクラブで活躍。今シーズンはセリエBで36試合に出場し、38失点に抑えると共に9度のクリーンシートを達成。2位フィニッシュしたクレモネーゼの昇格に大きく貢献した。 また、イタリアの世代別代表の常連はU-21代表チームで守護神を担っており、将来的なアッズーリ入りも有力視される。 193cmの恵まれたサイズに加え、アスリート能力が非常に高く驚異的な反射神経を生かしたシュートストップや勇敢な飛び出しと、GKとしての守備能力に優れる。加えて、マウリツィオ・サッリ監督が獲得を希望していることもあり、足元の技術にも長けている。 2022.06.22 15:23 Wed
twitterfacebook
thumb

昇格モンツァ、地元出身のイタリア代表MFペッシーナ帰還を画策か

セリエA昇格のモンツァがさらに現役のイタリア代表選手を獲得しようとしているようだ。 クラブ史上初のセリエA挑戦に準備を進めるモンツァ。トリノとの契約満了が迫るFWアンドレア・ベロッティ(28)や、MFステファノ・センシ(26)とFWアンドレア・ピナモンティ(23)のインテル勢など、現役のイタリア代表選手たちの獲得にチャレンジしているとされる。 21日にはインテルを退団する元イタリア代表DFアンドレア・ラノッキア(34)の獲得を発表したばかりだが、ここにきて新たなアッズーリの選手も浮かび上がってきた。イタリア『スカイ』によると、地元モンツァの出身にしてクラブの下部組織から羽ばたいていった現アタランタのMFマッテオ・ペッシーナ(25)帰還を画策しているようだ。 ペッシーナはイタリア代表として通算14試合4得点を記録。2試合連続ゴールを挙げた昨夏のユーロ2020における活躍が記憶に新しいが、プロキャリアのスタートはセリエC時代のモンツァだ。2013年10月に16歳にしてファーストチームデビューを果たし、同クラブでは公式戦26試合に出場。2015年7月のミラン移籍を経て、現在はアタランタに在籍している。 モンツァはペッシーナ獲得に向けて、22日にもアタランタ側と接触するとみられている。 2022.06.22 14:57 Wed
twitterfacebook
thumb

アタランタのDFシュタロが母国のディナモ・ザグレブに完全移籍

ディナモ・ザグレブは21日、アタランタからU-21クロアチア代表DFボシュコ・シュタロ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「4」に決定。契約期間は2027年6月30日までの5年となる。 母国のオシエクでプロキャリアをスタートしたシュタロは、2020年1月にアタランタへ加入。アタランタでは3バックのバックアッパーとして在籍1年半で公式戦16試合に出場し、1ゴールを記録していた。 昨夏にはエラス・ヴェローナに1年間のレンタル移籍で出され、今シーズンはセリエAで24試合に出場していた。 イタリアでは才能の片りんを見せるに留まり、母国復帰となった若手DFだが、国内屈指の名門での活躍によって欧州5大リーグへの再挑戦を期す。 2022.06.22 14:45 Wed
twitterfacebook
thumb

人気博す南野拓実の争奪戦、リヨンに続きアタランタも名乗り!?

リバプールの日本代表FW南野拓実(27)を巡る獲得レースにアタランタも参戦しているようだ。 リバプール入りから3シーズンを過ごして、限定的な出番が続き、今夏の移籍が取り沙汰される南野。リバプールでは全くと言って良いほど、レギュラーポジションに迫れることすらできていないが、今季もカップ戦を中心に公式戦10得点と存在感を示し、複数クラブが視線を注ぐ人気株の様相を呈している。 これまでレッドブル・ザルツブルク時代の恩師であるジェシー・マーシュ監督のリーズ・ユナイテッドをはじめ、ウォルバーハンプトン、サウサンプトンといったプレミアリーグ勢のほか、インテルとラツィオのセリエA勢にリーグ・アンのモナコからの関心が騒がれ、つい先日にリヨンの名も浮上している。 だが、南野に対する関心はそれだけにとどまらないという。イギリスの地元紙『リバプール・エコー』によると、リヨンにプラスして、近年のセリエAで躍進続くアタランタも獲得に興味を示している様子。現時点でモナコが移籍先の最有力だが、選手の代理人はヨーロッパの複数クラブと交渉中とのことだ。 なお、リバプールは2020年1月に移籍金725万ポンド(現レートで約11億9000万円)を投じて南野を獲得。今夏、獲得希望クラブに1700万ポンド(約28億円)の移籍金を要求しているといわれる。 2022.06.19 08:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly