ビルバオとレバンテの準決勝初戦は譲らずドロー決着《コパ・デル・レイ》

2021.02.12 07:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
コパ・デル・レイ準決勝1stレグのビルバオvsレバンテが11日に行われ、1-1の引き分けに終わった。準々決勝でベティスをPK戦の末に下したビルバオと、ビジャレアルに勝利したレバンテの一戦。


試合が動いたのは26分、ポスティゴのパスを右サイドで受けたコケがワンタッチで繋ぐと、ボックス右横まで持ち上がったデ・フルートスがクロスを供給。これに反応したメレロのボレーシュートは空振りに終わるが、軸足に当たり絶妙なトラップとなったこぼれ球をメレロがゴール左に流し込み、レバンテが先制した。

1点を追うビルバオは、後半立ち上がりの49分に反撃。右サイドで獲得したFKからムニアインがクロスを供給すると、ワンバウンドしたボールをファーサイドの走り込んだラウール・ガルシアがダイビングヘッドで合わせたが、これはGKカルデナスのファインセーブに阻まれた。

同点のチャンスを逃したビルバオだったが、58分にセットプレーから試合を振り出しに戻す。ムニアインの右CKをニアに走り込んだイニゴ・マルティネスがヘディングシュート。これがゴール左隅に突き刺さった。

その後、勝ち越しゴールを狙うレバンテは68分にデ・フルートスとロジェールを下げてロチーナとD・ゴメスを投入していく。

対するビルバオは、79分にビジャリブレを投入して試合を動かしにかかるも、互いに決め手を欠いてゴールは生まれず3月4日に行われる2ndレグに決着は委ねられることになった。
関連ニュース
thumb

オヤルサバルのPK弾でバスク・ダービーを制したソシエダが33年ぶり3度目の優勝を飾る!《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ2019-20決勝戦のビルバオvsレアル・ソシエダが3日に行われ、0-1でソシエダが勝利した。この結果、ソシエダが33年ぶり3度目の優勝を飾った。 新型コロナウイルスの影響により約1年間の延期を経て、実現した伝統の“バスク・ダービー”による決勝戦。 今季のコパ・デル・レイでも決勝に駒を進めているビルバオは、イニャキ・ウィリアムズとラウール・ガルシアを2トップに据えたフラットな[4-4-2]を採用。中盤は右からベレンゲル、ダニ・ガルシア、ベンセドール、ムニアインが並んだ。 対するソシエダは、3トップにポルトゥ、イサク、オヤルサバルを並べた[4-3-3]の布陣を採用。中盤はアンカーにスビメンディ、インサイドハーフにシルバとメリノを起用した。 大粒の雨が降りしきる中で始まった試合は、立ち上がりから激しいボールの奪い合いが展開される。互いにシュートまで持ち込めない時間が続く中、ビルバオは32分に左サイドからカットインしたイアゴ・マルティネスがミドルシュートを放つと、これが枠を捉えたがGKレミロが弾き出す。 ハーフタイムにかけても、両チームがアタッキングサードまでボールを運ぶも最後の場面で粘り強い守備を見せ、シュートを許さず。結局、前半はゴールレスのまま終了した。 迎えた後半もソシエダがボールをポゼッションし、ビルバオがカウンターを狙う展開が続く。すると58分、中盤でパスをカットしたスビメンディのロングスルーパスに反応したポルトゥがボックス内でイニゴ・マルティネスに後ろから倒され、PKを獲得。 また、主審はイニゴ・マルティネスにレッドカードを提示。しかしオンフィールドレビューの結果、イニゴ・マルティネスのレッドカードは取り消され、改めてイエローカードが掲示された。 それでもソシエダは、獲得したPKをオヤルサバルがゴール右に突き刺し、先制に成功した。 1点を追う展開となったビルバオは、68分にベンセドールを下げてウナイ・ロペスを、76分にベレンゲルとダニ・ガルシアを下げてビジャリブレとベスカなど攻撃的な選手を立て続けに投入し攻撃に厚みを加えた。 スコアが動いたことにより球際での激しさが増す中、ソシエダは集中した守りで最後までビルバオの攻撃を退け、1-0で勝利。この結果、ソシエダが33年ぶり3度目のコパ・デル・レイ優勝を飾った。 2021.04.04 06:50 Sun
twitterfacebook
thumb

有観客試合目指すも…丸1年延期の19-20コパ・デル・レイ決勝は無観客試合に

スペインサッカー連盟(RFEF)は18日、4月3日に予定されている2019-20シーズンのコパ・デル・レイ決勝の無観客開催に向けて、保健当局と合意したことを発表した。 アスレティック・ビルバオとレアル・ソシエダによるバスク・ダービーとなった昨季のコパ・デル・レイ決勝戦。しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、当初予定されていた2020年4月18日に開催できなくなってしまった。 無観客での開催も考慮されたが、両クラブは伝統のバスク・ダービーとあってファンやサポーターの前で試合を行うことを希望。RFEFもその要請を承諾し、これまで延期が続いていた。 最近では、会場のエスタディオ・オリンピコ・セビージャのあるアンダルシア州に住むファンに限定して、収容人数6万人の20〜25%、およそ1万8000人の動員を見込んでいるとの報道もあった。実際にここ数週間に開かれた会議で、保健当局は限定的な観客動員を許可していたとRFEFは今回の声明で伝えている。 しかし、それでは肝心のバスク地域に住む両クラブの多くのファンはスタジアムに来られない。その上で検討を重ねた結果、アンダルシアの地域保健省とRFEFは「中程度のリスク」を懸念し、無観客で試合を開催することに同意したようだ。 なお、4月17日には20-21シーズンのコパ・デル・レイ決勝が同じエスタディオ・オリンピコ・セビージャで行われる。対戦カードはバルセロナvsビルバオで、ビルバオは同一月に2シーズン分の決勝戦を行うことになっている。 2021.03.18 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

120分間の激闘を制したビルバオが2年連続の決勝進出!レバンテは初の決勝進出ならず…《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ準決勝2ndレグのレバンテvsビルバオが4日に行われ、延長戦までもつれ込んで激闘を制したビルバオが2戦合計スコア3-2で2年連続となる決勝進出を決めた。 2月11日に行われた1stレグで1-1のドローで終え、優位な形でホームでの2ndレグを迎えたレバンテと、突破にはゴールが絶対条件となるビルバオの決勝進出を懸けた一戦。 試合が動いたのは17分、ホセ・モラレスのパスをボックス左で受けたロチーナの折り返しをゴールエリア左で受けたロジェールが反転からシュートをゴール右隅に流し込み、レバンテが先制した。 先手を許したビルバオだったが、28分に反撃。左サイドを持ち上がったイニャキ・ウィリアムズの折り返しに反応したラウール・ガルシアがボックス内でドゥアルテに倒されPKを獲得。これをラウール・ガルシアがゴール右に決め、2戦合計スコアをタイに戻した。 1迎えた後半は立ち上がりから一進一退の展開が続く中、先に決定機を迎えたのはビルバオ。65分、ベスガのパスをボックス中央で収めたラウール・ガルシアの落としからイニャキ・ウィリアムズがシュートを放ったが、これはゴール右に逸れた。 さらにビルバオは、75分にも右クロスのセカンドボールをベレンゲルがバックヘッドで狙ったが、これは枠に左に外れた。82分には、イニャキ・ウィリアムズの左クロスがボックス内でクリアしようとしたミラモンの腕に当たったが、VARの末にノーハンドと判定された。 結局、90分では決着が付かず試合は延長戦に。延長戦も一進一退の展開が続く中、レバンテは延長前半アディショナルタイムにチャンス。ボックス左角横で獲得したFKからバルディが直接FKでゴールを脅かしたが、これはGKウナイ・シモンの好セーブに阻まれた。 ピンチを凌いだビルバオは112分、中盤でパスを受けたベレンゲルがバイタルエリア中央まで切り込みミドルシュート。N・ブクセビッチにディフレクトしてコースが変わったシュートがゴール左に吸い込まれた。 結局、試合はそのまま1-2でタイムアップ。この結果、2戦合計スコアを3-2としたビルバオがレバンテを下し、バルセロナの待つ決勝へ駒を進めた。 2021.03.05 07:39 Fri
twitterfacebook
thumb

PK阻止で勝利に導いたテア・シュテーゲン「PKは宝くじのようなもの」

バルセロナのドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンがコパ・デル・レイ決勝進出を喜んでいる。スペイン『マルカ』が試合後のコメントを伝えた。 3日にコパ・デル・レイ準決勝セビージャ戦の2ndレグを戦ったバルセロナ。敵地での1stレグを2-0で落とし、大きく不利な状況だったが、12分にFWウスマーヌ・デンベレのゴールで幸先よく点差を縮める。 しかし、その後はラ・リーガでも屈指の堅さを誇るセビージャの守備に苦戦。そんな中71分にバルセロナはDFオスカル・ミンゲサが相手FWルーカス・オカンポスをボックス内で倒し、PKを与えてしまう。ここで失点すれば、逆転突破にさらに3点が必要となる絶望的な状況に追い込まれるところだったが、テア・シュテーゲンがその窮地を救った。 キッカーのオカンポスがゴール左を狙ったシュートを守護神が完璧な読みでビッグセーブ。これで勢いが付いたバルセロナは、後半アディショナルタイムのDFジェラール・ピケのゴールで延長戦に持ち込むと、FWマルティン・ブラースヴァイトが3点目を決めて、見事な逆転突破を果たした。 試合後、『マルカ』のインタビューに応じた勝利の立役者は、自身のPKストップと決勝進出に満足感を示した。 「彼らのゴールを許していたら困難な状況になっていた。でも僕たちは完璧な試合を演じ、勝利に値した。PKは宝くじのようなものだけど、ここでチームを救えるのはいつだって素晴らしいことだよ。とても嬉しいよ。今日の勝利はメンタリティが重要だった」 「僕たちは僕たちがやっていること、成長していることを信じ続ける。そして、タイトルが獲得できることを願っているよ」 一方、殊勲の決勝ゴールを決めたブラースヴァイトは「全てのゴールが重要だ。エキサイティングな試合だったね」とコメントを残した。 2021.03.04 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

「毒を飲み込んで悪い夜を過ごす」大逆転を許したセビージャ、ロペテギ監督も落胆「残酷な部分を経験した」

セビージャのフレン・ロペテギ監督が、バルセロナ戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 セビージャは3日、コパ・デル・レイ準決勝2ndレグでバルセロナと対戦。1stレグを2-0で勝利していたセビージャは、突破に向けて大きなアドバンテージを得ていた。 しかし、12分にウスマーヌ・デンベレに強烈なミドルシュートを決められると、その後は攻勢に出たセビージャ。しかし、後半は得点を許さずにそのまま試合終了かと思われた。 すると後半アディショナルタイムにジェラール・ピケにゴールを許して同点に追いつかれ延長戦に。延長戦ではマルティン・ブラースヴァイトにゴールを許し、2戦合計3-2で敗退となっていた。 決勝を目前にまさかの敗退となってしまったセビージャ。ロペテギ監督はリーグ戦に続いてのバルサ戦連敗を嘆くとともに、バルセロナにも退場者が出るべきだったと語った。 「我々がサッカーの最も残酷な部分を経験した試合だった。我々は1人少なくなったが、彼らも1人少なくなるはずだった。それは残念だ」 「我々に多くのことが起こり、ケガ人も出た、最初のシュートで失点したし、崩すことができなかった。勝ち抜けるチャンスもあった。実現しなかったのでガッカリしている」 また、71分にDFオスカル・ミンゲサがFWルーカス・オカンポスと交錯してPKとなったシーンの主審の判定についてコメントしている。 「もう少し言うと、このことを多く話すなら、何が起きてしまうかを理解しているだろう。ただ、ミンゲサの行動は正しくなかったと思う。明らかな得点チャンスだった。彼はそうみていなかったようだ」 最後に、試合後のロッカールームの様子について「ロッカールームは落胆していた。今日は毒を飲み込んで悪い夜を過ごす時だ」とコメント。逆転での敗退が響いていると語った。 2021.03.04 12:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly