岡崎アシストのウエスカ、ヴァランにドブレーテ許してマドリーに逆転負け…《ラ・リーガ》

2021.02.07 02:17 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第22節、ウエスカvsレアル・マドリーが6日にエスタディオ・エル・アルコラスで行われ、アウェイのマドリーが1-2で逆転勝利した。なお、ウエスカのFW岡崎慎司は62分までプレーした。前節、ラファ・ミルのトリプレッタの活躍でバジャドリーを3-1で下し、パチェタ新体制で初白星を手にした最下位のウエスカ(勝ち点16)。格上マドリー相手に勝ち点奪取を目指すこの一戦では岡崎が3試合連続でスタメンを飾った。

一方、前節のレバンテ戦では前半序盤のミリトンの一発退場が響き痛恨の逆転負けとなった3位のマドリー(勝ち点40)。さらに、今週に入ってアザール、カピタンのセルヒオ・ラモスがいずれも1カ月程度の離脱を強いられるアクシデントに見舞われた。逆境の中で迎えた最下位相手のアウェイゲームでは出場停止のミリトン、負傷のアザールの代役にナチョ、ヴィニシウスを起用した以外、レバンテ戦と同じメンバーで臨んだ。

コロナウイルスから回復したジダン監督がベンチに復帰したマドリーに対して、ホームのウエスカがアグレッシブな入りを見せる。

岡崎とラファ・ミルの2トップから激しく圧力をかけていくと、3分には右サイドを突破したラファ・ミルのグラウンダーのクロスに反応した岡崎がニアに飛び込んでワンタッチシュート。直後の4分にはセオアネのボール奪取から岡崎を経由したボールがボックス左のラファ・ミルに繋がり左足のシュートを放つ。しかし、いずれのシュートも枠を捉え切れない。

立ち上がりの劣勢を凌いだマドリーは時間の経過と共に相手陣内でのプレータイムを増やしていき、左サイドのヴィニシウスの個人技から良い形の攻めを繰り出していく。25分にはクロースの浮き球のパスに抜け出したヴィニシウスが飛び出したGKと一対一となり、ループシュートでゴールを狙う。だが、このシュートはわずかに枠の右に外れた上、オフサイドとなった。

前半半ばから終盤にかけてはマドリーが一方的に押し込む展開の中で、34分にはマドリーに最大の決定機。ボックス手前左でモドリッチからパスを受けたベンゼマが得意の形からゴール右隅を狙った右足のシュートを放つが、これはGKアルバロの好守に阻まれた。

何とか耐えて0-0で試合を折り返したウエスカは、後半開始直後にミケル・リコのおしゃれなフリックシュートがクロスバーを叩く決定機を作り出すと、直後に先制点を奪う。

48分、右サイドのスペースに飛び出した岡崎がゴール前に走り込んだラファ・ミルを使わずに逆サイドでフリーのガランにパスを通す。これを受けたガランが得意の左足を振り抜くと、鋭いシュートが右ポストの内側を叩いてネットを揺らすスーペルゴラッソとなった。

岡崎の今季初アシストで先制に成功したウエスカは動揺の見えるマドリー相手に畳みかける。50分、左サイドのセオアネが入れた絶妙なクロスをボックス右に走り込んだラファ・ミルが右足ボレーで合わすが、これはクロスバーを叩いて2点目とはならず。

一方、難しい立ち上がりとなったアウェイチームだが、幸運な形から同点に追いつく。54分、ボックス手前左で得たFKの場面でベンゼマが直接狙ったシュートがクロスバーを2度叩いてゴール前にこぼれると、ヴァランが混戦を制してバックヘッドで押し込んだ。

その後、マドリーが押し返す状況が続く中、ウエスカは前半から飛ばしていた岡崎を下げてエスクリチェを62分に投入する。すると、直後の63分には左サイドのガランからの絶妙なクロスをラファ・ミルがドンピシャのヘディングで合わすが、ここはGKクルトワの驚異的な反応に阻まれる。

一方、最下位相手に勝ち点逸は許されないマドリーは負傷したオドリオソラに代えてマルセロ、78分にはメンディとヴィニシウスを下げてマルビン、マリアーノと続けて交代カードを切っていく。

ベンゼマやマルセロらの決定機がGKアルバロの好守に阻まれてなかなか押し切れない状況が続くが、再び得意のセットプレーからゴールをこじ開ける。84分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのクロースがファーサイドに正確なボールを入れると、これをカゼミロが頭で折り返す。GKアルバロが何とかボールを触るも、ゴール前に詰めていたヴァランが冷静に押し込んだ。

伏兵ヴァランのドブレーテで試合を引っくり返したマドリーはここからゲームコントロール優先の戦い方にシフト。試合終盤にかけてアタッカーを続けて投入したウエスカの反撃をきっちり凌ぎ切った。

そして、最下位相手に苦戦を強いられながらも逆転で勝ち切ったマドリーが2試合ぶりの白星を手にした。一方、惜敗のウエスカは連勝のチャンスを逃した。
関連ニュース
thumb

サンドロ・ラミレス、ヘタフェにレンタル移籍

ヘタフェは2日、ウエスカのスペイン人FWサンドロ・ラミレス(26)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 バルセロナでプロデビューを飾ったストライカー兼ウインガーのサンドロ・ラミレスは、マラガでの活躍を経て2017年7月にエバートンへ完全移籍。しかし、エバートンでは結果を残せず2018年1月にセビージャ、そして同8月にレアル・ソシエダへそれぞれレンタルに出されていた。 その後、バジャドリーへのレンタルを経て2020年夏にウエスカへ完全移籍。昨季はラ・リーガ20試合の出場で5ゴールを挙げたが、クラブは1年で2部へ降格していた。 2021.08.03 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

セルタ、降格ウエスカからリーグ屈指の攻撃的SBハビ・ガランを獲得!

セルタは7月31日、ウエスカからスペイン人DFハビ・ガラン(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの5年となる。 ガランはバダホス、コルドバを経て2019年1月にウエスカへ完全移籍で加入。すぐさま左サイドバックのレギュラーに定着も、チームはセグンダA(スペイン2部)に降格した。 それでも、翌シーズンに日本代表FW岡崎慎司らと共にセグンダ優勝を果たし、1年でのプリメーラ復帰を果たすと、昨シーズンのプリメーラではチームは再び降格の憂き目に遭ったものの、個人としては37試合1ゴール2アシストの数字を残した。 そして、左サイドバック、ウイングバックを主戦場に突破力と高精度のクロスが高い評価を集めるリーグ屈指の攻撃的サイドバックは、昨シーズンの後半戦で躍進を遂げたセルタへのステップアップを勝ち取った。 2021.08.01 13:43 Sun
twitterfacebook
thumb

ウエスカが岡崎慎司に次ぐ2人目の日本人選手獲得! FW桑原茜が女子チーム初の選手に

ウエスカは27日、日本人FW桑原茜(28)が加入することを発表した。桑原はウエスカの女子チームにとって初めての日本人となる。 ウエスカといえば、元日本代表FW岡崎慎司が2020-21シーズンまで所属していたクラブ。クラブ史上2人目の日本人選手となり、ウエスカ・フェメニーノ(女子チーム)にとっての1人目の日本人となる。 桑原は大阪府出身でなでしこリーグ2部のASハリマアルビオンで20015年から2018年までプレー。その後はスペインへと渡り、昨シーズンはレバンテ・ラス・プラナスでプレーした。 そこでは16試合で14ゴールを決め、チーム内得点王に輝く活躍。ウエスカに加入することが決まった。 桑原はクラブを通じて、加入の意気込みを語った。 「こんにちは。今シーズンからウエスカ・フェメニーノでプレーさせていただくことになりました桑原茜です」 「チームの目標であるリーグ優勝、昇格に向けて全力で戦っていきたいと思います。頑張ろう、ウエスカ!」 <span class="paragraph-title">【動画】加入の意気込みを語る桑原茜</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">女子ウエスカの補<br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%A1%91%E5%8E%9F%E8%8C%9C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#桑原茜</a> 選手の最新コメント<br><br>「チームの目標であるリーグ優勝、昇格に向けて全力で戦っていきたいと思います。 <br>頑張ろう、ウエスカ!」<a href="https://twitter.com/Mamrm5?ref_src=twsrc%5Etfw">@Mamrm5</a> <a href="https://twitter.com/SDHuescaFem?ref_src=twsrc%5Etfw">@SDHuescaFem</a> <a href="https://t.co/DGHOOameRA">pic.twitter.com/DGHOOameRA</a></p>&mdash; SDウエスカ【公式】 (@SDHuesca_jp) <a href="https://twitter.com/SDHuesca_jp/status/1420341729165709313?ref_src=twsrc%5Etfw">July 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.07.29 09:42 Thu
twitterfacebook
thumb

ウエスカがナイキとサプライヤー契約締結!ケルメとの契約は早期終了へ

ウエスカは18日、ナイキとのサプライヤー契約を発表した。契約期間は2021-22シーズンから4年間となる。 ウエスカは2018年からスペインのブランドであるケルメがユニフォームを提供していたが、契約を早期に終了した形だ。 ウエスカのマヌエル・トーレスCEOは、今回の契約に関して「ナイキブランドは私たちと同じ価値観を反映している。ファンに新しい魅力的な製品を提供することを楽しみにしている」とコメントした。 また「これは私たちのブランドのマーケティングと拡大のためにより多くの可能性を生み出すので、クラブにとって重要な合意である」と語り、今後のクラブのブランド価値向上に期待を寄せた。 なお、2021-22シーズンのユニフォームに関しては、間もなく発表があるとのことだ。 日本代表FW岡崎慎司も在籍するウエスカは、今シーズンからラ・リーガ昇格。しかし、序盤から降格圏に沈むと、7勝13分け18敗の18位に終わり、1年での2部降格が決定していた。 <span class="paragraph-title">【写真】ウエスカ、ケルメ時代のユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/GettyImages-1305794453.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2021.06.19 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

降格バジャドリー、ウエスカのパチェタ監督を招へい

バジャドリーは16日、ウエスカを率いていたパチェタ監督(53)の就任を発表した。契約期間は2023年6月までの2年間となっている。 今季ラ・リーガで19位に沈んだバジャドリーは4季ぶりに降格。セルヒオ・ゴンサレス監督との契約を解除していた。 昨季、エルチェを1部昇格に導いたパチェタ監督は、今年1月にFW岡崎慎司の所属するウエスカの指揮官に就任。6勝4分け10敗の戦績を残して一時は残留圏内に浮上するなどチームを立て直したが、最終的には18位に終わってウエスカは降格していた。 2021.06.17 00:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly