リーズに痛手、FWロドリゴが数週間の離脱に

2021.02.06 01:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーズ・ユナイテッドのスペイン代表FWロドリゴモレノが数週間の離脱となるようだ。リーズを率いるマルセロ・ビエルサ監督が明かしている。

ロドリゴは1月31日に行われたプレミアリーグ第21節レスター・シティ戦で先発するも、21分に交代していた。

ビエルサ監督によればロドリゴは転倒した際に筋肉を伸ばしてしまったとのことで、数週間の欠場が見込まれるとのことだ。

今季、バレンシアからリーズに加入したロドリゴはプレミアリーグ18試合の出場で3ゴール1アシストを記録していた。


関連ニュース
thumb

ビエルサ監督がストライクの出場停止に説明を希望、オーナーは「受け入れられない」と紛糾

リーズ・ユナイテッドのマルセロ・ビエルサ監督がオランダ人DFパスカル・ストライクの出場停止処分について説明を求めた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ストライクは、12日に行われたリバプール戦でディエゴ・ジョレンテの負傷を受けて途中出場。58分のリバプールのカウンターの場面で、MFハーヴェイ・エリオットに対し、ハーフウェイライン付近でタックルを見舞い、ボールを奪取していた。 タックル自体は悪質なものではなかったが、このシーンでエリオットの足首があらぬ方向に。試合が中断され、エリオットはそのまま病院へと搬送されると、ストライクは一発退場となった。 リーズはこの判定について異議を申し立てたが、FA(イングランドサッカー協会)はこれを棄却し、ストライクの3試合出場停止が確定していた。 ビエルサ監督は出場停止に理解を示しつつ、その理由の説明があれば役立つと話した。 「今回のプレーと似たようなプレーの大半は、今回のような結果を生まない。だからこそ、負傷した選手も悪意がなかったと認めてくれている」 「この判定を下した人たちは、私が話していることとは異なる主張であることを理解している。そして、ケガをした選手が話していることも違う。ただ、FAの議論は結果を確定するものだ」 「こういった決定は良いことだ。欲を言えば、このような何気ないことでケガをしないようにする方法について、説明がされると良いだろう」 「私ではなく、決定者の考えを参考にすべきだ。説明を受けたいと思うのは多分行き過ぎているが、それによって選手の意思決定の改善に繋がると思う」 一方、リーズのオーナーであるアンドレア・ラドリザーニ氏は、「試合中にミスを犯すのが人間だが、VARと、合理的な決定を下す時間があるとすれば、それを受け入れるのは非常に困難だ」と、自身のツイッターで見解を示している。 2021.09.17 20:10 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナがリーズFWロドリゴ獲得に失敗…今夏の移籍市場最終盤にオファーも断られる

バルセロナが今夏の移籍市場で、リーズ・ユナイテッドのスペイン代表FWロドリゴ・モレノ(30)の獲得に失敗していたことが判明した。イギリス『The Athletic』が報じている。 今夏の移籍市場最終日にフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンのアトレティコ・マドリーへの電撃移籍によって、バルセロナは後釜の確保に奔走。最終的にセビージャで構想外となっていたオランダ代表FWルーク・デ・ヨングを獲得したが、それ以前にロドリゴの獲得にも動いていたようだ。 2020年夏にバレンシアからリーズへ2700万ポンド(約40億8000万円)で加入したロドリゴは、ここまで公式戦32試合に出場し、7ゴール2アシストを記録。ただ、スタメン起用はその半分以下と、マルセロ・ビエルサ監督の信頼を勝ち得るまでには至らず。 そういった事情もあり、今夏の移籍市場でスペイン人DFジュニオール・フィルポの移籍交渉を行っていた伝手もあり、バルセロナは過去にも幾度となく獲得に関心を示していたロドリゴの獲得オファーをリーズに打診。 だが、移籍市場最終日の土壇場のオファーだったこともあり、リーズはバルセロナからの申し出を固辞していたようだ。 2021.09.16 23:07 Thu
twitterfacebook
thumb

エリオットへのタックルで一発退場のリーズDFストライク、処分撤回を求めた異議申し立ては失敗

リーズ・ユナイテッドは、オランダ人DFパスカル・ストライクの処分撤回を求めた異議申し立てが棄却されたことを発表した。クラブ公式サイトで伝えている。 ストライクは、12日に行われたリバプール戦でディエゴ・ジョレンテの負傷を受けて途中出場。58分のリバプールのカウンターの場面で、相手MFハーヴェイ・エリオットに対し、ハーフウェイライン付近でタックルを見舞い、ボールを奪取していた。 しかし、このシーンでエリオットの足首があらぬ方向に。試合が中断され、エリオットはそのまま病院へと搬送されると、ストライクは一発退場となった。 リーズはこの判定について異議を申し立てたとのことだが、棄却されたことを発表。ニューカッスル戦、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でのフルアム戦、ウェストハム戦の3試合を欠場することを伝えている。 2021.09.15 19:25 Wed
twitterfacebook
thumb

「こんなことになるとは…」重傷を負わせたリーズDFが謝罪、重傷のエリオットが反応「彼のせいではない」

リーズ・ユナイテッドのオランダ人DFパスカル・ストライクが、U-21イングランド代表MFハーヴェイ・エリオットの負傷について謝罪した。 2018年1月にアヤックスの下部組織からリーズのU-23チームに加入。2020年1月にファーストチームへと昇格したストライク。2020-21シーズンもプレミアリーグで27試合に出場し1ゴールを記録していた。 ストライクは、今シーズンも開幕からセンターバックとしてフル出場。12日に行われたリバプール戦ではベンチスタートとなっていた。 しかし、ディエゴ・ジョレンテが負傷したために33分から途中出場。センターバックでプレーしていたが、事件は58分に起きてしまう。 リバプールがカウンターを仕掛けると、ボールを持ったエリオットがドリブルで前進。懸命に戻ったストライクがハーフウェイライン付近でタックルを見舞い、ボールを奪取していた。 しかし、このシーンでエリオットの足首があらぬ方向に。プレーが続いていたが、モハメド・サラーがすぐにメディカルスタッフをピッチ内に呼び、試合は中断。応急処置をしたエリオットはそのまま病院へと搬送された。なお、このプレーでストライクは一発退場している。 エリオットは自身のインスタグラムで無事であることを報告していたが、ストライクも自身のインスタグラムのストーリーズで謝罪していた。 「今日の試合では、誰もが望まないようなことが起こりました」 「ハーヴェイ・エリオット、心より謝罪します。こんなことになるとは思ってもいなかったので、最悪の気分です」 「1日も早い回復を願うとともに、早くフィールドに戻って来られることを願っています」 故意にケガをさせるつもりはなかったが、結果として重傷を負わせてしまったストライク。エリオットは、この件を取り上げたメディアに対してメッセージを送り、責めるつもりは全くないとした。 「彼のせいではありません!レッドカードでもなく、ただの事故でしたが、サッカーではこういうこともあります。100%の力で戻ってきます。応援ありがとう」 <span class="paragraph-title">【写真】ストライクの謝罪に負傷したエリオットが反応</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CTw075vMWrX/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CTw075vMWrX/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CTw075vMWrX/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.14 12:40 Tue
twitterfacebook
thumb

エリオットに重傷を負わせたストライクのファウル…「レッドカードではなかった」クラッテンバーグ氏主張

リバプールMFハーヴェイ・エリオットの足首に重傷を負わせたリーズMFパスカル・ストライクのタックルに関して、元国際審判のマーク・クラッテンバーグ氏が見解を示した。 12日に行われたプレミアリーグ第4節のリーズ・ユナイテッドvsリバプールで大きな事故が起こった。それは58分、カウンターの場面で右サイドを持ち上がったエリオットに対して、ストライクが後方からスライディングタックルを仕掛けた際の事。この時に左足首を巻き込まれる形となったエリオットは足首があらぬ方向に曲がってしまい、すぐに担架でピッチから離され、病院へ運ばれた。 このプレーでストライクにはレッドカードが提示されたのだが、かつて2004年から2017年にかけてプレミアリーグで数々の試合で主審を務め、2016年にはチャンピオンズリーグとユーロ決勝で笛を吹いたクラッテンバーグ氏は、イギリス『デイリー・メール』に寄稿しているコラムで、一発退場に値するプレーではなかったと主張した。 「主審のクレイグ・ポーソンは、(最初は)ファウルを取ることすらしなかった。彼が見た限りでは、ストライクは公平にボールを奪っていた。しかし、VARのダレン・イングランドがこのプレーを評価し、負傷があまりにもひどかったため、審判はストライクにレッドカードを与えるに至った」 「難しい問題だ。数年前、私がUEFAにいたとき、ルーク・ショーの両足タックルについて社内で話し合ったことがあった。選手を守るための最善の方法を議論した結果、一つの方法として、重傷につながるタックルにはそれなりの結果を示すことにした」 「ソン・フンミンがアンドレ・ゴメスにファウルを犯し、退場処分を受けたことを覚えているだろうか。スパーズはこのレッドカードに異議を唱え、勝利した。リーズも同様に控訴することになっている」 「エリオットのケガの程度が大きかったので、すべてのリプレイを見たわけではない。しかし、我々がリアルタイムで見たアングルでは、ストライクのチャレンジは悪いものではなかった」 <span class="paragraph-title">【写真】足首があらぬ方向に曲がるエリオットと必死に医療班を呼ぶサラー</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/elliot.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2021.09.13 18:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly