FIFA、ムニルのモロッコ代表入りをついに許可

2021.02.05 23:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
国際サッカー連盟(FIFA)は5日、セビージャに所属するFWムニル・エル・ハダディ(25)のモロッコ代表入りを認めた。スペイン人の母親とモロッコ人の父親との間に生まれたムニルは、昨年10月にもモロッコ代表に選出されていたが、過去にスペイン代表としてユーロ2016予選のマケドニア代表戦に出場していたことを理由に、FIFAから国籍変更を却下されていた。さらに、スポーツ仲裁裁判所(CAS)への訴えも棄却されていた。


しかし、昨年9月に選手の国籍変更に関する規定が変更され、21歳以上で最初の国のA代表でプレーしていないなど、各種の条件を満たした場合、国籍変更が可能となった。

ただ、ムニルに関しては21歳を過ぎた段階でU-21スペイン代表としてプレーしていたことが、規則違反にあたるとされ、FIFAは改めて同選手の国籍変更を却下していた。

しかし、王立モロッコサッカー連盟(FRMF)はこのFIFAの決定を不服としてCASに対して訴えを起こし、ようやく念願のムニルのモロッコ代表入りが認められた格好だ。

なお、ムニルのモロッコ代表デビューは3月のアフリカネーションズカップ予選モーリタニア代表戦になる見込みだ。
関連ニュース
thumb

ムニル、FIFAから2度目の物言いでモロッコ代表デビューならず…再びCASに上訴の意向

セビージャに所属するFWムニル・エル・ハダディ(25)は、依然としてモロッコ代表でのプレーを諦めていない。『ESPN』が伝えている。 スペイン人の母親とモロッコ人の父親との間に生まれたムニルは、今回のインターナショナルマッチウィークでモロッコ代表に選出された。 以前にもモロッコ代表入りを目指したムニルは、過去にスペイン代表としてユーロ2016予選のマケドニア代表戦に出場していたことを理由に、国際サッカー連盟(FIFA)から国籍変更を却下された。さらに、スポーツ仲裁裁判所(CAS)への訴えも棄却されていた。 しかし、先月に選手の国籍変更に関する規定が変更され、21歳以上で最初の国のA代表でプレーしていないなど、各種の条件を満たした場合、国籍変更が可能となった。 ムニルに関しては前述のスペイン代表デビュー時の年齢が19歳であったことなど、各種の条件を満たしていたことで、王立モロッコサッカー連盟(FRMF)は今回のインターナショナルマッチウィークでムニルを招集。 9日に行われたセネガル代表との国際親善試合でデビューを飾る予定だったが、FIFAはその試合前にFRMFに対して、ムニルの国籍変更を許可できないとの通知を行った。 FRMFの声明によると、FIFAは前述の規則変更によってスペインA代表歴は国籍を変更するうえで問題ないとしながらも、同選手が21歳を過ぎた段階でU-21スペイン代表としてプレーしていたことが、規則違反にあたると主張。これにより、改めて同選手の国籍変更を却下したという。 なお、FRMFは今回のFIFAの決定を不服として、CASに対して再び訴えを起こす意向であることを明かしている。 また、ムニルも自身の公式SNSを通じて、「僕は諦めていない。そして、このユニフォームを着てモロッコを代表してプレーするためにやるべき仕事を続けていくつもりだ」と、新たな決意を口にしている。 2020.10.10 21:14 Sat
twitterfacebook
thumb

元日本代表指揮官のハリルホジッチ監督、新型コロナウイルスの影響で給与カット…50%削減とも

現在はモロッコ代表の指揮を執っているヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、自身の給与削減に合意したようだ。 モロッコサッカー連盟(FRMF)は、7日に臨時会議を開催。その中で、クラブや代表チームの監督たちの給与を20%〜50%削減することが決定した。 なお、フランス『le360.ma』によると、代表監督のハリルホジッチ監督に関しては、最大の給与削減になると報じており、50%を削減されることになるようだ。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大は、モロッコにも広がっており、5月8日時点で感染者は5711人、死者は186人となっている。 3月20日から4月20日までは外出禁止措置や移動制限が敷かれていたものの、衛生緊急事態として5月20日まで延長されることを政府が決定していた。 そのため、モロッコのサッカーリーグも中断中。また、FRMFは国際サッカー連盟(FIFA)からの通達を発表し、各クラブが選手の給与を引き下げることを目的に交渉を始めることが許可されたという。 ハリルホジッチ監督は、2018年4月に日本代表の監督を解任された後、リーグ・アンのナントの監督に就任。2019年8月からはモロッコ代表を率い、6試合を指揮していた。 2020.05.09 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

PSVの17歳逸材MFがオランダ代表でのプレーを選択! 先日、父を看取って自身の意向を明かす

オランダサッカー協会(KNVB)は3日、PSVに所属する逸材MFモハメド・イハッターレン(17)がオランダのA代表でのプレーを決断したことを明かした。 モロッコ人の両親の下、オランダのユトレヒトで生まれ育ったイハッターレンはPSVの下部組織に在籍。卓越したボールスキル、視野の広さ、高精度の左足を持つ攻撃的なMFは10代前半からオランダ国内で新たな逸材として注目を集め、今年1月に行われたフローニンヘン戦では16歳でトップチームデビューを飾った。 今シーズンに入って主力の座を掴むと、ここまでの公式戦15試合で3ゴール7アシストの数字を記録している。 その超逸材に関してはU-14チームから生まれ育ったオランダの世代別代表でプレーを続けており、現在はU-19オランダ代表としてプレーをしている。だが、近年国際的に力を付けているモロッコが、モロッコ人両親を持つ同選手をフル代表で招集する意向をすでに表明していた。 今年9月には父親の看病を優先するため、オランダとモロッコの代表選択を延期する意向を示していたイハッターレンだったが、先月初旬にその父親が逝去。 そして、最愛の父を看取ってから約1カ月を過ぎた中、イハッターレンは生まれ故郷であるオランダ代表でプレーする意向を今回明らかにした。 「U-14からオランダ代表でプレーしてきた。それに、オランイェの一員としてU-17欧州選手権も制していた。だから、このままオランイェでプレーを続けることが正しいと感じていたんだ」 一方、オランダのA代表を率いるロナルド・クーマン監督は、17歳の逸材の選択を心から喜んでいる。 「モー(イハッターレン)はすでにPSVのトップチームで定期的にプレーしており、素晴らしいポテンシャルを持った非常に若いプレーヤーだ。オランダサッカー界にとってそのような才能を維持し続けることは良いことだ」 なお、先日に今月行われるユーロ2020予選に向けたオランダ代表候補メンバー28名は発表されており、追加招集などが行われない限り、イハッターレンのA代表デビューは来年以降になる。 2019.11.03 23:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ベナティアがモロッコ代表から引退

アル・ドゥハイルのDFメディ・ベナティア(32)が2日、モロッコ代表からの引退を表明した。カタール『beIN Sports』のインタビューで明かした。 フランス出身のベナティアはU-17までフランス代表を選択していたが、その後はモロッコ代表のアンダー世代を選択。2008年11月にモロッコA代表デビューを飾り、これまで58試合に出場して2ゴールを記録。2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)ではモロッコの5大会ぶりとなるW杯出場に貢献し、主将としてグループステージ2試合に出場していた。 モロッコ代表からの引退についてベナティアは『beIN Sports』に対し、次のように語っている。 「10日ほど前にヴァイッド・ハリルホジッチ監督と話をし、代表から引退することを伝えた。モロッコ代表として11年間を過ごし、その間ベストを尽くしてきた。国のためにプレーすることは名誉で、自分のパフォーマンスには満足しているよ」 2019.10.03 01:00 Thu
twitterfacebook
thumb

PSVの17歳逸材MF、オランダとモロッコの代表選択に揺れるも父の看病を優先

PSVに所属する逸材MFモハメド・イハッターレン(17)が父親の看病を優先するためオランダとモロッコの代表選択を延期する意向であることを明かした。オランダ『VTBL』が伝えている。 モロッコ人の両親の下、オランダのユトレヒトで生まれ育ったイハッターレンはPSVの下部組織に在籍。卓越したボールスキル、視野の広さ、高精度の左足を持つ攻撃的なMFは10代前半からオランダ国内で新たな逸材として注目を集め、今年1月に行われたフローニンヘン戦では16歳でトップチームデビューを飾った。 今シーズンに入って主力の座を掴むと、ここまでの公式戦10試合で5ゴール5アシストの数字を記録。さらに、直近のヨーロッパリーグのスポルティング・リスボン戦、エールディビジでのアヤックス戦と2つのビッグマッチでも印象的な活躍を披露していた。 その超逸材に関してはU-15チームから生まれ育ったオランダの世代別代表でプレーを続けており、現在はU-19オランダ代表としてプレーをしている。だが、近年国際的に力を付けているモロッコが、モロッコ人両親を持つ同選手をフル代表で招集する意向をすでに表明しているという。 17歳にして生まれ故郷と自身のルーツのいずれかを選択する大きな決断を迫られているイハッターレンだが、アヤックス戦後に行われたインタビューで現時点で代表選択を行わない意向を表明。また、その理由が療養中の父親の看病であることを明かした。 「今、僕の父さんは病気の療養中なんだ。だから、父さんの病気が治るまで代表を選択する考えはないんだ」 「(代表でプレーしない場合)インターナショナルマッチウィークの期間に入れば、短い休暇を得ることができる。その期間に父さんと一緒に居たいんだ。それこそが今、僕にとって最も重要なことなんだ」 「僕にとって家族こそ最も重要なものなんだ。だから、父が療養中の間に代表を選択するつもりはないよ。僕はただ父さんと一緒に居たいんだ」 今回のレポートでは父親の具体的な病名や状態に関して明らかになっていないが、オランダとモロッコの両サッカー協会は17歳の切実な願いを受け入れ、まずは愛する家族との時間を優先する配慮をしてほしいところだ。同時に、イハッターレンの父親の一刻も早い快復を心から願いたい。 2019.09.23 18:32 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly