ヴォルフスブルクがNo.10のトルコ代表MFマリをトラブゾンスポルへ売却

2021.02.01 20:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴォルフスブルクは1日、トルコ代表MFユヌス・マリ(28)がトラブゾンスポルへと完全移籍することを発表した。

マリはボルシアMGのアカデミー出身で、U-19から2011年7月にマインツへと完全移籍する。

マインツでは公式戦146試合に出場し32ゴール23アシストを記録。すると2017年1月にヴォルフスブルクへと完全移籍を果たす。

ヴォルフスブルクでも順調に試合に出場し公式戦83試合に出場し8ゴール8アシストを記録。しかし、2020年1月にウニオン・ベルリンへとレンタル移籍すると、今シーズンはヴォルフスブルクに復帰するも構想外となっており、ブンデスリーガとDFBポカールでそれぞれ1試合の出場に終わっていた。

関連ニュース
thumb

鎌田先発のフランクフルトが好調ヴォルフスブルク相手にドロー《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第5節のヴォルフスブルクvsフランクフルトが19日に行われ、1-1の引き分けに終わった。フランクフルトの鎌田大地は83分までプレー、長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。 リーグ戦4連勝と絶好調のヴォルフスブルクが、ホームに公式戦未勝利と苦しい状況のフランクフルトを迎えた一戦。フランクフルトの鎌田は[4-2-3-1]のトップ下で先発、長谷部はベンチスタートとなった。 立ち上がりからヴォルフスブルクに押し込まれる展開を強いられたフランクフルトは12分にピンチ。ワルドシュミットとのワンツーでボックス右から侵入したK・ムバブがゴール左隅を狙ったシュートを放ったが、これはわずかにゴール左に逸れた。 さらに16分には、ショートコーナーからアルノルトが左クロスを供給すると、ファーサイドに走り込んだヴェグホルストにヘディングシュートを許したが、これはクロスバーに救われた。 立て続けのピンチを凌いだフランクフルトは24分、ボックス左横で獲得したFKからコスティッチがクロスを上げると、ゴール右手前のラマースがドンピシャのヘッドで合わせたが、これはGKカスティールスに弾かれた。 先制のチャンスを逃したフランクフルトだったが、2度目のチャンスを確実にモノにする。38分、左サイドを抜け出したドゥルムの折り返しをボックス左手前で受けたコスティッチがクロスを供給。これをボックス中央のラマースが見事なハーフボレーシュートでゴール左に突き刺した。 迎えた後半、1点を追うヴォルフスブルクはシュテフェンを下げてルーカス・エンメチャを投入。すると54分、右サイドをドリブルで持ち上がったルケバキオのクロスをファーサイドのヴェグホルストが右足ボレーで合わせたが、これは枠の上に外れた。 後半もやや押し込まれる展開となったフランクフルトは、70分に同点を許す。ドリブルでボックス右から侵入したK・ムバブのラストパスを中央のワルドシュミットがダイレクトシュートで狙うと、GKトラップが弾いたボールを最後はヴェグホルストがゴールに押し込んだ。 同点を許したフランクフルトは、72分にラマースとコスティッチを下げてハウゲとリンドストームを、83分には鎌田とソウを下げてイルザンカーとフルスティッチを投入。 しかし、最後まで両チームに勝ち越し弾は生まれず、1-1のドロー決着。フランクフルトの今季初勝利はお預けに、ヴォルフスブルクは開幕からの連勝が「4」でストップとなった。 2021.09.20 04:37 Mon
twitterfacebook
thumb

トリノがFWブレカロを獲得! ヴォルフスブルクから買取OP付きのレンタルに

トリノは8月31日、ヴォルフスブルクからクロアチア代表FWヨシプ・ブレカロ(23)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 イタリア『トゥットスポルト』などが報じるところによれば、今回の移籍は100万ユーロ(約1億3000万円)の有償レンタルとなり、買い取りオプションの金額は1100万ユーロ(約14億3000万円)となるようだ。 ブレカロはディナモ・ザグレブの下部組織出身で、2016年夏にヴォルフスブルクに完全移籍で加入。その後、シュツットガルトへのレンタルを経て2017年12月に復帰を果たすと、2018–19シーズンから主力に定着した。 左右のウイングを主戦場に突破力と動き出しに特長を持つ23歳は、昨シーズンのリーグ戦で29試合7ゴール3アシストの数字を残してクラブのチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献していた。 クロアチア代表として通算27キャップを誇る実力者は今夏のヴォルフスブルク退団を希望していた中、ビジャレアルやラツィオへの移籍が取り沙汰されたが、最終的にトリノ移籍を決断した。 2021.09.01 03:44 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがクロアチア代表DFをレンタル移籍で獲得! マルコ・ローゼはザルツブルク時代の恩師

ドルトムントは31日、ヴォルフスブルクのクロアチア代表DFマリン・ポングラチッチ(23)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 バイエルンやインゴルシュタットの下部組織に在籍したポングラチッチは、2016-17シーズンに1860ミュンヘンでプロデビュー。2017年夏に移籍したザルツブルクでは毎シーズンのようにケガに見舞われ、安定した活躍を見せられずにいた。 そんな中で2020年1月にヴォルフスブルクに完全移籍。加入後リーグ戦5試合目となったレバークーゼン戦でセンターバックながら2ゴールを挙げて上場の滑り出しとなったが、昨季はレギュラーを確保できず、公式戦11試合の出場にとどまった。 今季はここまで未出場だったなか、ザルツブルク時代の指揮官であるマルコ・ローゼ監督率いるドルトムントが注目。DFマッツ・フンメルスやMFエムレ・ジャンらの負傷離脱を受けて代役確保に動いていたようだ。なお、契約には1000万ユーロ(約13億円)程度の買い取りオプションが付随しているという。 ドルトムントでスポーツ・ディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏は、「マリンはスピードのある若いセンターバックで、我々のディフェンダー陣を完成させてくれる」と、クロアチア代表DFに期待のコメントを残している。 2021.08.31 21:25 Tue
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト、U-23エジプト代表FWマーモウシュをヴォルフスブルクからレンタルで獲得

シュツットガルトは30日、ヴォルフスブルクからU-23エジプト代表FWオマル・マーモウシュ(22)をレンタル移籍で獲得した。 なお、ドイツ『キッカー』によると買い取りオプションはなく、レンタル料は50万ユーロ(約6500万円)とのことだ。 エジプトの首都カイロ出身のマーモウシュは、2017年夏にヴォルフスブルクへ完全移籍。2019年までプレーしたヴォルフスブルクⅡでは、リーグ戦36試合に出場し11得点をマーク。また、今冬にレンタルで加入したザンクトパウリでは、半年間で7ゴールを挙げ、降格の危機に瀕していたチームの残留に貢献していた。 シュツットガルトでは、今夏に加入した期待の新星FWモハメド・サンコーが開幕節のグロイター・フュルト戦でヒザを負傷し長期離脱に。さらに昨季16ゴールを挙げたオーストリア代表FWササ・カライジッチも第2節のRBライプツィヒ戦で肩脱臼で年内復帰が絶望となっており、ストライカーの補強が急務となっていた。 2021.08.31 00:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルク、ヘルタからベルギー代表FWルケバキオをレンタルで獲得

ヴォルフスブルクは30日、ヘルタ・ベルリンからベルギー代表FWドディ・ルケバキオ(23)を1年間のレンタル移籍で獲得した。 アンデルレヒトの下部組織出身のルケバキオは、DRコンゴにルーツを持ち、昨年11月にベルギー代表デビューを飾った爆発的なスピードを特長とするアタッカー。 これまでアンデルレヒト、シャルルロワ、ワトフォード、デュッセルドルフでプレーしており、とりわけ2018年の夏にレンタル移籍で加入したデュッセルドルフでは、バイエルン戦でハットトリックを達成するなどブンデスリーガ31試合で10ゴールをマークしブレイク。 この活躍が認められ、2019年に加入したヘルタ・ベルリンでは、これまで2シーズンで公式戦67試合で16ゴール13アシストを記録。今季もここまで公式戦全試合に出場しており、ブンデスリーガ第2節のヴォルフスブルク戦でゴールを挙げていた。 ヴォルフスブルクに加入したルケバキオは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「ヴォルフスブルクはドイツの偉大なチームで、昨シーズンはもちろん、最近行われたヘルタとの試合でもそのチームスピリットに感銘を受けた。僕はこのチームで自分の能力を最大限に発揮できると信じている。だから、このクラブに来られたことにとても興奮しているし、プレーするのが待ちきれないよ。チャンピオンズリーグでプレーすることは僕の夢なんだ」 2021.08.30 23:06 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly