「C・ロナウドは責任を負うことになる」プロトコル違反にピルロ監督が言及

2021.01.29 22:47 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのアンドレア・ピルロ監督が、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの行動について言及した。ユベントスは、30日にセリエA第20節でサンプドリアと対戦。首位のミランとは現在勝ち点差「4」で3位につけているユベントス。まだまだスクデットの可能性がある中でサンプドリア戦を迎えるが、試合を前にして1つの問題が発生。エースであるC・ロナウドが、プロトコル違反をしていたと大きな話題になっている。

報道では、C・ロナウドは27日に行われたコッパ・イタリア準々決勝のSPAL戦を休養で欠場。その間に、パートナーであるジョルジーナ・ロドリゲスさんの誕生日を祝うべく、小旅行に出かけていた。

しかし、イタリアでは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大予防の一環として2月15日まで不要不急の州をまたいだ外出を禁じる措置を発令中。そのため、命令を無視したとして話題となっていた。

イタリア当局の調査対象となり、有罪となれば、400ユーロ(約5万円)の罰金処分を受ける可能性があるというが、この件についてピルロ監督がサンプドリア戦に向けた記者会見でコメント。プライベートの件については、選手が責任を負うとコメントした。

「ロナウドはオフだった。彼らがプライベートで自分たちの信念に基づいて何をするのも自由だ」

「選手がここにいるときは、彼らは私の管理下にいることになるが、スポーツセンターの外にいるときは、彼らは自由だ。自分の行動に責任を負うことになる」

一方で、サンプドリア戦についてはC・ロナウドは先発するとコメントしている。

「インテルに対するコッパ・イタリアのコミットメントに基づいてシステムを変えることはしない」

「サンプドリア戦では最高の選手をフィールドに送る。ロナウドとモラタが先発するだろう」

関連ニュース
thumb

一時引退報道のイハッターレンがアヤックス移籍か?

ユベントスからサンプドリアにレンタル中のオランダ代表MFモハメド・イハッターレン(19)が、アヤックス移籍に近づいているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏らが報じている。 イハッターレンは、昨夏の移籍市場最終日にPSVから4年契約でユベントスに完全移籍。だが、出場機会を与えたいユベントスの意向により、即サンプドリアへ1年間のレンタル移籍に出されていた。 しかし、サンプドリアではデビューはおろか、母国に一時帰国した際に“行方不明”報道が出たほか、現役引退を真剣に検討しているとの報道も出ていた。 その後、安定した精神状態を取り戻し、現役続行に向けてトレーニングを再開した同選手は、先日に代理人を務めていたミーノ・ライオラ氏との契約を解消し、新たな代理人の下で新天地への移籍を模索している。 一時は故郷のユトレヒトへの復帰の可能性が報じられてきたが、ここに来てアヤックス移籍の可能性が浮上。同選手はすでにエリック・テン・ハグ監督と幾度も話し合いを重ねており、過去に数人の“問題児”を更生させてきた指揮官も逸材の再生に自信を示しているようだ。 なお、ユベントスとアヤックスは買い取りオプション付きの18カ月レンタルで合意に至っており、個人間での合意もほぼ完了しているようだ。 ただ、唯一の障害はイハッターレンのプロフェッショナリズムを欠く行動に憤るサンプドリアで、クラブは同選手に対して法的措置を講じる構えだ。 卓越したボールスキル、視野の広さ、高精度の左足を武器に16歳でトップチームデビューを飾った逸材は、アヤックスで復活への道を歩むことになるのか…。 2022.01.21 00:01 Fri
twitterfacebook
thumb

ACL損傷のキエーザ、インフルエンザ感染で手術が再延期…

ユベントスに所属するイタリア代表FWフェデリコ・キエーザの手術が再延期となったようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じている。 9日に行われたセリエA第21節のローマ戦で左ヒザを負傷したキエーザは、精密検査で左ヒザ前十字靭帯損傷と診断され、近日中に手術を受けるとがクラブから発表されていた。 当初は、ローマのヴィラ・スチュアートでの治療が予定されていたが、クラブはこれを見送り、オーストリアのインスブルックにある専門医を訪ねることを計画していた。 しかし、キエーザがインフルエンザに感染したことで、手術は再延期されたとのこと。なお、インフルエンザの症状が出た際に新型コロナウイルスではないかと心配されたが、同選手はPCR検査で陰性と判定されていた。 『トゥットスポルト』によれば、すでにインフルエンザから回復しているキエーザには、出国の許可が下りており、日曜日にもオーストリアで手術を受けるとのことだ。 なお、同紙はキエーザの離脱期間について6~8カ月を程度になると伝えている。 2022.01.20 01:10 Thu
twitterfacebook
thumb

快勝でコッパ・イタリア準々決勝進出のユーベ、副官ランドゥッチ氏も歓喜「結果が自信を与えてくれる」

ユベントスでアシスタントコーチを務めるマルコ・ランドゥッチ氏が、カップ戦快勝を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは18日に行われたコッパ・イタリア5回戦で、日本代表DF吉田麻也の所属するサンプドリアと対戦した。立ち上がりから試合を支配したチームは、MFフアン・クアドラードのゴールで先制に成功。後半にも攻撃の手を緩めずにいると、DFダニエレ・ルガーニ、FWパウロ・ディバラ、FWアルバロ・モラタにもゴールが生まれ、4-1で勝利した。 マッシミリアーノ・アッレグリ監督が出場停止処分を受けていることで、この試合の指揮を執ったランドゥッチ氏は、コッパ・イタリア準々決勝進出に歓喜。チームが徐々に自信をつけていると語った。 「日曜日に好ゲームができた後で、今夜も高いレベルのパフォーマンスを維持するのは簡単ではなかった。それでも、我々は“フェア “なプレーができて満足している。望んでいたものであり、コッパ・イタリアで勝ちたかったのだ」 「最近になってチームで変わってきたのは、自分たちのとる姿勢だと思う。そして、結果が我々に自信を与えてくれている。とはいえ決して簡単な試合はなく、我々がこれまで失った勝ち点の数がそれを証明しているだろう」 「ディバラについては、他の選手と同じようにケガの不運に見舞われていたんだ。ケガといえば、フェデリコ・キエーザにこの勝利を捧げたいね。彼はいずれ復帰するだろうし、そうなれば以前よりも強くなっているだろう」 2022.01.19 11:52 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントスが吉田不在のサンプドリアに快勝でベスト8進出《コッパ・イタリア》

ユベントスは18日、コッパ・イタリア5回戦でサンプドリアをホームに迎え、4-1で快勝した。サンプドリアのDF吉田麻也は引き続き負傷欠場となっている。 ミランやアタランタ、フィオレンティーナにラツィオが5回戦を突破してベスト8に勝ち上がっている今大会のコッパ・イタリア。 ユベントスはモラタとクルゼフスキの2トップとするフラットな[4-4-2]で臨んだ。 ダヴェルサ監督を解任した5バックで構えるサンプドリアに対し、立ち上がりからボールを握ったユベントスは14分にCKの流れからクアドラードが枠内シュートを浴びせてGKを強襲。 そして25分、ボックス手前左で得たFKをクアドラードがグラウンダーのシュートで狙うと、DFにディフレクトしたボールがゴールへ吸い込まれた。 さらに1分後、ラビオが敵陣でボールを奪ったショートカウンターの流れからモラタがネットを揺らすも、VARの末にラビオのプレーがファウルを取られ、ノーゴールに。 前半半ば以降もユベントスが一方的に押し込んだ中、追加タイム2分にはモラタに決定機が訪れたが、クルゼフスキのクロスをフリーのモラタは決めきれなかった。 それでも迎えた後半開始7分、CKの流れからアルトゥールの右クロスをルガーニがヘッドで合わせて追加点を奪ったユベントスは、63分にA・コンティに移籍後初ゴールを許したものの、67分に再びリードを2点に広げる。 ロカテッリが敵陣ボックス手前でボールを奪取した流れから5分前に投入されていたディバラが難なくシュートを蹴り込んだ。 そして76分には直前に投入されていたアケがPKを獲得。これをモラタが決めて4-1としたユベントスが快勝で準々決勝進出を決めている。 2022.01.19 07:08 Wed
twitterfacebook
thumb

FIFA/FIFProワールドイレブンが発表! プレミアから最多5選手!

国際サッカー連盟(FIFA)は17日、国際プロサッカー選手会(FIFPro)と共同主催する2021年の男子ワールドイレブンを発表した。 FIFA/FIFProワールドイレブンは2005年からスタート。世界のフットボーラーによる投票で決められ、17日に開催された『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』で11人のメンバーが発表された。 GKにはユーロ2020でイタリア代表の優勝に貢献し、大会MVPにも輝いたジャンルイジ・ドンナルンマが選出。 さらに、ディフェンス部門ではダビド・アラバ、レオナルド・ボヌッチという常連2人と、マンチェスター・シティでワールドクラスのセンターバックに成長したルベン・ディアスが選出。 中盤ではシティのプレミアリーグ制覇に貢献したケビン・デ・ブライネ、チェルシーのチャンピオンズリーグ(CL)制覇に貢献したジョルジーニョ、エンゴロ・カンテの選手が選ばれた。 さらに、最多4人が選出されたフォワード部門ではクリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシの生けるレジェンド2人に、ブンデスリーガの2大ストライカーのロベルト・レヴァンドフスキ、アーリング・ハーランドが選ばれた。 GK ジャンルイジ・ドンナルンマ(イタリア/ミラン、パリ・サンジェルマン) DF ダビド・アラバ(オーストリア/バイエルン、レアル・マドリー) レオナルド・ボヌッチ(イタリア/ユベントス) ルベン・ディアス(ポルトガル/マンチェスター・シティ) MF ケビン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・シティ) ジョルジーニョ(イタリア/チェルシー) エンゴロ・カンテ(フランス/チェルシー) FW クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド) アーリング・ハーランド(ノルウェー/ドルトムント) ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン) リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ、パリ・サンジェルマン) 2022.01.18 06:21 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly