ビルバオのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWがバジャドリーへレンタル

2021.01.28 19:39 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バジャドリーは28日、ビルバオからボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWケナン・コドロ(27)を2021年6月30日までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。ボスニア・ヘルツェゴビナ代表で9キャップを持つコドロだが、生まれはスペインで、ソシエダの下部組織からサッカーを始めた。だが、トップチームでは出場できず、オサスナやマインツ、グラスホッパー、コペンハーゲンを転々とし、ビルバオには2019年1月に加入した。


188センチのストライカーは初年度こそ、半年間でリーグ戦11試合に出場したが、2年目の昨季はラ・リーガ12試合、今季は3試合の出場にとどまっていた。

なお、かつてビルバオからバジャドリーにレンタル移籍したスペイン人FWアシエル・ビジャリブレは、昨季後半戦から少しずつ頭角を現し、今季はここまでラ・リーガ17試合に出場し2ゴール2アシストを記録。先日のバルセロナとのスーペルコパ決勝では、90分に同点ゴールを決め、延長戦での逆転勝利に貢献していた。
関連ニュース
thumb

バルセロナがバジャドリーの堅守に大苦戦も終盤のデンベレ弾で辛勝!首位との勝ち点が『1』に《ラ・リーガ》

バルセロナは5日、ラ・リーガ第29節でバジャドリーと対戦し1-0で勝利した。 直近のソシエダ戦を6-1と圧勝した2位バルセロナ(勝ち点62)が、残留争いに巻き込まれている16位バジャドリー(勝ち点27)をホームに迎えた一戦。 首位追走を目指すバルセロナは、ソシエダ戦と同様の先発メンバーを起用。3トップはメッシ、グリーズマン、デンベレが並んだ。 立ち上がりから一進一退の展開となると、バルセロナは9分にピンチ。右クロスの跳ね返りを右サイド高い位置で拾ったヤンコがクロスを供給すると、ゴール前のコドロがヘディングシュート。しかし、これはクロスバーに救われた。 ピンチを凌いだバルセロナは16分、ボックス手前で獲得したFKからメッシが直接ゴールを狙ったが、このシュートはわずかに枠の左に外れた。 その後は膠着状態が続く中、バルセロナは41分にグリーズマンのスルーパスでボックス左に抜け出したデンベレがヒールで落とすと、最後はメッシがダイレクトシュートで狙ったが、これは相手DFがスライディングブロック。 さらに前半アディショナルタイム3分には、ペドリのミドルシュートが枠を捉えたが、GKマシプが弾いたボールが左ポストを直撃した。 ゴールレスで試合を折り返した後半もボールを保持するバルセロナだが、56分にピンチ。ドリブルでボックス左から侵入したオラサが左足を振り抜いたが、このシュートは左サイドネットに外れた。 対するバルセロナは58分、メッシのスルーパスに抜け出したデンベレがボックス右からシュート。さらにGKマシプが弾いたボールをグリーズマンがダイビングヘッドで狙ったが、シュートはわずかにゴール左に逸れた。 その後、バルセロナは63分にグリーズマン、ブスケッツ、ミンゲサを下げてトリンコン、ブラースヴァイト、アラウホを投入する3枚替えを敢行。さらに77分にはペドリを下げてイライクスをピッチに送り出した。 後半もバジャドリーの堅守に苦戦し思い通りの試合とならないバルセロナだが、後半半ばに数的優位を得る。79分、左サイドからドリブルで仕掛けたデンベレがオスカル・プラノの後方からのタックルで倒されると、このプレーに主審はレッドカードを提示した。 終盤にかけても猛攻を続けるバルセロナは90分、トリンコンのパスで右サイド深くまで上がったF・デ・ヨングのクロスをゴール前でアラウホが競り合うと、ファーサイドに流れたボールをデンベレが豪快ボレーで叩き込んだ。 結局、これが決勝点となりバルセロナが苦しみながら勝ち点3を獲得。首位アトレティコとの勝ち点差を1ポイントに縮めた。 2021.04.06 06:19 Tue
twitterfacebook
thumb

守護神ブヌの劇的弾でセビージャがドロー! [2-4-4]の超攻撃的布陣もゴールをこじ開けたのはまさかのGK《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第28節、バジャドリーvsセビージャが20日にホセ・ソリージャで行われ、1-1のドローに終わった。 直近ラ・リーガ連勝で4位に位置するセビージャ(勝ち点54)が、16位のバジャドリーのホームに乗り込んだ一戦。2-0で勝利したミッドウィーク開催のエルチェ戦から先発4人を変更したセビージャは、出場停止明けのジエゴ・カルロス、ジョルダンが復帰し、左サイドバックにレキクが入った。 立ち上がりからボールの主導権を握るアウェイチームは開始5分にパプ・ゴメスがファーストシュートを枠に飛ばす。以降は完全に相手を押し込んだ中、内と外でボールを出し入れしながら好調のエン=ネシリにボールを集めていくが、時間の経過と共に攻め切れないシーンが増えていく。 徐々にバジャドリーのロングボールに手を焼き始めたセビージャは前半終了間際にやや不運な形から先制点を奪われる。41分、自陣ボックス内での競り合いの場面でDFジエゴ・カルロスの頭がヴァイスマンの後頭部にアフター気味に当たると、このプレーでホームチームにPKが与えられる。これをキッカーのオレジャナが冷静に決めた。 結局、1点ビハインドで試合を折り返したセビージャはハーフタイム明けに2枚替えを敢行。オリベル・トーレスとヘスス・ナバスを下げてオカンポス、アクーニャを同時投入。この交代で[3-4-3]に並びを変更し、オカンポスとアクーニャがウイングバックに入った。 この攻撃的な布陣変更によって早い時間帯に追いつきたいセビージャだが、54分には自陣での不用意なボールロストからオレジャナにボックス中央のグアルディオラへ決定的なパスを通されるが、ここはフィニッシュを焦ったグアルディオラのシュートミスに救われる。 セットプレーでは幾度か惜しい場面を創出も、流れの中で攻めあぐねる場面が目立つセビージャは67分にレキク、グデリを下げてラキティッチ、ルーク・デ・ヨングを同時投入。[2-4-4]の超攻撃的な布陣でゴールをこじ開けにかかる。 71分にはボックス左でのパプ・ゴメスの仕掛けからマイナスのパスに反応したラキティッチが鋭いミドルシュートを放つが、これはGK正面。さらに、77分にはオカンポスが右サイドから入れたクロスをファーに走り込んだデ・ヨングが頭で合わすが、これは惜しくも左ポストを叩いた。 その後、ジョルダンに代えてオスカルを投入し、さらに前がかったアウェイチームは[5-4-1]の守備的な布陣で逃げ切りを図るホームチームを攻めたてる。88分にはスソからの絶妙な右クロスをゴール前のデ・ヨングがドンピシャのタイミングで合わすが、このシュートもわずかに枠の左に外れた。 その後、決死の猛攻を仕掛けたセビージャは最後の最後にバジャドリーのゴールをこじ開けるが、その主役はアタッカーではなく守護神だった。 後半ラストプレーとなった94分、右CKの場面でファーのデ・ヨングが頭で折り返したボールをオスカルがワンタッチで折り返す。これが右ポストに当たるもギリギリでゴールライン上にボールが残ると、エン=ネシリがすかさずマイナスに入れたボールをさらにクンデがコースを変える。これを攻撃参加していた守護神ブヌが見事な左足のシュートで決め切った。 そして、セビージャは守護神ブヌの劇的過ぎる同点ゴールによって辛くも勝ち点1を持ち帰ることになった。 2021.03.21 07:03 Sun
twitterfacebook
thumb

久保が後半から出場で見せ場演出も10人のヘタフェは残留争うバジャドリーに敗戦《ラ・リーガ》

ヘタフェは6日、ラ・リーガ第26節でバジャドリーとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗戦した。ヘタフェのMF久保建英は後半から出場している。 前節バレンシアに勝利して連敗を4で止め、7試合ぶりの勝利を手にした13位ヘタフェ(勝ち点27)は、久保が引き続きベンチスタートとなった。 8試合勝利のない17位バジャドリー(勝ち点22)に対し、ヘタフェは14分に失点する。サイド攻撃を受けた流れから、最後はオスカル・プラノにダイビングヘッドで決められた。 さらに24分、オレジャナの突破から最後はヴァイスマンにヘッドで押し込まれ、ヘタフェはリードを広げられてしまう。 劣勢のヘタフェだったが、37分に1点を返す。ウナルのパスを受けたボックス左のマタがDFを外してシュートを流し込んだ。 迎えた後半、ダミアン・スアレスに代えて久保を右サイドハーフに投入したヘタフェは、61分に同点のチャンス。久保がボックス右でパスを受け、左足を強振。しかし、枠を捉えたシュートはGKロベルトの好守に阻まれた。 さらに68分、久保がチャンスメーク。DFを引き付け、ボックス中央からラストパス。アレーニャがシュートを放ったが、DFにブロックされて枠を捉えきれなかった。 しかし反撃はここまで。85分にはマタが報復行為によって一発退場となったヘタフェは1-2で敗戦。残留を争うバジャドリーに痛恨の黒星を喫している。 2021.03.06 23:56 Sat
twitterfacebook
thumb

主力多数不在のマドリーがリーグ4連勝! 守護神クルトワの再三の好守にカゼミロがさすがの勝負強さ発揮!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第24節、バジャドリーvsレアル・マドリーが20日にホセ・ソリージャで行われ、アウェイのマドリーが0-1で勝利した。   前節のバレンシア戦ではベンゼマとクロースのゴラッソで2-0の快勝を収め、前回対戦で惨敗したバレンシアにリベンジを達成した2位のマドリー(勝ち点49)。直近3連勝中と好調を維持するチームは、来週ミッドウィークにアタランタとのチャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16初戦を控える中、降格圏の18位に沈むバジャドリー(勝ち点21)と対戦した。   そのアタランタ戦に向けて主力を温存したいジダン監督だったが、多くの離脱者によってバレンシア戦からのスタメンの変更は2人に留まる。さらに、スタメンを外れた2選手はいずれも負傷のカルバハルとベンゼマで、代役はルーカス・バスケスとマリアーノが務めることになった。   守備的に入ったホームチームを押し込む入りを見せたマドリーだったが、開始7分にいきなりピンチを迎える。右サイドを破ったバジャドリーにボックス内でオレジャナ、ヤンコに決定的なシュートを打たれたが、ここはGKクルトワが見事な連続セーブでチームを救った。   一方、マドリーは12分にアセンシオが右サイドから内へ切り込んで得意の左足を振り抜くが、このシュートは大きく精度を欠く。以降はメンディとヴィニシウスの左サイドでの仕掛け、モドリッチの相手守備のギャップを狙う際どいラストパスからゴールチャンスを窺う。   23分と30分にはモドリッチからのスルーパスに抜け出したマリアーノがゴールネットを揺らすが、いずれもわずかにオフサイドラインを越えておりゴールは認められない。その後、37分には相手GKマシプがボックスのギリギリ外の位置でボールを手で扱ったことで得たFKの場面でクロースの入れた正確なボールをカゼミロがダイビングヘッドで合わすが、これは枠を捉え切れなかった。   後半も試合展開に大きな変化はなし。そして、先に決定機を作ったのはまたしてもバジャドリー。55分、マドリーの自陣左サイド深くのスローインの流れでメンディが不用意に中へ折り返した浮き球のボールをオレジャナが渾身の右足ボレーで合わすが、このシュートはGKクルトワが見事な反応ではじき出した。   メンディの信じがたいイージーミスからのピンチを凌いだマドリーは、前半同様に深い位置までボールを運ぶものの、ベンゼマやアザール不在によるアイデア、クオリティー不足を露呈。そのため、ジダン監督は60分を過ぎてイスコ、ウーゴ・ドゥロ、アリーバスの3枚替えを準備する。だが、その交代策を行う直前に試合が動く。   65分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのクロースがファーサイドへ絶妙なクロスボールを送ると、大外から抜群のタイミングで内へ入ってきたカゼミロがこの試合3度目のフリーでのヘディングシュートを今度こそ枠に飛ばし、貴重な先制点を挙げた。   ベンゼマ、セルヒオ・ラモス不在の中で勝負強さ光るカゼミロの値千金の一撃でリードを手にしたマドリーは、当初のプラン通りにイスコ、ウーゴ・ドゥロ、アリーバスをピッチに送り込む。   以降はやや重心を後方に置いて逃げ切りを意識しつつ、移籍後初出場のウーゴ・ドゥロ、飛躍が期待されるアリーバスの若き力が追加点を狙う展開に。一度メンディの攻撃参加からゴール前に飛び込んだアリーバスに決定機が訪れるが、ここは相手DFの好守に阻まれた。   それでも、試合終盤にかけては次々にアタッカーを投入してきたホームチームの反撃を危なげなく撥ね返し続け、ウノセロで試合を締めくくった。そして、多数の主力を欠く中、守護神クルトワの好守とカゼミロの勝負強さで接戦をモノにしたマドリーがリーグ4連勝でCLアタランタ戦に弾みを付けた。 2021.02.21 06:57 Sun
twitterfacebook
thumb

残留を争うエイバルとバジャドリーの下位対決は痛み分け《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第23節のエイバルvsバジャドリーが13日に行われ、1-1の引き分けに終わった。エイバルのMF乾貴士はフル出場、FW武藤嘉紀は79分から出場した。 公式戦6試合勝利のない17位エイバル(勝ち点20)が、公式戦3連敗中の18位バジャドリー(勝ち点20)をホームに迎えた一戦。リーグ戦6試合ぶりの白星を目指すエイバルは、乾が右サイドでスタメンを飾った一方、武藤は5試合ぶりのベンチスタートとなった。 残留を争う両チームの一戦は、開始早々にバジャドリーが先制する。6分、ボックス右から侵入したグアルディオラが縦への仕掛けでアルビージャのファウルを誘い、PKを獲得。このPKをロケ・メサがゴール右隅に沈めた。 先制を許したエイバルは19分、乾の左クロスを中央のキケ・ガルシアがワンタッチで落とすと走り込んだエスポジトがシュートを放ったが、これは相手DFのブロックに阻まれた。 同点のチャンスを逃したエイバルだったが、23分に左サイドから仕掛けたブライアン・ヒルのクロスをキケ・ガルシアが頭でゴール右に流し込み、試合を振り出しに戻した。 勢いづくエイバルは、29分にも乾の右クロスをファーサイドに走り込んだブライアン・ヒルが左足で合わせたが、シュートはゴール左に外れた。 1-1で迎えた後半はエイバルがやや押し気味に試合を進めたが、再びゴールネットを揺らしたのはバジャドリーだった。60分、バイタルエリア右で獲得したFKからオラサがクロスを供給すると、ファーサイドに抜け出したM・アンヘルが流し込んだが、これはオフサイドの判定で取り消された。 勝ち越し点を狙うエイバルは、79分にキケ・ガルシアを下げて武藤を投入。すると90分、自陣でのボール奪取からカウンターを仕掛けたブライアン・ヒルのサイドチェンジをボックス左で受けた乾にチャンスが訪れるもシュートはルイス・ペレスのブロックに阻まれた。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。残留を争う両者の一戦は痛み分けのドローとなった。 2021.02.14 04:37 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly