「芸術的なフォーム」鈴木優磨の同僚が見せた“酷すぎる”ファウルスローが話題に

2021.01.28 16:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シント=トロイデンのベルギー人DFマキシミリアーノ・カウフリーズがやや恥ずかしい失態を犯してしまった。シント=トロイデンは27日、ジュピラー・プロ・リーグ第22節でヘントとアウェイで対戦。カウフリーズは日本代表GKシュミット・ダニエル、FW鈴木優磨とともに先発出場を果たした。

23分にFWファクンド・コリディオの見事なゴールで先制したシント=トロイデンだったが、30分に得たスローインの場面で珍プレーを見せてしまった。

敵陣右サイドでスローインを担当したカウフリーズだが、距離が近すぎたのか、ボールを持つと、頭の真上より少し前の位置から、手のひらだけを使うように優しく投げ入れてしまった。

ルール上、スローインは頭の後方から頭上を通してボールを投げなくてはいけないため、もちろんカウフリーズのスローインはファウルスローと判定され、相手チームによるスローインで試合が再開された。

このシーンは『Eleven Sports』オランダ版の公式ツイッターも「芸術的なフォームからのスローイン」と取り上げており、ベルギー人CBのミスを伝えている。

なお、試合は後半アディショナルタイムにGKシュミット・ダニエルが不運な形からオウンゴールを許し、1-1の引き分けに終わっている。

◆シント=トロイデンDFカウフリーズの優しすぎるファウルスロー
関連ニュース
thumb

シント=トロイデンが2021-22シーズン初戦を逆転勝利で飾る!《ジュピラー・プロリーグ》

シント=トロイデンは25日、ジュピラー・プロリーグ開幕節でヘントとホームで対戦し2-1で勝利した。 シント=トロイデンのDF松原后とGKシュミット・ダニエルがフル出場。FW鈴木優磨、MF伊藤達哉、DF橋岡大樹はベンチ外となった。 試合は開始早々の2分に動く。左CKをファーサイドに走り込んだヌガドゥ=ヌガジュイが体に当て折り返すと、最後はハンチェ=オルセンが胸トラップからボレーシュートをゴールに突き刺した。 先制を許したシント=トロイデンは12分に反撃。左サイドから仕掛けた松原がDFとGKの間へ高速クロスを供給すると、ゴール前に抜け出したムボヨがこれを押し込んだ。 同点で迎えた後半、シント=トロイデンは57分に左CKからチャンス。デッセルがグラウンダーをボールを入れると走り込んだラヴァレーがダイレクトで合わせたが、このシュートは相手DFのブロックに阻まれた。 するとシント=トロイデンは、67分にヤンセンスの落としをバイタルエリア手前で受けたブルースが左足一閃。強烈なミドルシュートをゴール左に突き刺した。 結局、このゴールが決勝点となりシント=トロイデンが開幕戦を逆転勝利で飾った。 シント=トロイデン 2-1 ヘント 【シント=トロイデン】 ムボヨ(前12) ブルース(後22) 【ヘント】 ハンチェ=オルセン(前2) 2021.07.26 05:59 Mon
twitterfacebook
thumb

鈴木優磨がセリエAへ? 新ストライカー獲得を望むボローニャが触手を伸ばす

ストライカーの獲得を目指しているボローニャがシント=トロイデンのFW鈴木優磨(25)を獲得する可能性があるようだ。ベルギー『Voetbal Nieuws』が報じた。 2021-22シーズンに向けて補強を進めるボローニャ。日本代表DF冨安健洋のトッテナム移籍が話題となっている中、新たなストライカー獲得を目指している。 今年1月にアトレティコ・マドリーを退団しフリーになっている元スペイン代表FWジエゴ・コスタを2年契約で獲得することが合意に至ったと報じられたが、一転して決裂していた。 ボローニャが獲得を目指しているのは上海海港のオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチとのこと。しかし、クラブ間の交渉が上手くいかず、こう着状態が何週間も続いている状況だ。 そこで新たに3選手を候補に挙げており、そのうちの1人が鈴木とのことだ。 鈴木は2019年7月に鹿島アントラーズからシント=トロイデンへと加入。2年目となった2020-21シーズンはジュピラー・プロ・リーグで全34試合に出場し17ゴール4アシストを記録。リーグの得点ランキングで4位タイにつける好成績を残した。 今夏は移籍の噂が浮上し、トルコのクラブからオファーがあったりした中、鈴木はセリエAでのプレーを予てから希望しており、移籍実現ならず。シント=トロイデンでプレシーズンを過ごしている。 ボローニャは前述の冨安もシント=トロイデンから2019年夏に獲得しており、クラブ間の関係は良好。日本人ストライカーが久々にセリエAに誕生するか注目だ。 2021.07.21 13:10 Wed
twitterfacebook
thumb

モチーフは名産の「洋梨」、2ndユニはBEAMSがデザイン! 日本代表選手も所属するシント=トロイデンの新ユニフォームが発表!

シント=トロイデンは14日、2021-22シーズンの新ユニフォームを発表した。 2021-22シーズンもベルギー1部のジュピラー・プロ・リーグを戦うシント=トロイデン。昨シーズンに引き続き、サプライヤーはイタリアのボローニャを拠点とする「マクロン」が務める。 1stユニフォームは、日本人アートディレクターである榮良太氏が、2シーズン連続でデザインを担当。デザインコンセプトは「Nature」で、シント=トロイデンの名産でもある洋ナシをメインモチーフとしている。 シント=トロイデンの全ての自然からエネルギーをもらい、ピッチで選手たちが力を発揮するシーンからインスピレーションを受けたデザインになっている。色はもちろんチームカラーの黄色。そしてショーツは青、ソックスは黄色となっている。なお、GKはグレーだ。 クラブのCOOである村中悠介氏は「今季はシント=トロイデンの街に根付いた『洋梨』をモチーフにしたデザインで、クールでエネルギッシュなペイズリー柄を採用しました。榮さんと何度も試行錯誤を重ね、サッカー界をリードするモダンなデザインに仕上がったと思っております。シント=トロイデンの『Nature(自然)』をパワーの源に、気迫あるプレーでチームが奮闘する姿が今から楽しみです!」とコメントしている。 また、デザインを手がけた榮良太氏は「今回のユニフォームのテーマは『Nature』です。シント=トロイデンの土地にある全ての自然、風、動物、植物、その全てからエネルギーをいただき、プレーの力に変えるイメージで制作をしました。シント=トロイデンの名産である洋梨をメインモチーフにペイズリー柄風に仕上げました」とコメントした。 2ndユニフォームはフィールドプレーヤーが黒、GKが赤となっている。こちらは株式会社ビームス(BEAMS)のデザイナーである中田慎介氏が担当。3シーズン目となる新シーズンのデザインは、ファッションに精通するBEAMSだからこそ可能なマルチカラーを採用。右裾には、クラブ名の当て字である『神轟偉伝』を配置しベルギーで戦う選手たちを後押しする。 中田氏は「ユニフォームの各パーツをSTVVを代表する複数のキーカラーで配色し、BEAMSの18番というべき手法の“クレイジーパターン”を採用したデザインです。ビームスでも様々なヒット商品を生み出したこの“クレイジーパターン”は、生地を裁断したときに余ったパーツ同士を組み合わせて制作された起源を持ち、全面・背面・側面等、見る場所によって様々な表情を見せるマルチパターンを取り入れたことが最大の特徴。マルチパターンによるカモフラージュ効果を狙う意も込めました。何より、テクニカルな選手のプレーがより鮮やかに、かつ一番引き立たつように施しました。右裾には『神にも轟く偉人達の伝説』という意味である、シント=トロイデンの当て字『神轟偉伝』を配し、ヨーロッパの舞台で活躍するチームへのメッセージを込めています」とコメントしている。 日本企業のDMM.comが保有するシント=トロイデンは、日本代表GKシュミット・ダニエル、U-24日本代表DF橋岡大樹、DF松原后、MF伊藤達哉、FW鈴木優磨と日本人が所属。過去には、日本代表、そして東京オリンピックを戦うU-24日本代表に選出されているDF冨安健洋(ボローニャ)、MF遠藤航(シュツットガルト)、そして日本代表で活躍するMF鎌田大地(フランクフルト)も所属していた。 <span class="paragraph-title">【詳細写真】日本代表選手もモデルに!「洋梨」モチーフのペイズリー柄ユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/stvv20210714_1_tw2.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/stvv20210714_2_tw2.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/stvv20210714_3_tw2.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4blhZWGtlOCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/stvv20210714_4_tw2.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/stvv20210714_5_tw2.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/stvv20210714_6_tw2.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/stvv20210714_7_tw2.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/stvv20210714_8_tw2.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/stvv20210714_9_tw2.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/stvv20210714_10_tw2.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/stvv20210714_11_tw2.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2021.07.15 07:45 Thu
twitterfacebook
thumb

「決断は間違っていなかった」ベルギー移籍半年で東京五輪切符を掴んだDF橋岡大樹が意気込む「金メダルを獲れるチーム」

東京オリンピックに臨むU-24日本代表に選出されたシント=トロイデンのDF橋岡大樹が、オンラインの取材に応じ、意気込みやベルギーで得たものについて語った。 橋岡は浦和レッズの下部組織出身で、2018年2月にトップチームに昇格。右サイドバックやウイングバックでプレーするなどJリーグでも出場機会を得ると、2021年1月にシント=トロイデンへとレンタル移籍を果たした。 シーズン途中の加入となった橋岡だが、シーズンのラスト6試合に続けて出場。5試合連続フル出場を果たすなどポジションを掴み、3アシストを記録した。 6月のU-24日本代表の活動にも参加した橋岡は、センターバックとしてプレー。22日に発表されたU-24日本代表メンバーに招集され、東京オリンピックの出場が決定した。 橋岡は今回の選出について「U-24日本代表に選出されたことを本当に嬉しく思っています。そして、何よりも金メダルを獲るという目標に対して、しっかり向き合って絶対に獲って来たいと思います」とコメント。「シント=トロイデンを代表して行ってきますので、僕自身活躍して良い結果を残したいと思います」と意気込みを語った。 東京オリンピックの半年前に海外挑戦するということはリスクもあるとみられた中、しっかりと移籍し結果を残した橋岡。「まずベルギーに行く前にオリンピックが終わってからでもいいんじゃないとたくさん周りの人から言われました。ただ、自分の意志が固くベルギーに行って絶対に試合に出てやるという気持ちでいきました」と強い意志を持って冬に移籍を決断したとコメント。「その結果、試合に出られて、成長できた部分が物凄くあると思っています。メンタル面が特に成長したと感じています。日本ではメンタル面で悩まされていましたが、シントトロイデンでその点が物凄く成長できたなと実感しています」と語り、移籍した上でしっかりと成長を実感できていると語った。 メンタル面で成長した部分については「自分がミスをしてしまった時に、そのミスを次のプレーまで、その試合ずっと引きずるということがちょくちょくあったんですが、ベルギーに行ってからミスを引きずることもなくなり、ミスをしても次やればいいと切り替えられるようになったので、そこは成長したなと実感しています」とコメント。ミスを試合中に悔やまなくなったと語った。 今回選出されたことで、多くの祝福のコメントも届いたという橋岡。「ベルギーに行って良かったね、シント=トロイデンに行って良かったねと言われることが多かったので、決断は間違っていなかったと思っています」と自身の移籍決断があっていたとコメント。「おめでというという形でも多くの声をいただきました」たくさんの人に祝われたとした。 ただ「選ばれることは1つの目標でしたが、そこがゴールではないです。選ばれてからが重要だと思うので、本大会で絶対に活躍するというところまでが1つの目標なので、そこまでやり遂げたいと思っています」とし、東京オリンピックで活躍したいと語った。 1年延期したことで選ばれる可能性が高まったともみられるが「プラスになったかなってないのかは、正直どっちとも言えないというのがありますが、まずは1年延期になったことで、自分が1年成長した姿を見せられることは、プラスだなと感じています」と語り、成長した部分がプラスだとコメント。選ばれた理由については「今回に関しては18人という枠で中2日で試合が来るということで、ユーティリティ性、複数のポジションができるというところが選出の決め手になったかなと思います」と自己分析を。また「対ヨーロッパ、南米、アフリカとフィジカル面が重要になると思うので、僕が持っているフィジカルの強さは通用すると思っているので、そういったところも決め手の1つだったかなと思います」とし、ユーティリティ性とフィジカルの強さを挙げた。 6月にはオーバーエイジの選手も含めて活動したが「この前の活動に関して物凄く良い雰囲気で臨めましたし、結果もついてきていたので、そういった部分では金メダルを獲れるチームだと思っています」と本大会に向けても自信を見せた橋岡。「だからこそ、みんなが本当に1つになって金メダル獲りに行くという気持ちで、もっともっと切磋琢磨していかなければいけないなと思っています」とし、まだまだチームとして成長する必要があると語った。 本大会では、南アフリカ、メキシコ、フランスとグループステージで同居している日本。対戦相手については「今回の大会に関しては周りから言われるのは、死のグループだねと言われるぐらい相手がものすごい強いということはわかっています。僕たちも僕たちなりに凄く自信があるので、相手どうこうではなく、僕たちがやれれば結果がついてくると思います」と語り、自分たちがしっかりとパフォーマンスを出すことが大事だと語った。 それぞれの特徴については「相手の印象としては南アフリカは足が伸びたり、際で頑張ってきたり、メキシコは戦う魂や球際の強さを尊敬しています。そういったところでも僕たちは負ける気もしないですし、尊敬しすぎることはよくないと思っています」と語った。 また「フランスに関しては身長が高い、高さのあるパワーのあるチームだと思っているので、僕たちも恐れることなく、戦っていきたいと思います」とコメント。「死のグループと言われましたけど、僕たち自身はどの相手になってもやることは一緒なので、まずは僕たちができる最高の準備をして戦いたいと思います」と矢印を自分たちに向けたいと語った。 難敵揃いの本大会となるが、橋岡はベルギーでの経験が生きるという。「ベルギーリーグにも物凄く個のある選手たちが多くて、フランスやメキシコ、アフリカ系の選手が凄くいるリーグなので、僕も3カ月ぐらいですがやってきたことは、このリーグでもできる自信もあります」とコメント。「自分の特徴や球際の強さ、対人の強さ、競り合いの強さはどこの国にも通用すると思っています。そういったところをチームに還元できればと思います」と高いパフォーマンスを出せると意欲を見せた。 2021.06.24 22:03 Thu
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデンの新監督にホラーバッハ氏が就任、コーチとして長谷部ら擁してヴォルフスブルクでブンデス制覇

シント=トロイデンは5日、新監督にベルント・ホラーバッハ氏(51)が就任することを発表した。 ドイツ人指揮官のホラーバッハ氏は、ヴォルフスブルクやシャルケでフェリックス・マガト監督の下でアシスタントコーチを務め、MF長谷部誠(フランクフルト)らを擁してブンデスリーガ優勝も経験。 その後は、ヴュルツブルガー・キッカーズで監督に就任すると、4部に所属していたチームを2年連続で昇格させ2部にまで浮上。その功績もあり、2018年1月にはハンブルガーSVの監督に就任すると、2019年7月からベルギーのムスクロンで指揮を執っていた。 2019-20シーズンはムスクロンで指揮し、ジュピラー・プロ・リーグで22試合指揮し、7勝9分け6敗。シーズン終了後に退団していた。 なお、ホラーバッハ監督は9日から指揮を執るとのことだ。 2021.06.05 20:27 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly