エリック・ガルシア、今冬バルサ復帰の場合は半年無給受け入れ? 新会長候補が言及

2021.01.27 22:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティに所属するスペイン代表DFエリックガルシア(20)は、今冬にバルセロナ復帰が実現した場合、今シーズン終了まで無給でプレーする意思を持っているようだ。『ESPN』が伝えている。

2021年夏にシティとの契約が終了するガルシアは、すでにクラブからの再三に渡る延長オファーを固辞。ジョゼップ・グアルディオラ監督も同胞DFの来季以降の残留に白旗をあげており、今夏のバルセロナへのフリートランスファーが既定路線と見られている。


ただ、最終ラインを統率する元スペイン代表DFジェラール・ピケの長期離脱によって元々手薄なセンターバックのやり繰りに苦戦するバルセロナは、加入時期を前倒しして今冬の獲得を望んでいるとも伝えられている。

そういった中、バルセロナの新会長候補3人の内の1人であるビクトル・フォント氏は、2月1日に閉幕する今冬の移籍市場終了までに交渉を進められる場合、300万ユーロ(約3億7000万円)の移籍金でガルシアの獲得が可能であると主張。さらに、同選手サイドは前倒しでの古巣復帰に向けて今シーズン終了までのサラリーを放棄することも辞さない覚悟を持っているという。

なお、コロナ禍で新会長選の投票が延期となっているバルセロナでは、会長代行を務めるカルレス・トゥスケッツ氏に選手獲得の際に契約を結ぶ権限がなく、仮に選手を獲得する場合には代行理事会の許可が必要となる。

そして、フォント氏は現在、クラブに対してガルシアの獲得許可を求めていることを公式会見の場で明かした。

「我々は代行理事会にエリック・ガルシアとの契約を求めている」

「クーマンは彼を求めているし、我々のグループは自分たちが選出された場合、獲得を支持している。今夏にはユーロがあり、プレーヤー自身も来たいと思っている」

「彼は今シーズンの3つのトロフィー獲得に向けての戦いに欠かせない存在になるはずだ。シティが300万ユーロを受け入れてくれることはわかっているし、それは来シーズンまで支払う必要もない」

「また、プレーヤーはシーズン終了までサラリーを受け取らなくてもいいという大きな努力をする覚悟を持っている」

今回の発言はあくまで単なる新会長候補の発言であり、信ぴょう性は微妙なところだが、移籍市場閉幕までギリギリの状況の中で前倒し移籍は実現するのか…。

関連ニュース
thumb

リーグタイトルを諦めないバルセロナのアルバ「改善して試合に勝ち続ける必要がある」

バルセロナのスペイン代表DFジョルディ・アルバがリーグ戦の勝利を喜んだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 アルバは24日に行われたラ・リーガ第1節延期分のエルチェ戦に先発出場。73分にチームにとって3点目となるボレーシュートを豪快に決め、3-0の勝利に大きく貢献した。 前節に痛恨のドローを喫したバルセロナだが、この勝利により、1試合未消化分を残す首位アトレティコ・マドリーとの勝ち点差を「5」に。アルバはこの勝ち点3が非常に大きいと語り、タイトルを狙っていきたいと強調した。 「この勝ち点差は感情面で僕たちを大いに助けてくれる。前節のドローはチーム全体に厳しい打撃を与えたんだ。100%を出さないと、勝つのは難しい。前節は大変だったし、今日も前半は難しかった。後半は僕らの方が良く、ゴールも決められたね」 「先制点で大きな安心感を得られた。そして、それがより多くのスペースを生み出してくれたんだ。明確なチャンスは今日もあまりなかったから、レオ(リオネル・メッシ)のゴールにはホっとしたよ。難しい試合だったが、今は改善して試合に勝ち続ける必要がある」 「長くチームに所属している選手は若い選手がもっと快適に過ごせるよう頑張らないとね。今シーズンは例年と比べて、リーグのレベルがかなり均等化されていると思う。受け入れるしかないし、困難な時代だからこそ今まで以上に団結しなければならない」 「リーグに可能性が出てきた。外部からはある週にはもう無理だとされ、ある週には可能性があると言われるね。でも、戦えるかどうか、失敗するかどうかは、全て自分たち次第なんだ」 2021.02.25 13:45 Thu
twitterfacebook
thumb

3試合ぶり白星のバルサ、クーマン「明日からのムードも違ってくるはず」

バルセロナのロナルド・クーマン監督が軌道修正に満足感を示した。 ラ・リーガ4位のバルセロナは24日に行われた延期分の第1節でホームに18位エルチェを迎え撃ち、3-0と快勝。ここ公式戦2試合で白星から遠ざかる嫌な流れを見事に断ち切り、暫定ながら3位に浮上した。 首位アトレティコ・マドリーにも5ポイントに詰め寄ったバルセロナ。クーマン監督は3試合ぶりの勝利を喜び、3ゴールを記録した後半の戦いぶりを評価した。 「ここ2試合の結果を受けて、勝つ必要があった」 「後半に素晴らしいプレーをして、違いを生み出したのだ。前半からもっとうまくやるべきだったがね」 「チームのフレッシュさを保つべく、5つの変更を施した。多くの試合をやって、疲れが溜まってくる時期だからね」 「そのなかで、後半に点差を広げて物事を簡単にしようと、より多くのエネルギーを注ぎ込んだんだ」 オランダ人指揮官はまた、「今日の勝利で明日からのムードも違ってくるはず。良い試合と良い結果で嫌な気持ちを払拭しないとね」と続けている。 2021.02.25 12:35 Thu
twitterfacebook
thumb

後半に3発、メッシのドブレーテでバルセロナがエルチェに快勝《ラ・リーガ》

バルセロナは24日、ラ・リーガ第1節延期分でエルチェとのホーム戦に臨み、3-0で快勝した。 3日前のカディス戦を終盤のPK被弾で引き分けに持ち込まれた4位バルセロナ(勝ち点47)は、カディス戦のスタメンから5選手を変更。ブスケッツやグリーズマン、デンベレらがベンチスタートとなった。 前節エイバル戦で17試合ぶりに勝利した降格圏に位置する18位エルチェ(勝ち点21)に対し、メッシ、トリンコン、ブラースヴァイトの3トップで臨んだバルセロナが立ち上がりからボールを握っていく。 5分にボジェのシュートでゴールに迫られたものの、その後も敵陣で隙を窺うと、20分に決定機。ボックス右でメッシのパスを受けたトリンコンがドリブルシュートでゴールに迫ったが、GKバディアのファインセーブに阻まれた。 しかし、前半半ば以降はフラットな[4-4-2]で構えるエルチェを崩し切れず、43分にはペレ・ミラにGKテア・シュテーゲン強襲のシュートを打たれた中、ゴールレスでハーフタイムに入った。 迎えた後半、ピャニッチに代えてデンベレを左サイドに投入したバルセロナは、ブラースヴァイトとメッシが2トップを形成する[4-4-2]に変更。すると開始3分に均衡を破る。決めたのはリーガ7戦連発となるメッシ。ブラースヴァイトとのパス交換でボックス中央に侵入したメッシがシュートを決めきった。 2トップへの変更がいきなり実ったバルセロナは、その後も中央でメッシとブラースヴァイトが起点となってエルチェを翻弄していく。 67分にトリンコンを下げてブスケッツを投入したバルセロナはシステムを変えず、ペドリを左サイドに移した。すると69分、バルセロナに追加点が生まれる。デ・ヨングがドリブルでボックス左に侵入。マイナスに折り返し、受けたメッシが難なくドリブルシュートを決めた。 さらに73分、メッシの浮き球パスをボックス左のブラースヴァイトがヘッドで落とすと、ジョルディ・アルバがボレーで蹴り込んで3-0。 大勢を決めたバルセロナはピケやジョルディ・アルバらをベンチに下げ、82分にはグリーズマンがバー直撃のシュートを浴びせた中、3-0で快勝。勝利を取り戻している。 2021.02.25 04:50 Thu
twitterfacebook
thumb

批判に晒されるラングレをクーマン監督が擁護「一選手に敗戦の罪を被せるようなことはしない」

バルセロナのロナルド・クーマン監督が、批判に晒されているフランス代表DFクレマン・ラングレを擁護する姿勢を示している。『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 しばらく延期されていたラ・リーガ第1節のエルチェ戦が24日に控えるバルセロナ。最近のチームは、1-4で敗れたチャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマン戦や、コパ・デル・レイのセビージャ戦を含めて公式戦4試合で1勝1分け2敗と負け越しており、エルチェ戦では3試合ぶりの白星を目指すことになる。 21日に行われた第24節のカディス戦では、前半にFWリオネル・メッシのPKで先制したものの、試合終了間際の89分にラングレが相手にPKを与えてしまい、土壇場でドロー決着。これでバルセロナはリーガの優勝争いから一歩後退したと指摘されたほか、PK献上のラングレに対する批判の声は高まる一方となっている。 しかし、クーマン監督はラングレ一人の責任ではないとしてフランス代表DFを擁護。また、25歳の同選手のような若い選手の起用が多い点に関して意見を述べている。 「クレマンと話した。彼は素晴らしいプロフェッショナルで、大きな責任を感じている真面目な選手だ。前にも言ったように、一選手に敗戦の罪を被せるようなことはしない。もちろん、彼はもっと良いプレーができるだろうし、エラーをしたのは事実だ。だが、他の選手も同じようなエラーをすることもある」 「若手に過度に依存しているわけではない。私は彼らに機会を与えるという観点から彼らのことを考えている。とはいえ火中の栗を拾うには経験豊富な選手たちが必要だ。若手が多い分、そのバランスを取らなければならない。チームのエネルギーとフレッシュさを維持するためにはね」 2021.02.24 14:09 Wed
twitterfacebook
thumb

ヒザ手術のコウチーニョ、予想より復帰に遅れか

ヒザのケガで戦線離脱中のバルセロナのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの回復が芳しくないようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 コウチーニョは1月2日に左ヒザ外側半月板の手術を実施。ケガをしたのは昨年12月29日に行われたラ・リーガ第16節のエイバル戦で、後半途中から出場した同選手だったが、アディショナルタイムに負傷していた。 手術直後にクラブからは3カ月の離脱と発表されていたが、1カ月半が経過した現状を踏まえた結果、復帰は当初の予想より1、2週間遅れることになるという。 3月末または4月初めの復帰を目指していたコウチーニョだったが、4月11日に予定されているラ・リーガ第30節のレアル・マドリー戦の出場も望み薄となっているようだ。 2021.02.23 21:53 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly