甲府退団のハーフナー・マイク、新たな活躍先は東海社会人リーグ2部に

2021.01.26 18:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴァンフォーレ甲府は26日、元日本代表FWハーフナー・マイク(33)が東海社会人リーグ2部のFC.Bomboneraに加わると発表した。ハーフナー・マイクは横浜FMでプロデビュー後、アビスパ福岡、サガン鳥栖、甲府、フィテッセ(オランダ)、コルドバ(スペイン)、ヘルシンキ(フィンランド)、ADOデン・ハーグ(オランダ)、ヴィッセル神戸、ベガルタ仙台、バンコク・ユナイテッド(タイ)でプレー。昨年3月に古巣甲府に9年ぶりの復帰を果たしたが、明治安田生命J2リーグ14試合に出場して無得点に終わり、シーズン終了後の退団が決定した。


ハーフナー・マイクはFC.BomboneraのSNSを通じて、移籍の心境や経緯、意気込みを語っている。

「この度『FC.Bombonera』へ加入しましたハーフナー・マイクです。ボンボネーラの一員として新たな挑戦ができることを嬉しく思います。引退も考えていた中、強化部長のギリさん(片桐淳至)から話を頂きました」

「『マイクにはこれからも子供に夢や感動をピッチ上で与えられる。岐阜という舞台で力を貸してほしい』。そんな熱い想いに心が動かされ、今回のオファーを受けさせてもらいました。フロント面での営業・広報活動にも力を注ぎチームに貢献していきたいです」

「チームのために情熱を持ってJリーグ参入に全力で頑張ります。応援よろしくお願いします」
関連ニュース
thumb

甲府がジュニオール・バホスとの契約満了を発表

ヴァンフォーレ甲府は26日、ブラジル人FWジュニオール・バホス(27)の契約満了を発表した。 ジュニオール・バホスは母国ブラジルクラブを渡り歩いた後、2017年6月の甲府入りを機に来日。2018年には明治安田生命J2リーグ19試合の出場で11得点を記録した。 2019年7月からはFC岐阜にレンタル移籍。昨季から甲府に復帰を果たして、J2リーグ10試合の出場で4得点をマークした。 2021.02.26 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府退団の後藤京介、ラインメール青森が新天地に

ヴァンフォーレ甲府は8日、MF後藤京介(28)が日本フットボールリーグ(JFL)のラインメール青森FCに加わると発表した。 後藤は専修大学を卒業後、モンテネグロのクラブでプレーすると、2017年にY.S.C.C.横浜入り。2019年の甲府加入を経て、同年8月からザスパクサツ群馬に期限付き移籍した。そして、今年2月から再びのレンタルでいわてグルージャ盛岡へ。明治安田生命J3リーグ24試合に出場したが、保有元の甲府とともにシーズン終了後の退団が決定した。 後藤はクラブを通じて「この度、ラインメール青森に加入することになりました、後藤京介です。J3昇格の為、チームの力になれるよう、自分の力を最大限発揮していきたいと思っています。応援よろしくお願い致します」と意気込みを語っている。 2021.02.08 10:30 Mon
twitterfacebook
thumb

甲府退団のFWラファエルが母国のボタフォゴFCに加入、背番号は「9」

かつて大宮アルディージャでもプレーし、2020シーズンはヴァンフォーレ甲府でプレーしたFWラファエル・マルケス(37)が、ボタフォゴFCへ完全移籍で加入した。 ラファエルはポンチ・プレッタやパウメイラスなどでプレー。その後、トルコのサムスンスポル、マニサスポルでプレーすると、2009年8月に大宮へ加入した。 2012年7月にボタフォゴへ移籍すると、その後は中国スーパーリーグの河南建業、パウメイラス、クルゼイロ、スポルチ・レシフェ、サン・カエタノ、フィゲイレンセでプレー。2020年1月に甲府へ加入し、8年ぶりにJリーグへ復帰していた。 2020シーズンは明治安田J2で23試合に出場し2得点を記録。しかし、シーズン終了後に退団していた。 ラファエルが加入するボタフォゴは、本田圭佑が所属していたリオ・デ・ジャネイロを本拠地とするボタフォゴFRとは異なり、サンパウロを本拠地としているクラブ。2020シーズンはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエB(ブラジル2部)に所属していた。 マルケスは「ボタフォゴのユニフォームを着るチャンスを得られて満足し、やる気に満ち溢れています」とコメント。「セリエBに戻ることに集中したい」と語った。 なお、契約期間はシーズン終了まで。背番号は「9」をつけることとなる。 2021.02.07 21:55 Sun
twitterfacebook
thumb

甲府の本拠地「中銀スタ」が10年間で終了、今季は「JIT リサイクルインク スタジアム」に変更

ヴァンフォーレ甲府は2日、ホームスタジアムの名称変更を発表した。 甲府は、山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場を本拠地として使用。「山梨中銀スタジアム」としてこれまで使用してきた。 山梨中央銀行が2011年3月1日にネーミングライツを取得し、10年にわたって「山梨中銀スタジアム」として愛されてきた。 甲府によると、ネーミングラインスポンサーが決定。3月1日よりジット株式会社がスポンサーとなり、スタジアム名が「JIT リサイクルインク スタジアム」に変更となるとのこと。略称は「JITス」になるとのことだ。 ネーミングライツの期間は2021年3月1日から2026年2月28日までの5年間となる。 2021シーズンの甲府は、開幕戦がアウェイでのジェフユナイテッド千葉戦、第2節もアウェイの大宮アルディージャ戦となり、ホーム開幕戦は第3節の栃木SC戦に。3月14日に予定されている栃木戦が、新たなスタジアム名での初陣となる。 2021.02.02 13:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「現役は引退しますが甲府は引退しません」甲府生え抜きのDF橋爪勇樹が現役引退、アカデミーコーチ就任

ヴァンフォーレ甲府は25日、DF橋爪勇樹(30)の現役引退を発表した。なお、アカデミーコーチに就任する。 長野県出身の橋爪は、創造学園高校、山梨学院大学を経て、2013年に甲府へと入団。1年目から出場機会を得る。 1年目でJ1デビューを果たし3試合、リーグカップで2試合、天皇杯で1試合に出場。2年目もJ1で2試合、リーグカップで2試合、天皇杯で1試合に出場すると、3年目の2015年にはJ1で17試合に出場しプロ初ゴールを記録した。 その後も出場機会を重ねる一方で、ケガな度も経験。徐々に出場機会を減らすと、2020シーズンは左ヒザ外側半月板損傷、左ヒザガングリオンの手術を受けるなどし、明治安田J2で4試合の出場に終わっていた。 J1通算70試合1得点、J2通算26試合出場。シーズン終了後に契約満了が発表されていた橋爪は、改めて引退を発表。コメントを残している。 「プロサッカー選手を引退することになりました、橋爪です。プロサッカー選手として過ごすことができた8年間で、サッカー選手としてはもちろん、人間としてもとても成長することが出来たと思います。近くで応援してくれる人達がいて支えてくれる人達がいる甲府だからこそ成長できたんだな、と改めて思いました」 「甲府一筋で出来た事、本当に幸せに思います。なのでまだ甲府一筋でいさせてください。現役は引退しますが甲府は引退しません」 「僕がプロで学んだこと、成長したことを今度は子供たちに伝えて、バトンを繋げていけたらいいなと思います。今度は違う角度から更に甲府を盛り上げられるように尽力し、セカンドキャリアでも日々成長できるように頑張りたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします!」 2021.01.25 12:44 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly