守田英正がデビュー戦で終了間際の決勝ゴール!ゴール決めた食野亮太郎との日本人対決を制す《プリメイラ・リーガ》

2021.01.26 12:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
25日、ポルトガル・プリメイラ・リーガ第15節のリオ・アヴェvsサンタ・クララが行われ、1-2でサンタ・クララが勝利を収めた。この試合では、リオ・アヴェのFW食野亮太郎、川崎フロンターレから加入したサンタ・クララのMF守田英正がともに先発出場。さらに、互いにゴールを記録した。


守田にとっては、移籍後のデビュー戦となったこの試合。序盤はリオ・アヴェが主導権を握るが、先制したのはサンタ・クララだった。

24分、カウンターを仕掛けると、スルーパスを受けたカルロスがボックス内で相手DFを振り切ると、そのままシュート。サンタ・クララが先制する。

先制を許したリオ・アヴェだったが、食野がすぐさま反撃を見せる。左サイドからジェルソン・ダラがドリブルを仕掛けボックス内に侵入。そのままシュートを放つも、ポストに嫌われる。

しかし、こぼれ球を拾った食野がダイレクトシュート。これが決まり、リオ・アヴェが同点に追いつく。

その後は互いに一進一退の攻防を見せるもスコアは動かず。さらに、徐々に霧が立ち込めて視界が悪くなっていく。このまま引き分けで終わるかと思われた中、デビュー戦の守田がチームを救う。

89分、右サイドからの浮き球のパスを後方から走り込んだ守田がトラップし、ボックス内から落ち着いてシュート。これがゴール左に決まり勝ち越しに成功。アディショナルタイムにはリオ・アヴェが決定機を迎えるが、守り切り、サンタ・クララが勝利を収めた。

リオ・アヴェ 1-2 サンタ・クララ

0-1:カルロス(サンタ・クララ)
1-1:食野亮太郎(リオ・アヴェ)
1-2:守田英正(サンタ・クララ)

関連ニュース
thumb

吉田がクローザーとして投入されるもラストプレー被弾でカリアリにドロー《セリエA》

サンプドリアは7日、セリエA第26節でカリアリをホームに迎え、2-2で引き分けた。 前節ジェノヴァ・ダービーを引き分けに持ち込んだ10位サンプドリア(勝ち点31)は、吉田が2試合連続ベンチスタートとなった。 2連勝で残留圏内に浮上した17位カリアリ(勝ち点21)に対し、終盤まで1点のリードを許していたサンプドリア。それでも78分にベレシュインスキ、2分後にガッビアディーニが立て続けにゴールを挙げ、逆転に成功する。 そのサンプドリアは88分、逃げ切りを図るべく吉田を5バックの中央に投入。守備重視の布陣でクローズにかかったが、ラストプレーの追加タイム6分に同点とされる。 ルーズボールをボックス手前中央のナインゴランに強烈なミドルシュートでネットを揺らされた。直後にタイムアップとなり、サンプドリアは勝ち点2を失っている。 2021.03.08 04:21 Mon
twitterfacebook
thumb

奥川が移籍後初先発、堂安が初のベンチスタートとなった新生ビーレフェルト、遠藤渓太途中出場ウニオンにドロー《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第24節、ビーレフェルトvsウニオン・ベルリンが7日に行われ、1-1で引き分けた。ビーレフェルトのMF奥川雅也はフル出場、MF堂安律は65分から出場、遠藤渓太は62分から途中出場している。 前節ドルトムントに完敗した16位ビーレフェルト(勝ち点18)は、ノイハウス前監督を解任。降格圏のマインツに暫定ながら勝ち点で並ばれた中、クラマー新監督の初陣で堂安が移籍後初めてベンチスタートとなり、奥川が移籍後初スタメンとなった。 一方、前節ホッフェンハイム戦を引き分けた7位ウニオン・ベルリン(勝ち点34)は、遠藤が引き続きベンチスタートとなった。 奥川が中盤ダイヤモンド型[4-4-2]の左MFでスタートしたビーレフェルトは、13分に決定機。ボックス右でラストパスを受けたコルドバがGK強襲のシュートを浴びせた。 その後もショートカウンターを中心にウニオンゴールに迫るシーンを作ったビーレフェルトがウニオンにポゼッションを譲りつつ時間を進め、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、51分にビーレフェルトはピンチ。奥川がトリメルに振り切られ、バルターのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKオルテガが好守で凌いだ。 その後、62分に遠藤がフラットな[4-4-2]の左サイドに投入された中、65分には堂安も投入される。堂安は右サイドに入った。 すると74分、遠藤に決定機。奥川のボールロストからショートカウンターに転じ、ボックス左でスルーパスを引き出した遠藤がシュートに持ち込んだが、わずかに枠の右に外れた。 さらに81分にも遠藤に決定機が訪れたが、ボックス右深くからマイナスに折り返されたクロスにダイレクトで合わせたシュートはGKオルテガの好守に阻まれてしまう。 終盤にかけてはオープンな展開となった中、ゴールレスのままタイムアップ。監督交代を行ったビーレフェルトが勝ち点1をもぎ取り、16位を死守している。 2021.03.08 04:09 Mon
twitterfacebook
thumb

セルタとの打ち合いに敗れたウエスカが3試合ぶりの黒星…岡崎は89分からプレー《ラ・リーガ》

岡崎慎司の所属するウエスカは7日、ラ・リーガ第26節でセルタと対戦し、3-4で敗戦した。岡崎は89分からプレーした。 最下位に沈むウエスカ(勝ち点20)が、3試合ぶりの白星を狙う12位セルタ(勝ち点30)をホームに迎えた一戦。 岡崎が3試合連続のベンチスタートとなったウエスカは、開始早々にロングカウンターから失点する。5分、右クロスのクリアボールを逆サイドで拾ったアスパスが中盤まで持ち上がり、逆サイドへ展開。これを受けたノリートがワンタッチで繋ぐと、最後はボックス右から侵入したサンティ・ミナがゴール左隅にシュートを流し込んだ。 先制を許したウエスカだが、14分にセットプレーの二次攻撃から同点に追いつく。ショートコーナーからガランが供給した左クロスが逆サイドに流れると、これを拾ったマフェオのクロスをシオバスがヘディングで叩き込んだ。 同点弾で勢いづくウエスカは、16分に華麗なカウンターで勝ち越しに成功する。相手のクロスをボックス内のセオアネが弾き返すと、こぼれ球を自陣中盤で拾ったフェレイロの落としからミケル・リコが前線へダイレクトパス。最前線でこれ受けたラファ・ミルはドリブルでボックス右まで切り込むと、ゴール左に強烈なシュートを突き刺した。 その後は一進一退の展開が続いたが、ウエスカは37分に再び失点する。デニス・スアレスのスルーパスでボックス右に抜け出したブライス・メンデスがスライディングシュート。これはGKアルバロ・フェルナンデスに弾かれたが、こぼれ球を拾ったノリートが落ち着いてゴールネットを揺らした。 同点で迎えた後半、ウエスカは立ち上がりにセットプレーから勝ち越しを許す。52分、デニス・スアレスの左CKをファーサイドのマージョが頭で合わせると、このシュートがゴール左に吸い込まれた。 1点を追うウエスカは、74分に再び同点に追いつく。右クロスを流れたボールを左サイドで拾ったガランが左サイド深くまで切り込みクロス。これをボックス中央のフェレイロが左足で流し込んだ。 しかし、同点からわずか2分後に失点を許す。76分、最終ラインからのロングパスで右サイドを抜け出したアスパスがボックス右から侵入。ゴール前に走り込んだ味方をおとりにマイナスへ落とすと、走り込んだフラン・ベルトランがダイレクトシュート。これがゴール左に突き刺さり、セルタが再びリードを広げた。 勝ち越しを許したウエスカは、78分にオンティベロス、82分にセルヒオ・ゴメスとドゥンビア、89分にフアン・カルロスと岡崎をピッチに送り出す。 その後、決死の猛攻を見せたホームチームだったが、最後まで同点ゴールは生まれず。3-4で敗れたウエスカは、3試合ぶりの敗戦となった。 2021.03.08 00:10 Mon
twitterfacebook
thumb

武藤途中出場のエイバルがカディスとの絶不調対決で惜敗…9戦未勝利で残留争いから抜け出せず《ラ・リーガ》

エイバルは6日、ラ・リーガ第26節でカディスと対戦し0-1で敗戦した。エイバルのFW武藤嘉紀は79分からプレー、MF乾貴士はベンチ入りも出場機会はなかった。 リーグ戦8試合未勝利の16位エイバル(勝ち点22)が、7試合未勝利の15位カディス(勝ち点25)のホームに乗り込んだ一戦。エイバルの乾と武藤は共にベンチスタートとなった。 立ち上がりから攻勢に出るエイバルは、15分に決定機。右サイドを持ち上がったペドロ・レオンのクロスを中央でセルジ・エンリクが合わせるとマウロにディフレクトしたボールがゴールに吸い込まれた。 このゴールでエイバルの先制かと思われたが、VARによる検証の結果、セルジ・エンリクのヘディングしたボールが腕に当たっておりハンドの判定でノーゴールとなった。 先制のチャンスを逃したエイバルは、25分にピンチ。ネグレドのパスでボックス右手前に抜け出したサルビが狙いすましたミドルシュートでゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定でゴールは取り消された。 その後は膠着状態が続いたが、エイバルは40分に失点する。ソブリーノのパスをオーバーラップしたエスピノが受けると、早めに上げた左クロスをファーサイドから中に走り込んだネグレドにダイビングヘッドで決められた。 迎えた後半、ボールの主導権をエイバルは55分にチャンス。右クロスのこぼれ球をボックス右のセルジ・エンリクが繋ぐと、ブライアン・ヒルが再びクロスを供給。ホセ・マリのブロックで浮いたボールがカラの手に当たると、主審はPKを宣告。しかし、GKドミトロビッチのPKはGKレデスマが完璧なシュートストップに弾かれた。 1点を追うエイバルは、68分にエスポジトとペドロ・レオンを下げてアレイクス・ガルシアとケヴィン・ロドリゲスを投入。さらに79分に武藤、80分にレシオをピッチに送り出した。 その後、決死の猛攻を見せたエイバルだったが、最後までカディスの牙城を崩すことはできず、そのまま0-1で敗戦。絶不調同士の一戦に敗れたエイバルは、9戦未勝利と苦しい残留争いが続く。 2021.03.07 04:38 Sun
twitterfacebook
thumb

南野拓実スタメン復帰のセインツが最下位ブレイズ撃破で待望の10戦ぶりの白星!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第27節、シェフィールド・ユナイテッドvsサウサンプトンが6日にブラモール・レーンで行われ、アウェイのセインツが0-2で勝利した。なお、サウサンプトンのFW南野拓実は88分までプレーした。   現在、14位のサウサンプトン(勝ち点30)は前節、エバートンに競り負けて直近8敗1分けの9戦未勝利という泥沼の状況が続く。最下位のブレイズ(勝ち点14)のホームに乗り込む10戦ぶりの勝利を目指した一戦では、エバートン戦を負傷で欠場した南野が左サイドハーフで先発に復帰した。   立ち上がりから主導権争いが続く中、セインツにいきなりアクシデントが発生する。10分過ぎに足を痛めたイングスがピッチに座り込むと、メディカルスタッフからプレー続行不可能との診断が下され、チェ・アダムスをスクランブル投入することになった。   エースの負傷交代によって暗雲漂うアウェイチームはライン間でボールをうまく引き出す南野を起点に攻撃を展開するが、中央を締める相手の守備をなかなか崩し切れない。24分にはロングボールで相手のバランスを崩し、GKがポジションを外したところをテラがミドルシュートで狙うが、これは枠を捉え切れない。さらに、30分にはセットプレーの二次攻撃からボックス手前の南野が左足を振っていくが、このシュートは大きく精度を欠いた。   それでも、セインツは直後の31分にディアロのクリアボールに反応したテラが快足を飛ばしてボックス内へ抜け出すと、遅れての対応となったDFアンパドゥに後方から足をかけられてPKを獲得。これをキッカーのウォード=プラウズがきっちり枠の左隅に決め、この試合最初の枠内シュートを先制点に結びつけた。   その後はマクゴールドリックのパワフルなプレーに苦戦を強いられたものの、最終ラインを中心に粘り強く守ったセインツが1点リードで試合を折り返した。   迎えた後半、ブレイズが中盤のノーウッドを削ってターゲットマンのマクバーニーを投入する攻撃的な采配を見せるが、後半もセインツが先にゴールをこじ開ける。   49分、セインツが波状攻撃からランドストラムのクリアをバートランドがボックス手前で引っかけると、このボールをボックス内のアームストロングが胸でマイナスに落とす。すると、アダムスの豪快な右足のシュートがゴール左上隅に突き刺さった。   2点リードで余裕を持った試合運びが可能となったセインツは前がかる相手の攻撃をしっかりと受け止めながら、カウンターで3点目を目指す。66分にはテラのミドルシュートでGKラムズデールのファインセーブを強いると、70分には南野に絶好機。ボックス左に抜け出したバートランドからのグラウンダーの折り返しを左足で合わせた南野だったが、このシュートはわずかに枠の左に外れた。   その後も幾度か3点目に迫る場面を創出しつつ、危なげなく時計を進めるセインツは88分、攻守に奮闘が光った南野がお役御免となり、ジェネポとの交代でベンチへ下がった。   そして、このままクリーンシートで試合を締めくくったセインツが2-0の快勝で待望のリーグ10戦ぶりの白星を手にした。 2021.03.07 01:56 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly