「美しいゴール」伊東純也が1G1Aの大活躍!技ありバックヒール弾には称賛の声「Aクラス」

2021.01.25 12:14 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘンクに所属する日本代表MF伊東純也が今シーズン6点目を決めた。ヘンクは24日、ジュピラー・プロ・リーグ第21節でリーグ首位のクラブ・ブルージュとアウェイで対戦。伊東はフル出場している。

試合開始早々に先制を許したヘンクだったが、24分、味方のスルーパスに反応したDFヘラルド・アルテアガが左サイドを抜け出すと、ゴール前に低弾道のクロスを供給。相手DFの前に体を入れた伊東がジャンプしながら左足のバックヒールで合わせ、技ありのゴールを決めた。


このゴールには、ベルギー『sporza』も「伊東が逆足で美しいゴールを決める」と称賛したほか、『Eleven Sports』ポルトガル版の公式インスタグラムでも「Aクラス」と題して、伊東のゴールシーンを取り上げている。

伊東はさらに34分にもMFバスティアン・トマのゴールをアシストし、1ゴール1アシストの活躍を見せたが、チームはその後逆転を許し、2-3で敗れた。

伊東は今シーズンのリーグ戦22試合で6ゴール8アシストを記録しているが、ヘンクはここ5試合で2分3敗と調子を落としており、クラブ・ブルージュに勝ち点差12をつけられている。
関連ニュース
thumb

【DAZN欧州組応援部】3月度のベストプレーヤーズを選出!日本代表でも活躍したFW伊東純也が1位に

DAZNと10のスポーツメディアで構成される「DAZN欧州組応援部」。その企画として、3月度月間ベストプレーヤーズが各メディアの投票により決定した。 この企画はDAZNで配信する欧州リーグ戦を対象に、対象期間内の日本人選手のパフォーマンスを10のメディアが独自の基準で評価。投票により、上位3選手を「月間ベストプレーヤーズ」として表彰するものだ。 対象となるリーグは、プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、リーグ・アン、ジュピラー・プロ・リーグ、ギリシャ・プレミアリーグ。今回は3/1(月)〜3/29(月)の試合を対象として、ベストプレーヤーを決定した。 ★参加10メディア ※順不同 DAZN NEWS/Football ZONE WEB/サッカーキング/サッカーマガジンWEB/footballista/Qoly/Goal/MILKサッカーアカデミー/サッカーダイジェストWeb/超WORLDサッカー 「DAZN欧州組応援部」3月度のTOP3選手はこちら! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/20-21europa_japanese.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;"><hr></div> <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">3位:MF久保建英(ヘタフェ)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/202103_kubo.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:3試合(先発1試合) 出場時間:117分 成績:0ゴール1アシスト チーム成績:2分け1敗 </p></div> 移籍当初は先発の座を掴むも、その後はベンチスタートとなることが多かった久保。3月の3試合のうち1試合はベンチに座ったままと苦しい状況は変わらない。それでも、7試合ぶりに先発したエルチェ戦では移籍後初アシストを記録。チームの攻撃の活性化に貢献した。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">2位:DF植田直通(ニーム)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/202103_ueda.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:3試合(先発2試合) 出場時間:190分 成績:0ゴール0アシスト チーム成績:1勝1分け1敗 </p></div> 1月にセルクル・ブルージュから移籍し、リーグ・アンでプレーする植田。移籍当初はメンバー外やベンチに座ることが多かったが、3月のニース戦で初出場すると、翌節のモンペリエ戦では初先発。その後はレギュラーポジションを掴んだ。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">1位:FW伊東純也(ヘンク)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/202103_ito.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:2試合(先発2試合) 出場時間:180分 成績:3ゴール チーム成績:1勝1分け </p></div> 3月は2試合しかなかったが、その2試合連続ゴール。右ウイングのポジションながら、インサイドに入るプレーも見せている。チームにとって重要なゴールを重ねた結果、3月の日本代表の活動でも出色の出来。今最も乗っている海外組の1人だ。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">超WS的期待の選手:DF橋岡大樹(シント=トロイデン)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/202102_hashioka.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">©STVV</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:1試合(先発1試合) 出場時間:90分 成績:0ゴール0アシスト チーム成績:1分け </p></div> チーム内で新型コロナウイルスの感染が拡大した結果、試合は1試合のみに。しかし、2月にデビューすると3月の唯一の試合では先発フル出場。ベルギーで馴染んでいく姿は4月に期待。 <span class="paragraph-title">【動画】伊東純也が見せた3月の圧巻パフォーマンス!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN%E6%AC%A7%E5%B7%9E%E7%B5%84%E5%BF%9C%E6%8F%B4%E9%83%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN欧州組応援部</a><br>3月度月間ベストプレーヤーズ<a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> と10のスポーツメディアが独自の基準で評価<br><br>第6回目の1位は <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%BC%8A%E6%9D%B1%E7%B4%94%E4%B9%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#伊東純也</a>(<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%82%AF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ヘンク</a>)<br><br>みなさんのご意見は「<a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN%E6%AC%A7%E5%B7%9E%E7%B5%84%E5%BF%9C%E6%8F%B4%E9%83%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN欧州組応援部</a>」で投稿!<br><br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%B6%85WS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#超WS</a> が次月期待する選手は!?<a href="https://t.co/bi5UsVazou">https://t.co/bi5UsVazou</a> <a href="https://t.co/e9MQhSK5Bn">pic.twitter.com/e9MQhSK5Bn</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1382662232815718402?ref_src=twsrc%5Etfw">April 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.15 20:45 Thu
twitterfacebook
thumb

伊東純也が1アシストも負傷交代…ヘンクがシント=トロイデンに4-0圧勝《ジュピラー・プロ・リーグ》

11日、ジュピラー・プロ・リーグ第33節のヘンクvsシント=トロイデンが行われ、4-0でヘンクが勝利を収めた。 この試合にはヘンクの日本代表FW伊東純也が2列目の右で先発出場。シント=トロイデンは日本代表GKシュミット・ダニエルが先発した他、DF橋岡大樹、FW鈴木優磨が先発出場。また、MF伊藤達哉が後半途中から出場し、昨年11月以来の出場を果たした。 リーグ戦2位のヘンクと15位のシント=トロイデンの一戦。リンブルフ州に本拠地を置く両クラブのリンブルフ・ダービーは、立ち上がりからヘンクがペースを握る。 9分には右サイドでボールを持った伊東が得意のスピードを生かしたドリブルでカットイン。そのままボックス手前まで持ち込むと左足でシュートを放つが枠を外れる。 17分にはヘンクが敵陣でパスカットからカウンター。最後は伊東がクロスを上げると、テオ・ボンゴンダがボックス内でシュートを放つが枠を外れていく。 すると21分、再びシント=トロイデンのパスが繋がらないと、ヘンクがカウンター。伊東がボックス右からクロスを上げると、中央でポール・オヌアチュが触れると、最後はボンゴンダが流し込み、ヘンクが先制する。 先制したヘンクは24分にも追加点。シント=トロイデンのクロスをブライアン・ヘイネンがカットすると、ドリブルで持ち出し伊東へパス。その伊東はワンツーの形で返すと、豪快にヘイネンが蹴り込み、リードを2点とする。 さらに35分には、伊東のスルーパスに反応したオヌアチュがボックス内でヒールパス。これはシント=トロイデンのDFがカットするも、こぼれ球を後方から走り込んだクリスチャン・トルストベットがシュート。GKシュミット・ダニエルは触れるも、そのままゴールに入った。 攻め手がないシント=トロイデンだったが、40分にクリスティアン・ブルースのパスを受けたジョンべ・ムボヨが倒されPKを獲得。このPKを鈴木がキッカーを務めるが、中央を狙ったシュートはGKマールテン・ファンデフートが左足でセーブ。18点目を逃してしまう。 ヘンクが3点をリードして迎えた後半。すると53分にもヘンクが追加点。ヘイネンのフィードが通ると、ダニエル・ムニョスのグラウンダーのクロスをトルストベットがフリック、最後はオヌアチュが股抜きのシュートを決めてリードを4点とする。 内容でも圧倒していたヘンクだがここでアクシデント。58分に伊東が股関節を痛めた様子で自ら交代を申し出る事態に。その後もシント=トロイデンはチャンスを生かせずにタイムアップ。4-0でヘンクが快勝を収めた。 ヘンク 4-0 シント=トロイデン 21分 1-0:テオ・ボンゴンダ(ヘンク) 24分 2-0:ブライアン・ヘイネン(ヘンク) 35分 3-0:クリスチャン・トルストベット(ヘンク) 53分 4-0:ポール・オヌアチュ(ヘンク) <span class="paragraph-title">【動画】伊東純也が1アシスト、ヘンクvsシント=トロイデン</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=12r2vccu0inpz1jhe51crzj5q6" async></script> 2021.04.12 08:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「調子がいい感じというですね」内田篤人氏がシーズン二桁得点の伊東純也の思い切りの良さを称賛

元日本代表DF内田篤人氏が、ヘンクに所属する日本代表MF伊東純也のプレーを解説した。『DAZN』の自身の番組『Atsuto Uchida's FOOTBALL TIME』内で語っている。 現在は日本代表に招集されている伊東は、代表合流前の19日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第31節でスタンダール・リエージュと対戦し、2ゴールをマーク。今シーズン10ゴール9アシストとキャリア初となるシーズン二桁得点を達成していた。 まずは58分にMFテオ・ボンダゴンダからの浮き球のパスをボックス右で受けた伊東が、絶妙なトラップから豪快に右足を振り抜き、逆サイドのサイドネットに突き刺した場面。 内田氏は伊東の思い切りの良さを称賛しつつも、ゴールできなかった場合のことも考え、注文も忘れなかった。 「シュートまで迷いがないというか、トラップしたら逆サイドに打つよという意識がありますよね。シュートも抑えたいいシュートだし。本来ならばこの後倒れないで打ってほしいんだよね。倒れちゃってるけど。細かいこと言うけど、バランスとか含めね」 そして、72分に左サイドのDFヘラルド・アルテアガのクロスを再びボックス内で受け、相手DFの股を抜いて決めたシーンについては、次のように解説した。 「これ入る?というシュートだけど、飛ぶコースもいいし。(DFの)股か、これは難しかったね。迷いがないね、止めてから撃つのが。調子がいい感じというですね」 他にも、ゴールに繋がらなかったものの伊東がチャンスを演出したシーンについて、「2アシスト未遂だね」としっかり評価していた。 ベルギーで好調を維持する伊東。25日に行われた韓国代表戦では、攻撃以上にファーストディフェンダー、プレスのかけ方と守備で貢献していた。30日に行われるモンゴル代表戦ではヘンクで見せているようなゴールに期待したいところだ。 <span class="paragraph-title">◆【動画】伊東純也が圧巻の2ゴール!2アシスト未遂も!</span><span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=vq7kmlmsjda919ylxprur6l36" async></script> 2021.03.26 18:46 Fri
twitterfacebook
thumb

ベルギーで二桁得点の伊東純也、「結果を求められる中で」と意識の変化を語る

日本代表は23日、国際親善試合の韓国代表戦に向けたオンライン取材に応対した。 2019年11月以来となる国内での代表活動。今回のメンバーには、昨年のヨーロッパ遠征では招集されなかったJリーグ組も14名招集され、新たな選手も多く名を連ねた。 22日からトレーニングをスタートたせた日本代表。2日目のトレーニング前に選手たちが取材対応した。 欧州組としてチームに合流したヘンクに所属するMF伊東純也。今シーズンはここまでジュピラー・プロ・リーグで30試合に出場し10ゴール9アシストを記録している。 昨シーズンは29試合で5ゴール7アシストであり、大きく数字を伸ばしている中、成長の秘訣について「得点については、あまり獲るのが得意ではなかったというか、チャンスメイクが得意な部分だったのでそこばかりでしたが、海外で結果を求められる中で、得点も獲らないといけないなというところで、自分で獲りに行くように意識しました」とコメント。より結果を残すというメンタリティの変化があったとした。 また「ゴール前に入るところだったり、逆サイドからのクロスに入るところは特に意識していて、そこの得点が増えたと思います」とコメント。「逆サイドにあるときは、ゴール前に入っていくように意識しています」とし、自身の動き方を変えたと明かした。 一方で、チャンスメイクについてもチームのやり方が変わったとコメント。「今はチームでサイドに張るというよりは、サイドバックが高い位置をとって、自分は中にいるので、すごくドリブルでいくというよりは、コンビネーションや逆サイドからのクロスに入って行ったりというところが多くなるので、やり方は少し変わっているかなと思います」と、立ち位置とプレーで求められることが変わったとした。 そもそも伊東が得点を必要と考えた理由については「特になくて、自分で10得点10アシストを目標にしてやってきた」とコメント。「そこをやるためにはゴールを獲らないといけないといけないというのがある」と、自身が立てた目標を達成するために動いていると語った。 また、この先のステップアップについても「それもあります」とし、「チャンスメイクの部分はできていたので、最後に自分で獲ることができれば選手としての価値も上がるので、そこを目標にやろうとしていました」と、キャリアを考えての行動がプラスに働いていることを明かした。 「もちろんより高いレベルでやりたいと思っていますが、今は目の前のところで結果を出していくしかないと思っているので、そういったところでしっかりと結果を出せば上が見えて来ると思うので、そこを大事にしています」と、さらに上に行きたいという意欲を見せた。 今回は久しぶりの日本国内での試合となるが「まず試合できることに喜びを感じますし、しっかりと日本でできるので、勝てるように、結果にこだわってやりたいと思います」とコメント。結果にこだわりたいとした。 伊東は2017年に行われたEAFF E-1サッカー選手権で韓国代表と対戦している。その試合については「E-1の時に、負けたことは結構印象に残っています。リベンジしたい気持ちがあります」コメント。日韓戦で必要なことは「球際は激しく来ると思うので、そこで負けないことはもちろんです。各々が自分の長所をしっかり出せれば勝てると思うので、自分たちの良さを出すこと大事だと思います」と、日本代表として長所を出すことが重要だとした。 今回の日本代表はかつてのチームメイトとも共演することとなる。その点については「(稲垣)祥くんもそうですし、(江坂)任も進(中谷進之介)もレイソルでやっていました」とコメント。ただ、「昨日合流して、国内組と国外組であまり接触しないようにというのがあるので、全然話せていないのがあります」とコミュニケーションはあまり取れていないと語り、「これから練習で合わせていければと思いますし、新しい選手に負けないようにしたいです」とポジション争いで負けないと意気込んだ。 2021.03.23 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

2発の伊東純也がキャリア初の二桁到達で代表に弾み! ヘンクは2-2のドロー《ジュピラー・プロ・リーグ》

ヘンクの伊東純也が日本代表活動に弾みをつけた。 3位のヘンクは19日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第31節で12位のスタンダール・リエージュとホームで対戦。伊東は右ウィングで先発した。 互いにゴールネットを揺らせず、折り返した試合は53分にスタンダール・リエージュが先制。しかし、59分に敵陣中央の位置から右サイドのスペースに浮き球パスが通ると、そのサイドを駆け上がった伊東がワントラップからの右足シュートをゴール左に突き刺して、ヘンクが追いつく。 食いさがるヘンクは72分、再び伊東がゴール。左サイドからの折り返しがファーサイドに流れると、ボックス左で拾った伊東が相手DFの股下を射抜く右足シュートをゴール右に沈めて、勝ち越した。だが、81分に同点弾を浴びて、2-2のドローで終了。3連勝とはならなかった。 なお、伊東は2戦連発となり、今季初の1試合2ゴールを記録。リーグ戦での得点数をキャリア初の二桁となる10ゴールに乗せ、代表に向かうこととなった。 ヘンク 2-2 スタンダール・リエージュ 【ヘンク】 伊東純也(後14、後27) 【スタンダール・リエージュ】 クラウス(後8) ムレカ(後36) 2021.03.20 08:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly