岡崎慎司が4戦ぶり先発のウエスカが格上ビジャレアルとドロー《ラ・リーガ》

2021.01.24 00:08 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第20節、ウエスカvsビジャレアルが23日に行われ、0-0のドローに終わった。なお、ウエスカのFW岡崎慎司は先発し57分までプレーした。前節、パチェタ新体制の初陣となったヘタフェ戦を0-1で落とした最下位のウエスカ(勝ち点12)は、4位のビジャレアル(勝ち点33)とのホームゲームで新体制初白星を狙った。リーグ戦では3試合連続途中出場が続いていた岡崎だが、この一戦では4戦ぶりにスタメンで起用された。

ホームのウエスカが引き続き[3-4-3]の布陣を採用した中、ジェラール・モレノら一部主力を欠くビジャレアルは同じく[3-4-3]の布陣でミラーゲームを仕掛けた。

立ち上がりから中盤での潰し合いが目立ち、互いに相手の守備ブロックをこじ開ける有効な攻めを見出せない。19分にはボールを握っていたビジャレアルがパレホのミドルシュートで相手ゴールに迫るが、これは大きく枠を外れた。

一方、ヘタフェ戦に続き守備では締まったプレーを見せるウエスカだが、岡崎ら前線の選手になかなかボールが収まらず、攻撃が停滞。さしたる決定機を作れぬまま、前半を0-0のスコアで終えた。

迎えた後半の立ち上がりに両チームを通じて最初の決定機が訪れる。51分、左サイドを突破したペドラサのクロスをゴール前に走り込んできたモイ・ゴメスが右足のダイレクトで枠に飛ばすが、ここはGKの好守に阻まれた。その直後にはウエスカのオンティベロスが個人技で左サイドを突破してフィニッシュまで持ち込むが、肝心のシュートはGKアセンホに難なくセーブされた。

膠着状態が続く中、先に動いたのはホームのウエスカ。岡崎、オンティベロス、エスクリチェと3トップを全員ベンチに下げてラファ・ミル、ミケル・リコ、セルヒオ・ゴメスを一気にピッチに送り込んだ。

一方、後半に入っても攻めあぐねるアウェイチームも後半半ばを過ぎて交代カードを切っていく。存在感を欠いたバッカに代えてアルカセル、84分には最終ラインのフネス・モリを下げてストライカーのフェル・ニーニョをピッチへ送り込んだ。

試合終盤にかけては前線の枚数を増やしたビジャレアルが押し込む展開となったが、エース不在で迫力を欠く攻撃はことごとくウエスカの守備に撥ね返され、このまま0-0でタイムアップを迎えた。

パチェタ新体制初勝利とはならなかったものの、ウエスカが上位相手に最低限の勝ち点1を奪取。一方、エメリ監督の消極的な采配も影響して勝ち切れなかったビジャレアルは2戦連続ドローとなった。
関連ニュース
thumb

セルタ、降格ウエスカからリーグ屈指の攻撃的SBハビ・ガランを獲得!

セルタは7月31日、ウエスカからスペイン人DFハビ・ガラン(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの5年となる。 ガランはバダホス、コルドバを経て2019年1月にウエスカへ完全移籍で加入。すぐさま左サイドバックのレギュラーに定着も、チームはセグンダA(スペイン2部)に降格した。 それでも、翌シーズンに日本代表FW岡崎慎司らと共にセグンダ優勝を果たし、1年でのプリメーラ復帰を果たすと、昨シーズンのプリメーラではチームは再び降格の憂き目に遭ったものの、個人としては37試合1ゴール2アシストの数字を残した。 そして、左サイドバック、ウイングバックを主戦場に突破力と高精度のクロスが高い評価を集めるリーグ屈指の攻撃的サイドバックは、昨シーズンの後半戦で躍進を遂げたセルタへのステップアップを勝ち取った。 2021.08.01 13:43 Sun
twitterfacebook
thumb

ウエスカが岡崎慎司に次ぐ2人目の日本人選手獲得! FW桑原茜が女子チーム初の選手に

ウエスカは27日、日本人FW桑原茜(28)が加入することを発表した。桑原はウエスカの女子チームにとって初めての日本人となる。 ウエスカといえば、元日本代表FW岡崎慎司が2020-21シーズンまで所属していたクラブ。クラブ史上2人目の日本人選手となり、ウエスカ・フェメニーノ(女子チーム)にとっての1人目の日本人となる。 桑原は大阪府出身でなでしこリーグ2部のASハリマアルビオンで20015年から2018年までプレー。その後はスペインへと渡り、昨シーズンはレバンテ・ラス・プラナスでプレーした。 そこでは16試合で14ゴールを決め、チーム内得点王に輝く活躍。ウエスカに加入することが決まった。 桑原はクラブを通じて、加入の意気込みを語った。 「こんにちは。今シーズンからウエスカ・フェメニーノでプレーさせていただくことになりました桑原茜です」 「チームの目標であるリーグ優勝、昇格に向けて全力で戦っていきたいと思います。頑張ろう、ウエスカ!」 <span class="paragraph-title">【動画】加入の意気込みを語る桑原茜</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">女子ウエスカの補<br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%A1%91%E5%8E%9F%E8%8C%9C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#桑原茜</a> 選手の最新コメント<br><br>「チームの目標であるリーグ優勝、昇格に向けて全力で戦っていきたいと思います。 <br>頑張ろう、ウエスカ!」<a href="https://twitter.com/Mamrm5?ref_src=twsrc%5Etfw">@Mamrm5</a> <a href="https://twitter.com/SDHuescaFem?ref_src=twsrc%5Etfw">@SDHuescaFem</a> <a href="https://t.co/DGHOOameRA">pic.twitter.com/DGHOOameRA</a></p>&mdash; SDウエスカ【公式】 (@SDHuesca_jp) <a href="https://twitter.com/SDHuesca_jp/status/1420341729165709313?ref_src=twsrc%5Etfw">July 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.07.29 09:42 Thu
twitterfacebook
thumb

ウエスカがナイキとサプライヤー契約締結!ケルメとの契約は早期終了へ

ウエスカは18日、ナイキとのサプライヤー契約を発表した。契約期間は2021-22シーズンから4年間となる。 ウエスカは2018年からスペインのブランドであるケルメがユニフォームを提供していたが、契約を早期に終了した形だ。 ウエスカのマヌエル・トーレスCEOは、今回の契約に関して「ナイキブランドは私たちと同じ価値観を反映している。ファンに新しい魅力的な製品を提供することを楽しみにしている」とコメントした。 また「これは私たちのブランドのマーケティングと拡大のためにより多くの可能性を生み出すので、クラブにとって重要な合意である」と語り、今後のクラブのブランド価値向上に期待を寄せた。 なお、2021-22シーズンのユニフォームに関しては、間もなく発表があるとのことだ。 日本代表FW岡崎慎司も在籍するウエスカは、今シーズンからラ・リーガ昇格。しかし、序盤から降格圏に沈むと、7勝13分け18敗の18位に終わり、1年での2部降格が決定していた。 <span class="paragraph-title">【写真】ウエスカ、ケルメ時代のユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/GettyImages-1305794453.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2021.06.19 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

降格バジャドリー、ウエスカのパチェタ監督を招へい

バジャドリーは16日、ウエスカを率いていたパチェタ監督(53)の就任を発表した。契約期間は2023年6月までの2年間となっている。 今季ラ・リーガで19位に沈んだバジャドリーは4季ぶりに降格。セルヒオ・ゴンサレス監督との契約を解除していた。 昨季、エルチェを1部昇格に導いたパチェタ監督は、今年1月にFW岡崎慎司の所属するウエスカの指揮官に就任。6勝4分け10敗の戦績を残して一時は残留圏内に浮上するなどチームを立て直したが、最終的には18位に終わってウエスカは降格していた。 2021.06.17 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司がウエスカ退団を表明…今後も「挑戦し続けます」

ウエスカの元日本代表FW岡崎慎司(35)が今季限りでの退団を表明した。 岡崎はレスター・シティから2019年夏にマラガ移籍を果たしたが、選手登録ができず、契約を解除。同年9月に1年契約で当時ラ・リーガ2部のウエスカに加入した。 そのウエスカ移籍初年度から32試合の出場で12得点と攻撃陣を牽引して、ラ・リーガ昇格に貢献。契約を延長して、自身初のスペイン1部挑戦となる今季に挑んだ。 しかし、徐々にベンチスタートに回る試合が増えていき、25試合の出場でわずか1得点。ウエスカも7勝13分け18敗の18位に終わり、1年での2部降格が決定した。 岡崎は23日、自身のインスタグラムを通じて今季終了を報告するなかで、現在の心境とともに退団も明らかに。そして、来季も現役を続ける意向を示唆した。 「今シーズンが終わりチームの降格が昨日決定してしまいました。初めてラリーガ挑戦は悔しい結果に終わりました。クラブやファンにも申し訳なく思います」 「来季はウエスカでプレーする事はないけど、僕はウエスカが好きで、地域やクラブ、環境も含めて応援し続けたいと思う」 「応援してくれた皆さん1年間ありがとうございました。ラリーガ初挑戦は悔しい結果になったけど、まだ懲りずに挑戦し続けます」 2021.05.24 09:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly