チェルシー退団のピアソン、9年半在籍したクラブへの失意語る「単なるビジネスだった」

2021.01.22 16:19 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブラガのブラジル人FWルーカス・ピアソンが、不遇だったチェルシー時代を振り返っている。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えた。

ピアソンは2011年夏にサンパウロからチェルシーに加入すると、初年度にチェルシーユースの年間最優秀選手に選出。将来に期待がかけられていたが、その後はマラガやフィテッセ、フランクフルト、フルアムらへのレンタル移籍を繰り返すことに。結局チェルシーのトップチームでは公式戦3試合の出場しか果たせぬまま、今月14日にブラガへ完全移籍した。


ピアソンは以前から、青田買いで獲得した若手選手を高値で売却するチェルシーの手法を批判している。ロンドンのクラブを完全に離れた今回も、『インスタグラム』においてチェルシーで味わった失意を明かした。

「僕たちが(レンタル先から)戻ってくると、いつも新しい監督がいた。そして、夏のプレシーズンを過ごしている途中で新しい選手が入ってくるんだ。その度に、『うまくやれば監督が引き留めてくれるかも』と思っていたよ」

「でも心の底では、クラブは新加入選手に大きなお金を払っている以上、間違いなく彼らを起用するから、僕らにチャンスはないと思っていた。3~5週間はクラブにいられると分かっていたけど、その後にレンタル先をクラブが見つけてくる」

「最初の頃は、チェルシーが本当に自分を必要としていて、僕が成功して戻ってくることを望んでくれていると思っていた。でも、3~4回目のローンの後で、これは単なるビジネスだと理解したんだ」

また、インタビューのなかでピアソンは、2年間で公式戦58試合に出場したフルアムに完全移籍できなかったことについて、非常にフラストレーションが溜まったと吐露している。

「僕はフルアムに残ることを確信していた。そこでの2シーズンは素晴らしかったし、クラブを愛していたからね。だから、何が起こったのかはいまだに分からないよ。チェルシーからはトマシュ・カラスも来ていたが、彼も残らなかった」

「フルアムがチェルシーに出したオファーが十分だったかどうか、そもそもオファーを出していたのか、わからない。でも、僕は2年間でクラブやファンと素晴らしいつながりを持っていたから、厳しい決定だった。プレミアに残れず、フラストレーションもあったね」

さらに、ピアソンはチェルシーで良い時期を過ごしたとは言い難いものの、そこで得た経験は大きなものだったと、現在の前向きな心境を語った。

「チェルシーでは正直言って大変だったけど、後悔はしていない。若い時にスペインやオランダ、ドイツに行けたんだ。良い経験になったし、トップリーグでプレーできて楽しかった。もちろん、1つのクラブにずっといられる方が良いだろうけどね」


関連ニュース
thumb

レーティング:チェルシー 0-0 マンチェスター・ユナイテッド《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第26節、チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッドが2月28日にスタンフォード・ブリッジで行われ、0-0のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽チェルシー採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/ get20210302_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 16 メンディ 6.0 マクトミネイの際どいシュートを身体を張ってセーブするなど、相手の枠内シュートをきっちりセーブした   DF 28 アスピリクエタ 6.5 幾度か良いインターセプトを見せ、対人守備でも抜群の安定感。まさにソリッドというパフォーマンス   4 A・クリステンセン 7.0 アトレティコ戦に続き集中したプレーを90分間継続し、ユナイテッド攻撃陣を封殺した   2 リュディガー 6.5 守備面では引いた状態での繊細な対応、高い位置まで飛び出しての出足鋭い潰しと守備面で抜群の存在感。カオスを生む意表を突いた攻め上がりも相手をかく乱する一因に   MF 20 ハドソン=オドイ 5.5 微妙なハンドはVARでノーファウルに。幾度か際どいクロスを供給し、守備でもハードワークを怠らず。ただ、筋肉系のトラブルか、前半のみの出場に   (→リース・ジェームズ 5.5) 幾度か惜しい場面に顔を出した。守備でも無難にまとめていた   7 カンテ 6.5 相手のキーマンであるブルーノ・フェルナンデスを徹底監視。さらに、浮いた相手のアタッカーを要所で封じる八面六臂の守備を見せた   22 ツィエク 5.0 相手の強度の高いプレスに対してボールロストが目立った。さらに、後半序盤の決定機は決め切りたかった   (→ヴェルナー 5.0) 幾度かフィニッシュに絡んだが怖さがない   19 マウント 6.0 疲労の影響かラストプレーの精度やマクトミネイとのマッチアップで苦戦も、攻守両面での仕事量は相変わらず多かった   17 コバチッチ 6.5 決定的な仕事はできなかったが、見事なドリブルやターンで相手のプレスを鮮やかに回避。守備の強度も高かった   21 チルウェル 6.0 後半序盤の最大の決定機を演出。それ以外の場面では攻守に堅実な仕事を見せた   FW 18 ジルー 5.0 前線で身体を張ったが、良い形でなかなかボールを受けられなかった   (→プリシッチ 5.0) 局面打開が期待されたが、相手の守備を上回るプレーを見せられず   監督 トゥヘル 5.5 守備は相変わらずソリッドだったが、ユナイテッドの集中した守備を前に攻撃面で課題を残した   ▽マンチェスター・ユナイテッド採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210301_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 デ・ヘア 6.5 ツィエクの決定機をビッグセーブで阻止。それ以外も相手の枠内シュートを危なげなく止め続けた   DF 29 ワン=ビサカ 6.0 マイボール時に相手に狙われて苦しんだが、肝心の守備ではいつも通りの安定感だった   2 リンデロフ 6.5 味方がうまく限定した相手の攻撃を冷静な対応で抑え込んだ。際どいクリアなど無理の利く対応も光った   5 マグワイア 6.5 攻守両面で安定したパフォーマンス。守備ではうまく味方を使いながらリスクを管理。ジルー相手に強さも見せた   23 ショー 6.5 リース・ジェームズの決定機を好ブロックで阻止。安定した守備に加えて、後半には絶妙な飛び出しから決定機にも絡んだ   MF 21 ダニエル・ジェームズ 6.0 攻撃面ではなかなか良さを出せなかったが、機動力と献身性を武器に守備のタスクをきっちりこなした。   39 マクトミネイ 6.0 守備面で中盤に強度をもたらし、惜しいシュートも放った。ただ、コンディションが万全ではなかったか、好調時に比べて抑えめのプレーに   18 ブルーノ・フェルナンデス 5.5 守備やボールを引き出すハードワークは見せたが、カンテらの徹底監視に遭い、決定的な仕事はできなかった   17 フレッジ 6.0 中盤のダイナモとして攻守に奮闘。惜しいシュートも放ったが、相手の堅守を上回る一工夫がほしかった   10 ラッシュフォード 5.0 前半に直接FKで見せ場があったが、以降はアスピリクエタらにうまく抑え込まれた   FW 11 グリーンウッド 5.5 最前線での起用でまずまず機能。課題の守備でも交代するまでハードワークをこなした   (→マルシャル 5.0) 攻守両面で物足りない出来に   監督 スールシャール5.5 敵地で最低限の勝ち点1を持ち帰ったが、負傷者の影響もあって攻撃面でパワーを出し切れず   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! クリステンセン(チェルシー) チアゴ・シウバの代役として見劣りしない攻守両面での存在感を発揮。相手のプレッシャーに晒された中で的確にボールを捌き、守備の局面でも対人、カバーリング共に安定していた。   チェルシー 0-0 マンチェスター・ユナイテッド 2021.03.01 04:17 Mon
twitterfacebook
thumb

90分間均衡保たれたチェルシーとユナイテッドの上位対決はゴールレス決着《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第26節、チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッドが2月28日にスタンフォード・ブリッジで行われ、0-0のドローに終わった。   現在、5位のチェルシー(勝ち点43)は前節、サウサンプトン相手に主導権を握りながらも崩しの精度を欠いて1-1のドロー。プレミアリーグでの連勝が「4」でストップした。それでも、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦ではアウェイゴールを奪って1-0の先勝を飾った。   この勝利によってトゥヘル新体制移行後、公式戦8試合無敗(6勝2分け)を維持する好調なチームは、難敵ユナイテッドをホームで迎え撃った一戦でアトレティコ戦から先発3人を変更。マルコス・アロンソ、ジョルジーニョ、ヴェルナーに代わってチルウェル、カンテ、ツィエクを起用した。   一方、首位のマンチェスター・シティと10ポイント差で2位に付けるユナイテッド(勝ち点49)は、エバートン、WBA相手に2戦連続ドローと嫌な流れに陥っていたが、前節のニューカッスル戦では3-1の快勝。また、ミッドウィークのヨーロッパリーグ(EL)ではレアル・ソシエダ相手に0-0のドローに終わるも、4-0で圧勝した1stレグのアドバンテージを生かして順当にベスト16進出を決めた。   今季12戦無敗(8勝4分け)と得意とするアウェイゲームで勝ち点3奪取を狙ったこの一戦では、前節のニューカッスル戦から先発2人を変更。マティッチに代えて負傷明けのマクトミネイ、マルシャルに代えてグリーンウッドを最前線に置いた。   試合は立ち上がりから激しくプレッシャーを掛け合うハイインテンシティの攻防となる。互いに相手の狙いを持ったプレスをかいくぐれず中盤でのボールの奪い合いが続くも、コバチッチ、ブルーノ・フェルナンデスらプレス回避に長けた中盤の選手が要所で局面を打開し、相手陣内深い位置まで運ぶ場面も作り出す。   そういった流れの中、14分にはユナイテッドがボックス手前で得たFKの場面でキッカーのラッシュフォードが得意のブレ球のシュートを枠に飛ばすが、ここはGKメンディが冷静にはじき出す。直後の15分にはチェルシーのツィエクがミドルシュートを枠に飛ばすが、こちらもGKデ・ヘアの守備範囲。   枠内シュートを1本ずつ打ち合ったが、以降は互いの連動した守備を上回るような攻撃を見せることができず、引き続き睨み合いの展開に。ユナイテッドはマグワイア、チェルシーはリュディガーと最後尾の選手が局面を変える持ち上がりなどで相手のプレッシャーラインを越えていくが、アタッキングサードの攻略には至らない。36分にはハドソン=オドイの右クロスからゴール前のジルーに決定機が訪れるが、得意のダイビングヘッドは枠の左に外れた。   前半終盤にかけてはアウェイチームが押し込むところまで持っていったが、チェルシーの堅守をこじ開けることはできず。結局、前半は0-0のスコアで終了した。   迎えた後半、先に動きを見せたのはホームチーム。筋肉系のトラブルか、ハドソン=オドイを下げてハーフタイム明けにリース・ジェームズを投入した。ただ、後半に入って相手のプレスをいなし始めたチェルシーは48分、マウントとのパス交換で左サイド深くに侵攻したチルウェルが精度の高い折り返しを入れると、ニアのジルーはわずかに間に合わなかったが、後方からフリーで走り込んだツィエクが左足のダイレクトシュート。GKデ・ヘアがファインセーブではじき出したボールをリース・ジェームズが蹴り込みに行くが、今度はDFのブロックに阻まれた。   一方、後半立ち上がりは圧倒的にボールを握られて守勢に回ったユナイテッドだが、61分に後半最初の決定機を作り出す。ボックス付近での細かい繋ぎからショーが抜群の飛び出しを見せてボックス左から鋭いグラウンダーのクロスを供給。ファーに流れたボールをワン=ビサカがマイナスに落とすと、マクトミネイが右足のダイレクトシュート。ゴール前の密集を抜けたボールがゴールに向かうが、ここはGKメンディの好守に阻まれた。   後半も半ばを過ぎると、前半同様の拮抗した展開となる。ホームで勝ち切りたいチェルシーは66分にジルーを下げてプリシッチ、78分にはツィエクに代えてヴェルナーをピッチに送り出す。対するユナイテッドは79分、グリーンウッドに代えてマルシャルを最前線に入れた。   試合終盤にかけては共に勝ち点3がほしい一方、負けたくない気持ちも入り混じる難しいバランスを保ちながらの攻防となる。90分にはユナイテッドが相手のセットプレーを撥ね返して人数をかけたロングカウンターを仕掛けたが、右サイドを持ち上がったマクトミネイからのラストパスが相手守備に引っかけられてしまい、劇的な先制点奪取とはならず。   そして、最後まで均衡が保たれたまま試合は0-0でタイムアップを迎え、チェルシーはトゥヘル体制の無敗、ユナイテッドは今季アウェイゲーム無敗を継続したが、結果的には痛み分けとなった。 2021.03.01 03:28 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴェルナーがゴール欠乏を悔いる「僕次第で彼はまだここにいられたかもしれない」

チェルシーのドイツ代表FWティモ・ヴェルナーが、得点不足に陥っていた時期を振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』がコメントを伝えている。 昨夏に移籍金4750万ポンドでチェルシーに加入したヴェルナー。昨シーズンのライプツィヒではリーグ戦34試合で28得点とゴールを量産していただけに、チェルシーでも同様の活躍が期待されたが、蓋を開けてみれば、リーグ戦ではここまでわずか5ゴールにとどまっている。 それでも最近は、第22節のトッテナム戦と翌節のシェフィールド・ユナイテッド戦でPK奪取で貢献するなど徐々にゴールに近づき、第24節のニューカッスル戦ではついに長いトンネルを抜け出した。 ヴェルナーは素直にこれを喜ぶとともに、もっと早くゴールを決めていれば、フランク・ランパード前監督の解任は免れたのではないかと、罪悪感を覚えているようだ。 「これほど多くのチャンスを逃したことが今までなかったから、僕にとって最悪の時期だった。だから2試合前にゴールを決められてホッとしているよ。この感情がなければ今頃大変だっただろうね」 「ストライカーとしてゴールを決めるためにここに来た。だから多くのチャンスを逃したことには少し罪悪感があるよ。それはクラブにとっても、前監督にとっても、僕にとってもね」 「僕がもう3、4点取れていれば、2、3試合勝利が増えて、前監督はいなくならずに済んだかもしれない。でも過去を見過ぎるのは良くない。目の前にはあまりにも多くの試合があるんだから」 「前の監督のことはよく理解していた。だから言語のせいではないけど、誰かがドイツ語で説明してくれた方が理解は簡単だっただろう」 「彼や彼のアシスタントはブンデスリーガの頃から僕を知ってくれていた。彼はブンデスリーガのティモに戻れるよう、信頼と自信を与えてくれていたんだ」 「プレミアリーグではしなければならない事がたくさんある。たとえばブンデスリーガよりもはるかに守備の仕事が多いとかね。今のところ分かったのは、プレミアが本当にハードということだね。それは相手が下位チームだろうと中位のチームだろうと変わらず一緒なんだ」 28日にプレミアリーグ第26節でマンチェスター・ユナイテッドとの大一番に臨むチェルシー。果たしてヴェルナーはゴールで勝利に導くことはできるだろうか。 2021.02.28 19:08 Sun
twitterfacebook
thumb

ジョルジーニョが新体制に手応え!コバチッチとの連係は「申し分ない」

チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョが、チームの現状に満足感を示している。 先月末にトーマス・トゥヘル監督が就任し、再スタートを切ったチェルシー。ここまで公式戦8試合無敗を継続しており、リーグ戦では4勝2分け、チャンピオンズリーグでは強豪アトレティコ・マドリー相手に白星を挙げた。 その中でジョルジーニョは、途中出場となったリーグ戦のサウサンプトン戦と招集外となったFAカップのバーンズリー戦を除いてフル出場しており、新体制で存在感を放っている。 28日にプレミアリーグ第26節でマンチェスター・ユナイテッドとのビッグマチを迎える中、イタリア代表MFはチームの状態に満足感を示すと共に、指揮官の印象も語った。 「チームが良くやっていてハッピーだよ。懸命に取り組み、監督の要求に応えようとしている。しっかり前に進めていると思うよ」 「監督は選手たち個々のキャラクターを理解しているし、彼の望むプレーは僕たちのキャラクターに合っている。それを踏まえたうえで、彼は僕たちにアドバイスをし、正しい道を与えてくれている。自ずと結果も付いてくるはずさ」 ジョルジーニョはまた、中盤でコンビを組むクロアチア代表MFマテオ・コバチッチにも言及。互いに理解し合っている存在だと語り、確かな連携を築いていることを主張した。 「彼とは良い関係を築けているよ。フットボールに対する同じ考え方を持っているからね。僕たちは互いに相手が何をしたいか、相手に何をして欲しいのか分かるんだ。だから彼と一緒にプレーするのは本当に簡単なことなんだよ」 「僕たちはその時々で誰がどこにいて欲しいのか理解し、正しい瞬間に間隔を取り合っている。守備でも補完し合っているよ。どのタイミングで距離を詰めるか、またはそうしないのか、互いに理解しているんだ」 最後にユナイテッド戦については「より一層のモチベーションを生む試合だ。まずはしっかりディフェンスすることが大切だ」と意気込みを語った。 2021.02.28 14:27 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレミア注目プレビュー】トップ4圏内狙うブルーズと逆転リーグ制覇狙うユナイテッドの上位対決!

プレミアリーグ第26節、チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッドが日本時間2月28日25:30にスタンフォード・ブリッジでキックオフされる。トゥヘル就任以降、無敗を継続する新生ブルーズが2位のユナイテッドをホームで迎え撃つ注目の上位対決だ。 現在、5位のチェルシー(勝ち点43)は前節、サウサンプトン相手に主導権を握りながらも崩しの精度を欠いて1-1のドロー。プレミアリーグでの連勝が「4」でストップした。それでも、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦ではFWジルーの豪快なオーバーヘッド弾を守り抜き、アウェイゴールを奪って1-0の先勝を飾った。 この勝利によってトゥヘル新体制移行後、公式戦8試合無敗(6勝2分け)を維持する好調なチームだが、今節を皮切りにCL出場権を争うリバプール、エバートンとの重要な連戦を控えており、難敵相手に勝ち切って弾みを付けたいところだ。 一方、首位のマンチェスター・シティと10ポイント差で2位に付けるユナイテッド(勝ち点49)は、エバートン、WBA相手に2戦連続ドローと嫌な流れに陥っていたが、前節のニューカッスル戦では伏兵ダニエル・ジェームズのゴールなどで3-1の快勝を収めた。また、ミッドウィークのヨーロッパリーグ(EL)ではレアル・ソシエダ相手に0-0のドローに終わるも、4-0で圧勝した1stレグのアドバンテージを生かして順当にベスト16進出を決めた。 来週ミッドウィークのクリスタル・パレス戦を挟んで来週末にシティとの重要なダービーを控える赤い悪魔は、逆転優勝に向けてこれ以上の取りこぼしは許されず、最低限10ポイント差を維持してダービーに臨むため、今季12戦無敗(8勝4分け)と得意とするアウェイゲームで勝ち点3奪取が必須だ。 なお、昨年10月に行われた前回対戦はホームのユナイテッドが優位に進めたものの、チェルシー守備陣の奮闘によってランパード前体制のブルーズが0-0のドローに持ち込んでいた。また、チェルシーの指揮官としては初対決となるトゥヘル監督だが、パリ・サンジェルマンの指揮官として戦った今季のCLグループステージでは1勝1敗の戦績を残している。 ◆チェルシー◆ 【3-4-2-1】 ▽チェルシー予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210227_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:メンディ DF:アスピリクエタ、クリステンセン、リュディガー MF:リース・ジェームズ、カンテ、コバチッチ、マルコス・アロンソ MF:マウント、ヴェルナー FW:ジルー 負傷者:DFチアゴ・シウバ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはチアゴ・シウバを除く全選手が起用可能だ。 スタメンに関してはアトレティコ戦をベースに幾つかのポジションでの変更が見込まれる。対ユナイテッドという部分でより守備とアスリート能力に長けたリーズ・ジェームズとカンテがハドソン=オドイ、ジョルジーニョに代わって起用されると予想する。それ以外ではズマやエイブラハムにチャンスが与えられる可能性もありそうだ。 ◆マンチェスター・ユナイテッド◆ 【4-2-3-1】 ▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210227_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:デ・ヘア DF:ワン=ビサカ、リンデロフ、マグワイア、ショー MF:フレッジ、マティッチ MF:グリーンウッド、ブルーノ・フェルナンデス、ラッシュフォード FW:マルシャル 負傷者:DFジョーンズ、MFポグバ、マタ、マクトミネイ、ファン・デ・ベーク、FWカバーニ、ダニエル・ジェームズ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはポグバ、マタ、マクトミネイの欠場が確定。また、カバーニ、D・ジェームズ、ファン・デ・ベークの3選手に関してはカバーニの欠場は濃厚も、後者2人に関しては試合前日の最終チェックによって起用の可否を決めることになる。 システムに関しては[4-2-3-1]の継続が濃厚も、現地メディアの中では[3-4-1-2]のオプションの採用を予想する声もある。スタメンに関してはカバーニ、D・ジェームズが復帰しない限り、前述のメンバーが起用される見込みだ。 ★注目選手 ◆チェルシー:MFマテオ・コバチッチ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210227_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> チェルシーの注目プレーヤーは中盤で存在感増すコバチッチだ。ランパード体制においても中盤の主力として起用されたクロアチア代表MFだが、トゥヘル体制ではこれまでのバランサーや黒子の役割からより攻撃的な役割を担っている。 [3-4-2-1(3-5-2)]のセントラルMFでの起用が続く中、攻撃時はジョルジーニョと共に立ち位置の妙、鋭いターンを武器に相手のプレスを剥がして局面を打開。そこからのドリブルでの運び、味方とのコンビネーションでより相手のボックスに近い位置で崩しの一歩手前の役割を担っている。また、守備面においては3バックが安定していることもあり、よりアグレッシブに人やボールにアタックするプレーも増えている。 難敵ユナイテッドをホームで迎え撃つ今回の一戦では相手のキーマンであるB・フェルナンデスの監視という守備面のタスクと共に、相手のプレスを剥がしてクリーンなボールを前線の味方に繋げたい。また、個人として課題となっているラストパス、シュートの精度を改善し、チームを勝利に導く仕事にも期待したいところだ。 ◆マンチェスター・ユナイテッド:FWマーカス・ラッシュフォード <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210227_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ユナイテッドの注目プレーヤーは3年連続のプレミア2桁ゴールに王手をかける若きエースだ。今季ここまでやや調子の波はあるものの、キャリアハイの22ゴール(公式戦)を記録した昨季に迫る18ゴールを挙げているラッシュフォード。とりわけ、直近の公式戦数試合ではコンディションが上がっており、ソシエダとの1stレグ、前節のニューカッスル戦では決定的な仕事を果たしている。 今回の一戦でも攻撃の中心は間違いなくB・フェルナンデスだが、カバーニやポグバ、マクトミネイらの不在によって絶対的な司令塔へのマークはより厳しくなるはずだ。その中で個で局面を打開し、ゴール、アシストと決定的な仕事ができる23歳のイングランド代表FWのプレーがユナイテッド勝利の鍵を握る。 左ウイングでの起用が見込まれる中、好調を維持するDFアスピリクエタの牙城を崩せるか。 2021.02.28 12:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly