エイバルの武藤が絶妙の駆け引きから抜け出して決めた移籍後3点目【インクレディブル・ゴールズ】

2021.01.22 14:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。今回はエイバルの日本代表FW武藤嘉紀が決めたゴールだ。


◆武藤のエイバル移籍後3点目

FC東京でプロデビューした武藤は、2015年にマインツへ移籍し、欧州デビュー。ニューカッスルへの移籍を経て、2020年夏にエイバルにレンタル移籍で加入している。

スピードを活かしたドリブルと得点力を武器とする武藤だが、2021年1月17日に行われたコパ・デル・レイ3回戦のナバルカルネロ戦では、見事なゴールを決めている。

武藤は[4-4-2]の2トップの一角として先発出場を果たすと、0-0で迎えた16分、エイバルにチャンスが訪れる。味方のロングボールが相手DFの前で大きくバウンドすると、いち早くバウンドを見極めた武藤がボールを収め、一気にゴール前へ抜け出す。GKとの1対1を冷静に決めると、先制点を奪ってみせた。

武藤の移籍後3点目となるゴールで先手を取ることに成功したエイバル。しかし、その後反撃を許すと、3部のナバルカルネロ相手に1-3とまさかの逆転負けを喫している。
関連ニュース
thumb

抜群の動き出しでマーカーを置いてけぼり!ドイツの逸材が見せた豪快ダイビングヘッド/2016-17【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバイエルンのドイツ代表MFヨシュア・キミッヒが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆鮮やかなダイビングヘッド!<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJlN3F2Unh0RCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> シュトゥットガルトユース出身のキミッヒは、同クラブやRBライプツィヒで頭角を現すと、2015年夏にバイエルンに加入した。 中盤やサイドバックもこなす器用さを武器に“フィリップ・ラームの後継者”と期待されるキミッヒだが、2016年10月1日に行われたブンデスリーガ第6節のケルン戦では、豪快なゴールを決めている。 0-0で迎えた40分、左サイドに抜け出したDFフアン・ベルナトが鋭いクロスを入れる。中盤から攻撃参加していたキミッヒは、素早い加速でフリーのままゴール前に飛び出すと、鮮やかなダイビングヘッド。ゴール右に見事なゴールを決めてみせた。 先制に成功したバイエルンだったが、後半に追いつかれ、試合は1-1のドローに終わっている。 <span data-sg-movie-id="873" data-sg-movie-title="【マーカーを置いてけぼり!】ドイツの逸材が見せた豪快ダイビングヘッド"></span> 2021.03.02 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ファーサイドに突き刺す!全盛期の“英雄”シェフチェンコがミランで見せた強烈ゴール/2003-04【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコ氏がミラン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆強烈グラウンダーシュートがネットに突き刺さる!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJYeElHZEtLdiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 1994年にウクライナの名門ディナモ・キエフでプロデビューし、大活躍を果たしたシェフチェンコ氏は、スーパースターたちが顔を揃えるミランに1999年加入。ここでも存在感を発揮し、世界屈指の名手に名を連ねる程の評価を受けた。 スピードを活かした突破と高い技術を持った点取り屋としてゴールを量産したシェフチェンコ氏だが、2004年1月6日に行われたセリエA第15節のローマ戦では、強烈なゴールを決めている。 1-1で迎えた63分、カウンターからミランがチャンスを作ると、MFマヌエル・ルイ・コスタからのパスをシェフチェンコがボックス内左で受ける。ゴール左の角度の厳しい位置から左足を振りぬくと、強烈なグラウンダーのシュートが一直線にゴール右のネットに突き刺さった。 これで勝ち越しに成功したミラン。シェフチェンコの活躍で2-1の勝利を収めている。 <span data-sg-movie-id="867" data-sg-movie-title="【ファーサイドに突き刺す!】全盛期の“英雄”シェフチェンコがミランで見せた強烈ゴール"></span> 2021.03.01 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

狭いスペースからの豪快な一撃!ボルシアMG主将が決めたロケット砲ミドルシュート/2017-18【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はボルシアMGのドイツ代表MFラルス・シュティンドルが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロケット砲のような一撃!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJrYmpwUkRwUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> カイザースラウテルンでキャリアをスタートさせたシュティンドルは、ハノーファーでのプレーを経て2015年夏にボルシアMGに加入。主力として定着し、ここまで公式戦201試合に出場している。 状況判断能力の高さと正確なプレーを持ち味に、クラブのキャプテンも務めるシュティンドルだが、2017年9月16日に行われたブンデスリーガ第4節のRBライプツィヒ戦では、豪快なゴールを決めている。 1-2とボルシアMGビハインドの61分、相手陣内でルーズボールを拾ったMFデニス・ザカリアがシュティンドルにパス。素早く前を向いたシュティンドルは、ボックス左角手前の位置から右足を一振り。強烈なシュートはゴール右に一直線に飛んでいき、サイドネットに突き刺さった。 このゴールで同点としたボルシアMG。試合はそのまま2-2の引き分けに終わっている。 <span data-sg-movie-id="865" data-sg-movie-title="【ロケット砲ミドルシュート】ボルシアMG主将が狭いスペースから決めた豪快な一撃"></span> 2021.03.01 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

運も実力の内?若きオーバメヤンが捻じ込んだラッキーゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は、アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンがサンテチェンヌ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆運も実力?オーバメヤンのラッキーゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJFUVFwS3B5cyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 若くしてミランユースに入団したオーバメヤンは、レンタル移籍を経て2011年1月にサンテチェンヌに加入。同クラブで頭角を現し、2013年夏にドルトムントに移籍すると、一気にスターダムを駆け上がった。 サンテチェンヌでは公式戦97試合で41ゴールを記録し、ブレイクのきっかけを掴んでいるが、2013年2月17日に行われたリーグ・アン第25節のスタッド・ランス戦では、ラッキーゴールを決めている。 0-0で迎えた10分、相手のパスミスからボールを奪った味方からのパスにオーバメヤンが抜け出すと、一気にゴール前へ。最初のシュートはGKに阻まれるものの、セーブしたボールがオーバメヤンの後を追っていたDFに跳ね返り、再びオーバメヤンの足元に。素早く反転したオーバメヤンが、ボールをゴールに捻じ込み、ラッキーな形から先制点を奪ってみせた。 早い時間に先制することに成功したサンテチェンヌだったが、終盤に追いつかれ、1-1のドローに終わっている。 <span data-sg-movie-id="864" data-sg-movie-title="【運も実力の内?】若きオーバメヤンが捻じ込んだラッキーゴール"></span> 2021.02.28 23:30 Sun
twitterfacebook
thumb

レジェンドDFのドンピシャ強烈ヘッド!マルディーニがキャリア唯一の1試合2得点をマーク【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は、元イタリア代表DFパオロ・マルディーニ氏がミランで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆マルディーニの豪快ドンピシャヘッド<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI2NDk4bEhTZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> キャリアの全てをミランに捧げたレジェンド中のレジェンドとして知られるマルディーニ氏。在籍した24年で公式戦901試合出場という圧巻の数字を残している。 ミランでは公式戦33ゴールを記録しているが、2005年10月2日に行われたセリエA第6節のレッジーナ戦では、自身のキャリアを通して最初で最後となる1試合2ゴールを記録している。 開始早々の5分に先制点を挙げていたマルディーニは、続く20分、MFルイ・コスタの右からのコーナーキックに強烈なヘディングを合わせる。ゴールから多少距離がある位置から放たれた豪快なヘディングシュートは、GKの頭上を抜き、見事な追加点となった。 マルディーニの2ゴールにチームメイトも大喜び。当時チームの指揮を執っていたカルロ・アンチェロッティ監督も笑顔をこぼしている。 <span data-sg-movie-id="862" data-sg-movie-title="【レジェンドDFのドンピシャ強烈ヘッド!】マルディーニがキャリア唯一の1試合2得点をマーク"></span> 2021.02.28 20:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly