FIFAが一部クラブが構想する“ヨーロッパ・スーパーリーグ”に反対声明、参加した選手はその他大会の出場禁止

2021.01.21 22:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
国際サッカー連盟(FIFA)が、一部で創設が構想されている「ヨーロッパ・スーパーリーグ」に対して、認めないことを公式声明として発表した。

一部のヨーロッパのビッグクラブが、国をまたいでトップクラブだけを集めたリーグ戦となる「スーパーリーグ」を創設しようと構想していることは予てから報じられてきた。

UEFAチャンピオンズリーグを超える存在となりうる限定したチームだけが参加可能な「ヨーロッパ・スーパーリーグ」に関しては、バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ元会長は受け入れたと過去に発言。レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長やユベントスのアンドレア・アニェッリ会長も前向きだとされてきた。

そういった憶測が過熱する中、FIFAは21日に公式に声明を発表。「スーパーリーグ」構想に関しては、FIFAを始め6つの大陸連盟(アジア、アフリカ、北中米カリブ海、南米、オセアニア、ヨーロッパ)の会長の連名で認められないと反対の声明を発表した。

「メディアでは最近、一部のヨーロッパのクラブによる閉鎖的な「ヨーロッパ・スーパーリーグ」の創設についての憶測が出ている中、FIFAと6つの連盟(AFC、CAF、CONCACAF、CONMEBOL、OFC、UEFA)はそのような大会が、FIFAや各連盟によって認められないことを改めて強調したい」

「そのような大会に参加しているクラブ、または選手は、結果として、FIFAまたは各連盟が主催する大会には参加することが認められない」

「FIFAと連盟の規約にあるように、全ての大会は、それぞれのレベルで関連団体によって、世界レベルではFIFAによって、大陸レベルでは各連盟によって組織されるか認められなければならない」

「この点において、FIFAは現行、および新形式のFIFAクラブワールドカップを唯一の世界的なクラブの大会として認め、FIFAは各連盟が主催するクラブの大会を、大陸の大会として認めている」

「スポーツ上のメリット、結束、昇格と降格、補完性という普遍的な原則は、サッカーの世界的な成功を確実にするサッカーピラミッドの基礎であり、FIFAと各連盟の規約にも明記されている」

「サッカーはこれらの原則のおかげで長く成功してきた歴史がある。世界大会や大陸の大会への参加は、常にピッチの上で勝たなければならない」

関連ニュース
thumb

開幕まで2カ月…FIFAはエクアドルの国籍偽装問題の無罪を主張、チリ&ペルーはスポーツ仲裁裁判所へ控訴へ

16日、国際サッカー連盟(FIFA)は、異議申し立てが出された選手の国籍偽装問題について声明を発表した。 問題となっているのは、エクアドル代表DFバイロン・カスティージョ(レオン/メキシコ)。書類上はエクアドル出身で、これまでにエクアドル代表でも10試合の出場を数えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)に向けた南米予選でも8試合に出場し、エクアドルは無事に出場権を獲得していた。 しかし、カスティージョに対してエクアドルサッカー協会(FEF)による国籍偽装の疑いが浮上。チリサッカー協会(FFCH)、ペルーサッカー協会(FPF)は多くの証拠をもとにFIFAに申し立てを行い、カスティージョが出場した試合の無効化やエクアドル代表のカタールW杯出場資格の剥奪を訴えていた。 FIFAは調査に乗り出し、結果としてバイロン・カスティージョは白と判断。エクアドル代表とともにお咎めなしとなった。 しかし、この件に関してFFCHとFPFが上訴。FIFA上訴委員会は決定を下した。 「改めて当事者の提出物を分析し、ヒアリングが行われた後、上訴委員会はFEFに対して開始された手続きを終了するという懲戒委員会の決定を確認した」 「他の検討事項の中で、提出された書類に基づき、カスティージョは永久的にエクアドル国籍を有するとみなされると判断された」 「上訴委員会で可決された決定の結果は、本日関係者に通知された。本決定は、スポーツ仲裁裁判所(CAS)への控訴の対象となる」 これに対し、FFCは声明を発表。CASへの控訴を行うとした。 「選手がコロンビアで生まれたことを合理的な疑いなく証明する膨大な数の文書がある」 「それに加え、エクアドルサッカー協会が行った公式調査中に与えられた彼の告白を誰もが聞いた.」 「サッカーとフェアプレーにとって悲しい日だ。メッセージは明らかだ。不正行為は許される」 カスティージョ本人は、イギリス『デイリー・メール』のインタビューで、自分の書類が偽物であり、1998年にエクアドルのヘネラル・ビジャミル・プラヤで生まれたのではなく、1995年にコロンビアで生まれたことを認めていた。 実際にエクアドル国籍は持っているようだが、その手続きに問題があるとされている状況。本人も認めている中で、CASがどう裁定を下すのか。W杯の開幕までは残り2カ月だ。 2022.09.17 23:10 Sat
twitterfacebook
thumb

今夏の国際移籍金総額は7125億円! 支払い1位は2位に3倍以上差のイングランド、FIFAが発表

国際サッカー連盟(FIFA)は9日、今夏の移籍市場で動いた金額を報告した。 今回発表されたのは、2022年6月1日〜9月1日までの移籍金。国境を跨ぐ国際移籍のみの金額となり、国内での移籍金は含まれないこととなる。 男子の移籍件数は、過去最高の9717件となり、2021年夏に比べて16.2%増加。また、移籍金総額は50億ドル(約7125億円)となり、38億5000万ドル(約5486億円)だった昨夏よりも29.7%増加した。なお直近5年間では3番目の多さで、2019年夏は58億ドル(約8265億円)だった。 なお、女子のプロ選手の移籍件数は684件で、こちらも過去最高を更新。2021年より14.4%増えている。 国別で見れば、最も多くの移籍金を支払ったのはイングランドで約18億ドル(約2565億円)。2位はイタリアの約5億5000万ドル(約783億円)、スペインの約4億8000万ドル(約684億円)、フランスの約4億7000万ドル(約670億円)、ドイツの約4億6000万ドル(約655億円)と続いている。 圧倒的に移籍金を支払っているイングランドだが、国内移籍でもチェルシーがレスター・シティから獲得したDFヴェスレイ・フォファナ、マンチェスター・シティから獲得したFWラヒーム・スターリング、ブライトン&ホーヴ・アルビオンから獲得したDFマルク・ククレジャなど今夏の移籍金上位にはいる選手はい含まれていないため、実質の金額はさらに増すものと見られる。 また、特筆すべきはポルトガル。2年連続で移籍金の収入が大幅に減少していたが、2021年夏に比べて3倍以上の収入となっている。 一方で、最も移籍金を受け取ったのは1位がフランスで6億1700万ドル(約880億円)、2位はドイツで5億6000万ドル(約798億円)となっている。 2022.09.10 09:25 Sat
twitterfacebook
thumb

FIFAが全インドサッカー連盟に停止措置…「第三者からの不当な影響」が理由に

国際サッカー連盟(FIFA)は15日、全インドサッカー連盟(AIFF)の停止を発表した。 FIFAの発表によると、AIFFは「第三者からの不当な影響力」が深刻なFIFAの規約違反に当たるとして、活動を停止することが理事会の全会一致で決定したという。 また、この停止処分はAIFF執行委員会の権限を引き継ぐ管理者委員会の設置命令が廃止され、AIFF管理者がAIFFの日常業務を完全にコントロールできるようになった時点で解除される予定とされている。 なお、この停止措置により、10月に行われる予定だったU-17女子ワールドカップは、現時点ではインドでの開催が不可能に。ほとんど時間がない中で、開催に関して決議する必要があるとしている。 またFIFAは「インドの青年スポーツ省と常に建設的な連絡を取っており、この件についても前向きな結果が得られる可能性があると期待している」としている。 AIFFが加盟するアジアサッカー連盟(AFC)とFIFAは、インドサッカー界の関係者と面会。7 月末までに規則を変更し、9 月 15 日までに選挙を実施しなければならない AIFF のロードマップを作成しているという。 2022.08.16 09:57 Tue
twitterfacebook
thumb

史上初!最後の『FIFA』シリーズで女子選手起用、パッケージはムバッペとチェルシーFWサム・カー

大人気サッカーゲーム『FIFA』シリーズを手がけるエレクトロニック・アーツ(EA)は18日、『FIFA23』のパッケージを発表した。 現在発売されている『FIFA22』のパッケージは、2作連続でパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが採用されていた。これはマンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド以来の連続採用となっていた。 そんな中発表された『FIFA23』では、ムバッペが3作連続でパッケージに採用。さらに、チェルシーのオーストラリア女子代表FWサム・カーが、女子選手として初めてパッケージに採用されることとなった。 これまでは、アメリカ女子代表FWアレックス・モーガンとカナダ女子代表のFWクリスティン・シンクレアが、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシと並んで北米版の『FIFA16』のパッケージに採用されていたが、ワールドワイド版では初のこととなった。 カーは、2021-22シーズンのFA女子スーパーリーグ(FAWSL)で20ゴールを記録し得点王に。また、チームもリーグ優勝とFAカップ制覇の2冠を達成しており、大きな活躍を見せていた。 なお、『FIFA』シリーズは今作を最後に終了となることが既に決定しており、最後のパッケージでの初の出来事となった。 <span class="paragraph-title">【写真】ムバッペと並んで初の女子選手がパッケージに!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Presenting your <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFA23?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFA23</a> Cover Stars:<a href="https://twitter.com/samkerr1?ref_src=twsrc%5Etfw">@samkerr1</a> and <a href="https://twitter.com/KMbappe?ref_src=twsrc%5Etfw">@KMbappe</a>️<br><br>Two phenomenal forces up front.<br>One ultimate strike partnership. <br><br>See the full reveal on July 20 <a href="https://t.co/yjXnlCteDR">https://t.co/yjXnlCteDR</a> <a href="https://t.co/oOWyqoqBzB">pic.twitter.com/oOWyqoqBzB</a></p>&mdash; EA SPORTS FIFA (@EASPORTSFIFA) <a href="https://twitter.com/EASPORTSFIFA/status/1549061580888891403?ref_src=twsrc%5Etfw">July 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.19 09:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ロシアの訴えをスポーツ仲裁裁判所が却下、ウクライナへの軍事侵攻による大会からの締め出し処分に6件の訴え

スポーツ仲裁裁判所(CAS)は15日、ロシアサッカー連盟(FUR)と一部クラブからの上訴を却下したことを発表した。 事の発端は、今年2月に始まったロシアによるウクライナへの軍事侵攻。今もなお続いている状況ではあるが、この軍事侵攻によりサッカー界も大きな影響を受けた。 多くのウクライナ国民が避難するなか、ウクライナの国内サッカーは停止。カタール・ワールドカップ(W杯)出場を目指していたウクライナ代表もプレーオフが残っていたものの延期となっていた。 この件を受け、国際サッカー連盟(FIFA)と欧州サッカー連盟(UEFA)は、ロシア代表、そしてロシアのサッカークラブをあらゆる大会から締め出すことを決定していた。 ロシアもカタールW杯の欧州予選プレーオフに残っていたが失格。UEFAの大会にもロシアのクラブが参加できないことが決定し、それは新シーズンも継続されることとなった。 この件に関し、FURがFIFAとUEFAにそれぞれ1件ずつ、さらにゼニト、ソチ、CSKAモスクワ、ディナモ・モスクワの4クラブがUEFAに対して上訴しており、合計6件の訴えがあったが、全てが却下されることとなった。 CASは7月5日、11日に関係者たちとビデオでヒアリングを実施。CASは声明で「全てのケースにおいて、パネルはロシアとウクライナの間の紛争の激化、及び世界中の国民と政府の反応が、FIFAとUEFAが対応しなければならない不測かつ、前例のない状況を作り出したと判断した」とし、「そのような状況が続く間、ロシア代表とクラブは、彼らの支援の下で大会に参加すべきではないと判断した上で、パネルは当事者がそれぞれの規約と規則の下で与えられた裁量の範囲内で行動したと判断した」と説明している。 また、責任はFURやクラブにはないとしながらも、世界中で行われるサッカーイベントの安全性を守るためには仕方ないものだとまとめた。 「このように判断した上で、パネルはロシアとウクライナの間の紛争の性質を特徴付ける必要はなく、影響を受ける競技に対するこのような紛争の影響にのみ焦点を当てることにしました」 「パネルは、ロシアのサッカーチーム、クラブ、選手には何の責任もないウクライナでの現在の軍事行動が、FIFAとUEFAの決定により、彼らやロシアサッカー全体にこのような悪影響を及ぼしたことは残念であります。しかし、パネルの見解では、こうした影響は、世界の他の国々のために、安全かつ秩序あるサッカー競技を行う必要性によって、相殺されるものでありました」 2022.07.15 22:52 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly