風に乗ったゴールキックがネットを揺らす、英4部での珍事に試合後は相手GKに謝罪

2021.01.20 19:01 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーグ2(イングランド4部)で、珍しいGKによるゴールが生まれた。舞台となったのはチェルトナムvsニューポート・カウンティの一戦。12分にニューポートのGKトム・キングがゴールキックを右足で思い切り蹴ると、ボールは風に乗ってグングンと伸びていき、相手陣内のペナルティーアーク付近に落ちる。

あまりの飛距離にチェルトナムのDFとGKの間に落ちたボールは、ワンバウンドすると大きく跳ね、チェルトナムのGKジョシュア・グリフィスの懸命のジャンプも及ばず、そのままゴールネットを揺らした。


試合はこのゴールでニューポートが先制点を奪ったものの、チェルトナムが追いつき1-1で引き分けとなっている。

試合後、イギリス『BBC』のインタビューに応えたキングは、相手GKに謝罪したことを明かしている。

「これは僕がプロレベルで得点した最初のゴールだ。彼(グリフィス)がゴールラインから外れていたと言いたいが、そうではなかった。幸いなことに上手くいったが、今夜は1ポイントではなく3ポイントを目指していた」

「多くの人が驚いた。ゴールを祝う方法すら知らなかったし、試合後に相手ゴールキーパーに謝罪した。昨シーズンのモアカム戦では僕が決められそうだった。ゴールを決められる側にいるのはいいことではない」

◆風が凄い!ゴールキック直接弾!
関連ニュース
thumb

「今より幸せになることはできない」劇的決勝弾のGKアリソンが喜びを語る

リバプールのブラジル代表GKアリソン・ベッカーが、チームを勝利に導くゴールを喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは16日、プレミアリーグ第36節でWBAと対戦。すでに降格が決まっているWBAとの試合だったが、15分にハル・ロブソン=カヌに先制ゴールを許してします。 来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得するトップ4フィニッシュに向けては全勝したいリバプール。33分にはモハメド・サラーのゴールで追いつき、1-1で試合を折り返す。 しかし、後半も攻め込むもののゴールが遠いリバプール。このまま1-1で引き分けに終わるかと思われたが、ラストプレーで奇跡が。後半アディショナルタイム、左CKの場面でGKアリソンが攻撃参加を見せると、キッカーのトレント・アレクサンダー=アーノルドが入れた正確なクロスをニアに走り込んだアリソンがドンピシャのヘッド。これがゴール右隅に決まり、1-2でリバプールが勝利を収めた。 決勝ゴールを決めたアリソンは試合後に喜びのコメント。2月に他界した父への思い、そして家族への思いを語り、チームの勝利に貢献できたことを喜んだ。 「ここ数カ月、僕と僕の家族に対して起きた全てのことが感情的すぎるよ」 「でも、サッカーは僕の人生の一部だ。父と一緒に物心ついた時からプレーしていた。彼がここで見てくれていたら良いけど、きっと神様を味方につけて、お祝いしながら見てくれてるだろう」 「僕の家族のためでもあり、子供たちのためでもある。時々、戦っても戦っても、今日の午後ように物事がうまく進まないことだってある」 「このゴールを決められただけでも、とてもとても嬉しいんだ。よく戦っているチームを助けられたんだからね。僕たちは一緒に戦っているし、チャンピオンズリーグに出場するという強い目標があるからだ」 「僕たちはチャンピオンズリーグで優勝しているし、全ては予選から始まったことを知っているからね」 「今より幸せになることはできないよ」 <span class="paragraph-title">【動画】守護神アリソンの奇跡のドンピシャヘッド!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Football eh.<br><br>Experience 5 minutes 33 seconds of unbridled joy with every angle of <a href="https://twitter.com/Alissonbecker?ref_src=twsrc%5Etfw">@Alissonbecker</a>&#39;s goal... <a href="https://t.co/QlgWJQ9QcA">pic.twitter.com/QlgWJQ9QcA</a></p>&mdash; Liverpool FC (@LFC) <a href="https://twitter.com/LFC/status/1394034928044621825?ref_src=twsrc%5Etfw">May 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.17 10:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ペナントを投げ捨てる…FAカップ優勝のレスターDFの問題行動にファンも非難「リスペクトを欠いている」

レスター・シティのガーナ代表DFダニエル・アマルテイがチームの優勝に水を差す行動をしてしまった。 レスターは15日、FAカップ決勝でチェルシーと対戦。均衡した展開の中、63分にMFユーリ・ティーレマンスの完璧なミドルシュートで先制すると、GKカスパー・シュマイケルの活躍もあり1-0で勝利。クラブ史上初となるFAカップ制覇を成し遂げた。 試合後、レスターの公式インスタグラムはタイトル獲得に喜ぶ選手たちの様子をライブで配信していたが、カメラに映し出されたアマルテイは気を大きくしてしまったのか、試合前にチェルシーと交換で受け取ったエンブレムのペナントを手にすると、そのまま後ろへと放り投げた。 撮影者もすぐさま画格からアマルテイを外したが、このシーンが切り取られた映像がSNSで拡散されると、「面白くない」「無礼だ」「リスペクトを欠いている」と否定的なコメントが相次いだ。 プレミアリーグでチャンピオンズリーグ出場権を争っている両者は、18日に行われる第37節で再戦。チェルシーはリベンジに燃えてくるが立ち向かえるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】アマルテイがチェルシーのペナントを思い切り投げ捨てる…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">The disrespect from Daniel Amartey <br><br>(via lawestt_/IG) <a href="https://t.co/yfuxkOmFri">pic.twitter.com/yfuxkOmFri</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1393663702616973315?ref_src=twsrc%5Etfw">May 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.17 06:30 Mon
twitterfacebook
thumb

守護神アリソンがドンピシャヘッドで劇的ラストプレー弾! リバプールが驚異の粘りでトップ4に望み繋ぐ逆転勝利《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第36節、WBAvsリバプールが16日にザ・ホーソンズで行われ、アウェイのリバプールが1-2で逆転勝利した。 現在、5位のリバプール(勝ち点60)は3日前に行われたマンチェスター・ユナイテッドとの重要なアウェイゲームを4-2の逆転勝利で飾り、リーグ戦2連勝を達成。この重要な勝利によって1試合消化が多い4位のチェルシー(勝ち点64)とのポイント差を4位に縮めた。さらに、次節は3位のレスター・シティ(勝ち点66)とチェルシーが潰し合いとなるため、残り3試合で全勝できれば逆転でのトップ4フィニッシュが見えてきた。 前節、降格が決定した19位のWBA(勝ち点26)を相手に勝ち点3奪取必須の中2日の一戦では、ユナイテッド戦から先発2人を変更。足のケガで今季終了が明かされたジョタに代わってマネが復帰し、ベンチスタートのワイナルドゥムに代わってカーティス・ジョーンズが起用された。 ユナイテッド戦の激闘の疲労、勝ち点3必須の重圧か、ボールの主導権こそ握るものの、全体的に重さが見受けられるリバプール。すると、なかなか決定機まで持ち込めない展開の中でまさかの先制点まで奪われる。 15分、自陣でのルーズボールの競り合いをマテウス・ペレイラに回収されてリース・ウィリアムズとロバートソンの間のスペースに走り込んだロブソン=カヌにスルーパスを通されると、ボックス右からゴール左隅へ左足の丁寧なシュートを流し込まれた。 痛恨の失点を受けてすぐさま反撃に出たアウェイチームは24分、ボックス中央でチアゴの折り返しに反応したマネに絶好機も右足のダイレクトシュートは枠の右に外れる。続く28分には後方からのフィードに抜け出したサラーがゴール右角度のないところからシュートを放つが、これはGKジョンストンに難なく対応された。 1-1のドローに終わった前回対戦同様に相手の堅守に手を焼くリバプールだったが、相手のミスからエースにゴールが生まれる。33分、ボックス手前の混戦からディアンガナが不用意に後ろに戻したパスをマネが引っかけると、これをサラーが見事な左足のダイレクトシュートで左隅に決め切った。 サラーのリーグ得点ランクトップタイの22点目で試合を振り出しに戻したリバプールは、直後の34分にも前からの守備で相手を嵌めてボックス中央のフィルミノに絶好機も、このシュートは惜しくも左ポストを叩いた。 その後、前半終盤にかけては36分にロブソン=カヌにあわや勝ち越しゴールを許しかけるが、ここはアレクサンダー=アーノルドの見事な絞りで応対。その後は再び攻勢を強めてマネらに決定機が訪れるが、相手の好守に阻まれて前半のうちに試合を引っくり返すことはできなかった。 迎えた後半、早い時間帯の逆転を目指して攻勢を仕掛ける。49分にはボックス右角でサラーが入れたクロスをマネがワンタッチで押し込むが、ここはオフサイドの判定となる。 以降もリスクを冒して前に出る中で相手のシンプルなロングカウンターから時折引っくり返される場面はあるものの、サラーを起点に鋭い仕掛けを見せる。57分には相手CKを撥ね返してのロングカウンターからアレクサンダー=アーノルドのスルーパスに抜け出したサラーに2点目のチャンスも、ここはシュートコースを消されてGKジョンストンの好守に遭う。 1-1のイーブンが続く中、クロップ監督は59分にC・ジョーンズを下げてシャキリを最初のカードとして投入。だが、この交代策も攻撃を活性化させるまでには至らず。 逆に71分には相手の右CKからアジャイに競り負けてゴール前のバートリーにワンタッチでゴールネットを揺らされるが、ここはオフサイドポジションでGKアリソンの視界を遮ったマット・フィリップスのオフサイドによって辛くも失点を免れる。続く78分にもロブソン・カヌに背後を取られてピンチを招くが、GKアリソンの好守で事なきを得た。 相手を押し込みながらも崩し切れない苦境が続くリバプールは83分にボックス右で仕掛けたアレクサンダー=アーノルドが深い切り返しでDFを外して左足を振り抜くが、これは枠を捉え切れず。直後にはリース・ウィリアムズを下げてワイナルドゥムを投入。これでファビーニョを最終ラインに下げる。 試合終盤にかけては逆転ゴールを目指して決死の猛攻を仕掛けたが、チアゴの枠を捉えたシュートが相手GKの好守に阻まれるなど、ゴールが遠い。 このままゴールを割ることができず、逆転でのトップ4フィニッシュの夢が潰えるかに思われたが、最後の最後に昨季王者が驚異的な底力を見せた。後半ラストプレーとなった95分、左CKの場面でGKアリソンが攻撃参加を見せると、キッカーのアレクサンダー=アーノルドが入れた正確なクロスをニアに走り込んだアリソンがドンピシャのヘディングで合わせると、これがゴール右隅に決まった。 そして、守護神アリソンによる劇的過ぎるゴールでWBAに競り勝ったリバプールが、トップ4フィニッシュを大きく引き寄せる圧巻の逆転勝利を飾った。 2021.05.17 02:37 Mon
twitterfacebook
thumb

負傷のジョタが一足早く今季終了…ユーロへの影響は現時点で不明

リバプールは16日、ポルトガル代表FWジオゴ・ジョタが今シーズンの残り3試合を欠場することを明かした。 ジョタは13日に行われたプレミアリーグ第34節延期分のマンチェスター・ユナイテッド戦に先発出場し、4-2の勝利に貢献した。 しかし、同試合後には詳しい負傷箇所は不明も、足の骨にダメージを負っていることが判明したようだ。 ユルゲン・クロップ監督は16日のWBA戦直前のイギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューに際して、ジョタの負傷離脱を明かした。 「悪いことなしに良いことはない。マンチェスター・ユナイテッドに勝ったが、ジオゴは骨に何かあったようだ」 「それほど深刻ではないが、シーズンを終えるには深刻だ。それだけだ」 昨夏、ウォルバーハンプトンから加入したジョタは、今シーズンここまで公式戦29試合に出場し、13ゴール1アシストの数字を残していた。 しかし、チームが来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権確保に向けて残り3戦全勝が求められる重要な局面を迎える中で志半ばでシーズンを終えることになった。 なお、現時点ではポルトガル代表として臨むユーロ2020に向けてどの程度の影響があるかは不明となっている。 2021.05.17 00:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ケインが得点ランク単独トップの22点目! スパーズがウルブス撃破で6位浮上!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第36節、トッテナムvsウォルバーハンプトンが16日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが2-0で勝利した。 前節、リーズ相手に敵地で完敗した7位のトッテナム(勝ち点56)は逆転でのトップ4フィニッシュが絶望的に。残り3試合での目標は来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権確保に下方修正されることになった。 12位のウォルバーハンプトン(勝ち点45)を相手に2戦ぶりの白星を狙ったホームゲームでは、リーズ戦からオーリエに代えてタンガンガを右サイドバックで起用した以外同じメンバーを継続した。 試合は開始早々にトッテナムに決定機。ホイビュルクの高い位置でのボール奪取からショートカウンターに転じてペナルティアーク付近のケインが鋭い右足のシュートを放つが、これは惜しくも左ポストを叩いた。 以降はボールを保持するトッテナム、アダマ・トラオレ、ファビオ・シウバの推進力を生かしてカウンターを仕掛けるウルブスという構図の下で拮抗した展開が続く。その中で21分にはボックス手前中央の好位置で得たFKをキッカーのベイルが直接狙うが、やや甘いコースに飛んだシュートはGKルイ・パトリシオが冷静にキャッチする。 前半半ばから終盤にかけてはサイドチェンジや最後尾からの対角のミドルレンジのパスを効果的に使い、ピッチの幅を使った攻めを見せるトッテナムが完全に主導権を握る。38分にはケインのヘディングパスに反応したソン・フンミンがボックス左で左足を振るが、これはGKのセーブに遭う。さらに、43分には右CKからケイン、ロ・チェルソが決定的なシュートを枠に飛ばすが、いずれも相手DFの決死のゴールカバーに阻まれた。 それでも、前半終了間際の45分にはホイビュルクのフィードに反応したケインが相手センターバック2枚を出し抜いて背後に飛び出すと、ボックス内で冷静にDFコーディを滑らせてシュートコースを作り出し、右足のシュートを流し込んだ。 ケインのリーグ単独トップとなる今季22点目によって1点リードで試合を折り返したトッテナム。後半も早い時間帯にゴールへ迫る。53分、デレ・アリのハーフウェイライン付近でのボール奪取から数的優位のカウンターを発動。ボックス右でラストパスを受けたケインが狙いすましたシュートを放つが、これはGKルイ・パトリシオが見事な反応でコースを変えると左ポストを叩く。さらに、跳ね返りに詰めたデレ・アリのシュートも右ポストを叩き絶好機を逸した。 それでも、以降も良い形で試合を運ぶホームチームは62分、左サイド深くに侵攻したレギロンがタッチライン際で粘りボールを残して中央のソン・フンミンに折り返す。これをボックス右で浮いたベイルに繋ぐと、ベイルの強烈な左足のシュートはGKルイ・パトリシオに弾かれるが、こぼれ球をホイビュルクが押し込んで貴重な2点目を奪い切った。 アウェイチームの反撃を危なげなく撥ね返していくトッテナムは69分にロ・チェルソに代えてウィンクス、82分に殊勲のデレ・アリを下げてエンドンベレをピッチに送り出す。クリーンシートを意識しつつゴールがほしい前線の3選手がカウンターから3点目のチャンスを窺う。 その後、ベイルに代えてムサ・シソコを最後のカードとして切ったトッテナムはこのまま2-0のスコアで試合をクローズ。ウルブスを攻守に圧倒する快勝で2戦ぶりの白星を手にしたチームはウェストハムを得失点差で抜き6位に浮上した。 2021.05.16 23:56 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly