フェルナンド・トーレスが驚異のバルクアップ! アジア企業のアンバサダー就任発表も注目は違うところに

2021.01.20 18:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
先日久しぶりにメディアに姿を現した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの見た目の変貌ぶりが話題となっている。サガン鳥栖でのプレーを最後に、2019年にそのキャリアに幕を落としたトーレス氏。昨年夏からは古巣アトレティコ・マドリーのBチームで監督を務めており、第二の人生を歩み始めている。


引退から1年以上が経った中、トーレス氏は自身の公式インスタグラムを通じて、カジノウェブサイトを運営する東南アジアの会社『AW8』のアンバサダー就任を発表。しかし、関心を集めたのは久々に披露されたその見た目だった。

現役時代のトーレス氏はスラリと長い手足とその端麗な顔立ちで、モデルとしても通用するような体型だった。プレースタイルもスピードや嗅覚を生かしたものだったが、最新のトーレス氏は、両腕にレスラーのような筋肉をつけ、胸筋も見事に発達。これまでのイメージを払拭する驚きの姿となっていた。

これには驚きを隠せないファンが多く、SNS上では大きな話題となっている。

情報によると、トーレス氏は引退後、ボクシングやジム通いを始め、現在のような体つきになったとのこと。現役時代からその願望はあったのかもしれない。
関連ニュース
thumb

“長すぎる助走”に非難も!チームの敗退を招いた17歳のPK失敗、本人は「自信があった」

成功率はおよそ8割と言われるPK。選手たちは助走や視線などでGKとの駆け引きを行う。 トップレベルでも特徴的な助走を取る選手は何人かいるが、アルゼンチンのアトランタに所属するアルゼンチン人MFゴンサロ・コロネル(19)は、その助走が仇となってしまった。 アトランタは21日、コパ・アルヘンティーナ1回戦でビジャ・サン・カルロスと対戦。90分では決着が着かず、試合はPK戦へと突入した。 両チームともに3人が成功し、アトランタの4人目としてコロネルがボールをセットすると、コロネルはペナルティーアークよりかなり手前の位置まで助走を取る。ペナルティーアークあたりで一度減速すると、蹴る直前には軽くジャンプして相手GKのタイミングをずらそうとしたが、相手GKロドリゴ・ベニテスは反応せず。コロネルが右足で放ったシュートは、ベニテスがジャンプせずとも届く甘いコースに飛んでしまい、そのままセーブされてしまった。 結局、PK戦はコロネルの失敗も響き、3-4でビジャ・サン・カルロスが勝利。2回戦に駒を進めていた。 敗退の要因となってしまい、サポーターからも非難を受けたコロネルだが、アルゼンチン『TyC Sports』によると、近しい人々からのサポートもあり、今は落ち着いているようだ。 「僕はいつもこのようにして蹴っている。クラブでPKを獲得した時は、いつもボールに対して垂直に距離を取り、ジャンプする」 「自信があったから蹴らせてもらえるように頼んだ。いつも通りのことをやりたかったけど、今回は上手くいかなかった。言われたことは僕にあまり影響を与えなかった。なぜなら家族と同僚のサポートがあったからだ」 <div id="cws_ad">◆無駄にも見えてしまう“長すぎる助走”<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">No se puede creer. ¡Este penal no se puede creer! <a href="https://twitter.com/hashtag/CopaArgentinaEnTyCSports?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CopaArgentinaEnTyCSports</a>. <a href="https://t.co/qYvP0D3IrY">pic.twitter.com/qYvP0D3IrY</a></p>&mdash; TyC Sports (@TyCSports) <a href="https://twitter.com/TyCSports/status/1363615455051735040?ref_src=twsrc%5Etfw">February 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.02.24 19:13 Wed
twitterfacebook
thumb

天才と呼ばれた元レアルMFガゴ、父親に続き実兄が脳卒中で他界

かつてレアル・マドリーでプレーした元アルゼンチン代表MFフェルナンド・ガゴの実兄が亡くなった。 現役時代はレアル・マドリーやローマ、バレンシア、ボカ・ジュニアーズでプレー。現役最後はベレス・サルスフィエルドでプレーし、2020年11月に現役を引退していた。 現在は母国アルゼンチンのクラブ・アトレティコ・アルドシビで監督を務めているガゴだが、『デポルテス・クアトロ』によると、指揮を執っている最中に兄が他界したようだ。 報道によると、ラシン・クラブとの試合を行なっている最中に48歳の兄が他界。脳卒中だったとのことだ。なお、ガゴの父親も数年前に脳卒中により命を落としていた。 クラブのこの事について声明を発表。「アトレティコ・アルドシビは、この困難な時期に私たちの監督フェルナンドガゴと彼の家族に寄り添います」とした。 なお、ガゴはすでにチームを離れて、親族の元へと向かったという。 2021.02.23 14:05 Tue
twitterfacebook
thumb

シオンFW若月大和の目の前でワンちゃんが乱入!飼い主はまさかの人物

FW若月大和が所属するスイスのFCシオンの試合で、ほっこりするアクシデントがあった。 シオンは21日、FCチューリッヒとアウェイで対戦。若月はベンチ入りしたものの、出場機会は訪れなかった。 この試合最大のハイライトは、1-1で迎えた39分、ピッチ中央から1匹のワンちゃんが侵入。シオン陣内を駆け回り、試合が一時中断した。 主審も思わず笑顔になってしまうアクシデントだったが、スタンドから1人の男性が急いでピッチに降りていくと、そのままワンちゃんを裏へと連れていき、試合は約1分後に再開された。 実はこの男性はチューリッヒのアンシージョ・カネパ会長で、ピッチに乱入したワンちゃんはカネパ会長が飼っているチラちゃんだという。 『sport1』によると、カネパ会長は愛犬について、「どうやってやったのか分からない。信じられない」と語った後、「彼女はボールに集中する。全てのトレーニング中で彼女をリードに繋げておかなければならないが、彼女はとても才能があり、どう成長していくか見ていく」と冗談を言っていたようだ。 また、この試合で相手のPKをセーブしていたチューリッヒのGKヤニク・ブレッチャーは、このシーンについて「PKとこのシーンはおそらく試合のハイライトだ」とも語っている。 なお、試合はそのまま1-1の引き分けに終わっている。 <div id="cws_ad">◆チラちゃんの乱入に主審もほっこり<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> Insolite <br><br>Le chien de la femme du président du FC Zürich s’est invité sur la pelouse du Letzigrund pendant le match entre le FCZ et Sion <a href="https://t.co/DK75ntGzMo">pic.twitter.com/DK75ntGzMo</a></p>&mdash; Foot Suisse 2021.02.23 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

元ドイツ代表DFの出廷が確定、画像297枚所持など児童ポルノ違反で起訴

児童ポルノ容疑がかけられていた元ドイツ代表DFクリストフ・メツェルダー(40)が、起訴され、裁判所に出廷するようだ。ドイツ『ビルト』が伝えた。 メツェルダー氏は、ドルトムント、レアル・マドリーシャルケなどでプレー。ブンデスリーガで178試合に出場し4ゴール9アシスト、チャンピオンズリーグでも28試合に出場し1アシスト、ラ・リーガでも23試合に出場し1アシストを記録していた。 また、ドイツ代表としても47試合でプレーし2002年の日韓ワールドカップ、2006年のドイツ・ワールドカップに出場した選手だった。 メツェルダー氏は、昨年の時点で罪については認めたものの公表を望んでいなかったが、元プロサッカー選手であり、ドイツ国民にも知られている存在だったことから、デュッセルドルフ行政裁判所はメッツェルダーの刑事訴訟についての情報を公開していた。 そのメツェルダー氏だが、ついに裁判所に出廷することになったとのこと。デュッセルドルフ行政裁判所は4月29日から裁判がスタートすると発表した。 裁判所は検察官の起訴を認めたものの、メツェルダーは否定しているという。 メッツェルダー氏は、子供などのポルノコンテンツを含む297個の画像ファイルを所持していた上、2019年7月から9月の間に、メッセージアプリ『WhatsApp』を使用して、3人の女性に29個の画像やビデオファイルを送信していた容疑がかけられていた。 2021.02.22 22:30 Mon
twitterfacebook
thumb

“闘犬”ガットゥーゾ流の愛情表現!?選手の顔を鷲掴み

現役時代、闘争心溢れるディフェンスやその激しいディフェンスから“闘犬”の異名を取った元イタリア代表MFのジェンナーロ・ガットゥーゾ氏。2019年12月からは、カルロ・アンチェロッティ監督からバトンを受け継ぐ形でナポリの指揮官を務めている。 指揮官としてもそのアツい内面は変わらず、2020年のリーグ戦中断時には自身の給与の受け取りを延期しスタッフに充てる漢気をみせたり、時には汚い言葉を使ってでもチームを鼓舞する姿などが報じられてきた。 ナポリは21日、セリエA第23節で勝ち点で並ぶアタランタとアウェイで対戦。一部選手が新型コロナウイルスに感染したため欠場を余儀なくされる中、コソボ代表DFアミル・ラフマニが今シーズンのリーグ2試合目の出場を果たす。 試合は、前半をゴールレスで終えて迎えた後半に打ち合いとなる。52分に先制を許すも、58分にMFピオトル・ジエリンスキのゴールで同点に。選手らがゴールを祝う中、ガットゥーゾ監督はベンチに近づいてきたラフマニを見るや否や右手でその顔を鷲掴み。突然の攻撃にラフマニは不意を突かれるものの、ガットゥーゾ監督とハグでゴールを祝っていた。 しかし、ギリシャ代表DFコスタス・マノラスらを欠く守備陣はアタランタの猛攻を止められず、試合は4-2で敗れている。 <div id="cws_ad">◆これがガットゥーゾ流の愛情表現なのか!?<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">This is how Gattuso shows love <a href="https://t.co/Uei0M2aE76">pic.twitter.com/Uei0M2aE76</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1363569034667716615?ref_src=twsrc%5Etfw">February 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.02.22 19:04 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly