あのJリーグクラブが唯一参加! 世界中で人気の『フォートナイト』のコスチュームに登場

2021.01.20 12:46 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
世界中で人気を博しているオンラインゲーム『フォートナイト』。サッカー界でもプレーヤーが多い人気のゲームだが、新たにフットボールの世界が登場することになると発表された。『フォートナイト』によると、今回フットボールファンに向けてサッカークラブのコスチュームを配信するとのこと。男性用と女性用の10種のバリエーションのコスチュームから選んで、ゲーム内で好きなクラブをアピールすることが可能となった。


『フォートナイト』は、3つのモードで展開されるゲームで「世界を救え」、「バトルロイヤル」、「クリエイティブ」が楽しめる。

「世界を救え」モードでは他のプレーヤーと協力し、役割分担をして楽しむもの。その際には、外見などがステータスに影響を与え、プレーヤーは課金して購入して楽しんでいる。

今回用意される「キックオフ」セットでは、世界中の23のクラブをパートナーとなり、ユニフォームを提供されるとのこと。マンチェスター・シティやユベントスなどが並ぶ中、なんとJリーグからも1クラブだけ参戦。セレッソ大阪が搭載されている。

また、サッカー界のレジェンドであるペレ氏ともタッグ。「ペレのジャンピングガッツポーズ」というゴール後のパフォーマンスが配信されるとのことだ。

さらに「ペレカップ」がゲーム内で開催され、参加すれば「キックオフ」セットや「ペレのジャンピングガッツポーズ」が獲得できるチャンスがあるとのことだ。

今回パートナーとなったクラブは以下の通り。

マンチェスター・シティ
ウォルバーハンプトン
ウェストハム
ユベントス
ミラン
インテル
ローマ
セビージャ
スポルティング・リスボン
ボルシアMG
シャルケ
ヴォルフスブルク
レンジャーズ
セルティック
シアトル・サウンダーズ
アトランタ・ユナイテッド
ロサンゼルスFC
サントス
バイーア
セレッソ大阪
メルボルン・シティ
シドニーFC
ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ
関連ニュース
thumb

“噛みつき”スアレス、CLの一幕で新たな技を編み出す!OBたちは「叱った甲斐があった(笑)」

アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが審判の目が届かないところで相手選手にちょっかいを出していたようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 アトレティコは23日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の1stレグでチェルシーと対戦し、0-1で敗れた。 スアレスはこの試合にフル出場していたが、78分にはチェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガーとやり合う場面もあった。 ゴールラインを割りそうなボールに対し、CKを得るためにスアレスが体を入れながらリュディガーと競り合う。この直後、リュディガーがスアレスに対し突如怒りを露わにしていた。 このシーンのリプレーをみてみると、なんとスアレスがどさくさに紛れてリュディガーの右足の太ももをつねる行為に。その行為に対して、リュディガーが激怒していたのだ。 スアレスと言えば、過去3度試合中に相手選手に噛みついたことがあり、2014年のブラジル・ワールドカップでイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニに噛みついた事件は全世界に驚きを与えていた。 『BTスポーツ』で解説を務めていた元イングランド代表MFジョー・コール氏は、このシーンについて、「子どもを叱っていて、その結果今まで(他の人を)嚙んでいた子が、その代わりにつねるだけになったら、叱った甲斐があったってものだよね」と冗談めいて話していた。 また、同じく解説のイングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏も「彼はとても“キュート”って言葉で合っているかな…?笑 審判からはあのシーンは絶対見えてなかっただろうし、彼も何食わぬ顔でやり過ごしているけど、見えないところで汚い手を使ってるのさ。まるでストリートみたいだ」とその狡猾さに感嘆していた。 このプレーに関して、両者にカードは出ておらず、現時点でUEFA(欧州サッカー連盟)からの言及はない。 <div id="cws_ad">◆“噛みつき”癖のあるスアレスがどさくさに紛れて”つねる”<blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CLrSim3pPyD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CLrSim3pPyD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CLrSim3pPyD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2021.02.26 12:07 Fri
twitterfacebook
thumb

シティの“問題児”、世界で900台しかない6000万超えランボルギーニが押収

マンチェスター・シティのフランス代表DFバンジャマン・メンディが愛車を押収されてしまった。イギリス『サン』が伝えている。 メンディはフランスで高級車ランボルギーニを購入。世界で900台のみというレアモノでエンジン性能も抜群、47万5000ポンド(約6600万円)もする超一級品だそう。 イギリスでも高級車を乗り回していたメンディだったが、2020年11月、フランスのナンバープレートを付けたまま走っていたところを警察に見つかると、無免許で保険にも未加入だったことが判明していた。 必要な書類を提出するまで返却できない決まりとなっていたが、保管期限を過ぎてもメンディは提出せず、この度正式に押収されたようだ。 チェシャー警察は「プレストベリー出身の26歳の男性が、保険なしでの運転と無免許での運転を行い、オンラインで有罪判決が出た」と発表。「男性は罰金880ポンド(約12万2000円)を科され、88ポンド(約1万2200円)の被害者課徴金と90ポンド(約1万3500円)の追加金の支払いのほか、6ポイントの減点が科せられた」としていた。 自動車保険局によると、イギリスでは昨年13万7410台の車両が無保険で押収されており、4台に1台が正式に押収されているそうだ。 メンディは以前にも度重なるスピード違反で免許停止をくらっており、素行の悪さはジョゼップ・グアルディオラ監督にとっても悩みの種となっている。 <div id="cws_ad">◆6600万円のランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/Lamborghini?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Lamborghini</a> poor <a href="https://twitter.com/hashtag/Aventador?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Aventador</a> SVJ is about to meet its end belongs to Manchester City player Benjamin Mendy <a href="https://t.co/ayOqtrruBQ">pic.twitter.com/ayOqtrruBQ</a></p>&mdash; 24wheel_news (@24wheel_news) <a href="https://twitter.com/24wheel_news/status/1337039758346735616?ref_src=twsrc%5Etfw">December 10, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.02.25 18:44 Thu
twitterfacebook
thumb

貴重?メッシからのユニフォーム交換の申し出に相手GKも驚き

24日、バルセロナはラ・リーガ第1節延期分でエルチェとのホーム戦に臨み、3-0で快勝した。バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは2ゴールの活躍を見せたが、試合後には自らユニフォーム交換を申し出るシーンがあった。 メッシと言えば、過去のインタビューで「自分からユニフォーム交換を申し出ることはない。頼まれれば交換はするけどね。でも、一度だけジネディーヌ・ジダンに頼んだことがある」と語っており、相手チームの選手からユニフォーム交換を頼まれることはあれど、自分から頼むことは少ない。 そんなメッシだが、エルチェ戦では、試合終了後にピッチでユニフォームを脱ぐと、エルチェGKエドガル・バディアに話しかけ、握手とともにユニフォームを手渡していた。さらにバティアがユニフォームをお返しするのを忘れていると、メッシの方から声を掛け、バディアは急いでユニフォームを脱ぎ、交換していた。 この試合で3失点を喫したバティアだったが、どのゴールもGKに落ち度はなく、それ以外の場面では見事なセーブを見せる場面もあっただけに、メッシとしても思うところがあったのだろうか。いずれにせよ、バティアにとっては思い出に残る試合となったはずだ。 <div id="cws_ad">◆メッシからのユニフォーム交換の申し出<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Elche goalkeeper Edgar Badia was stunned when Lionel Messi asked for his shirt in return! <a href="https://t.co/N1qD22DZcq">pic.twitter.com/N1qD22DZcq</a></p>&mdash; Amazon Prime Video Sport (@primevideosport) <a href="https://twitter.com/primevideosport/status/1364681633358577669?ref_src=twsrc%5Etfw">February 24, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.02.25 18:15 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールGKアリソンの父、自身で所有するダムにて遺体で発見

リバプールの守護神を務めるブラジル代表GKアリソン・ベッカーの父が遺体で見つかった。ブラジル『グローボ』が伝えた。 アリソンと、兄弟でフルミネンセの守護神であるGKムリエル・ベッカーの父であるホセ・アゴスティーニョ・ベッカーさんは57歳で他界することとなった。 『グローボ』によると、ホセ・アゴスティーニョ・ベッカーさんはブラジルのポルトアレグレから320kmほど離れたリオグランデ・ド・スル州カンパーニャのダムで24日の12時ごろに行方が分からなくなったとのことだ。 このダムはベッカー家が所有するものであり、自身の敷地内で発見された形となった。 ラブラス・ド・スル消防署によると、24日の22時50分ごろ、敷地の従業員と友人によって遺体が発見されたことを確認したとのことだ。 なお、遺体が発見された時は警察も現場におり、消防隊はダムに到着したときに遺体が見つかったことを伝えられたという。 ムリエルが所属するフルミネンセはこの訃報を受け「フルミネンセは、GKのムリエルとアリソンの父である、ホセ・アゴスティーニョ・ベッカーの死をとても残念に思います。仲間、家族にご多幸をお祈り申し上げます」と声明を発表していた。 2021.02.25 14:58 Thu
twitterfacebook
thumb

“長すぎる助走”に非難も!チームの敗退を招いた17歳のPK失敗、本人は「自信があった」

成功率はおよそ8割と言われるPK。選手たちは助走や視線などでGKとの駆け引きを行う。 トップレベルでも特徴的な助走を取る選手は何人かいるが、アルゼンチンのアトランタに所属するアルゼンチン人MFゴンサロ・コロネル(19)は、その助走が仇となってしまった。 アトランタは21日、コパ・アルヘンティーナ1回戦でビジャ・サン・カルロスと対戦。90分では決着が着かず、試合はPK戦へと突入した。 両チームともに3人が成功し、アトランタの4人目としてコロネルがボールをセットすると、コロネルはペナルティーアークよりかなり手前の位置まで助走を取る。ペナルティーアークあたりで一度減速すると、蹴る直前には軽くジャンプして相手GKのタイミングをずらそうとしたが、相手GKロドリゴ・ベニテスは反応せず。コロネルが右足で放ったシュートは、ベニテスがジャンプせずとも届く甘いコースに飛んでしまい、そのままセーブされてしまった。 結局、PK戦はコロネルの失敗も響き、3-4でビジャ・サン・カルロスが勝利。2回戦に駒を進めていた。 敗退の要因となってしまい、サポーターからも非難を受けたコロネルだが、アルゼンチン『TyC Sports』によると、近しい人々からのサポートもあり、今は落ち着いているようだ。 「僕はいつもこのようにして蹴っている。クラブでPKを獲得した時は、いつもボールに対して垂直に距離を取り、ジャンプする」 「自信があったから蹴らせてもらえるように頼んだ。いつも通りのことをやりたかったけど、今回は上手くいかなかった。言われたことは僕にあまり影響を与えなかった。なぜなら家族と同僚のサポートがあったからだ」 <div id="cws_ad">◆無駄にも見えてしまう“長すぎる助走”<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">No se puede creer. ¡Este penal no se puede creer! <a href="https://twitter.com/hashtag/CopaArgentinaEnTyCSports?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CopaArgentinaEnTyCSports</a>. <a href="https://t.co/qYvP0D3IrY">pic.twitter.com/qYvP0D3IrY</a></p>&mdash; TyC Sports (@TyCSports) <a href="https://twitter.com/TyCSports/status/1363615455051735040?ref_src=twsrc%5Etfw">February 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.02.24 19:13 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly