新星が王者バイエルンを粉砕!ドイツ代表MFが決めた美しいミドル【インクレディブル・ゴールズ】

2021.01.21 10:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回はボルシアMGのドイツ代表MFフロリアン・ノイハウス(23)が決めたゴールだ。


◆ノイハウスが豪快ミドルでバイエルンを沈める!

ドイツ3部1860ミュンヘンでプロキャリアをスタートさせたノイハウスは2017年夏にボルシアMGに加入。デュッセルドルフへのレンタルを経て、ファーストチームに定着している。

昨年10月にはドイツ代表デビューも飾っているノイハウスだが、2021年1月8日に行われたブンデスリーガ第15節のバイエルン戦では、見事なゴールを決めている。

首位を走るバイエルンをホームに迎えたボルシアMGだったが、前半26分までに2失点を許してしまう。しかし、前半のうちに2-2の同点に落ち着いて迎えた49分、相手陣内でMFヨナス・ホフマンがパスカットでボールを奪うと、ショートカウンターを発動。

そのまま味方とのパス交換からホフマンが左サイドを駆け上がると、ボックスの手前からカットインし、中央にパスする。パスを受けたノイハウスは、ペナルティーアーク内からすかさずミドルシュート。ゴール右上の完璧なコースに強烈なシュートを突き刺し、逆転ゴールを決めてみせた。

試合はそのままボルシアMGが逃げ切り、3-2で勝利。絶対王者バイエルンに対して金星を飾った。


関連ニュース
thumb

この角度からどうやって決めた?引退後は副首相まで登り詰めた政治家フットボーラーがミランで決めた信じられないゴール/2001-02【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ジョージア代表DFカハ・カラーゼ氏がミランで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆元副首相の執念が生んだ見事なゴール<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJKNjU3NXJFSCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 母国でのデビューを経て、ウクライナの強豪ディナモ・キエフで頭角を現したカラーゼ氏は、2001年1月にミランに加入。主力DFとして黄金期のミランを支え、在籍9シーズン半で公式戦284試合に出場した。 2012年に現役引退してからは、政界に進出し、ジョージアの副首相などを歴任したカラーゼ氏だが、2002年3月17日に行われたセリエA第27節のトリノ戦では、見事なゴールを決めている。 0-0で前半を折り返して迎えた50分、右サイドからDFコスミン・コントラがボックス内へクロスを上げる。高く上がったボールは、ファーサイドに流れていってしまったものの、このボールをライン際まで追っていったカラーゼが滑り込みながら左足でシュート。ふわりとした軌道のシュートは、美しい放物線を描きながらGKの頭上を越えていき、ゴール右サイドのネットに決まった。 このゴールで先制したミラン。その後追いつかれたものの、終盤に勝ち越し、2-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="907" data-sg-movie-title="【この角度からどうやって決めた?】引退後は副首相まで登り詰めた政治家フットボーラーがミランで決めた信じられないゴール"></span> 2021.03.07 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

起死回生の一撃!ピケが土壇場で決めた決勝への望みを繋ぐ劇的同点ヘッド/2020-21【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバルセロナの元スペイン代表DFジェラール・ピケが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ピケが決めた劇的ヘディング弾<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJJdWRmZUFScyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> バルセロナの下部組織で育ったピケは、一度はマンチェスター・ユナイテッドに引き抜かれたものの、2008年夏にバルセロナに復帰。以降は守備の要として最終ラインからチームを支えている。 抜群の守備力に加え、フィジカルを活かした攻撃参加も持ち味の1つであるが、2021年3月3日に行われたコパ・デル・レイ準決勝セビージャとの2ndレグでは、劇的なゴールを決めている。 1stレグに0-2で敗れていたバルセロナが、ディスアドバンテージを背負って迎えたこの試合。決勝進出には3点差以上での勝利が必要となっていたが、1-0とバルセロナがリードしつつも、合計スコアでは依然ビハインドの状況で迎えた後半追加タイムの94分、右CKの二次攻撃から左サイドで相手のクリアボールを回収したグリーズマンが絶妙なクロスを入れると、これをゴール前で競り勝ったピケがドンピシャのヘディングシュートをゴール右隅に流し込んだ。 最後の最後で劇的なゴールで追いついたバルセロナ。延長戦に持ち込むと、勝ち越しに成功し、3-0と1stレグの点差をひっくり返す大逆転勝利で決勝進出を決めている。 <span data-sg-movie-id="891" data-sg-movie-title="【起死回生の一撃!】ピケが土壇場で決めた決勝への望みを繋ぐ劇的同点ヘッド"></span> 2021.03.07 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

隙を逃さず仕留める!トルコの点取り屋が決めた豪快ボレー/2020-21【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はダービー・カウンティの元トルコ代表FWコリン・カジム=リチャーズが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆隙を逃さない豪快ボレーシュート!<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIzODBUck52RyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> イングランド出身ながらトルコの血を引くカジム=リチャーズ。イングランドでプロデビューすると、トルコやフランスなどのヨーロッパ諸国のリーグや中南米のリーグを渡り歩いた。 現在はチャンピオンシップ(イングランド2部)所属のダービー・カウンティでプレーしているカジム=リチャーズだが、2021年2月26日に行われたチャンピオンシップ第33節ノッティンガム・フォレスト戦では、豪快なゴールを決めている。 0-1とダービービハインドの84分、ダービーの選手が自陣からヘディングでボールを繋ぎ、前線にボールを運ぶ。そのまま相手の最終ライン手前のスペースでカジム=リチャーズがボールを受けると、一度はボールが相手に渡ったものの、クリアボールに体を当ててボールを収める。一瞬の隙を突いたカジム=リチャーズは、そのまま豪快なボレーを放つと、ゴール右サイドネットにシュートが決まり、見事な同点弾となった。 終盤に追いつくことに成功したダービー。試合はそのまま1-1のドローに終わっている。 <span data-sg-movie-id="903" data-sg-movie-title="【隙を逃さず仕留める!】トルコの点取り屋が決めた豪快ボレー"></span> 2021.03.07 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

大砲のような弾丸シュート!豪快なミドルに相手GKもマジギレ/2016-17【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はパルマのスロバキア代表MFユライ・クツカがミラン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆豪快なゴールにGKマジギレ!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ6elRyc1I3NyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 母国スロバキアでプロデビューしたクツカは、チェコの強豪スパルタ・プラハやジェノアで活躍し、2015年夏にミランに加入。2シーズンに渡り、主力選手としてプレーした。 豊富な運動量で攻守に存在感を発揮することができるクツカだが、2016年10月16日に行われたセリエA第8節のキエーボ戦では、豪快なゴールを決めている。 0-0のまま前半が終わろうかという45分、相手陣内中央でボールを持ったクツカは、ドリブルで中央突破を敢行し、ペナルティーアーク手前まで進むと左足を一閃。物凄いパワーのシュートはゴール左に一直線に飛んでいき、ゴールネットに突き刺さった。 アンストッパブルな一撃に、相手GKは簡単にシュートを許してしまった味方への怒りを露わにしていた。試合はこのゴールで主導権を握ったミランが後半も試合を優位に進め、3-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="901" data-sg-movie-title="【大砲のような弾丸シュート!】豪快なミドルに相手GKもマジギレ"></span> 2021.03.06 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

名門アヤックスの元「10番」が躊躇なく叩き込んだ美しいミドルシュート/2011-12【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はヘーレンフェーンの元オランダ代表MFシーム・デ・ヨングがアヤックス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アヤックスの元「10番」が決めた豪快ミドル<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIzYkZ4M1NMYiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 名門アヤックスで育ったデ・ヨングは2007年にファーストチームに昇格。若くして頭角を現し、2016年夏にニューカッスルに移籍するまで主力として活躍した。 最前線でプレーすることもあるデ・ヨングだが、2012年4月11日に行われたエールディビジ第29節のヘーレンフェーン戦では、見事なゴールを決めている。 開始早々にヘーレンフェーンのGKが退場処分を受け、アヤックスが終始試合を支配する一方的な展開となったこの試合。2-0とアヤックスがリードして迎えた25分、MFテオ・ヤンセンがドリブルで中央に切り込んでいき、ボックス手前のMFクリスティアン・エリクセンにパスを送る。 エリクセンがダイレクトで少し後ろにいたデ・ヨングに落とすと、素早くシュート体勢に入り、躊躇なく右足を振り切ったデ・ヨングが、見事なミドルシュートをゴール左のネットに突き刺してみせた。 アヤックスは前半だけで4得点をマーク。後半にも追加点を奪い、5-0で大勝している。 <span data-sg-movie-id="900" data-sg-movie-title="名門アヤックスの元「10番」が躊躇なく叩き込んだ美しいミドルシュート"></span> 2021.03.06 16:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly