「チャンスがあれば、もう一度やってみたい」昨季は仙台でプレーしたFW西村拓真、CSKAモスクワでのプレーを希望

2021.01.18 13:03 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2020シーズンはベガルタ仙台でプレーしたFW西村拓真が、CSKAモスクワでのプレーに意気込みを語った。ロシア『SportBox』が伝えた。

西村は仙台でキャリアをスタート。2018年8月にCSKAモスクワへと完全移籍していた。

CSKAモスクワではロシア・プレミアリーグの他、チャンピオンズリーグ(CL)の出場も果たし、23試合で4ゴール1アシストを記録していた。

しかし、2020年1月にポルティモネンセへとレンタル移籍すると、3月には古巣の仙台へと復帰。シーズン終了後にCSKAモスクワへ復帰していた。

新シーズンに向けて準備を進める中、CSKAモスクワでも居場所がないと報じられていた西村。インタビューでは移籍や新シーズンについて語った。

まず、ポルティモネンセへのレンタル移籍については、ビクトル・ゴンチャレンコ監督と話をした上で決めたとのこと。武者修行を選んだ理由は、自身が成長するためだったと明かした。

「ゴンチャレンコと話をしました。彼は『良いオファーがレバ別のチームに行くことができる。CSKAに残っても問題はない。チャンスをあげよう。ただ、全ての試合でプレーすることは約束できない』と言っていました」

「ゴンチャレンコは、いつも助けとなるアドバイスをくれ、僕を信じてくれました。とても感謝しています」

「僕は十分ではなかったです。そして、僕は高いレベルでプレーできたことを証明もできていませんでした。成長のためには、試合に出ることが必要でした」

「これがクラブを変えた理由です。だから、CSKAを離れることは僕の決断でした。ウインガーのポジションをもっとよく理解できれば、より良いものを見せられたと思います。でも、それには時間がかかってしまいました」

仙台では明治安田J1で20試合に出場し3得点を記録した西村。この先はやはりCSKAモスクワに戻ってプレーしたいようだ。

「はい。チャンスがあれば、もう一度やってみたいですし、自分を見せたいと思います」

「僕はクラブが本当好きです。ゴンチャレンコのスタイルに感銘を受けていますし、彼と再び仕事がしたいです」

関連ニュース
thumb

ミランで構想外のカスティジェホにロシア行きの可能性? CSKAモスクワが関心

ミランで構想外のスペイン人FWサム・カスティジェホ(26)にCSKAモスクワ行きの可能性が浮上している。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 2018年夏にビジャレアルからミランへ加入したカスティジェホ。加入以降、左右のウイングを主戦場に公式戦109試合10ゴール13アシストと準主力を担ってきたが、昨シーズンのリーグ戦の出場はほぼ途中出場とチーム内での序列が下がっていた。 今夏の移籍市場では売却候補の一人に挙がっていたが、クラブと選手双方が納得するオファーが届かず。ただ、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージの登録メンバーから漏れており、事実上構想外の扱いとなっている。 そういった中、カスティジェホにはウェストハムにクロアチア代表MFニコラ・ヴラシッチを引き抜かれたCSKAモスクワが関心を示しているという。 CSKAモスクワはミランに対して、買い取りオプション付きのレンタル移籍での獲得を打診。だが、ミランは800万~1000万ユーロ(約10億4000万~13億円)の買い取り義務を要求しているようだ。 なお、ロシアの移籍市場は今月7日までとなっており、カスティジェホの意向を含め、両クラブが残り数日間で交渉をまとめ上げられるかは微妙なところだ。 2021.09.04 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ウェストハムがCSKAからヴラシッチを獲得! 3季ぶりのプレミア復帰

ウェストハムは31日、CSKAモスクワからクロアチア代表MFニコラ・ヴラシッチ(23)を獲得したことを発表した。契約は5年で、移籍金はイギリスメディアによると2600万ポンド(約40億円)と見込まれている。 ヴラシッチは2017年夏にハイドゥク・スプリトからエバートンに加入したものの、あまり出場機会に恵まれず、翌夏にCSKAへレンタル移籍した。 CSKAでは初年度からロシア・プレミアリーグで25試合5ゴール5アシスト、チャンピオンズリーグで6試合3ゴール2アシストと大活躍。さらに2019-20シーズンには、リーグ戦で30試合12ゴール5アシストを記録し、年間最優秀選手に選ばれた。 今季もリーグ戦5試合に出場していた中で、通算では公式戦108試合で33ゴール21アシストの数字を残し、満を持してイングリッシュ・プレミアリーグに復帰。19試合のみの出場に終わったエバートンでの雪辱を期す。 2021.08.31 18:31 Tue
twitterfacebook
thumb

ハマーズ、今夏ミラン関心のクロアチア代表MFヴラシッチ獲得迫る

ウェストハムがCSKAモスクワのクロアチア代表MFニコラ・ヴラシッチ(23)の獲得に迫っているようだ。イギリス『ガーディアン』など複数メディアが報じている。 ウェストハムは、昨シーズンの後半戦で驚異的な活躍を見せたイングランド代表MFジェシー・リンガード(28)の買い取りに向けてマンチェスター・ユナイテッドと交渉を続けてきたが、現時点で交渉が停滞。 そういった中、今夏の移籍市場でミランが熱視線を注いでいたクロアチア代表MFの獲得に迫っているようだ。 伝えられるところによれば、ウェストハムはCSKAモスクワに対して、3000万ユーロ(約38億9000万円)+ボーナス800万ユーロ(約10億4000万円)という条件で合意に近づいているとのことだ。 世界的な活躍を見せたクロアチア人女子走高跳選手のブランカ・ヴラシッチを姉に持つヴラシッチは、クロアチアの名門ハイドゥク・スプリトで2014年にプロデビュー。 その後、2017年夏にエバートンへ移籍も大きなインパクトは残せず、2018年夏にCSKAモスクワへ武者修行に出されることになった。 そのCSKAモスクワでは、加入1年目にチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦で相手に大金星を掴む決勝点を記録するなど、ブレイクを果たし、翌年に完全移籍へ移行。その後は中心選手としてここまで公式戦108試合の出場で33ゴール21アシストの数字を残している。 そして、ロシアでの活躍によってクロアチア代表にも定着しており、先のユーロ2020では全4試合に出場し、スコットランド代表戦では1ゴールを挙げていた。 トップ下を主戦場に左右のウイングでもプレー可能な23歳は、ドリブル、パス、シュートとアタッカーに求められる資質を満遍なく兼ね備えており、バルカン半島出身者らしくフィジカルの強さも魅力。とりわけ、正確且つパワフルな右足のシュートに定評がある。 2021.08.30 08:00 Mon
twitterfacebook
thumb

昇格組ベネツィアがアイスランド代表MFアルノル・シグルドソンをCSKAモスクワからレンタルで獲得

セリエAに昇格したベネツィアは30日、CSKAモスクワからアイスランド代表MFアルノル・シグルドソン(22)を1年間のレンタル移籍で獲得した。 母国のIAアクラネースでプロデビューしたアルノル・シグルドソンは、スウェーデンのノルシェーピンでのプレーを経て、2018年の夏にCSKAモスクワへ完全移籍。 CSKAモスクワでは、加入初年度から主力に定着すると在籍3シーズンで公式戦87試合に出場し13ゴール8アシストを記録。昨季も公式戦31試合に出場していた。 また、19歳でデビューしたアイスランド代表では、これまで14キャップを記録している。 2021.07.31 07:40 Sat
twitterfacebook
thumb

元ロシア代表MFジャゴエフ、CSKAモスクワと2023年まで契約延長

CSKAモスクワは22日、元ロシア代表MFアラン・ジャゴエフ(31)と2023年6月まで契約を延長したことを発表した。 ロシア代表として59試合の出場歴を持つジャゴエフ。2007年にクリリヤ・ソヴェトフからCSKAモスクワに加入後、公式戦375試合に出場して77ゴール90アシストと活躍。2度の国内リーグ優勝、2度の国内カップ戦優勝に貢献している。 2021.07.23 00:50 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly