電撃デビューから4日…アル・ドゥハイルが正式に元柏FWオルンガの加入を発表、3年契約を締結

2021.01.17 16:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
カタールのアル・ドゥハイルは16日、ケニア代表FWマイケル・オルンガ(26)の加入を発表した。オルンガは12日、カタールのアル・ドゥハイルへと完全移籍。柏からの移籍が発表されず、アル・ドゥハイルも加入を発表していない中、オルンガはいきなり試合のスターティングメンバーに名を連ねるという驚きの事態となり、残念な別れの形となっていた。


加入の発表がないままデビュー戦を戦ったオルンガだが、アル・ドゥハイルはようやく加入を発表。契約期間は3年間とのことだ。

オルンガは2018年8月にスペインのジローナから柏に加入。1年めは明治安田J1で10試合に出場し3得点を記録。しかし、チームはJ2に降格していた。

2年目となった2019シーズンは明治安田J2で大暴れ。30試合に出場し27得点を記録し、チームのJ2優勝に大きく貢献していた。

そして迎えた2020シーズンは、明治安田J1で32試合に出場し28得点を記録。柏の選手として初の得点王に輝くとともに、アフリカ出身選手として初めてJリーグの最優秀選手賞を受賞していた。

なお、アル・ドゥハイルはカタール・スターズリーグを戦っている他、2月に行われるクラブ・ワールドカップにも開催国王者として出場が決定。「オルンガも重要なメンバーになるだろう」とクラブも発表している。
関連ニュース
thumb

攻撃陣躍動のアル・ドゥハイルが蔚山現代との5位決定戦を制す!《クラブ・ワールドカップ》

FIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)2020・5位決定戦の蔚山現代(韓国)vsアル・ドゥハイル(カタール)が7日に行われ、1-3でアル・ドゥハイルが勝利。この結果、アル・ドゥハイルが5位となっている。 2回戦でティグレス(メキシコ)に敗れた蔚山と、アル・アイン(エジプト)に敗れたアル・ドゥハイルの5位決定戦。蔚山ではかつてアビスパ福岡でプレーしたウォン・ドゥジェが、アル・ドゥハイルでは今冬に加入した昨季J1得点王のFWオルンガが先発に名を連ねた。 大会初勝利を目指す両者の一戦は、4分にアル・ドゥハイルが決定機を迎える。相手CKのこぼれ球からカウンターを仕掛けると、ドゥドゥのパスをボックス左で受けたエジミウソンがシュート。さらに相手GKの弾いたボールをゴール前のドゥドゥが押し込んだが、これはドゥドゥのオフサイドを取られた。 アル・ドゥハイルは15分にも、ボックス左でボールを収めたドゥドゥの落としからエジミウソンがミドルシュートでゴールを脅かしたが、これはGKチョ・ヒョヌの好セーブに阻まれた。 その後も攻勢を続けるカタール王者は21分、バイタルエリア中央でカリミとスイッチしたエジミウソンがペナルティアーク手前まで切り込むと、コントロールショットをゴール右隅に突き刺さった。 さらにアル・ドゥハイルは、42分に中盤でのボール奪取からドゥドゥがカウンター。ラストパスでゴール前に抜け出したオルンガがチップキックでゴールを狙ったが、これはGKチョ・ヒョヌのセーブに防がれた。 迎えた後半、1点を追う蔚山はヒンテルゼーアとデイビッドソンを下げてキム・ジヒョンとキム・インソンを投入。すると62分、ボックス右深くまで侵入したキム ソンジュンのクロスをファーサイドのキム・インソンが折り返すと、相手DFにディフレクトしたボールを最後はユン・ビッカラムがゴールに流し込んだ。 同点に追いつかれたアル・ドゥハイルだったが、すぐに反撃に出る。66分、ドゥドゥの絶妙なループパスでゴール前に抜け出した途中出場のM・ムンタリがボレーシュートで流し込んだ。 さらに82分には、右サイドでイスマエルが競り合ったこぼれ球を拾ったアルモエズ・アリがボックス右から侵入。冷静にGKの股下を抜くシュートでネットを揺らした。 結局、試合はそのまま3-1で勝利したアル・ドゥハイルが5位で大会を終えた。一方、初勝利を逃した蔚山はCWC4連敗となっている。 2021.02.08 02:01 Mon
twitterfacebook
thumb

アフリカ王者・アル・アハリがバイエルン待つ準決勝進出! オルンガ先発も不発に終わった開催国王者は及ばず…《クラブ・ワールドカップ》

FIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)2020準々決勝、アル・ドゥハイル(カタール)vsアル・アハリ(エジプト)が4日に行われ、0-1で勝利したアル・アハリが準決勝進出を果たした。   新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって延期となっていたCWCだが、カタールでの開催が無事に決定。   開催国王者のアル・ドゥハイルは当初プレーオフからの参戦予定だったが、コロナ禍によってオセアニア王者のオークランド・シティ(ニュージーランド)の参加辞退が決定し、不戦勝という形で準々決勝からの参戦となった。   CAFチャンピオンズリーグを制したアフリカ王者のアル・アハリと対峙したこの初戦では柏レイソルから今冬に加入した昨季J1得点王のFWオルンガがベナティアやアフメド・ヤセル、ドゥドゥらと共に先発に名を連ねた。   コロナウイルス感染対策で30%の収容人数となったものの、アル・アハリの熱狂的なサポーターの歓声が響く中でスタートした一戦。開始5分にはアル・ドゥハイルがセットプレーの流れからエジミウソンがファーストシュートを放つが、以降は守備の出足、切り替えの速さで勝るアフリカ王者が優勢に試合を運んでいく。   なかなかフィニッシュまで持ち込めない状況が続いたアル・アハリだが、30分には高い位置での連動したプレスからブワルヤがペナルティアーク付近でボールを奪い切ると、サポートに入ったエル・シャハトがこぼれ球を見事な右足のミドルシュートでゴール左下隅に突き刺し、相手のミスを突いて先制に成功した。   さらに、畳みかけるアフリカ王者は32分にエル・シャハトとの連携で左サイドを破ったマールルがボックス左からシュートを放つが、これは相手DFのブロックに遭う。続く38分にはカウンターからエル・シャハトのスルーパスに抜け出したブワルヤがそのままボックス内まで運んでGKの股間を抜くシュートを決める。だが、VARのレビューの結果、わずかながらオフサイドラインを越えており、ゴールは取り消しとなった。   VARに救われて何とか可能性を残したアル・ドゥハイルだが、相手の強度の高い守備を前に中盤でのボールロストが目立ち、なかなか良い形で攻撃を展開できない。その中で最前線のオルンガに幾度か長いボールが通る場面もあったが、周囲のサポートがほとんどなく決定機に繋げることはできなかった。   後半に逆転を目指す開催国王者はオルンガとバサム・アラウィを下げてハーフタイム明けにアルモエズ・アリ、ムンタリと2人のアタッカーをピッチへ送り出す。この交代をキッカケに攻勢を強めるアル・ドゥハイルは、左サイドのエジミウソン、右サイドのアルモエズ・アリの個の仕掛けを軸に幾度か良い形を作り出す。   60分にはボックス左でパスを受けたムンタリが冷静な切り返しでDFを外して左足を振り抜く。シュート自体はコースが甘かったものの、GKエル・シェナウィが弾き損なったボールがゴールに向かうが、わずかに枠の上を越えた。その後も攻勢を続けるカタール王者はムンタリやドゥドゥ、ムサと人数をかけた攻めから幾度も枠内シュートを浴びせかけるが、GKエル・シェナウィの好守などに阻まれてゴールが遠い。   一方、前半のように鋭いカウンターを繰り出せず、防戦が続くアル・アハリはフレッシュな選手をピッチに送り出しながら逃げ切りを最優先に要所で2点目を狙いにいく。77分には途中出場のディエングが際どいミドルシュートを放つが、これはわずかに枠の左へ外れた。   試合終盤にかけてはアル・ドゥハイルが決死の猛攻に打って出て同点ゴールまであと一歩という場面を幾度も作り出すが、ベスト4進出に向けて気迫を見せるアル・アハリも譲らず、緊迫感のある攻防が繰り広げられる。それでも、何とかアフリカ王者が逃げ切りに成功し、1-0のスコアでの勝利を収めた。   なお、準決勝進出を果たしたアル・アハリは8日にUEFAチャンピオンズリーグを制した欧州王者のバイエルン(ドイツ)と対戦する。一方、敗れたアル・ドゥハイルは同じく7日に行われる5位決定戦で蔚山現代(韓国)と対戦する。 2021.02.05 04:28 Fri
twitterfacebook
thumb

オルンガ爆発! 国内カップ戦で加入後初ゴール含むハットトリック《アミール・カップ》

ケニア代表FWオルンガが、カタールでも早速爆発した。 アル・ドゥハイルは25日、国内カップ戦のアミール・カップのラウンド16でアル・アハリと対戦。6-0で大勝を収めた。 柏レイソルから電撃加入したオルンガは加入後3試合目の出場とな理、この日も2トップの一角で先発出場。移籍ご初ゴールを含むハットトリックの活躍を見せた。 試合は3分、ドゥドゥがボックス内で倒されアル・ドゥハイルがPKを獲得。キッカーを任されたオルンガはゴール右隅に豪快に蹴り込み、移籍後初ゴールを記録する。 先制したアル・ドゥハイルは22分に相手のミスからビッグチャンス。DFモハメド・アル・ナイミのバックパスをドゥドゥが奪うと、最後はエジミウソン・ジュニオールが落ち着いて決めて追加点を奪う。 さらに43分には再びオルンガ、右CKからのクロスをボックス中央で高さを生かし豪快ヘッド。リードを3点に広げる。 3-0で迎えた後半もアル・ドゥハイルがペースを握ると、69分にはカウンターから最後はオルンガが落ち着いて蹴り込みハットトリックを達成。ドゥドゥとの素晴らしいコンビネーションでゴールを重ねた。 オルンガはハットトリックを達成してお役御免。その後、ルイス・セアラ、エジミウソン・ジュニオールが加点し、アル・ドゥハイルが6-0で快勝を収めた。 アル・ドゥハイル 6-0 アル・アハリ 06分 1-0:オルンガ(アル・ドゥハイル)[PK] 22分 2-0:エジミウソン・ジュニオール(アル・ドゥハイル) 43分 3-0:オルンガ(アル・ドゥハイル) 69分 4-0:オルンガ(アル・ドゥハイル) 78分 5-0:ルイス・セアラ(アル・ドゥハイル) 90分 6-0:エジミウソン・ジュニオール(アル・ドゥハイル) 2021.01.26 10:42 Tue
twitterfacebook
thumb

来月カタール開催のFIFAクラブワールドカップの対戦カード決定!

FIFAクラブワールドカップ(CWC)2020の組み合わせ抽選会が19日に行われ、対戦カードが決定した。 新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって延期となっていたCWCだが、昨年11月に今年2月にカタールで開催されることが決定。ただ、コロナ禍によってオセアニア王者のオークランド・シティ(ニュージーランド)の参加辞退が決定し、現行の7チーム制から6チーム制への変更を余儀なくされた。 2回戦ではCONCACAFチャンピオンズリーグ(北中米カリブ海王者)のUANLティグレス(メキシコ)と、AFCチャンピオンズリーグ王者(アジア王者)の蔚山現代(韓国)が対戦。もう1カードは開催国王者であり、柏レイソルからケニア代表FWオルンガが加入したことで注目を集めるアル・ドゥハイル(カタール)が、CAFチャンピオンズリーグ王者(アフリカ王者)のアル・アハリ(エジプト)と対戦する。 また、チャンピオンズリーグ王者(欧州王者)のバイエルン(ドイツ)と、サントス(ブラジル)とパウメイラス(ブラジル)が今月30日に決勝を戦うコパ・リベルタ・ドーレス王者(南米王者)は準決勝からの参戦。 前者はアル・ドゥハイルvsアル・アハリの勝者と、後者はUANLティグレスvs蔚山現代の勝者と対戦することになる。 ★FIFAクラブワールドカップ2020 日程 ◆2回戦 ▽2/4(木) UANLティグレス vs 蔚山現代[Match 2] アル・ドゥハイル vs アル・アハリ[Match 3] ◆5位決定戦 ▽2/7(日) [Match 2]の敗者 vs [Match 3]の敗者[Match 4] ◆準決勝 ▽2/7(日) コパ・リベルタ・ドーレス王者 vs [Match 2]の勝者[Match 5] ▽2/8(月) [Match 3]の勝者 vs バイエルン[Match 6] ◆3位決定戦 ▽2/11(木) [Match 6]の敗者 vs [Match 5]の敗者 ◆決勝 ▽2/11(木) [Match 6]の勝者 vs [Match 5]の勝者 2021.01.20 02:20 Wed
twitterfacebook
thumb

降格圏のパルマ、アル・ドゥハイルの元ユベントスDFベナティア獲得へオファー

かつてユベントスでプレーしていたモロッコ代表DFメディ・ベナティア(33)がセリエAに復帰する可能性があるようだ。 イタリア『スカイ』によると、ベナティアの獲得に動いているのはパルマとのこと。オファーをすでに出しているとのことだ。 ベナティアはマルセイユやロリアンなどフランスでキャリアを積み、2010年7月にウディネーゼへと移籍。その後、ローマバイエルンと渡り歩き、2016年7月にユベントスへ加入した。 2019年1月にはカタールのアル・ドゥハイルへと完全移籍。先日柏レイソルを退団したケニア代表FWオルンガと同僚になっていた。 報道によれば、ベナティアはこのオファーを受け入れることを検討しているとのこと。数日で回答するようだ。 ベナティアはアル・ドゥハイル加入後は公式戦43試合に出場し2ゴールを記録している。 セリエAではウディネーゼ、ローマ、ユベントスと3クラブで通算153試合に出場し14ゴール1アシストを記録。降格圏で苦しむパルマとしては、加入となれば大きな戦力をなりそうだ。 2021.01.16 22:57 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly