24日のバルセロナ新会長選投票は延期に…コロナ感染拡大の影響を考慮

2021.01.16 01:23 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
24日に予定されていたバルセロナの新会長選挙の投票が新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、急遽延期となった。クラブが公式声明で明かした。

バルセロナでは昨年10月にジョゼップ・マリア・バルトメウ前会長が任期を満了することなく辞任を発表。これにより、新会長を選出する選挙の準備が進んでおり、先日には元会長であるジョアン・ラポルタ氏、ビクトル・フォント氏、トニ・フレイシャ氏の最終候補3名が選出されていた。


そして、15日からは3氏による選挙キャンペーンがスタートし、24日に投票が行われる予定となっていた。

バルセロナとカタルーニャ州政府は昨年11月末に1月24日に10カ所の選挙地を選んで投票を行うことで合意。だが、両者は直近の話し合いの中、コロナウイルスの第3波によって同地域では個人の移動を制限しており、近隣に投票所がないソシオ会員の移動が感染のリスクを高めるとの結論に至り、投票延期を決定した。

なお、新たな投票日程に関しては15日に最終候補3名と会長代行を務めるカルレス・トゥスケッツ氏との話し合いの中で決められるようだ。

関連ニュース
thumb

バルセロナが大逆転勝利で決勝進出! セビージャはPK失敗に後半土壇場被弾で無念の敗退…《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ準決勝2ndレグ、バルセロナvsセビージャが3日にカンプ・ノウで行われ、延長戦までもつれ込んで激闘を制したバルセロナが2戦合計3-2のスコアで決勝進出を決めた。 敵地での前回対戦で0-2の完敗を喫したバルセロナだが、先週末に行われたラ・リーガではデンベレとメッシの2ゴールによって今季3度目の対戦でセビージャに初勝利。その勝利の勢いを持ち込んで臨んだ今回の2ndレグでは、その試合と全く同じスタメンを採用。負傷交代したペドリも無事スタメンに名を連ねた。 一方、ホームで先勝し大きなアドバンテージを得たセビージャだが、前述のように直近のリーグ戦での敗戦により、ラ・リーガの連勝が「6」でストップ。その影響が懸念される中で臨んだ苦手カンプ・ノウでの一戦では先発6人を変更。負傷かベンチ外となった守護神ブヌに代わってヴァツリークが起用された一方、スソとエン=ネシリに加えて負傷明けのアクーニャが復帰。同じく負傷明けのオカンポスがベンチに戻ってきた。 バルセロナが[3-5-2]を継続したのに対して、並びを合わせてくる可能性もあったセビージャは普段通りの[4-3-3]でスタート。逆転での突破に向けて3点が必要なホームチームがボールを握って押し込んでいく中、10分にはブスケッツがミドルシュートで最初の枠内シュートを放つ。 すると、直後の12分にはボックス左でDFクンデとのイーブンボールの奪い合いを制したデンベレがそのままキープして一瞬相手守備の動きが止まった隙を突いて右足を一閃。ジョルダンにディフレクトしてややコースが変わったシュートがゴール左上隅の完璧なコースに決まった。 逆転に向けて士気が高まる早い時間帯のゴールで勢いに乗るバルセロナは、以降も相手の連動性を欠くプレスをいなしながら相手を押し込み続ける。また、ボールを奪われても素早い囲い込みで相手のプレーを制限し、3バックがことごとくデュエルを制して攻撃を起点を作らせない。 以降も完全に主導権を握るホームチームは30分過ぎにペドリのミドルシュート、ボックス左で仕掛けたメッシのシュートのこぼれ球がゴールに向かうなど、決定機を幾度も作り出すが、最後のところで身体を張るセビージャを前に2点目を奪い切れずに前半を終えることになった。 後半も引き続きバルセロナが主導権を握るが、割り切って守るセビージャの守備をなかなか崩し切れない。 そういった流れの中で先に動きを見せたのはアウェイチーム。54分、足を痛めたアレイシ・ビダル、アクーニャ、ルーク・デ・ヨングを下げてヘスス・ナバス、レキク、ラキティッチを一気に投入。さらに、63分にはオリベル・トーレスに代えて負傷明けのオカンポスをピッチへ送り出した。 一方、後半に入ってなかなか決定機まで至らないバルセロナは63分、デストを下げて切り札のグリーズマンを投入。この交代で並びを[4-3-3]に変更した。すると、67分にはボックス左でデンベレの浮き球のクロスに反応したジョルディ・アルバが左足のジャンピングボレーで合わすが、これは惜しくもクロスバーを叩く。 粘り強く守りながらアウェイゴールを奪って試合を決めたいセビージャは71分、千載一遇のチャンスを得る。ボックス手前で仕掛けたオカンポスがミンゲサと入れ替わりかけてボックス内で交錯。すると、微妙な判定ながらPKを獲得する。しかし、キッカーのオカンポスが左を狙って蹴ったシュートはGKテア・シュテーゲンに完璧に読まれて痛恨の失敗となった。 守護神のビッグセーブで首の皮一枚繋がったバルセロナは、完全に専守防衛の構えを見せるアウェイチームに対してここから決死の猛攻を仕掛けていく。 試合終盤にかけてはイライクス、ジュニオル・フィルポ、トリンコン、ブラースヴァイトと次々に交代カードを切ってパワープレーを仕掛けていくと、最後の最後に劇的同点ゴールを奪う。 94分、右CKの二次攻撃から左サイドで相手のクリアボールを回収したグリーズマンが絶妙なクロスを入れると、これをゴール前で競り勝ったピケがドンピシャのヘディングシュートをゴール右隅に流し込んだ。そして、前ラウンドのグラナダ戦に続く後半ラストプレーで追いついたバルセロナが延長戦に持ち込んだ。 失点直前にフェルナンドが2枚目のカードをもらったことで、数的優位で延長戦に入ったバルセロナはすぐさま勝ち越しに成功する。延長前半5分、左サイドのアルバが上げた絶妙なクロスをゴール前に飛び込んだブラースヴァイトがダイビングヘッドで合わせ、一気に試合を引っくり返した。 これでいよいよ厳しくなったセビージャだが、アウェイゴールを奪えば一気に優位に立てることもあり、バルセロナの猛攻を凌ぎながらカウンターでワンチャンスを狙う。110分にはオカンポスがボックス内で競った際にボールがDFラングレの手に当たり、この試合2度目のPK奪取かに思われたが、ここはノーファウルの判定となった。 やや微妙な判定に救われて何とか窮地を脱したバルセロナはここから冷静に時計を進めると、延長後半のセビージャの猛攻をGKテア・シュテーゲンを中心に凌ぎ切った。 そして、1stレグの0-2から驚異的な勝負強さを発揮して逆転したバルセロナが2戦合計3-2で見事に決勝進出を決めた。 2021.03.04 07:49 Thu
twitterfacebook
thumb

アルテタ監督がバルサ指揮官就任の噂を完全否定「アーセナルでこの上なく幸せ」

バルセロナ行きの噂が上がっているアーセナルのミケル・アルテタ監督が、クラブに完全に集中していることを強調した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 バルセロナでは今月7日に会長選挙が控える中、最有力候補と目されるジョアン・ラポルタ氏は先日、スペインラジオ局『RAC1』の番組で、当選した暁には、ロナルド・クーマン現監督に代わってアルテタ監督が招へいする可能性を示唆していたことが伝えられた。 選手としてはバルセロナのカンテラーノの肩書を持つアルテタ監督は、指導者としても同じバルセロナ下部組織出身のジョゼップ・グアルディオラ監督に師事しており、その哲学を受け継いでいる人材でもある。 アルテタ監督はそんな背景から、自身がバルセロナ指揮官の候補に挙がる可能性があることを認めつつ、選挙を間近に控えたこのタイミングでは、様々な憶測が飛び交うものだとコメント。しかしながら、就任の噂については完全に否定している。 「私はここでしなければならない仕事に完全に集中している。本当に多くのタスクがあり、私はそれを楽しんでいるよ」 「このクラブを率いることができるのは特権だと思っている。そして私はこの上なく幸せだ」 また、記者から将来的なバルセロナ監督就任の可能性を問われたスペイン人指揮官は「今日も明日も私はアーセナルの監督だ。本当に楽しんでいるし、これまで以上の成果を成し遂げたいと思っている」と、否定するまでもないという様なコメントを返したという。 2021.03.03 21:48 Wed
twitterfacebook
thumb

「裁判官が有罪と言うまでは無実」ペップが古巣での騒動に言及

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、古巣で起きている事件に言及した。スペイン『アス』が報じた。 バルセロナでは1日、「バルサゲート」と呼ばれる過去の汚職事件の疑いによりオフィスが家宅捜索。関与していたとされる前会長のジョゼップ・マリア・バルトメウ氏の他、CEO(最高経営責任者)のオスカル・グラウ氏、法務を担当していたロマン・ゴメス・ポンティ氏、バルトメウ氏の右腕としても知られたジャウメ・マスフェレール氏も逮捕されたと報じられていた。 そのバルセロナは、3日にセビージャとのコパ・デル・レイ準決勝2ndレグが控えており、試合前に大きな話題を呼ぶ事態となっていた。 2日に行われたプレミアリーグ第29節のウォルバーハンプトン戦後の記者会見で、グアルディオラ監督は古巣での事件についてコメント。逮捕されたバルトメウ前会長についても、「現時点では無実だ」と語った。 「快適な状況ではないことは理解している。全てがうまくいくことを願っている。裁判官が有罪と言うまでは彼は無実だ」 「私が心配しているのは、1週間以内に新たな会長が就任するということだけだ。多くの人が投票し、私にとっての世界最高のクラブを率いることができる会長が選出される。日曜日の選挙を楽しみにしている」 2021.03.03 20:02 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、今季台頭の若手DFミンゲサと契約延長か…オプション行使で2年更新可能

バルセロナが、スペイン人DFオスカル・ミンゲサ(21)の契約延長を前向きに検討しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 バルセロナの下部組織出身で、今シーズンにロナルド・クーマン監督の下でトップチームデビューを果たしたミンゲサ。本職はセンターバックながら、両サイドバックもこなせる器用さも備えており、今季はケガによる離脱の多いDFセルジ・ロベルトの穴を埋めながら、ここまで公式戦25試合に出場している。 この活躍にバルセロナのテクニカル部門も2年の更新条項を行使することを前向きに考慮。3月に決定する新会長や監督次第で、実行に移すとのことだ。 一方で、ミンゲサにはベティスが注目しているとの噂もある。伝えられるところでは、ベティスはローコストの右利きのセンターバックを探しており、現状2021年夏で契約が切れるミンゲサはうってつけの補強候補なのだという。 バルセロナとしては、現状では欠かせないミンゲサだが、今後の方針次第ではトップチームから降格してしまう可能性も捨てきれないため、契約を延長しつつ、ベティスへのレンタル移籍させるオプションも持っておくことが理想的だという。『ムンド・デポルティボ』は、ベティスとミンゲサの代理人がすでに接触したことを確認している。 2021.03.03 17:22 Wed
twitterfacebook
thumb

稀代の若手アンス・ファティがトッププレイヤー5名を選出!「メッシにプジョルに…」

バルセロナのスペイン代表FWアンス・ファティが、各ポジションにおけるベストプレイヤー5人を選んだ。 先日、2021年のローレウス世界スポーツ賞の「ブレークスルー部門」にノミネートしたことが発表されたファティ。2019年8月に当時16歳でトップチームデビューを果たし、以降はラ・リーガやチャンピオンズリーグで様々な最年少記録を打ち立ててきた。 現在はヒザのケガで昨年11月から戦線離脱を強いられており、一刻も早い復帰が期待されているファティが、同賞のノミネートを受けてインタビューに応じた。ノミネートの感想やバルセロナでのプレーに関する様々な質問に答えた中で、自身が選ぶ5人のトッププレイヤーを明かした。 「ビクトル・バルデスに(カルロス・)プジョル、チャビか(アンドレス・)イニエスタ、それと(リオネル・)メッシとクリスティアーノ(・ロナウド)だね」 5人に絞り切れていないが、バルセロナのカンテラーノ、そしてアタッカーという観点からすれば納得のいく5人だろうか。もちろん多少は偏見もあるかもしれないが、バルセロナ出身の選手の中に一人、クリスティアーノ・ロナウドを選んだあたりは点取り屋としての性なのかもしれない。 メッシに関しては別の質問で言及しており、プレー面だけでなく人間性も見習っているようだ。 「世界一の選手とプレーできるなんて夢のようだよ。練習ではいつも彼を見て勉強しているんだ」 「彼からのアドバイス?僕もメッシと同じように謙虚さを持とうと思うんだ。全てを手にしたにもかかわらず、彼は本当に気取ったりしないんだ。彼から貰えるアドバイスはね、常に地に足つけておくことだよ」 18歳でまだまだ伸びしろを残すファティ。果たして偉大なレジェンドたちに追い付ことはできるだろうか。 2021.03.03 15:04 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly