名古屋、金崎夢生の完全移籍移行を発表! 昨年11月の大ケガまで攻撃陣を牽引

2021.01.15 18:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
名古屋グランパスは15日、サガン鳥栖に所属する元日本代表FW金崎夢生(31)の完全移籍加入決定を発表した。代表通算11試合2得点の金崎は大分トリニータ、名古屋、ニュルンベルク(ドイツ)、ポルティモネンセ(ポルトガル)、鹿島アントラーズを経て、2018年途中に鳥栖入り。昨年3月にレンタルで2010〜2012年までを過ごした名古屋に復帰した。


名古屋に8年ぶりの復帰を果たすと、明治安田生命J1リーグ25試合の出場で6得点。上位争いを演じるチームを牽引したが、昨年11月に右ヒザ前十字じん帯損傷および外側半月板損傷で約6〜8カ月の治療期間を要して、終盤を棒に振った。

なお、マッシモ・フィッカンディ体制3年目の名古屋はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)にも参戦する新シーズンに向け、DF木本恭生やDF森下龍矢、MF長澤和輝、MF齋藤学、FW柿谷曜一朗の実力者獲得に成功している。
関連ニュース
thumb

名古屋のFW大垣勇樹がラトビア1部のFK RFSへ完全移籍、昨季は岩手でプレー

名古屋グランパスは26日、FW大垣勇樹(20)がラトビアのFK RFSへ完全移籍することを発表した。 大垣は大阪府の興國高校から2018年に名古屋へと入団。2019年途中からはいわてグルージャ盛岡へと期限付き移籍していた。 名古屋ではリーグ戦の出場はなく、YBCルヴァンカップで3試合、天皇杯で1試合に出場していた。 岩手では1シーズン半の在籍で、明治安田J3通算33試合に出場し3得点を記録していた。 大垣はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、ラトビア1部リーグのFK RFSに移籍することになりました。特別指定選手の時から約2年半、名古屋グランパスの選手として、サッカーが出来たこと、凄い選手の方々に囲まれてサッカーが出来たことは僕にとってかけがえのない宝物です」 「名古屋グランパスという素晴らしいクラブでプロキャリアを始めることができて僕はとても幸せです。グランパスファミリーの方々に活躍している姿を見せられるように頑張ります。これからも応援してもらえると嬉しいです」 FK RFSは、ラトビアの首都であるリガに本拠地を置くクラブ。2020シーズンはラトビア1部のヴィルスリーガで2位と好成績を残していた。 かつてはMF瀬戸貴幸(アストラ/ルーマニア)やMF永松達郎(BFCダウガフピルス/ラトビア)ら日本人選手が所属したこともある。 2021.02.26 23:47 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前ガイド|名古屋グランパス】マッシモ3年目の名古屋、積み上げ+補強で2010年以来のタイトルへ

2021シーズンの明治安田生命J1リーグは2月26日に開幕。昨シーズンは降格がなくなったため、今シーズンは史上初となる20チームでのJ1リーグとなる。 昨シーズンに引き続きコロナ禍でのリーグ戦開催となる中、各クラブが積極的な補強や、チームの改革を行っている。 そこで、開幕を前に超ワールドサッカー編集部が、チームのノルマや補強達成度、イチオシ新戦力、そしてJリーグの開幕キャチコピーとして発表された「#2021のヒーローになれ」にあやかり、今シーズンのヒーローになるべき選手をピックアップした。 第18弾は、昨シーズンの明治安田J1で3位の名古屋グランパスを紹介する。 <div id="cws_ad">◆基本布陣(予想)[4-2-3-1]</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021grampus_1_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©CWSBrains,LTD.<hr></div> ◆補強動向《A》※最低E~最高S 【IN】 GK東ジョン(18)←名古屋グランパスユース/昇格 DF木本恭生(27)←セレッソ大阪/完全移籍 DF森下龍矢(23)←サガン鳥栖/完全移籍 MF長澤和輝(29)←浦和レッズ/完全移籍 MF齋藤学(30)←川崎フロンターレ/完全移籍 MF大垣勇樹(20)←いわてグルージャ盛岡/復帰 MF児玉駿斗(22)←東海学園大学/新加入 FW柿谷曜一朗(31)←セレッソ大阪/完全移籍 FW金崎夢生(32)←サガン鳥栖/期限付き移籍→完全移籍 【OUT】 GK東ジョン(18)→栃木SC/期限付き移籍 DF太田宏介(33)→パース・グローリーFC(オーストラリア)/完全移籍 DF千葉和彦(35)→アルビレックス新潟/完全移籍 DFオ・ジェソク(31)→仁川ユナイテッド(韓国)/完全移籍 MF長谷川アーリアジャスール(32)→FC町田ゼルビア/完全移籍 MFジョアン・シミッチ(27)→川崎フロンターレ/完全移籍 MF秋山陽介(25)→ベガルタ仙台/完全移籍 MF渡邉柊斗(24)→水戸ホーリーホック/期限付き移籍 MF青木亮太(24)→北海道コンサドーレ札幌/完全移籍 MF榎本大輝(24)→愛媛FC/期限付き移籍 MF杉森考起(23)→徳島ヴォルティス/期限付き移籍→完全移籍 FW松岡ジョナタン(20)→カマタマーレ讃岐/期限付き移籍 FW深堀隼平(22)→水戸ホーリーホック/期限付き移籍→完全移籍 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=bk1awg9bvrgw1pq3uxk0un47i" async></script></div> 昨シーズンは堅守をベースに3位でシーズンを終えた名古屋は、アジアでの戦い、そしてより高みを目指すために重点的にポイントを押さえた補強を行った。 何と言っても注目は、FW柿谷曜一朗(←セレッソ大阪)だろう。クラブのエースナンバーである「8」を脱ぎ捨て、新天地へと活躍の場を移した。前線のストライカーが一時不在になるなど、攻撃の形が固定化されていた名古屋にとっては、非常に大きな戦力と言える。さらに、その1トップを張っていたFW金崎夢生もサガン鳥栖から完全移籍で加入した。 さらに、サイドアタッカーを揃えている名古屋にFW齋藤学という強力なドリブラーが加入。王者・川崎フロンターレではくすぶった齋藤だが、切れ味鋭いドリブルは錆び付いていない。また、浦和レッズからはMF長澤和輝を獲得。ボランチだけでなく、攻守にわたって高い能力を持つ長澤の加入は、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の戦いを見据えても優勝した経験は大きな補強と言える。 また、堅守と言いながらもDF中谷進之介とDF丸山祐市、そしてMF稲垣祥がフル稼働していたポジションにはDF木本恭生(←セレッソ大阪)を獲得。さらにプロ1年目ながらサガン鳥栖の右サイドバックとして非凡な才能を見せたDF森下龍矢も獲得し、しっかりと補強を行っている。 ◆目標:優勝争い <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021grampus_2_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©J.LEAGUE<hr></div> マッシモ・フィッカデンティ監督が率いて3年目を迎える名古屋。監督の戦い方はシーズンを追うごとに浸透し、昨シーズンはリーグ最少失点の堅守を見せた。 一方で得点数はもう少し欲しかったところ。しかし、それも補強で実績ある日本代表クラスの選手を獲得し、攻撃のバリエーションを増やすことに成功したと言える。 チームとして目指すは2010年以来のリーグ制覇だろう。ドラガン・ストイコビッチ監督に率いられた当時も3年目でのリーグ制覇。ベースを築いた後に選手を的確に補強して悲願を達成した。 今シーズンもその流れを踏襲している感はあり、攻撃的に戦いたいことをフィッカデンティ監督も語っている。 新加入選手のアプローチにも満足感を示しており、シーズンが進んでいけばより深まることに。そこで重要となるのは、やはり攻撃力となる。 昨シーズンの9敗のうち6試合が1点差ゲーム。堅守というベースがある以上、得点を奪えれば勝ち点を取れる確率は大きく上がる。切れ味鋭いカウンターがどのように進化するのか、注目が集まる。 ◆超WS編集部イチオシ新戦力 DF森下龍矢(23) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021grampus_3_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©J.LEAGUE<hr></div> 編集部がイチオシしたい新戦力は、サガン鳥栖から加入したDF森下龍矢だ。 昨シーズン、明治大学から鳥栖に入団しプロの道を歩みだした森下。もともとジュビロ磐田のアカデミーで育ったものの、トップチームに昇格できずに進学していた。 世代別代表やユニバーシアード日本代表歴もある森下は、開幕戦でいきなりデビュー。するとそのままレギュラーとして定着し、プロ1年目ながら明治安田J1で33試合に出場し3得点を記録した。 その活躍が認められてオファーが殺到した中で名古屋入りを選択。それは自身の成長のためと語り、野心溢れるところが持ち味の1つだ。 プレー面では豊富な運動量を武器に上下動を繰り返すこと、攻守両面でパワーを発揮できるところは、大学の先輩であるDF長友佑都(マルセイユ)を彷彿とさせる。 より攻撃性を高め、スピード溢れる攻撃を目指す今シーズンの名古屋においては存分に持ち味を発揮できる可能性があり、2年目のジンクスを払拭する活躍を見せられるかに注目だ。 ◆2021年期待のヒーロー FW柿谷曜一朗(31) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021grampus_4_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©J.LEAGUE<hr></div> 今シーズン期待するヒーローは、セレッソ大阪から加入したFW柿谷曜一朗だ。 若手の頃に徳島ヴォルティスへの期限付き移籍や、スイスのバーゼルなどへの移籍は経験しているものの、国内での完全移籍は初となる柿谷。C大阪の「8」から名古屋の「8」へと装いを変えた。 昨シーズンは個人としてリーグ戦24試合に出場も先発はわずかに6試合と寂しい結果に。ゴールも1つとらしくないパフォーマンスに終わってしまった。 そんな柿谷は「個人としてはゴールという形でチームを助けたいなと思います」と意気込みを語る。FWマテウスやFW前田直輝、FW相馬勇紀というスピードあるアタッカー、FW金崎夢生、FW山﨑凌吾というセンターで起点になる選手がいる中、彼らを行かせるのも柿谷の武器と言えるだろう。 縦に速いカウンターにさらに磨きをかけたい名古屋。その中d、柿谷が持つアイデアと高いテクニックは必ずやプラスになるはず。心機一転、名古屋の地で“ジーニアス”の復活に期待がかかる。 2021.02.26 12:15 Fri
twitterfacebook
thumb

名古屋FW柿谷曜一朗の妻、丸高愛実さんが第2子妊娠を発表「心身共に夫と娘に支えてもらい」

名古屋グランパスのFW柿谷曜一朗の妻でタレントの丸高愛実さんが第2子を妊娠したことを発表した。 柿谷と丸高さんは2016年12月に入籍を発表。2018年に第1子となる女の子が誕生している。 丸高さんは自身のインスタグラムで、妊娠6カ月目であることを明かしている。 「この度、私事ではありますが、第二子を授かりました。妊娠6ヶ月に入ったところです。 体調も安定してきたのでご報告させて頂きます」 「娘も理解しているのか、大きくなってきたお腹に「お姉ちゃんだよー」と話しかけてみたり、お人形にミルクをあげる練習をしてみたり、その姿が毎日愛おしいです」 「これからも心身共に夫と娘に支えてもらいながら穏やかに過ごしていきたいと思います」 柿谷はセレッソ大阪の下部組織出身で、2006年にトップチーム昇格。2009年途中から2011年まで徳島ヴォルティスへ期限付き移籍すると、2014年にはスイス・スーパーリーグのバーゼルへと完全移籍した。 バーゼルではチャンピオンズリーグなどにも出場。2016年にC大阪へ復帰し、今シーズンからは名古屋へと加入している。 <div id="cws_ad">◆柿谷と丸高さんの最新2ショット!!<blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CLRjCa9nxKF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CLRjCa9nxKF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CLRjCa9nxKF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">丸高愛実(@marutakamanami)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2021.02.17 17:30 Wed
twitterfacebook
thumb

名古屋に補償金支払う気なし、ジョーとコリンチャンスがFIFAの裁定をCASに控訴へ

元ブラジル代表FWジョーの移籍問題で揉め、国際サッカー連盟(FIFA)まで介入することとなったコリンチャンス。しかし、名古屋グランパスへの支払いをするつもりはないようだ。 2018年に名古屋へと加入したジョーは、加入1年目から活躍し、明治安田J1で24ゴールを挙げ、得点王とベストイレブンを受賞。しかし、2年目は思うような活躍ができず6ゴールにとどまっていた。 そのジョーは2020シーズンはケガの影響もあり出遅れると、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断期間中にコリンチャンスへと移籍していた。 しかし、名古屋は退団の際に契約問題についてFIFAの選手やチーム間係争などを取り扱う紛争解決室に委ねると、コリンチャンスとジョーが340万ドル(約3億6000万円)を支払う裁定が出ていた。 そんな中、ブラジル『グローボ』によると、コリンチャンスはスポーツ仲裁裁判所(CAS)へと控訴の準備を進めているとの事だ。 ジョーの弁護士は、CASでFIFAが下した裁定を覆せる自信があるとの事。CASであれば無効になると考えているようだ。 また、コリンチャンスもジョーとの契約終了を求めたのは名古屋であると主張し、この裁定が間違っているとするようだ。 問題が起こったのはコロナによる中断期間の出来事とされている。ジョーは2月にヒザを負傷。ブラジルでリハビリを務めていたが、名古屋は日本にとどまることを求めていた。 その後、一度はジョーが来日するも、リーグ戦が中断すると、祖父母や子供をブラジルに残しているという理由で4月に再びブラジルへ戻っていた。 結果、その後ジョーは戻ることなくコリンチャンスへと移籍。そこでの問題が争点となっている。 2021.02.13 22:05 Sat
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.62】キレと運動量、推進力、そして発言力。「右の長友佑都」は名古屋で羽ばたけるか?/森下龍矢(名古屋グランパス/DF)

1月18日から2021年シーズンをスタートさせた名古屋。9年ぶりに参戦するAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を踏まえ、柿谷曜一朗や齊藤学、長澤和輝など日本代表経験者を次々と補強し、J1屈指の充実した戦力で今季を迎えた。 そんな中、一番の成長株として期待されるのが、東京五輪代表候補の森下龍矢。明治大学から鳥栖入りした昨季は33試合出場3ゴールという目覚ましい成果を残し、他クラブからのオファーが殺到した。 このうち、本人が選んだのは名古屋。戦術家のマッシモ・フィッカデンディ監督の下で適応力や柔軟性を体得し、近い将来には海外に飛躍したいという野心を抱いての移籍だという。 「プロ1年で移籍したのは、まず(今年4月に迎える)24歳という年齢。大卒ですし、この年齢で新天地を求めることは別におかしいことじゃないと思いました。 もう1つは戦術面。(サガン)鳥栖は僕を生かした戦術を展開していたので『成功して当たり前』だったけど、これから東京五輪や海外を目指していく中で、自分がチーム戦術に合わせていくことも必要になってくる。名古屋(グランパス)は1年間貫いた戦術があるチーム。そこに自分がアジャストして、プラスアルファを出していけるか。成長のためにチャレンジしました」 このように野心を露わにする森下は、運動量と動きのキレ、ハードワークを武器に目下、急激な成長曲線を辿っている。そして新天地・名古屋ではさらなるタテへの推進力をもたらそうと躍起になっている。昨季まで右サイドバックを担ったオ・ジェソク(仁川)や若手の成瀬峻平とは異なる味を発揮してくれるはずだ。 昨年末には森保一監督率いるU-23日本代表候補合宿にも追加招集され、ダイナミックさとアグレッシブさを前面に押し出した。その一挙手一投足を目の当たりにした取材陣や観客の多くから「長友佑都(マルセイユ)そっくり」「人材不足の左サイドバックだったらよかったのに…」という感想が聞こえてきたほどだ。 「明治の先輩である長友さんと室屋(成=ハノーファー)の2人は『超えていきたい存在』だと思っています。『長友と室屋は僕と中村帆高(FC東京)にかぶる』ってOBからもよく言われています。本当にそれが実現したらいいと思います。その前に自分が一歩一歩、成長していく先に彼らがいる。まずは焦らずやっていきたい」と本人も偉大な先輩を意識しつつも、地に足をつけて自身のレベルアップに取り組んでいく構えだ。 こうしたハキハキした語り口も長友と重なる。長友は「コミュニケーションのワールドカップがあったら世界一になれる」と公言していたが、森下も素養は十分だ。 「(喋りが達者なのは)明治の就職活動仕込みだと思います。僕も帆高もユニバーシアード代表のアメリカ遠征の時にエントリーシートを書いて送り、実際に金融を受けました」と就活秘話まで明かしていたが、多種多様な人と会話する力は、トップアスリートとして成功するための絶対条件。それを備えている点は自信を持っていい。 同じ新加入組の柿谷が「名古屋はセレッソに比べるとだいぶ静かな印象」と語っていたが、そういうチームだからこそ、森下のように周りとしっかり意思疎通や意見交換のできる人材は重要だ。24歳というのはサッカー界ではもう若手とは言えない。自分から周りを動かすくらいのアクションを起こしてもいいだろう。 「名古屋の右サイドハーフはマテウス選手だったり、前田直輝選手だったりとサイドに張るウイングの選手が多いと思いますけど、僕は後ろからも脅威になれるプレーができると考えています。鳥栖では外側からの攻撃参加が多かったけど、名古屋では中でプレーしてフィニッシュまでつなげていくことが求められる。そこは僕の課題だし、新たなチャレンジになりますね」 そうやって幅広いプレーを身に着けていくことで、日本代表の右サイドバックである酒井宏樹(マルセイユ)や室屋に追いつき追い越す道が開けてくる。そのためにも、名古屋で鳥栖時代のようにコンスタントに出番を得て、圧倒的な存在感を示していく必要がある。昨季Jリーグベストイレブンに選ばれた山根視来(川崎)や大学時代の親友・中村帆高含め、Jリーグの数多くのライバルたちをしのぐ迫力と勢いを見せれば、森保監督を振り向かせることは可能なはず。2021年シーズンが大きな飛躍の年になるように、まずしっかりとマッシモ監督の守備戦術を頭に叩き込み、そのうえで武器の推進力を出す術を見出していってほしいものだ。 <div id="cws_ad"><hr>【文・元川悦子】<br/>長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.01.19 11:50 Tue
twitterfacebook