コロナ蔓延のアストン・ビラ、週末のエバートン戦が再延期に

2021.01.14 20:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグは14日、アストン・ビラvsエバートンの試合日程を再延期することを発表した。アストン・ビラでは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大し、クラスターが発生。それによりプレミアリーグの3試合が延期となっていた。

13日に予定されていたトッテナム戦が延期となり、トッテナムは代わりにフルアム戦が急遽組まれることとなっていた。

アストン・ビラは選手とスタッフの多数が隔離された状態であり、17日に予定されていたエバートン戦の延期を要請。リーグが同意したとのことだ。なお、延期の日程は未定となっている。

また、4日に予定されていながら延期となったニューカッスル戦も再延期。1月23日(土)に開催されることとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

ポケットに手を突っ込んだままの監督が”華麗”トラップ! 解説者も沸く「なんてタッチだ」

アストン・ビラを指揮するディーン・スミス監督が、見事な足技を見せた。 アストン・ビラは20日に行われたプレミアリーグ第1節延期分で、マンチェスター・シティと対戦。試合はシティが2-0で完勝したが、前半にはスミス監督が中継を湧かせる場面があった。 <div id="cws_ad">◆ディーン・スミス監督が見事なボールコントロールを見せる<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=cf9h39l98tc419lz9e4gldgy3" async></script></div> 41分、最終ラインでボールを回していたアストン・ビラは、センターバックのイングランド代表DFタイロン・ミングスが左サイドのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュに向けて左足でロングパスを出す。 しかし、このパスがミスキックとなり、ボールはハーフウェイライン付近のテクニカルエリアに出ていたスミス監督のもとへ。すると、スミス監督はポケットに手を突っ込んだまま、右足のアウトサイドで華麗にトラップしてみせた。 この妙技には、イギリス『BT Sport』でこの試合の解説を務めていた元イングランド代表MFのスティーブ・マクマナマン氏が「なんてタッチだ。今の良かったよね?」と反応すると、コメンテーターのアダム・サマートン氏も「美しかった」と称賛した。 スミス監督は現役時代、レイトン・オリエントやシェフィールド・ウェンズデーなどイングランドの下部リーグを中心に活躍。主にセンターバックとしてプレーしていた。 なお、スミス監督はこの試合の79分に失点した場面で、シティのスペイン代表MFロドリのオフサイドが認められなかったことに猛抗議し、退席処分を受けている。 2021.01.22 12:13 Fri
twitterfacebook
thumb

「今シーズン最高のファーストタッチ」名手デ・ブライネも翻弄したブルキナファソ代表FWのジャンピングトラップを海外絶賛

マンチェスター・シティは20日に行われたプレミアリーグ第1節延期分で、アストン・ビラと対戦。リーグ5連勝中と勢いに乗るチームは、完全に試合を支配をしながら2ゴールを奪取。守備でも集中したプレーを見せ、そのまま2-0で勝利している。 その試合では敗れたアストン・ビラだが、52分にブルキナファソ代表FWベルトラン・トラオレが披露したプレーが反響を呼んでいる。 <div id="cws_ad">◆B.トラオレがGKからのロングパスを絶妙にトラップしてシュートまで持ち込む<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=x25wy6p717k1b6twv0aui53w" async></script></div> シティの攻撃を凌ぎ、GKエミリアーノ・マルティネスがボールをキャッチすると、トラオレは素晴らしい切り替えを見せ、前線へと奪取する。 それを見逃さなかったマルティネスがパントキックを前方に蹴ると、低い弾道でスピードに乗ったボールに対し、トラオレがジャンプしながらボールの勢いを殺しつつ、潰しに来たシティMFケビン・デ・ブライネをワンタッチでかわす絶妙なトラップを見せた。 そのままボールをボックス前まで運び、最後はシュートまで持っていくも、これは惜しくもGKエデルソンにセーブされた。 ゴールにはならなかったものの、名手デ・ブライネを翻弄するトラップに、イギリス『SPORT BIBLE』も「今シーズン最高のファーストタッチ」「本当に息を吞む瞬間」とその技術の高さを絶賛。もしゴールになっていたら今シーズンの最優秀ゴールになっていただろうとその凄さを取り上げている。 2021.01.21 16:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ベルナルド・シウバの今季初弾でビラ撃破のシティがリーグ6連勝で暫定首位に!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第1節延期分、マンチェスター・シティvsアストン・ビラが20日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが2-0で勝利した。 リーグ5連勝と絶好調のシティは前節終了時点で2位に浮上。6連勝を狙うミッドウィーク開催の一戦では4-0で快勝したクリスタル・パレス戦から先発3人を入れ替え。ジンチェンコ、フェルナンジーニョ、ガブリエウ・ジェズスに代えてカンセロ、ロドリ、フォーデンを起用した。 一方、新型コロナウイルスのチーム内クラスターの影響でトッテナム、エバートンとの2試合が開催延期となった11位のビラは2021年元日のマンチェスター・ユナイテッド戦以来、約20日ぶりのリーグ戦に臨んだ。 久々の試合ということもあり、試合勘の欠如を窺わせるアウェイチームに対してホームチームが攻勢を仕掛けていく。4分には右CKの場面でデ・ブライネのクロスをロドリが競り勝ってゴール前に折り返すと、これを至近距離のベルナルド・シウバがボレーで合わす。しかし、この決定的なシュートはGKマルティネスのファインセーブに阻まれた。 早い時間帯の先制点こそ逃したシティだったが、以降も試合に入り切れないビラを押し込んでハーフコートゲームを展開。最前線に入ったベルナルド・シウバらが積極的にポジションを入れ替えながら効果的にクサビを打ち込み、最後はサイドから再三の際どいクロスを供給。だが、徐々に試合勘を取り戻したビラの集中した守備を最後のところで崩し切れない。 前半半ばを過ぎると、守勢が続いたビラもバークリーの長い持ち出しを起点にカウンターを繰り出し始め、試合はより拮抗した展開に。その中で28分には序盤から足を気にしていたウォーカーが大事を取ってベンチに下がり、ジンチェンコを緊急投入。この交代でカンセロが右に、ジンチェンコが左に入った。 その後、バークリー、フォーデンと互いに枠内シュートを打ち合ったものの、試合は0-0のイーブンでの折り返しとなった。 後半は立ち上がりから攻め合うオープンな展開に。53分にはビラのカウンターからボックス内まで運んだトラオレが左足のシュートを枠に飛ばすが、これはGKエデルソンの守備範囲。直後の54分にはカンセロの左足のシュートがクロスバーを叩く。 後半も優勢に試合を運ぶシティはデ・ブライネがケガか、コンディションの問題か59分にベンチに下がりジェズスを投入。その後は古巣対戦のドウグラス・ルイスにゴールを脅かされる場面があったものの、相手を押し込む状況が続く。 後半も終盤に突入すると、久々の試合ということもあり、ビラに消耗の色が見え始める。そして、79分にはシティに待望の先制点が生まれる。ロドリの高い位置でのボール奪取からボックス手前右のベルナルド・シウバにボールが渡ると、ポルトガル代表MFがカットインから強烈な左足のミドルシュートをゴール左上隅に突き刺した。 ベルナルド・シウバの今季リーグ初ゴールで勝利に大きく近づいたシティは試合終了間際の90分にもジェウスのヘディングシュートがDFキャッシュのハンドを誘いPKを獲得。これをキッカーのギュンドアンが冷静に決め勝利を決定づけた。 そして、曲者ビラに競り勝ったシティがリーグ6連勝で暫定首位に浮上した。 2021.01.21 05:23 Thu
twitterfacebook
thumb

酒井&長友の同僚MFサンソンがイングランドへ移籍か、監督も可能性を認める

マルセイユのフランス人MFモルガン・サンソン(26)がプレミアリーグに挑戦するかもしれない。イギリス『BBC』が報じた。 日本代表DF酒井宏樹、DF長友佑都の同僚でもあるサンソンは、今冬の移籍市場でプレミアリーグのクラブから関心を寄せられている。 サンソンにはウェストハムなどが興味を示していた中、アストン・ビラが交渉をスタートしているとのこと。今冬の移籍が実現する可能性があるようだ。 これにはマルセイユ側も乗り気で、補強資金を調達するためにサンソンを売却することは可能とのこと。約1500万ポンド(約21億2200万円)になるとのことだ。 アストン・ビラはアイルランド代表MFコナー・フーリハン(29)が移籍する可能性があり、その場合を考えてもサンソンを獲得したいとのことだ。 <div id="cws_ad">◆サンソン決めた強烈ハーフボレー<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJqTG51ZFRDSSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> マルセイユのアンドレ・ビラス=ボアス監督は「移籍ウインドーは開いている。サンソンは高い評価を得ている選手だ。彼はその特徴もあり、イングランドのチームが興味を持っている選手だ。何かが起こる可能性がある」と語っており、移籍する可能性を示唆していた。 アストン・ビラは現在プレミアリーグで10位。しかし、チーム内で新型コロナウイルス(COVID-19)のクラスターが発生し、多くの試合が延期となっていた。 2021.01.19 14:54 Tue
twitterfacebook
thumb

3勝2分けのアストン・ビラ指揮官ディーン・スミスが12月の最優秀監督賞を受賞!

プレミアリーグは15日、2020年12月の月間最優秀監督にアストン・ビラのディーン・スミス監督が選ばれたことを発表した。 12月のアストン・ビラの戦績は3勝2分け無敗。同月4日に予定されていた第11節のニューカッスル戦は、相手側にクラスターが発生したため延期となったが、それでもディーン・スミスが率いたチームは見事だった。 12月初戦となったのはウォルバーハンプトン戦。難敵との対決を12月の月間最優秀選手候補にも名を連ねたFWアンワル・エル・ガジのゴールで制すると、バーンリー戦の引き分けを挟んで、WBA戦とボクシングデ―開催となったクリスタル・パレス戦で連勝。2020年最後の試合となったチェルシー戦は、先制されながらもエル・ガジのゴールでドローに持ち込んだ。 ディーン・スミスは12月を振り返り、ウルブス戦やパレス戦が重要だったと回想するとともに、激動の2020年を5位で終えたチームを称賛した。 「12月に入っても我々は大きな自信を抱いていたが、それでもウルブス戦は非常に重要な一戦だったと私は思う」 「あそこで負けていれば、我々は自信を失ってしまうところだった。だが、勝利を手にした我々はドレッシングルームで自信を保っておくことができた」 「私にとってボクシングデーの一戦はハイライトとなった。ホームでパレスを迎え撃ったが、(前半に)10人に減らしてしまった。しかしながら我々は得点を重ねた。素晴らしいパフォーマンスだったよ」 49歳のディーン・スミスにとってこれが初めての受賞。また、アストン・ビラにおいては、マーティン・オニール氏が受賞した2010年4月以来、4人目の指揮官となった。 なお、12月の他の候補者には、エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督やバーンリーのショーン・ダイク監督、マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が選ばれていた。 2021.01.15 21:36 Fri
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly