ナポリ、エンポリに2度追いつかれながらも辛勝で勝ち上がり《コッパ・イタリア》

2021.01.14 03:39 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリは13日、コッパ・イタリア5回戦でエンポリをホームに迎え、3-2で競り勝った。

3日前に行われたセリエAのウディネーゼ戦を2-1と劇的勝利としたナポリは、5選手を変更。インシーニェやファビアン・ルイス、ジエリンスキらがベンチスタートとなった。

セリエBのエンポリに対して、最前線にペターニャ、2列目に右からポリターノ、エルマス、ロサーノと並べたナポリが立ち上がりから攻め立てると、7分にロサーノがGK強襲のシュートを浴びせた。

そして18分、ナポリが順当に押し切る。左サイドでロサーノが仕掛けてクロスを送り、ディ・ロレンツォがダイビングヘッドで押し込んだ。

しかし33分、ボックス左角からバイラミの放った見事なカットインシュートが決まり同点とされてしまう。

それでも38分、ナポリがすかさず勝ち越す。ロサーノが相手DFからボールを奪ってボックス手前中央から右足を一閃。強烈なミドルシュートがゴールに突き刺さった。

後半もナポリがペースを握っていた中、61分にポリターノに代えてインシーニェを投入。しかし68分、ボックス手前左からバイラミの放ったミドルシュートが右ポスト内側に当たって吸い込まれ、同点とされてしまう。

再び追いつかれたナポリはファビアン・ルイスとジエリンスキを投入。すると77分、右CKからラフマニのヘディングシュートが枠を捉えると、ルーズボールをペターニャが押し込んだ。これが決勝点となってナポリが勝利。苦しみながらもベスト8に進出している。


コメント
関連ニュース
thumb

4発快勝のユベントスがSPAL撃破で準決勝進出!《コッパ・イタリア》

ユベントスは27日、コッパ・イタリア準々決勝でセリエBに所属するSPALと対戦し、4-0で快勝した。 5回戦でジェノアとの打ち合いを制した前回王者のユベントスは、直近のボローニャ戦からクルゼフスキとベルナルデスキ以外のスタメン9人を変更。モラタとクルゼフスキを2トップに据えた[4-4-2]の布陣で試合に臨んだ。 立ち上がりから攻勢に出るユベントスは16分、ドリブルでボックス右まで切り込んだラビオがヴィカリに倒されると、VARの末にPKを獲得。このPKをモラタがゴール右隅に決めた。 先制したユベントスは、33分にもボックス右まで持ち上がったクルゼフスキがタメを作ってからマイナスへ折り返すと、ペナルティエリア左横まで駆け上がったフラボッタがダイレクトシュート。これがゴール左に突き刺さった。 後半も主導権を握るユベントスは53分、ボックス左手前でパスを受けたクルゼフスキが縦に切り込み左足を振り抜いたが、このシュートは相手GKの好セーブに阻まれた。 追加点を狙いに行くユベントスは、67分にモラタとフラボッタを下げてキエーザとアレックス・サンドロを投入。すると78分、敵陣でハイプレスをかけたキエーザが最終ラインのトモビッチからボールを奪うと、ボックス手前まで持ちあがりラストパス。これをクルゼフスキがゴール左隅にシュートを流し込み、試合を決定づける3点目を奪った。 さらに後半アディショナルタイムにはキエーザにもゴールが生まれ、4-0で快勝したユベントスがベスト4進出を決めている。 2021.01.28 06:57 Thu
twitterfacebook
thumb

10人のアタランタがミランチュク弾でラツィオとの打ち合いを制す!《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア準々決勝のアタランタvsラツィオが27日に行われ、3-2でアタランタが勝利した。 5回戦でカリアリに勝利したアタランタは、直近のミラン戦から先発を5人変更。D・サパタやイリチッチ、ハテブールらに代えてムリエルやミランチュク、マリノフスキーらを先発を起用した。 一方、5回戦でパルマに辛勝したラツィオは、直近のサッスオーロ戦から先発を5人変更。インモービレやコレア、ルーカス・レイバらに代えてムリキやアンドレアス・ペレイラ、エスカランテらを先発を起用した。 今週末のリーグ戦でも対戦する両者の一戦は、開始早々にスコアが動く。7分、マリノフスキーの左CKがニアのディムスティに当たると、こぼれ球をパロミーノがシュート。これはGKレイナに弾かれたが、相手DFのクリアがディムスティに当たるとそのままゴールネットを揺らし、アタランタが先制した。 先制を許したラツィオだが、すぐさま反撃に転じる。すると17分、ミリンコビッチ=サビッチのロングパスで左サイドのスペースに抜け出したアチェルビが滞空時間の長いクロスをゴール前に入れると、ムリキがパロミーノの寄せをものともしない打点の高いヘディングシュートをゴール左隅に流し込んだ。 さらにラツィオは、34分にも敵陣中盤でボールをカットしたアチェルビがカウンター。ドリブルでゴール前まで持ち上がると冷静にシュートを沈めた。 逆転をされたアタランタだったが、すぐに試合を振り出しに戻す。37分、ディムスティのロングパスで右サイドを抜け出したムリエルがボックス右から侵入。切り返しで相手DFをかわし折り返しを供給すると、これを受けたマリノフスキーのシュートがゴールネットを揺らした。 同点で迎えた後半、ラツィオは53分に数的優位となる。ミリンコビッチ=サビッチのロングパスでDFの裏に抜け出したラッツァーリを後方から倒したパロミーノがレッドカードで一発退場となった。 数的不利となったアタランタだったが、57分に後半最初の決定機を迎える。敵陣中盤での浮き球をミランチュクが頭で繋ぐと、これを拾ったロメロがボックス右手前まで持ち上がりラストパス。これをボックス中央で受けたミランチュクが寄せてきた相手GKの股下を右足シュートで射抜き、ゴールネットを揺らした。 勝ち越しに成功したアタランタは、65分にもボックス左深くまで侵入したD・サパタがホードに倒されPKを獲得。しかし、D・サパタのPKはGKレイナの完璧なPKストップに防がれた。 1点を追うラツィオは、62分にコレア、71分にインモービレ、81分にルリッチを投入。すると89分、バイタルエリア右で獲得したFKからコレアがクロスを上げるとニアでアチェルビがヘディングシュート。しかし、これはGKゴッリーニのファインセーブに阻まれた。 結局、試合はそのまま3-2でタイムアップ。数的不利ながらラツィオとの打ち合いを制したアタランタが、準決勝進出を決めた。 2021.01.28 03:41 Thu
twitterfacebook
thumb

不遇のエリクセンが劇的FK弾でインテルがベスト4、ミランはイブラの退場が響く《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア準々決勝、インテルvsミランのミラノ・ダービーが26日に行われ、2-1でインテルが逆転勝利してベスト4入りした。 初戦のフィオレンティーナ戦を延長戦の末に勝ち上がったインテルと、トリノ戦をPK戦の末に勝ち上がったミランのダービー。 リーグ戦で2位に付けるインテルはラウタロやハキミ、バストーニらがベンチスタートとなったもののほぼベストメンバーで臨み、ルカクとサンチェスの2トップで挑んだ。 対するリーグ戦首位のミランもカラブリアや出場停止のドンナルンマらを除いてほぼベストメンバーで臨み、イブラヒモビッチを最前線に、2列目には右からサーレマーケルズ、ディアス、レオンと並べた。 オープンな入りとなった中、ミランは20分にアクシデント。ケアーが負傷し、新戦力のトモリが投入された。 徐々に押し込む展開としていったインテルは24分に決定機。ボックス右でパスを受けたルカクがDFを背負いながらオンターゲットのシュートを記録したが、GKタタルサヌの好守に阻まれた。 しかし32分、ミランが先制する。メイテのヘディングでのパスを受けたボックス右のイブラヒモビッチがコラロフの寄せの甘さを突いて右足を振ると、左ポスト内側に当たったボールがゴールに吸い込まれた。 先制されたインテルは37分、サンチェスのヘディングシュートが枠を捉えたが、ゴールライン前にいたテオ・エルナンデスの好ブロックに阻まれた。さらに追加タイム1分にはブロゾビッチが際どいボレーシュートを浴びせたが、1点ビハインドのまま前半を終えた。 迎えた後半開始5分、サンチェスのボレーシュートでGKタタルサヌを強襲したインテルは、58分に数的優位となる。 前半にルカクとやり合ってイエローカードを受けていたイブラヒモビッチがコラロフを後方から倒して2枚目のイエローカードを受けて退場となった。 攻勢を強めるインテルはラウタロを投入すると、69分にバレッラがPKを獲得する。ボックス右で深く切り返すとレオンに倒され、VARの末にPKとなった。このPKをルカクが決め、試合は振り出しに。 この後、主審が肉離れを起こすハプニングで中断するアクシデントがあった中、後半終盤にかけてもインテルが猛攻を仕掛ける。83分にハキミが、89分にラウタロがGK強襲のシュートを放つと、90分にはラウタロの左クロスに合わせたルカクのワンタッチシュートが枠を捉えたが、タタルサヌのビッグセーブに阻まれた。 このまま延長戦に突入するかに思われたが、追加タイム7分にインテルに劇的逆転ゴールが生まれる。ボックス手前左で得たFKを途中出場のエリクセンが直接狙うと、完璧なFKがゴール左に決まった。不遇のエリクセンの劇的弾で逆転としたインテルがダービーを制し、ベスト4入りを決めている。 2021.01.27 06:51 Wed
twitterfacebook
thumb

「勝ち進むことが重要」 コンテ監督、コッパ・イタリア準々決勝での”ミラノ・ダービー”に意気込み

インテルのアントニオ・コンテ監督がコッパ・イタリア準々決勝のミラン戦に向けて意気込んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 23日に行われたセリエA第19節のウディネーゼ戦でゴールレスドローに終わり、首位浮上のチャンスを逃したインテル。挽回を期し、26日に行われるコッパ・イタリア準々決勝でミランとの"ミラノ・ダービー"に臨む。 試合前会見に出席したコンテ監督は準決勝進出に向けて「素晴らしいチームパフォーマンスをしなければいけない」と意気込み。39歳ながら圧倒的な存在感を放つ元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ以外にも注意すべき選手はいると警戒心を強めた。 「心理的な面だと、次のラウンド進出がかかった戦いになる。コッパ・イタリアのように大きくリスペクトする大会において、それは最も重要だ。我々は素晴らしいチームパフォーマンスをしなければいけない。イブラヒモビッチはミランにとって重要な選手だが、彼だけではなく、重要な仕事をしてくる強力で、テクニックに優れた選手が揃ったチームだ」 また、ともに直近のリーグ戦4試合でノーゴールのベルギー代表FWロメル・ルカクとアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスについても言及している。 「彼らのプレーと自己犠牲に満足している。ストライカーは多かれ少なかれ、ラッキーな時間がある。重要なのは常に深く関わり、自己犠牲を常に示すことだ」 2021.01.26 21:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン指揮官「最高の形で立ち向かっていかねば」 コッパ・イタリアのインテル戦へ気合い

ミランのステファノ・ピオリ監督がミラノ・ダービーに向けて意気込みを語っている。 今季のセリエAを首位で折り返したミランは26日に行われるコッパ・イタリア準々決勝で宿敵のインテルと対戦。セリエAでも2ポイント差で2位につけ、ミランと優勝争いを演じるインテルとの舞台をコッパ・イタリアに移したダービーマッチだ。 先のリーグ戦でアタランタに0-3の完敗を喫した直後の一戦ということもあり、今回のダービーで再び勢いを取り戻したいミラン。ピオリ監督はクラブ公式チャンネル『Milan TV』で、宿敵を下してのベスト4入りに強い決意を示した。 「コッパ・イタリアはまた別の大会であり、90分、もしくは120分の一発勝負。気にかける大会とはまた別のものだが、来月に控える次のダービーを前にした重要な試合でもある。今回は重要な準々決勝であり、最高の形で立ち向かっていかねばならない」 「これまで通り、危険な相手だが、跳ね返したいね。コッパ・イタリアは重要視する大会であり、優勝を狙っている。準々決勝になれば、リーグのビッグクラブが集う。抽選は運に恵まれなかったが、優勝するなら、どんなチームとも戦う必要がある」 また、ダービーマッチに向けた負傷者にも言及。新加入の元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチら複数選手の出場が流動的だと話した。 「(イスマエル・)ベナセルは調子が良いが、来週まで出られないだろう。(ハカン・)チャルハノールも準備がまだ。土曜日の試合後、(マリオ・)マンジュキッチ、(サンドロ・)トナーリ、(ピエール・)カルルも問題を抱えており、出られるかどうかは明日まで待たなければ」 2021.01.26 20:45 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly