レバークーゼン、フォス=メンサーの獲得を正式発表! 2024年までの3年半契約

2021.01.14 01:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レバークーゼンは13日、マンチェスター・ユナイテッドからオランダ代表DFティモシー・フォス=メンサー(23)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までとなる。

移籍金は明かされていないが、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、180万ポンド(約2億5500)万円とのことだ。

最終ラインの全ポジションだけでなく、守備的MFもこなせるフォス=メンサーは2014年夏にアヤックスの下部組織からユナイテッドのアカデミーに加入。2015-16シーズンにトップチームデビューを果たしたが、2016-17シーズン以降は出場機会を得られておらず、2017年の夏から武者修行に。

クリスタル・パレスに続いて、2018年夏にはフルアムへレンタルされ、そこでのアピールが期待されたが、2019年4月にヒザの前十字靭帯を損傷し長期離脱。昨季はリハビリのためユナイテッドに戻ったが、戦列復帰は昨年7月まで長引いた。

昨季は復帰後に公式戦8試合に出場したが、今季は完全な構想外となりここまで公式戦3試合の出場にとどまっていた。なお、フォス=メンサーとユナイテッドの契約は2021年6月までとなっていた。

コメント
関連ニュース
thumb

ディアビ無双のレバークーゼンがドルトムント撃破で暫定2位浮上!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第17節、レバークーゼンvsドルトムントが19日にバイ・アレーナで行われ、ホームのレバークーゼンが2-1で勝利した。 4戦未勝利(1分け3敗)で3位のレバークーゼンと、前節、最下位のマインツ相手に痛恨のドローにとなった4位のドルトムントによる、勝ち点29で並ぶ上位対決。 前半戦を勝利で終えたいドルトムントは前節から先発2人を変更。負傷のザガドゥ、累積警告のジャンに代えてアカンジ、デラネイを代役に起用した。 立ち上がりは前から圧力をかけたドルトムントが主導権を握り、相手を押し込んだ形からフンメルス、ロイスと積極的にシュートを放っていった。 しかし、先にゴールをこじ開けたのはホームのレバークーゼン。14分、左サイドのベイリーの浮き球のフィードに完璧なタイミングで抜け出したディアビがボックス内でのGKとの一対一を冷静に制した。 敵地で先制を許したものの、慌てることなく反撃を試みるドルトムントは比較的容易にアタッキングサードまでボールを運ぶが、アタッキングサードでは細かい連携ミスが目立ってなかなか効果的にフィニッシュまで持ち込めない。23分にはボックス付近での波状攻撃からムニエのシュート性のクロスにゴール前のハーランドが飛び込むが、わずかに反応が遅れてボールを押し込めない。 すると、前半半ばを過ぎると、相手のハイラインの背後、2ボランチの脇のギャップを効果的に使うレバークーゼンが完全に試合の主導権を掌握。とりわけ、右ウイングに入ったディアビがそのアジリティとスピードで優位性をもたらし、再三の鋭い仕掛けでドルトムントゴールに襲い掛かる。 だが、ボックス内での決定機はGKビュルキのビッグセーブに阻まれる。さらに、前半終了間際の44分にはディアビの浮き球クロスをゴール前のアラリオがドンピシャのヘディングで合わすが、これもビュルキのセーブに遭い追加点を奪うことはできず。 守護神ビュルキの奮闘によって辛くも最少得点差を維持して試合を折り返したドルトムントは後半も立ち上がりは勢いを持って入る。54分にはボックス付近での鮮やかな連携からロイス、ハーランドにシュートチャンスも相手の粘り強い寄せに遭い、フィニッシュまで持ち込めない。 それでも、前半に比べて攻守の切り替えがスムーズになったアウェイチームは相手に攻撃の機会を与えず、波状攻撃を仕掛けていく。すると、67分には左CKの流れから高い位置でボールを奪い返してペナルティアーク付近のブラントの足元へラファエウ・ゲレイロの横パスが繋がる。ここでブラントが見事な右足のコントロールシュートをゴール右隅に流し込み、古巣相手に今季初ゴールを挙げた。 これで完全に流れを掴んだドルトムントは直後にもサンチョの中央突破を起点とした厚みのある攻めからゴール右でルーズボールに反応したブラントに2点目のチャンスも、ここはDFの決死のゴールカバーに阻まれた。 その後は互いに選手交代を切りながらオープンな攻防を繰り広げていく。その中でドルトムントがより相手ゴールに迫るが、サンチョらがボックス付近での決定機を決め切れない。 すると80分、相手陣内左サイドでシックとディアビがムニエからボールを奪い切ってショートカウンターを発動。最後はドリブルでボックス付近に切り込んだディアビからの丁寧なラストパスを受けたヴィルツが強烈な右足のシュートをゴール左隅に突き刺した。 17歳の新星ヴィルツのゴールで勝ち越しに成功したレバークーゼンはここから堅守速攻の色合いを強めていく。これに対してドルトムントはムココ、ティッゲスと若手ストライカーを終盤に投入し、パワープレーでゴールをこじ開けにかかる。 そして、試合終盤にかけても見ごたえのある攻防が繰り広げられたが、これ以上スコアは動くことなくこのままタイムアップ。ディアビの圧巻のパフォーマンスでドルトムントに競り勝ったレバークーゼンが暫定2位に浮上し、前半戦を終えることになった。敗れたドルトムントは2戦未勝利での厳しいシーズン折り返しとなった。 2021.01.20 06:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ウニオン・ベルリンがレバークーゼンとの上位対決制して暫定4位浮上! 遠藤渓太は3戦連続出場機会なし《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第16節、ウニオン・ベルリンvsレバークーゼンが15日にアルテ・フェルステライで行われ、ホームのウニオンが1-0で勝利した。なお、ウニオンのMF遠藤渓太はベンチ入りも出場機会はなかった。   5位ウニオン・ベルリン(勝ち点28)と3位レバークーゼン(勝ち点29)による上位対決。直近5戦無敗と好調を維持するウニオンだが、遠藤は直近2戦出番なしとなっている。レバークーゼンをホームで迎え撃ったこの一戦でも引き続きベンチスタートとなった。   立ち上がりから拮抗した展開が続く中、時間の経過と共にアウェイのレバークーゼンが相手陣内深くまで侵攻していく。14分にはカウンターからボックス中央に飛び出したデミルバイに決定機も、ここは相手に寄せられてバランスを崩して右足のシュートは枠の右に外れる。   一方、ウニオンも直後の15分に最初の決定機。左CKの場面でトリメルのクロスをゴール前のフリードリッヒが頭で合わすが、これは左ポストを掠めて枠の左に外れた。   その後、ウニオンは20分過ぎにベッカーの負傷によりトイヒャートのスクランブル投入を余儀なくされるが、格上レバークーゼン相手に奮闘。前半終盤の38分にはシック、デミルバイと際どいシュートを続けて許すが、何とか耐え抜いて0-0のイーブンで試合を折り返した。   互いに選手交代なしで臨んだ後半はホームのウニオンにいきなりビッグチャンス。50分、プロメルの絶妙なスルーパスに抜け出したトイヒャートがボックス付近まで抜け出して冷静にコースを狙った左足のシュートを放つ。だが、これは右ポストの内側を叩き惜しくも先制点とはならず。さらに、61分にもカウンターからトイヒャートが際どいシュートを放つが、これも枠の右に外れた。   ディアビとベイリーの両翼が存在感を欠き後半に入って攻撃が停滞するレバークーゼンは69分に2枚替えを敢行。シックとバウムガルトリンガーを下げてアラリオ、アランギスをピッチへ送り込んだ。   この交代でレバークーゼンがやや流れを引き戻し、試合は均衡が保たれたまま終盤に突入。すると、試合を通してよりゴールに迫っていたウニオンが土壇場でゴールをこじ開ける。88分、自陣中央でのボール奪取からレンツのスルーパスに反応したトイヒャートがDFを置き去りにしてゴール前までドリブルで運ぶ。GKとの一対一では右足のシュートを触られるが、ディフレクトしたボールがそのままゴールネットに吸い込まれた。   そして、レバークーゼンとの上位対決に競り勝ったウニオンが6戦負けなしで暫定ながら4位に浮上した。 2021.01.16 06:44 Sat
twitterfacebook
thumb

旅立つ友へ…ドイツ移籍決定の同僚を見送るポグバとバイリーが熱い

マンチェスター・ユナイテッドの選手たちが、同僚との別れを惜しんだ。 14日、ユナイテッドのオランダ代表DFティモシー・フォス=メンサーのレバークーゼン移籍が発表された。 <div id="cws_ad">◆もはや芸術…ポグバがユーベで魅せたスーパーゴールの数々<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ2N0dkZXpCZyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2014年夏にアヤックスの下部組織からユナイテッドのアカデミーに加入したフォス=メンサーは、2015-16シーズンにファーストチームデビューを果たしたものの、その後はケガもあり出場機会を得られておらず、今季は完全な構想外となりここまで公式戦3試合の出場にとどまっていた。 それでも、チームメイトとの信頼関係は厚く、私服姿でロッカールームを片付けに来ていたフォス=メンサーのもとに、コートジボワール代表DFエリック・バイリーとフランス代表MFポール・ポグバが訪れ、別れを告げていた。 バイリーと熱く抱擁を交わす場面では、フォス=メンサーの目頭が熱くなる瞬間もあったものの、3人で肩を組み、カメラに向かって笑顔を見せる場面もあった。 フォス=メンサーが自身のスナップチャットに投稿した動画は、『ESPN』の公式ツイッターでも公開されており、ファンからは「泣けてくる」「ポグバはいい男」といった感動的な声や、「レバークーゼンでも幸運を祈る」というフォス=メンサーを応援する声も上がっていた。 ユナイテッドは12日に行われたバーンリー戦での勝利で、プレミアリーグで3年4カ月ぶりの首位に立っている。チーム内の雰囲気も良好なようだ。 <div id="cws_ad">◆バイリーとポグバとの熱いハグに目頭を熱くさせるフォス=メンサー<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">WHOLESOME. <br><br>Paul Pogba and Eric Bailly say goodbye to Timothy Fosu-Mensah, who’s moving to Bayer Leverkusen. <a href="https://t.co/QLKqaOt0uz">pic.twitter.com/QLKqaOt0uz</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1349437497022033923?ref_src=twsrc%5Etfw">January 13, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.14 20:30 Thu
twitterfacebook
thumb

フォス=メンサーのレバークーゼン移籍迫る!13日にメディカルパスへ

マンチェスター・ユナイテッドのオランダ代表DFティモシー・フォス=メンサー(23)のレバークーゼンが着々と迫っているようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 情報によると、すでに13日の時点でメディカルチェックに入っており、通過次第正式発表がなされる見込み。移籍金は170万ユーロ(約2億1500万円)ほどになると伝えられている。 アヤックスやユナイテッドの下部組織で育ったフォス=メンサーは、クリスタル・パレスやフルアムへレンタルしながら経験を積んでいたが、フルアムでプレーしていた2018-19シーズンの終盤にヒザの前十字靭帯を損傷し長期離脱。翌シーズンはユナイテッドに戻るも、復帰は昨年7月まで長引いた。 そして、今季も完全に構想外となり、今年6月に契約満了を迎える状態だった。 レバークーゼンでは右サイドバックの補強を目指しており、DFラース・ベンダーやDFサンティアゴ・アリアス、DFミチェル・ヴァイザーが在籍しているが、いずれも負傷しがちなため、フォス=メンサーは大きな戦力となる。 2021.01.13 20:49 Wed
twitterfacebook
thumb

鎌田が先制点演出もレバークーゼンがディアビの2発などで逆転勝利《DFBポカール》

DFBポカール2回戦、レバークーゼンvsフランクフルトが12日に行われ、4-1でレバークーゼンが逆転勝利した。フランクフルトのMF鎌田大地は70分までプレーし、MF長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。 3日前に行われたブンデスリーガでブレーメン相手に低調ドローとなったレバークーゼンは、ブレーメン戦のスタメンから3選手を変更。シックらに代えてアラリオらを起用した。 一方、マインツに快勝としてリーグ戦3連勝としたフランクフルトは、マインツ戦のスタメンから4選手を変更。鎌田は[3-4-2-1]のシャドーで引き続きスタメンとなり、長谷部はベンチスタートとなった。 ハイプレスをかける入りを見せたフランクフルトが6分に先制する。ボックス右の鎌田のグラウンダークロスをアンドレ・シウバがワンタッチで流し、ボックス中央に走り込んだユネスがダイレクトで蹴り込んだ。 失点したレバークーゼンは10分にアラリオがヘディングシュートで、12分にアミリが枠内シュートで同点ゴールに迫ると、26分にPKを獲得した。ベイリーの左クロスがボックス内のドゥルムのハンドを誘った。このPKをアラリオが決めてレバークーゼンが同点に追いつく。 前半半ば以降はレバークーゼンが攻め込む展開が続き、41分にはヴェンデウのミドルシュートがGKトラップを強襲。1-1で前半を終えた。 迎えた後半、開始4分にレバークーゼンが逆転する。左サイド低い位置からのデミルバイのFKをボックス右のタプソバがヘディングで押し込んだ。 その後も攻め立てるレバークーゼンは55分にCKの流れからディアビが強烈なミドルシュートでGKを強襲すると、67分に決定的な3点目を奪った。アミリが左サイドからカットインしながらDFを外してスルーパス。ボックス右でフリーのディアビが確実にシュートを決めきった。 その後、70分に鎌田がピッチを後にしたフランクフルトに対し、73分にターが一発退場となったレバークーゼンだったが、終盤にかけてもカウンターで牽制し続けると、87分にディアビが独走からこの試合2点目を決めて4-1と突き放し、3回戦へ進出している。 2021.01.13 06:43 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly