ウディネーゼMFテル・アフェストがユトレヒトへ完全移籍! 今季はリーグ6試合に出場

2021.01.14 00:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
ウディネーゼは13日、オランダ人DFヒッデ・テル・アフェスト(23)がユトレヒトへ完全移籍したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までとなる。

トゥベンテの下部組織出身のテル・アフェストは、2014年の夏に17歳でトップチームデビューすると、右サイドバックを主戦場に在籍4シーズンで公式戦100試合に出場し3ゴール3アシストをマーク。

2018年の夏に加入したウディネーゼでは、右サイドバックの他にも両サイドMFとして公式戦42試合に出場。今季は主に右MFとしてセリエAで6試合に出場していた。


関連ニュース
thumb

スパーズ、“デスティニー”獲得へ! ユーベやインテルも関心示したU-21伊代表の左SB

トッテナムが、ウディネーゼに所属するU-21イタリア代表DFデスティニー・ウドジェ(19)の獲得に迫っているようだ。イタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 ウドジェはヴェローナの下部組織出身で、当時17歳だった2020年11月のミラン戦でファーストチームデビュー。昨シーズンにレンタルでウディネーゼに移籍し、左ウイングバックを主戦場にセリエAで35試合5ゴール3アシストを記録した。 契約には買い取り義務があったため、今夏に700万ユーロでウディネーゼに完全移籍。ただ、昨季の活躍から国内外のビッグクラブから関心を持たれるようになり、早くもステップアップの機会を掴もうとしている。 そんな争奪戦をトッテナムが制した模様。ロマーノ氏によれば、2000万ユーロの移籍金でクラブ間合意し、来夏に5年契約で加入する契約になるという。以前の報道では、ウディネーゼが同選手をもう1年チームに残すことを条件としていることが伝えられていたが、トッテナムはその要求を飲んだようだ。 なお、ウドジェにはインテルやユベントスが獲得に動いていたほか、プレミアリーグでもブライトンがチェルシーに去ったスペイン代表DFマルク・ククレジャの後釜として注目していた。 2022.08.09 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

さらなるチーム強化目指すトッテナム、ウディネーゼの若手DFにオファー準備か

トッテナムがウディネーゼのU-21イタリア代表DFデスティニー・ウドジェ(19)の獲得を検討しているようだ。 昨シーズンのプレミアリーグでトップ4入りを果たしチャンピオンズリーグ(CL)出場権を手にしたトッテナムは、今夏積極的な補強に着手。すでにクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ、マリ代表MFイヴ・ビスマ、ブラジル代表FWリシャルリソン、DFクレマン・ラングレらを獲得しており、新シーズンに向け期待が高まっている。 しかし、アントニオ・コンテ監督はさらなる補強を希望。イギリス『デイリー・メール』によると、現在クラブはウドジェの獲得に向けてオファーの準備を進めているようだ。 ヴェローナの下部組織出身であるウドジェは、2020年11月に17歳でファーストチームデビュー。昨シーズンは買い取り義務付きのレンタル移籍でウディネーゼに加入するとポジションを掴み、公式戦37試合5ゴール3アシストを記録して注目の若手という評価を確立した。 ウディネーゼはウドジェに対して2500万ポンド(約40億6000万円)程度の移籍金と1年間のレンタル移籍を求めており、トッテナムも応じる構えを見せているとのことだ。 ウドジェに対してはトッテナムのほかマンチェスター・シティ、インテル、ブライトン&ホーヴ・アルビオンも関心を抱いているが、本人は同胞でもあるコンテ監督の下でのプレーに魅力を感じており、現時点ではノースロンドン移籍が有力となっている。 2022.08.04 13:01 Thu
twitterfacebook
thumb

ブライトンがククレジャ後釜に2選手をリストアップか?

ブライトンがスペイン代表DFマルク・ククレジャ(24)の流出に備え、後釜候補をリストアップしているようだ。 ブライトンでは昨シーズンのベストバイとも評されたククレジャの去就が不透明に。一時加入決定的と見られたマンチェスター・シティが高額な移籍金に二の足を踏み撤退の構えを見せたが、代わってチェルシーが有力な新天地候補に浮上。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、チェルシーは5000万ポンド(約80億1000万円)の移籍金を満額支払うか、U-21イングランド代表DFレヴィ・コルウィル(19)を交渉の一部に盛り込み、交渉成立を目指しているという。 現時点でククレジャのチェルシー行きは決定的と見られており、クラブはすでに同選手の後釜確保に動いているようだ。 直近の報道ではククレジャの有力な後釜候補はRBライプツィヒのスペイン人DFアンヘリーニョ(25)と、ウディネーゼのU-21イタリア代表DFデスティニー・ウドジェ(19)の2選手だという。 元マンチェスター・シティで、ライプツィヒでも左のウイングバック、サイドバックの主力として活躍するアンヘリーニョは、クラブが今夏にホッフェンハイムからドイツ代表DFダビド・ラウムを獲得したことで、今夏の移籍を検討中。 ドイツ『スカイ』によると、ホッフェンハイムやバルセロナ行きの可能性も伝えられる25歳に対し、ブライトンも獲得レースに参戦したという。 一方、昨シーズンのウディネーゼでセリエA35試合5ゴール3アシストの鮮烈な活躍を見せたウドジェは、ユベントス、トッテナム、インテルの3クラブが獲得に強い関心を示す逸材だ。 とりわけ、インテルはより強い関心を示しており、現在も獲得に向けた交渉を進めている状況だ。 そういった中、イタリア『スポルト・イタリア』はブライトンがウドジェ獲得に向けた動きを見せていると報道。 ウディネーゼは今夏のウドジェ売却に前向きではないものの、2000万ユーロ(約26億8000万円)程度のオファーが届いた場合、交渉の席に着く考えはあるようで、ククレジャの売却資金を得たシーガルズであれば、十分に獲得可能なターゲットと言えるはずだ。 いずれの候補も現時点で具体的な動きはないが、ククレジャの交渉が完了した場合、更なる動きが予期されるところだ。 2022.08.02 22:39 Tue
twitterfacebook
thumb

積極補強のモンツァ、アーセナルDFパブロ・マリにも注目か

モンツァが、アーセナルのスペイン人DFパブロ・マリ(28)の獲得に動いているようだ。 新シーズンからセリエA初昇格となるモンツァは、今夏は大型補強に取り組んでおり、すでにMFステファノ・センシをはじめ、MFマッテオ・ペッシーナ、FWジャンルカ・カプラーリらイタリア代表歴のある実力者を次々と獲得している。 クラブ初のセリエAに向けてここまで充実の夏を過ごしているが、まだ彼らの補強は終わっていない模様。ジャーナリストのマルコ・コンテリオ氏によると、現在はパブロ・マリの獲得に力を入れているようだ。 同選手はアーセナルでの出番が限られていた中、昨季後半戦にウディネーゼにレンタルすると、主力としてセリエA15試合に出場。クラブは現在、完全移籍に向けて尽力していると言われている。 本人もウディネーゼへの移籍を望む発言を残しているが、ここに来てモンツァも獲得に名乗り。アドリアーノ・ガリアーニ会長が直々にアーセナルに連絡を取り、様々な条件を擦り合わせているようだ。 モンツァがどのような形態での移籍を要求しているかは不明だが、パブロ・マリの推定市場価値は500万ユーロと安価。どのクラブにも獲得にチャンスはありそうだが、果たして。 2022.08.01 16:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼがアトレティコのアルゼンチン代表DFネウエン・ペレスを完全移籍で獲得…昨季はレンタルでプレー

ウディネーゼは29日、アルゼンチン代表DFネウエン・ペレス(22)をアトレティコ・マドリーから完全移籍で獲得した。 契約期間は2027年6月30日までの5年間となる。 アトレティコには2018年7月にアルヘンティノス・ジュニオルスから完全移籍で加入。そのままレンタルで古巣に戻ると、2019-20シーズンはポルトガルのファマリカン、2020-21シーズンはグラナダ、2021-22シーズンはウディネーゼへとレンタル移籍した。 アトレティコでは試合に出場した経験はないものの、昨季はウディネーゼで公式戦22試合に出場し1アシストを記録していた。 2022.07.30 23:10 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly