徳島MF梶川諒太が東京Vに3度目の加入! 「多くのことを学んできたので還元できるように」

2021.01.13 18:13 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
東京ヴェルディは13日、徳島ヴォルティスからMF梶川諒太(31)の期限付き移籍加入を発表した。2011年に東京Vでプロキャリアをスタートさせた梶川は、湘南ベルマーレ、V・ファーレン長崎を経て、2017年に東京Vへ復帰。しかし、昨シーズンは再び東京Vを離れ徳島に移籍。明治安田生命J2リーグ15試合に出場した。

今回で3度目となる東京V加入。梶川は両クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

◆東京ヴェルディ
「徳島ヴォルティスからきました梶川諒太です。二度もヴェルディに戻れると思っていなかったので、移籍にあたり関わってくださった方々に本当に感謝しています。この気持ちをヴェルディの昇格のために全て捧げられるように頑張ります」

「また、昇格するチームの雰囲気を肌で感じることができ、多くのことを学んできたのでヴェルディに還元できるように努めていきます!そして、結果と内容に拘って走り回りたいと思います!ヴェルディに熱いご声援をよろしくお願いします」

◆徳島ヴォルティス
「一年間という短い時間でしたがありがとうございました。コロナ禍で難しい状況の中、目標であった昇格を掴み、シャーレを掲げることが出来て嬉しかったです。個人的にはピッチ内でチームに貢献することができず、申し訳ない気持ちと悔しい気持ちでいっぱいでしたが、昇格するチームの雰囲気や、選手だけでなくコーチングスタッフやフロントスタッフ、そしてヴォルティスに関わる全ての人が目標に向かって同じ方向を向いている一体感を肌で感じることができ、多くのことを学ばさせていただきました」

「また、パンチくん(佐藤 晃大選手)やヤツくん(島屋 八徳選手)やセグさん(瀬口 拓弥選手)といったベテラン選手たちが、メンバー外の練習でも誰よりも全力でやっている姿勢があったからこそ昇格を掴めたのではないかと思います!徳島で学んだことをこれからのサッカー人生に役立てられるように頑張ります!そしてどんな時も応援していただいたサポーターの皆さん、本当にありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

甲府退団のハーフナー・マイク、新たな活躍先は東海社会人リーグ2部に

ヴァンフォーレ甲府は26日、元日本代表FWハーフナー・マイク(33)が東海社会人リーグ2部のFC.Bomboneraに加わると発表した。 ハーフナー・マイクは横浜FMでプロデビュー後、アビスパ福岡、サガン鳥栖、甲府、フィテッセ(オランダ)、コルドバ(スペイン)、ヘルシンキ(フィンランド)、ADOデン・ハーグ(オランダ)、ヴィッセル神戸、ベガルタ仙台、バンコク・ユナイテッド(タイ)でプレー。昨年3月に古巣甲府に9年ぶりの復帰を果たしたが、明治安田生命J2リーグ14試合に出場して無得点に終わり、シーズン終了後の退団が決定した。 ハーフナー・マイクはFC.BomboneraのSNSを通じて、移籍の心境や経緯、意気込みを語っている。 「この度『FC.Bombonera』へ加入しましたハーフナー・マイクです。ボンボネーラの一員として新たな挑戦ができることを嬉しく思います。引退も考えていた中、強化部長のギリさん(片桐淳至)から話を頂きました」 「『マイクにはこれからも子供に夢や感動をピッチ上で与えられる。岐阜という舞台で力を貸してほしい』。そんな熱い想いに心が動かされ、今回のオファーを受けさせてもらいました。フロント面での営業・広報活動にも力を注ぎチームに貢献していきたいです」 「チームのために情熱を持ってJリーグ参入に全力で頑張ります。応援よろしくお願いします」 2021.01.26 18:15 Tue
twitterfacebook
thumb

柏退団のFW山崎亮平が長崎に完全移籍「必ずJ2優勝、J1昇格できるように」

V・ファーレン長崎は26日、柏レイソルのFW山崎亮平(31)が完全移籍で加入することを発表した。 山崎は千葉県出身で、八千代高校から2007年にジュビロ磐田へ入団。2014年まで在籍すると、2015年にアルビレックス新潟へ完全移籍。2018年に柏へ完全移籍していた。 柏ではJ1で通算18試合、J2で2試合に出場。2020シーズンは明治安田J1で1試合、YBCルヴァンカップで1試合に出場していた。 山崎はクラブを通じてコメントしている。 「このたび柏レイソルから移籍してきました山崎亮平です。自分のすべてを出して、必ずJ2優勝、J1昇格できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします!」 2021.01.26 15:25 Tue
twitterfacebook
thumb

J2参戦の秋田が仙台MF飯尾竜太朗を完全移籍で獲得

ブラウブリッツ秋田は26日、ベガルタ仙台を退団していたMF飯尾竜太朗(29)が完全移籍で加入することを発表した。 飯尾は、ヴィッセル神戸の下部組織出身。阪南大学から2013年に松本山雅FCへ入団。4シーズンを過ごすと、2017年からV・ファーレン長崎でプレー。2019シーズンに仙台に加入した。 2019シーズンはリーグ戦の出場機会はなかったが、2020シーズンは明治安田J1で18試合に出場し1得点を記録していた。 「こんにちは!飯尾竜太朗です。自分の持っている全ての力で、ブラウブリッツ秋田の勝利のために闘います。宜しくお願いします」 2021.01.26 11:13 Tue
twitterfacebook
thumb

宮崎のMF川満陸が同じ宮崎県内のJ.FC MIYAZAKIへ完全移籍

テゲバジャーロ宮崎は26日、MF川満陸(25)が九州サッカーリーグのJ.FC MIYAZAKIへ完全移籍することを発表した。 川満は沖縄国際大学から海邦銀行SCを経て、2020年にテゲバジャーロ宮崎へと加入。しかし、JFLでの出場機会はなかった。 川満はクラブを通じてコメントしている。 「J.FC MIYAZAKIに移籍する事になりました。今季も宮崎の地でサッカーができること、とても嬉しく思います。チームは違えど同じ宮崎県のクラブとして、サッカーを通し宮崎を盛り上げていけたらなと思ってます」 「改めて、テゲバのファン・サポーターの皆さん、クラブに関わる全ての人に感謝してます。ありがとうこざいました。そして是非、都農町にも遊びに来てください!」 2021.01.26 11:08 Tue
twitterfacebook
thumb

讃岐退団のDF柳田健太が九州リーグのJ.FC MIYAZAKIへ完全移籍

カマタマーレ讃岐は26日、DF柳田健太(25)が九州サッカーリーグのJ.FC MIYAZAKIへ完全移籍することを発表した。 柳田は熊本県出身で、ロアッソ熊本の下部組織で育ち、びわこ成蹊スポーツ大学を経て奈良クラブに入団。讃岐には2019年に加入した。 讃岐では明治安田J3で通算41試合、天皇杯で1試合に出場。2020シーズンはリーグ戦18試合でプレーしていた。 柳田はクラブを通じてコメントしている。 「この度、カマタマーレ讃岐より加入することになりました柳田健太です。J.FC MIYAZAKIのJFL昇格、またその先のJリーグ参入という目標に、全力を尽くしたいと思います。応援よろしくお願いします」 2021.01.26 10:50 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly