愛媛が磐田MF森谷賢太郎を完全移籍で加入、昨季は期限付き移籍でプレー

2021.01.13 11:47 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
愛媛FCは13日、ジュビロ磐田から期限付き移籍で加入していたMF森谷賢太郎(32)が完全移籍で加入することを発表した。森谷は横浜F・マリノスの下部組織出身で、筑波大学へと進学し、2011年に横浜FMに入団。2013年に川崎フロンターレへと完全移籍。2019年に磐田に加入していた。


2020シーズンは愛媛へ期限付き移籍し、明治安田J2で40試合に出場した。

森谷はクラブを通じてコメントしている。

◆愛媛FC
「2020シーズンに引き続き、2021シーズンも愛媛FCでプレーさせていただくことになりました。
僕はこの街の生活、この街で出会った方々、愛媛という街が大好きです。そんな愛媛はもちろん、愛媛FCというクラブに関わるすべての皆様に喜んでもらえるように、また愛媛FCを応援していることに誇りを持っていただけるように、全力を尽くします」

「2021シーズンは困難なシーズンになると思います。良い時もあれば、必ず悪い時もあります。どんな時でもクラブ、選手、そしてファン・サポーターの皆様で支え合って乗り越えていきましょう。愛媛FCファン・サポーターの皆様のために、そして僕を応援してくださる皆様のために一生懸命頑張ります。ニンジニアスタジアムでお会いしましょう!」

◆ジュビロ磐田
「この度、愛媛FCに完全移籍することになりました。伝統あるジュビロ磐田の一員として、ヤマハスタジアムでファン・サポーターの皆様の熱い声援を受けながらプレーできたことは僕の宝物です。皆様が望む結果を残すことはできませんでしたが、どんなときも温かく応援し続けてくださったファン・サポーターの皆様をはじめ、ジュビロ磐田に関わるすべての皆様に感謝しています」

「ジュビロ磐田がより一層素晴らしいクラブになることを願っております。また皆様とお会いできることを楽しみにしています。1年間という短い期間でしたが、本当にありがとうございました」
関連ニュース
thumb

愛媛で現役引退のMF渡邊一仁が母校の済美高校でサッカー部指導に

昨シーズン限りで愛媛FCを退団し、現役を引退したMF渡邊一仁が、済美高校の教員および、サッカー部指導者に就任した。 愛媛県出身の渡邊は、済美高校から東京学芸大学へと進学。2009年に愛媛FCの下部組織である愛媛FCしまなみに入団すると、2009年8月トップチーム昇格を果たす。 2015年からはファジアーノ岡山、2018からは横浜FCでプレー。2020年に古巣に復帰すると、明治安田J2で28試合に出場していたが、そのまま現役を引退することとなった。 渡邊はJ1でのプレーはなく、キャリアを通じてJ2でプレー。通算301試合に出場し1得点を記録。天皇杯で14試合に出場していた。 済美高校は渡邊の母校で、保健・体育の教員とともに、サッカー部の指導に当たるという。 2021.02.01 15:07 Mon
twitterfacebook
thumb

愛媛MF渡邊一仁が12年の現役生活を引退「J1のピッチに立つことができなかったことは、一番の心残り」

愛媛FCは25日、MF渡邊一仁(34)が現役を引退することを発表した。 愛媛県出身の渡邊は、済美高校から東京学芸大学へと進学。2009年に愛媛FCの下部組織である愛媛FCしまなみに入団すると、2009年8月トップチーム昇格を果たす。 2015年からはファジアーノ岡山、2018からは横浜FCでプレー。2020年に古巣に復帰すると、明治安田J2で28試合に出場。しかし、そのまま現役を引退することとなった。 渡邊はJ1でのプレーはなく、キャリアを通じてJ2でプレー。通算301試合に出場し1得点を記録。天皇杯で14試合に出場していた。 渡邊はクラブを通じてコメントしている。 「今日をもって引退することを決断しました。満了を告げられてから、選手生活が愛媛で始まり、愛媛で終わるという自分のストーリー的には、ここで引退した方がきれいなのかなと思う一方で、まだ動ける、戦えるという気持ちを押し殺すことができず、移籍先を模索していましたが、条件面など噛み合わず、決めることができないまま、ここまで長引かせてしまい、報告が遅くなってしまいました。すみません」 「私自身、12年間のキャリアを振り返ってみると、アマチュアから始まり、やはり辛いこと、悔しかったことの方が多く思い出されます。選手として、横浜で昇格を経験しながらもキャリアで一度もJ1のピッチに立つことができなかったことは、一番の心残りです」 「その一方で、自分の実力は、自分が一番分かっていました。それを考えると自分なりには出来過ぎなぐらい素晴らしいキャリアを積むことができたとも思っています」 「プロになってから、ずっと自分は、下手くそだというコンプレックスを持って日々選手として過ごしてきました。だからこそ、1日1日、自分の限界を超えることだけに集中してトレーニングに向き合い続けてきました。その結果がたまたまここまで現役を続けられた理由の一つになったのかなと思います」 「ただ、それ以上にもっと大きな理由があり、それは今まで自分に携わってくれた人、そして取り巻く環境に恵まれ続けたということです」 「愛媛、岡山、横浜と各チームで未熟者の私を応援し、背中を押し続けてくれたサポーターの皆さんはもちろんのこと、今まで指導をしてくださった6人の監督をはじめとするチームスタッフの方々、ご協力をいただいたスポンサー各社の方々、ボランティアスタッフの方々。学生時代の友人。そして、カズさん、岩政さんや加地さんをはじめとする一緒に戦ってくれたチームメイトのみんな。本当に私のサッカー人生に関わってくれた人が一人でも欠けていたら、ここまで素晴らしいキャリアを積むことができませんでした。皆さんと一緒に戦えたこの12年間は、私の一生の財産になりました!!本当にありがとうございました!愛媛FC、ファジアーノ岡山、横浜FCのこれからの更なる発展、飛躍を願っています」 「そして、プロになる前から一番近くでずっと支え続けてきてくれた妻、いつも癒しを与え続けてくれた長女、次女、そしてこの丈夫な身体とサッカーを与えてくれた両親。家族のみんなにも、この場を借りて感謝を伝えたいです!本当にありがとう!!」 「最後に、今日で通算301試合1得点という結果を残して、選手としてのサッカー人生は、終わりますが、これから続いていく第二の人生に、自分自身大きく期待を膨らませています!」 「これからのことは、また追々発表させてもらいますが、これからの渡邊一仁にも期待してください!そして、応援し続けてもらえるとありがたいです!夢のような幸せな時間をありがとうございました!またどこかで会いましょう!!」 2021.01.25 11:33 Mon
twitterfacebook
thumb

「みかんをいっぱい食べて道後温泉もいっぱい入って」愛媛が大分退団のMF前田凌佑を完全移籍で獲得

愛媛FCは13日、大分トリニータを退団していたMF前田凌佑(26)が完全移籍で加入することを発表した。 前田はヴィッセル神戸のジュニアユースからU-18を経てトップチームへ昇格。2017年に大分へ加入していた。 大分ではJ1通算30試合、J2通算30試合出場1得点を記録。2020シーズンは明治安田J1で10試合に出場していた。 前田はクラブを通じてコメントしている。 「今年から愛媛FCでプレーさせてもらえる事になりました!愛媛県全体を盛り上げられるように愛媛のみかんをいっぱい食べて道後温泉もいっぱい入って、プレーでもピッチ外のところでも頑張りたいと思います!よろしくお願いします!」 2021.01.13 13:12 Wed
twitterfacebook
thumb

「僕の原点」GK秋元陽太が愛媛に8年ぶりに復帰、湘南から期限付きで加入

愛媛FCは12日、湘南ベルマーレのGK秋元陽太(33)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2021年2月1日から2022年1月31日となり、湘南との公式戦には出場できない。 秋元は横浜F・マリノスの下部組織出身で、愛媛FCへの期限付き移籍を経て、2014年に湘南に加入。FC東京への移籍を経て、復帰すると、2020シーズンはFC町田ゼルビアへ期限付き移籍していた。 町田では2020シーズンの明治安田J2で29試合に出場していた。 2013年以来8シーズンぶりに愛媛でプレーする秋元はクラブを通じてコメントしている。 ◆愛媛FC 「僕の原点である愛媛FCに戻って再びプレイする事の喜びを奮い立たせ、今シ-ズン頑張って参りますので応援宜しく御願い致します」 ◆湘南ベルマーレ 「2021シーズンは愛媛FCに移籍することになりました。湘南で培ったものを活かして頑張ります。引き続き応援をよろしくお願いいたします」 ◆FC町田ゼルビア 「愛媛FCに移籍する事になりました。一年間でしたが、自分が生まれ育った町田でサッカーをできた事がとても嬉しかったです。ありがとうございました。一年間で学んだものを今後に活かしてこれからも頑張ります」 2021.01.12 11:16 Tue
twitterfacebook
thumb

愛媛の韓国人GKパク・ソンスが大邱FCへ完全移籍 2020シーズンはFC岐阜でプレー

愛媛FCは11日、韓国人GKパク・ソンス(24)が大邱FC(韓国1部リーグ)へ完全移籍することを発表した。 2015年に愛媛でプロキャリアをスタートさせたパク・ソンス。同年末に右膝前十字靭帯を損傷して長期離脱を強いられたが、2017年は明治安田生命J2リーグ41試合でゴールマウスを守った。その後、再び出場機会を失い2020シーズンはFC岐阜へ期限付き移籍。そこでJ3リーグ13試合に出場した。 母国の韓国へ帰還するパク・ソンスは両クラブの公式サイトで以下のように別れのコメントを残している。 ◆愛媛FC 「愛媛FCに関わる皆様こんにちは。この度、大邱FCに移籍することになりました。僕自身にとっていいチャンスだと思い、チャレンジしたいと思い決断しました。プロの世界に来て6年。そのスタートが愛媛FCで本当によかったと思います。6年間愛媛で貰った応援や愛情は一生忘れません」 「韓国に帰ることになりますが、韓国でも頑張ります。そして韓国代表になります。これからも応援宜しくお願いします。愛媛のファン、サポーター、スポンサー、クラブの皆さん6年間お世話になりました。ありがとうございました」 ◆FC岐阜 「FC岐阜のファン、サポーターの皆さん、こんにちは。この度大邱FCに移籍することになりました。岐阜で1年しかプレーできなかったのは本当に残念ですが、僕にとっていいチャンスが来ましたし、チャレンジしてみたいと思って決断しました」 「2020年のシーズンはコロナの関係で苦しいシーズンでしたが、その中でもスタジアムに足を運んでくださったり、リモートで応援してくれた皆さんのお陰で幸せな気持ちでプレーすることが出来ました。本当にありがとうございました。僕は韓国に戻りますが、韓国で頑張ります。そして、これからもFC岐阜を応援します。必ず今年は昇格出来ると信じています。FC岐阜に関わる皆様、1年間ありがとうございました」 2021.01.11 13:43 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly