コレア&サウールのゴラッソで首位アトレティコがセビージャ撃破!《ラ・リーガ》

2021.01.13 07:49 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第1節延期分、アトレティコ・マドリーvsセビージャが12日にワンダ・メトロポリターノで行われ、ホームのアトレティコが2-0で勝利した。

今月3日に行われたアラベス戦で新年白星スタートを飾り、リーグ4連勝で首位をキープするアトレティコだが、9日に開催予定だった前節のアスレティック・ビルバオ戦が大寒波による大雪の影響で急遽中止に。また、首都マドリードのインフラ麻痺の影響で多くの不自由を強いられた中、0-1で敗戦した6日のコパ・デル・レイ戦以来、約1週間ぶりの試合に臨んだ。アラベス戦からはヴルサリコに代えて長期出場停止処分が一時凍結となったトリッピアーが復帰を果たした。


一方、レアル・ソシエダとの打ち合いとなった前節を3-2で競り勝った6位のセビージャは、その試合と同じスタメンでチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内浮上が懸かる首位チームとのアウェイゲームに臨んだ。

ホームのアトレティコが引き続き可変式の[3-5-2]で臨んだのに対して、アウェイのセビージャはいつも通りの[4-3-3]を採用。システム上のミズマッチをどちらが優位に進めるかに注目が集まった中、互いにセットプレーから相手守備をけん制し合う。

まずはセビージャが3分に右CKからゴール前でクンデの競り勝ったボールに反応したラキティッチがゴール至近距離で押し込みにかかるが、ここはうまくミートし切れずGKオブラクにキャッチされる。直後の6分には似たようなシチュエーションからアトレティコにチャンスもコレアのヘディングシュートはGKブヌに防がれた上、オフサイドの判定となった。

以降はややセビージャの流れで試合は進んだが、アトレティコが最初の決定機をゴールに結びつける。17分、スアレスへのクサビを起点にボックス手前で仕掛けたレマルが右サイドのスペースに飛び出したトリッピアーに繋ぐ。ここでトリッピアーの角度を付けたマイナスパスを中央で受けたコレアが見事な左足の反転シュートをゴール右隅に流し込んだ。

早い時間帯に先制されたセビージャだが、気落ちすることなくすぐさま反撃。21分、ラキティッチの絶妙なワンタッチパスに反応したエン=ネシリがゴール前で交錯しかけてボックス内にボールがこぼれると、これをアクーニャが無人のゴールへ蹴り込むが、利き足とは逆の右足のシュートは枠を外れる。

肝を冷やしたホームチームは直後に追加点のチャンス。25分、トリッピアーの浮き球パスに反応したスアレスがオフサイドをかいくぐってGKと一対一となるが、右足のボレーシュートはGKブヌが残した左足に阻まれる。

絶好の追加点のチャンスを逸したアトレティコだが、以降はうまく試合を落ち着かせてセビージャに決定機を与えず、1点リードで前半終了を迎えた。

迎えた後半、最初の決定機は再びセビージャに訪れる。46分、右サイドでドリブル突破を見せたクンデのスルーパスに抜け出したエン=ネシリがボックス右からニアを狙ったシュートを放つが、これはGKオブラクがきっちりコースを消してはじき出した。

その後は再びこう着状態が続く中、セビージャはジョルダンに代えてオスカルを最初の交代カードとして切る。対するアトレティコは66分にレマル、コレアを下げてサウール、フェリックスの2枚替えを敢行すると、この選手交代が試合を動かす。

76分、ハーフウェイライン付近の右サイドのスローインの流れからトリッピアーの浮き球パスに抜け出したマルコス・ジョレンテがペナルティアーク付近のサウールに丁寧な折り返しを入れる。これを足元に収めたサウールが狙いすました左足のグラウンダーシュートをゴール右隅に突き刺した。

シメオネ采配的中でアトレティコに2点目が生まれた中、ロペテギ監督も積極的に交代カードを切って攻撃的な3バックの布陣で反撃を試みる。試合終盤にかけては完全に相手を押し込んでセットプレーの流れからオスカルやラキティッチらに再三の決定機が訪れたが、アトレティコの堅守をあと一歩のところでこじ開けることができなかった。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、ホームで難敵セビージャを退けたアトレティコがコパ・デル・レイでの失態を払しょくする快勝でリーグ5連勝で首位の座をがっちりとキープした。

関連ニュース
thumb

アトレティコ主将コケがチェルシーとの2ndレグに意気込み「勝つためにロンドンへ行く」

アトレティコ・マドリーのスペイン代表MFコケが、チェルシーとの2ndレグに向けてキャプテンとして強い意志を示している。スペイン『マルカ』が伝えた。 23日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16のチェルシーとの1stレグで0-1で敗れたアトレティコ。新型コロナウイルスの影響でルーマニアのブカレストがホーム扱いとなった中、守勢を強いられる中で迎えた69分、FWオリヴィエ・ジルーに見事なオーバーヘッドシュートを決められ、そのまま敗戦となった。 2ndレグは予定通りチェルシーの本拠地ロンドンで行われるが、主将のコケは2ゴールを奪って勝ちに行くと高々と宣言。また、直近4試合で1勝のみとなっているリーグ戦にも言及し、バウンスバックを誓っている。 「勝つためにロンドンに行かなければならない。それ以外の選択肢はないよ。アウェイゴールの事を考えてはいけない。2ゴールすれば僕たちは次へ進めるんだ。勝者のメンタリティでもって臨む必要がある」 「難しい時期だ。でもいつものように起き上がるだけだ。8連勝していた頃の僕たちと変わらない。よく戦えていると思うよ。すべての試合に勝つことなんてできないし、悪かった1週間も過去に経験してきた。これが現実だ」 「それでも僕たちは戦わなければならない。努力し続けなければならない。アトレティコはいつだって立ち上がってきた」 2021.02.24 15:14 Wed
twitterfacebook
thumb

先手を取られたアトレティコ、シメオネ監督は切り替え促す「一度終わった試合は変えられない」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、チェルシー戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えている。 アトレティコは23日、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグでチェルシーと対戦。試合は前半からこう着状態が続き、68分にチェルシーに先制点を許すと、アトレティコはその後も試合を通して得点を奪えず、0-1で敗戦した。 中立地開催ながらホーム扱いでの試合で敗れたシメオネ監督は、試合後、多くの面でイーブンな展開だったと振り返った。 「試合は両チームともに非常にハードワークしており、得点のチャンスはどちらもほとんどなかった。彼らは点を取ったけどそれ以外はほとんど互角だったね。守備はしっかりしていたし、トランジションも良く、チャンスも何度かあった」 「後半は特にイーブンだった。GKがシュートをセーブするという場面も、ほとんどなかったと思う」 また、3月17日にアウェイで行われる2ndレグについては「3週間先のことを考えるのは早すぎる」とコメント。目の前の試合に集中するべきだと強調し、チームの改善点を挙げた。 「それまでにはまだ多くの試合がある。我々はスピードのある相手と対戦してきたが、ジルーのようなストライカーや、強力な選手を擁する相手チームを止めることができた」 「我々ができていなかったのは攻撃面でのポジショニングを良くして、ボールをより多く保持することだ。その点については努力していくし、次は重要なビジャレアル戦が控えている。ハードワークを続けていきたい」 最後にシメオネ監督は「一度終わった試合は変えることができない。だからこそサッカーは愛されている」と語り、チームにこの敗戦からの切り替えと改善を促した。 2021.02.24 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:アトレティコ・マドリー 0-1 チェルシー《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグ、アトレティコ・マドリーvsチェルシーが23日に中立地ブカレストのアレーナ・ナツィオナーラで行われ、アウェイのチェルシーが0-1で先勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽アトレティコ・マドリー採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210224_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 13 オブラク 5.5 失点場面は相手を褒めるべき。それ以外の枠内シュートを冷静に阻止。クロスに対しては屈強な守備陣を信じてこぼれ球や二次攻撃に備えた対応を見せた   DF 15 サビッチ 6.0 快足ヴェルナーとのマッチアップとなったが、前向きな守備時にはタイトに寄せて自由を奪い、オープンスペースでの一対一では間合いを見極めて丁寧に対応   18 フェリペ 5.5 パワー勝負となったジルーとのマッチアップで好勝負を演じる。再三のクロスを冷静に撥ね返し続けた   22 エルモソ 5.5 レマルの守備力を考慮して常にサポートできる距離感でハドソン=オドイらの仕掛けに対応。持ち味の展開力を生かす場面は限定的だった   (→ビトロ -)   MF 14 M・ジョレンテ 5.5 ウイングバックで守備を堅実にこなしたが、持ち味のスペースをアタックするランニングやミドルシュートなど攻撃面で良さを出しづらい試合に   6 コケ 6.0 サウールと共に中盤で運動量豊富に献身的な守備を見せた。攻撃では回数は少なかったが、相手のプレスを剥がして前線の味方にチャンスボールも供給   8 サウール 6.0 求められた守備的な役割を完遂。押し込まれたことで、スプリントの距離が長く攻撃ではなかなかパワーやダイナミズムを出せなかった   (→トレイラ 5.5) 中盤で身体を張ったが、攻撃面で効果を発揮できず   11 レマル 5.5 ウイングバックでプレーも守備に追われた中、献身的にチームを助けた。前後半に一度ずつ良い攻撃への絡みを見せたが、多くを求めるのは酷だった   FW 10 コレア 5.5 攻撃面ではほぼ見せ場を作れなかったが、低い位置まで下りて味方を助ける守備を続けた   (→ムサ・デンベレ 5.0) 攻撃を活性化できず   9 スアレス 5.5 前線で完全に孤立した中、幾度かチャンスメークで見せ場を創出   7 フェリックス 5.0 中盤の低い位置まで下りてボールを引き出したが、そこからのアイデア、精度に欠ける。守備の強度もやや物足りなかった   (→ロージ 5.5) 高い位置を取って攻撃参加も実らず   監督 シメオネ 5.0 トリッピアー不在の影響を改めて感じさせる試合に。インテリオールで攻撃の核を担うジョレンテをウイングバックで起用せざるを得ないチーム状況が厳しい   ▽チェルシー採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210224_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 16 メンディ 5.5 難しいシュート対応は皆無。幾度かビルドアップの場面で強い圧力を受けたが、冷静に繋いだ   DF 28 アスピリクエタ 6.0 安定したビルドアップへの関与を見せながら、中盤に下りるフェリックスをきっちり捕まえて起点を作らせなかった   4 A・クリステンセン 6.5 最終ラインをコントロールしながらスアレスら相手のアタッカー陣に仕事をさせない力強いパフォーマンス   2 リュディガー 6.0 相手の戦い方の影響もあって余裕を持って守備することができた。攻守にそつなくプレー   MF 20 ハドソン=オドイ 5.5 前半は崩しの起点として機能も、決定的な仕事はできず。後半は単調なプレーが目立った   (→リース・ジェームズ -)   5 ジョルジーニョ 6.0 累積警告により2ndレグは出場停止。相手の前線からのプレッシャーが少なく比較的ストレスなくボールを捌けていた。守備でもきっちり身体を張った   17 コバチッチ 6.0 元レアル・マドリーの選手として元宿敵相手に気迫のパフォーマンス。後半はやや疲れが出たか   (→ツィエク 5.5) 目立ったプレーはなかったが、逃げ切りに貢献   3 マルコス・アロンソ 6.0 決勝点の起点に。コレアの運動量低下もあって比較的浮く場面が多かった。守備も無難にこなした   FW 19 マウント 6.0 累積警告により2ndレグは出場停止。いつも通り積極的にプレーに関与し、チームの攻撃をけん引   (→カンテ 5.5) 中盤でリスク管理を徹底し、クリーンシートに貢献   18 ジルー 6.5 値千金の豪快弾でチームを先勝に導く。前線でよく身体も張った   (→ハヴァーツ -)   11 ヴェルナー 5.5 前後半に個でフィニッシュまで持ち込んだが、決定的な仕事を見せられず   (→プリシッチ -)   監督 トゥヘル 6.0 得点はややツキに恵まれた感もあったが、安定感のある戦いぶりでチェルシーでのCL初陣を飾った   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ジルー(チェルシー) ゴールレスドローでもおかしくない拮抗したゲームにおいて勝利をもたらす見事な仕事を果たす文句なしのMOM。ゴールへの執念を感じさせる豪快な一撃でアトレティコの堅守をこじ開けた。   アトレティコ・マドリー 0-1 チェルシー 【チェルシー】 ジルー(後23) 2021.02.24 07:27 Wed
twitterfacebook
thumb

ジルーの豪快バイシクル弾でチェルシーが敵地で先勝! 8戦連続失点のアトレティコは今季初の連敗…《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグ、アトレティコ・マドリーvsチェルシーが23日に中立地ブカレストのアレーナ・ナツィオナーラで行われ、アウェイのチェルシーが0-1で先勝した。   ホーム扱いとなるアトレティコは、バイエルン、レッドブル・ザルツブルク、ロコモティフ・モスクワと同居したグループAを2位通過。一方、首位快走で好調そのものだったラ・リーガでは新型コロナウイルスのチーム内クラスターの影響などもあり、ここ数試合では取りこぼしが目立ち、直近のレバンテ戦ではシメオネ体制ワーストの7試合連続失点を喫したほか、リーグ戦では2019年12月以来のホーム黒星となった。   直近2戦未勝利で臨んだこの一戦では先発3人を変更。負傷のホセヒメネスに代わってサビッチが先発に戻ったほか、コンドグビア、ロージに代わってサウール、レマルが起用された。   対するチェルシーはセビージャ、クラスノダール、レンヌと同居した比較的楽なグループEを余裕の首位通過。だが、その後のプレミアリーグでは大不振に陥り、ランパード監督を解任。それでも、トゥヘル新監督を迎えると、前パリ・サンジェルマン指揮官就任後のリーグ戦ではここまで4勝2分けで無敗を維持し、復調を見せている。   サウサンプトンを相手に1-1のドローに終わった直近のリーグ戦からは先発4人を変更。ズマ、リース・ジェームズ、カンテ、エイブラハムに代えてクリステンセン、ハドソン=オドイ、ジョルジーニョ、ジルーを起用した。   共に[3-4-2-1]の布陣を採用して臨んだ中、立ち上がりからボールポゼッションの質で勝るアウェイチームがボールを動かして押し込み、ホームチームが5バックに近い形で受けに回る形が続く。   ただ、アトレティコは重心こそ低いものの、要所で前から圧力をかけて相手のビルドアップに制限をかけると、コケとサウールの2枚のピボーテでボールを奪い切って幾度かショートカウンターから決定機の一歩手前まで持ち込む。14分にはボックス右でキープしたスアレスからの高速クロスにファーのレマルが飛び込むが、枠にシュートを飛ばせない。   キックオフから15分を過ぎると、アトレティコのプレス強度の低下とチェルシーのマイボール時の立ち位置の微調整によって試合の主導権はアウェイチームに傾いていく。その中で配球役のジョルジーニョ、マウントを起点に中央にクサビを打ち込みつつ、攻撃時のレマルとのマッチアップで優位性を得られるハドソン=オドイの右サイドからの仕掛けで局面の打開を試みる。   前半半ばから終盤にかけても同様の流れが続く中、堅守アトレティコ相手に可能性の低いクロスに終始する単調な攻めが目立ったチェルシーだが、39分にはボックス左でマウントから足元にボールを受けたヴェルナーが鋭いターンでDFサビッチを振り切りゴール左角度のないところから左足を振るが、これはGKオブラクのセーブに遭う。さらに、42分には鋭いカウンターからコバチッチ、マルコス・アロンソと繋いでボックス右でフリーのマウントにアロンソからのクロスが通るが、やや焦ってダイレクトで放ったシュートは精度を欠いた。   互いにメンバー、戦術的な変更を施すことなくスタートした後半は引き続きチェルシーが押し込む入りとなる。53分にはマウントの突破から左サイドのスペースに走り込むヴェルナーにスルーパスが通り、そこからゴール前に走り込むジルーへグラウンダーのクロスが出るが、ここはDFフェリペのブロックに遭う。   一方、後半も後ろに重いアトレティコだが、58分には自陣からのロングカウンターが発動。フェリックスのキープから左サイドのスペースに飛び出したレマルがボックス左でキープしてクロスを供給する。そして、相手DFのクリアに反応したフェリックスがオーバーヘッドシュートを狙うが、これは精度を欠く。   その後、試合は完全に膠着状態に陥ったが、アウェイチームがスーパーゴールで先手を奪う。68分、カウンターから左サイドを持ち上がったアロンソがクロスを入れると、中央でマウント、DFエルモソに触れた浮き球のルーズボールをオフサイドポジションにいたジルーが豪快な左足のバイシクルシュート。これがゴール左下隅の完璧なコースに決まった。当初、オフサイドでノーゴールの判定も、VARによるレビューの結果、エルモソが意図的に関与したボールへの反応だったと判断されてゴールが認められた。   やや不運な形でアウェイゴールを奪われたアトレティコはすぐさま反撃を開始。82分にフェリックス、サウール、コレアを下げてロージ、ムサ・デンベレ、トレイラを一気に投入する3枚替えを敢行。さらに、84分にはエルモソを下げてビトロを投入し、リスクを冒してゴールを奪いに行く。   一方、無理に追加点を狙わずにこの1点を守り抜く姿勢を強く打ち出したチェルシーはマウント、コバチッチに代えてカンテとツィエクを、さらに試合終盤にかけては殊勲のジルーらを下げてハヴァーツやリース・ジェームズの投入で試合を締めにかかった。   試合最終盤にかけては球際のバトルが強調されるやや荒れた展開となったが、スコアは動くことなくタイムアップを迎えた。この結果、ジルーのスーパーゴールで貴重なアウェイゴールを奪ったチェルシーが2ndレグに向けてアドバンテージを手にした。   一方、守備的に入りながらも8試合連続失点となったアトレティコは今季初となる公式戦連敗となった。 2021.02.24 07:03 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコを厳重警戒するチェルシー主将アスピリクエタ「レアルやバルサと同じレベル」

チェルシーのスペイン代表DFセサール・アスピリクエタが、スペイン『マルカ』のインタビューで対戦を控えるアトレティコ・マドリーの印象を語っている。 23日にチャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16でアトレティコとの1stレグに望むチェルシー。1月末のトーマス・トゥヘル監督就任後、リーグ戦で4勝2分け無敗と好成績を収めているが、大舞台でのこのビッグマッチはその試金石となる重要な一戦だ。 ドイツ人指揮官の下、レギュラーポジションを取り戻したアスピリクエタは、現在ラ・リーガで首位を走るアトレティコを強く警戒。2011年12月の就任から在籍10年目を迎えているディエゴ・シメオネ監督の手腕を称賛すると共に、スペインの二大巨頭に肩を並べるほどの力を持ったチームだと語った。 「彼らは非常にソリッドで、トッププレイヤーたちを揃えていかに良いプレーができているか頭で理解しているんだ」 「ここを通過するためには完璧な試合をしないといけないね。自分たちの力で堂々とラ・リーガの首位に立つチームと僕らは対戦するんだ」 「シメオネは信じられないぐらい結果を残している。昨季の彼らがリバプールを敗退に追い込んだのは決して偶然ではないよ」 「アトレティコはヨーロッパリーグやチャンピオンズリーグ、そして2014年にはラ・リーガを制してその名を轟かせている。今やバルセロナやレアル・マドリーと肩を並べる存在だ」 2021.02.23 18:02 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly