ジェノアGKマルケッティに悲劇…洗車に出したフェラーリが事故で大破…

2021.01.13 01:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ジェノアに所属する元イタリア代表GKフェデリコ・マルケッティが洗車に出していた高級車が大破して戻ってくる悲劇に見舞われた。イタリア『コッリエーレ・デッラ・セラ』が報じている。先日、ジェノアが本拠地を置くリグーリア州では深刻な大雨の被害が出ており、マルケッティは自身が所有するフェラーリ「812スーパーファスト」の手入れを目的に地元の洗車場に愛車を預けていた。

しかし、洗車場のスタッフによって練習場に配車予定だった30万ユーロ(約3800万円)の超高級車は、ジェノヴァの空港近くの道路でガードレールに衝突。近くに駐車されていた5台を巻き込む事故を起こした結果、フロントガラス、サスペンションが大きく損傷するなど無残な姿に。

愛車の大破という思いがけない知らせが届いたマルケッティだったが、自身の『インスタグラム』では「誰もケガをしなかったことを神に感謝します。それこそ最も重要な知らせだよ」と、コメント。事故を起こした洗車場のスタッフを含め、今回の事故で負傷者が出なかったことに安堵している。

なお、マルケッティの愛車は相手方の損害賠償か保険により、修理あるいは新車となって戻ってくる予定だ。

◆愛車が大破も負傷者なし
コメント
関連ニュース
thumb

低調アタランタ、下位に沈むジェノアにゴールレスドロー《セリエA》

アタランタは17日、セリエA第18節でジェノアをホームに迎え、0-0で引き分けた。 前節ベネヴェントを4-1と一蹴した5位アタランタ(勝ち点31/1試合未消化)は、前線にサパタ、イリチッチ、マリノフスキーを並べた。 新戦力のストロートマンが先発となった17位ジェノア(勝ち点14)がハイプレスをかけてきたのに対し、徐々に押し込む展開を増やしていったアタランタだったが、チャンスを作りきれずにいると40分にピンチ。 しかし、ボックス中央からのショムロドフの決定的なシュートはGKゴッリーニが好守で凌ぎ、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半も押し込みながら攻めあぐねるアタランタは57分にサパタに代えてムリエルを投入。 だが、決定機を生み出せず時間が経過していく。結局、終盤にかけても明確なチャンスを生み出せなかったアタランタはゴールレスでタイムアップ。下位相手に勝ち点1を得るにとどまった。 2021.01.18 03:58 Mon
twitterfacebook
thumb

ジェノア、若手CBオンゲネをザルツブルクからレンタル!

レッドブル・ザルツブルクは15日、カメルーン代表DFジェローム・オンゲネ(23)が今シーズン終了までジェノアにレンタル移籍することを発表した。 ソショーでプロキャリアをスタートしたオンゲネはシュツットガルトを経て2017年夏にザルツブルクへ完全移籍。ここまで公式戦93試合に出場するなど、屈強なフィジカルを売りとするセンターバックとして主力を担っている。 一方、今シーズンもセリエAで残留争いに身を置く17位のジェノアは、残留に向けた新戦力としてオンゲネの獲得直前に、オランダ代表MFケビン・ストロートマンをマルセイユからレンタルしている。 2021.01.16 01:48 Sat
twitterfacebook
thumb

ジェノア、マルセイユからMFストロートマンをレンタル! ローマ時代以来2年半ぶりのセリエA復帰

ジェノアは14日、マルセイユからオランダ代表MFケビン・ストロートマン(30)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 なお、イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』によると、今回の契約には買い取りオプションは付かず、給与の一部をマルセイユが支払うという。 ストロートマンは2018年夏にローマから推定2500万ユーロ(約31億5000万円)の移籍金でマルセイユに移籍。以降2シーズンは主力としてプレーしていたが、今季はここまで公式戦13試合の出場で、先発はリーグ開幕戦の1試合のみとなっていた。 一方、現在セリエAで17位に低迷するジェノアは、昨年末にロランド・マラン前監督を解任し、ダビデ・バッラルディーニ氏を招へい。また、戦力外となっていた元デンマーク代表MFラッセ・シェーネと双方合意の下で契約解除していた。 ローマ時代にはセリエA通算100試合以上に出場した経験豊富なオランダ代表MFは、2年半ぶりのイタリアでジェノアを残留に導く働きが期待される。 2021.01.15 01:39 Fri
twitterfacebook
thumb

ラフィアのデビュー弾でユベントスがジェノアを延長戦の末に下して勝ち上がり《コッパ・イタリア》

ユベントスは13日、コッパ・イタリア5回戦でジェノアをホームに迎え、2-2で90分を終えた後の延長戦の末、3-2として勝ち上がった。 3日前に行われたセリエAのサッスオーロ戦を10人となった相手に辛勝したユベントスは、4日後にインテルとのイタリア・ダービーを控える中、サッスオーロ戦のスタメンから9選手を変更。C・ロナウドがベンチスタートとなり、負傷したディバラやマッケニー、キエーザらが欠場となった中、ベンタンクールとデミラルのみ引き続きスタメンとなった。 [3-5-2]で臨んだユベントスは2トップにモラタとクルゼフスキでスタートすると、開始2分に先制する。キエッリーニの縦パスを受けたボックス中央のクルゼフスキがGKとの一対一を難なく制した。 続く13分にもスルーパスに抜け出したクルゼフスキが独走する決定機を迎えたが、シュートはGKの好セーブに阻まれる。それでも23分、クルゼフスキのダイレクトパスに抜け出たモラタがGKとの一対を制して追加点が生まれた。 2トップのゴールで余裕の展開としかけたユベントスだったが28分、右クロスからチボラにヘディングシュートを決められて1点差とされてしまう。ハーフタイムにかけてもユベントスが攻め立てる展開となったが、2-1で前半を終えた。 迎えた後半開始5分、モラタがGK強襲のシュートを浴びせたユベントスだったが、53分にピアツァにバー直撃のシュートを打たれてヒヤリとする。 徐々にジェノアにボールを持たれる時間を作られたユベントスは、64分にボヌッチを投入。しかし75分、ボックス手前左から見事なメレゴーニのコントロールシュートが決まってしまい、ユベントスは同点とされてしまう。 後半終盤にかけても攻めあぐねたユベントスは88分にC・ロナウドを投入するも、90分で決着を付けられず延長戦にもつれ込んだ。 その延長戦では前半6分にCKからラビオが決定的なヘディングシュートを浴びせると、同15分に勝ち越す。決めたのは昨年夏にリヨンから加入し、この試合がユベントスデビュー戦となった21歳のチュニジア代表FWラフィア。モラタの左クロスに反応したラフィアがボレーを狙うと、ミートできずにルーズとなったボールを右足で蹴り込んだ。 延長後半開始3分、CKから大ピンチを迎えたユベントスだったが、ピアツァのヘディングシュートはゴールライン上のアルトゥールが好クリアで阻止。3-2で逃げ切ったユベントスが苦しみながらもベスト8進出を果たしている。 2021.01.14 07:17 Thu
twitterfacebook
thumb

冨安フル出場のボローニャ、降格圏のジェノアに敗れて8戦未勝利《セリエA》

ボローニャは9日、セリエA第17節でジェノアとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。 3日前に行われた前節ウディネーゼ戦を2-2の引き分けに持ち込まれ、7戦勝利のない12位ボローニャ(勝ち点17)は、セットプレーから今季2点目を決めた冨安が引き続き右サイドバックでスタメンとなった。 19位に沈むジェノア(勝ち点11)に対し、徐々にポゼッションを高めたボローニャは、14分にヴィニャートのミドルシュートでオンターゲットを記録。 冨安の攻撃参加も目立った中、続く33分にはオルソリーニの強烈なボレーシュートでGKを強襲した。しかし44分に失点する。パスがショムロドフの突破を許してクロスを入れられると、ザッパコスタのシュートはGKダ・コスタがセーブするも、ルーズボールをザイツに押し込まれた。 迎えた後半もボローニャがボールを握る展開となっていたものの、55分に加点される。スハウテンが自陣でボールを失うと、最後はデストロに決められた。 2点を追う展開となったボローニャはミスを犯したスハウテンらに代えてバロウらを投入。73分にはソリアーノのミドルシュートが枠を捉えるも、決定機を演出するには至らない。 88分にはFKの流れから冨安がダイレクトで合わせるチャンスがあったが、シュートは枠の上に外れ、そのまま0-2で敗戦。ボローニャは8戦未勝利となっている。 2021.01.10 03:55 Sun
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly