清水退団の伊藤研太、新天地は沖縄SVに 「持ち前の明るさと元気で頑張ります」

2021.01.12 13:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
清水エスパルスは12日、DF伊藤研太(21)が九州サッカーリーグの沖縄SVに完全移籍で加わると発表した。伊藤は清水下部組織出身で、2018年にトップチーム昇格。ルーキーイヤーこそYBCルヴァンカップ3試合に出場したが、それ以降は出番に恵まれず、2020年も出場機会がないままシーズン終了後の退団が決定した。新天地となる沖縄SVの公式サイトを通じて意気込みを語っている。

「はじめまして! このたび、清水エスパルスから加入することになりました伊藤研太です。沖縄SVのJFL昇格に貢献できるよう持ち前の明るさと元気で頑張りますので応援よろしくお願いします!」
関連ニュース
thumb

沖縄SVが鹿児島DF藤澤典隆、栃木MF荒井秀賀、長野FW大城佑斗を補強

九州リーグを戦う沖縄SVは14日、鹿児島ユナイテッドFCのDF藤澤典隆(32)、栃木SCのMF荒井秀賀(21)、AC長野パルセイロのFW大城佑斗(24)が完全移籍で加入することを発表した。 藤澤はサンフレッチェ広島ユース出身で、関西大学を経てSAGAWA SHIGA FCに入団。ドイツのSCビクトリア06でプレー後、FC琉球や鹿児島でプレーした。 2020シーズンは明治安田J3で11試合に出場。J2通算32試合出場1得点、J3通算162試合出場18得点を記録していた。 荒井はベガルタ仙台の下部組織出身で、トップチームに昇格できなかったものの栃木SCに加入。東北サッカーリーグ1部のブランデュー弘前FCでのプレーも経験した。 2020シーズンは出場機会なし。通算でもJ2で2試合の出場に終わっていた。 大城は中京大中京高校から中京大学を経て、2019年に長野に入団。2020シーズンは明治安田J3で20試合に出場。2年間でJ2通算35試合に出場し2得点を記録していた。 3選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF藤澤典隆 「JFL昇格するために来ました。楽な道のりではありませんが、その目標達成の為の必要なピースに必ずなります!選手としても人としても応援されるように頑張りますのでよろしくお願いします!」 ◆MF荒井秀賀 「沖縄SVに加入することになりました荒井秀賀です。コロナ禍の中でサッカーをプレーできることに感謝してJFL昇格に向けて強い覚悟をもってプレーします。よろしくお願いします!」 ◆FW大城佑斗 「沖縄SVに関わる全ての皆様、はじめまして。このたび、AC長野パルセイロから加入することになりました大城佑斗です。沖縄SVがJFLに昇格できるよ全力で戦います。応援よろしくお願い致します!!」 2021.01.14 13:29 Thu
twitterfacebook
thumb

八戸退団の花田力、沖縄SVに加入 「目標であるJFL昇格を達成しましょう!!」

ヴァンラーレ八戸は12日、GK花田力(27)が九州サッカーリーグの沖縄SVに加わると発表した。 花田はJAPANサッカーカレッジ、グルージャ盛岡(現・いわてグルージャ盛岡)、栃木ウーヴァFCを経て、2018年に八戸入り。2020年は明治安田生命J3リーグ11試合に出場したが、昨年11月25日に同年限りでの退団が決定した。新天地の沖縄SV公式サイトを通じて、意気込みを語っている。 「この度、沖縄SVに加入することになりました花田力です。満了のリリースを出した後すぐに連絡をいただき、その後も熱心に誘っていただき心を動かされ加入を決めました。感謝の気持ちをもって日々のトレーニングから全力でプレーし、目標であるJFL昇格を達成しましょう!!」 2021.01.12 13:15 Tue
twitterfacebook
thumb

FW前田俊介が34歳で現役引退、沖縄SVのコーチ就任

九州サッカーリーグの沖縄SVは7日、FW前田俊介(34)が現役を引退することを発表した。なお、今後はトップチームのコーチに就任することとなる。 前田はサンフレッチェ広島のユース出身で、2005年にトップチーム昇格。2007年に大分トリニータへ期限付き移籍すると、2009年に完全移籍。2010年にはFC東京へ期限付き移籍した。 2012年にコンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)へ完全移籍。2016年からはガイナーレ鳥取でプレーすると、2018年に沖縄SVへと加入した。 高いテクニックを持ち合わせるファンタジスタタイプの選手であり、魅了するプレーで注目を集めていた。 J1では通算98試合に出場し11得点、J2では通算116試合に出場し16得点、J3では通算41試合に出場し5得点を記録。リーグカップでも16試合に出場し4得点を記録していた。 また、沖縄SV加入後は、九州サッカーリーグで36試合に出場し8得点を記録していた。 前田はクラブを通じてコメントしている。 「2020年限りで引退することを決めました。まずは家族を始め、今まで私を支えてくれたチーム、スポンサーパートナー、監督、選手、スタッフ、サポーターの皆様に感謝申し上げます」 「とくに去年はコロナ禍にもかかわらず、たくさんのスポンサーパートナーの皆様やサポーターの皆様にそれまでと変わらない応援をしていただきました。これまで応援して下さった皆様、本当にありがとうございました」 「選手としては引退しますが、これからはいろいろな経験を通して人としても成長できるよう精進していきます。今年から沖縄SVトップチームのコーチという新たな立場でJFL昇格を目指していきますので、引き続き応援よろしくお願いします」 2021.01.08 10:25 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly